Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

事件

闇サイト殺人事件暗証番号は恋人,母への暗号に込められた思い 犯人生い立ちとその後

投稿日:6月 28, 2017 更新日:

2007年愛知県で起こった「闇サイト殺人事件」

闇サイトと呼ばれるインターネット上の掲示板で出会った男たちが犯行グループを結成し、通りすがりの見ず知らずの女性を強盗目的で命を奪うとなんとも痛ましい事件でした。

今回は今一度どのような事件だったのか振り返ると共に、被害者の女性が残した暗号、さらに犯人の生い立ちとその後についても調べてみました。

スポンサーリンク


闇サイト殺人事件の概要

2007年8月24日午後10時頃、愛知県名古屋市千種区自由が丘にて。

磯谷利恵さん(当時31歳)は、長年務めた派遣先の会社を辞めることになっており、同僚の女性たちがお別れ会と称して飲み会を開いてくれ帰宅していた。

その途中、道を尋ねてきた男に拉致され、近くに停車していたワンボックスカーに押し込められる。

この間わずか1~2分だった。

犯行に及んだ男は3人。

・川岸健治(40):住所不定無職
・神田司(36):新聞配達セールススタッフ
・堀慶末(32)無職

実はもう一人、本堂裕一郎という男が犯行に加わろうとしていた。しかし、途中で怖くなり逃げ出した。

犯人たちは、犯罪を行う仲間を募集するサイト「闇の職業安定所」を通じて出会う。

お金持ちがいそうな名古屋で犯行に及ぶことを計画し、小柄で貯蓄をしている黒髪の真面目そうな女性を狙いうろうろしていた。

その時、利恵さんが偶然通りかかり犯行を実行。

車の中に連れ込んだ利恵さんを身動きが取れないようにし、利恵さんの持ち物から現金約7万円と銀行のキャッシュカードを奪い、カードの暗証番号を教えるよう脅す。

利恵さんは身体を震わせながら暗証番号を教え、「顔を見られたから通報される」というなんとも安易な動機で、利恵さんに暴行を加え命を奪ったのだった。

その後、犯人たちは利恵さんの遺体を岐阜の山中に遺棄。

この男たちと利恵さんは全く面識がなかった。

利恵さんから奪ったキャッシュカードで現金を引き出そうとした犯人たち。しかしカードをATMに入れ、利恵さんから聞き出した番号を何度入力してもエラーとなり引き出すことができなかった。

思ったように現金が手に入れることができなかった犯人たちは、次の犯行を計画する。

しかし、事件の翌日、犯人のうちの一人・川岸が「死刑になりたくない」という理由で自首。

神田と堀も逮捕され事件が明らかとなったのだった。

スポンサーリンク


被害者利恵さんの最後の抵抗か?母と恋人へ…暗証番号2960に秘められた暗号とは

犯人たちは、利恵さんから聞きだしたカードの暗証番号で現金を引き出そうとしました。

しかし、利恵さんから教えられた番号はウソであり、お金を引き出すことはできなかったといいます。

男たちに脅され恐怖に怯える中、利恵さんが教えた暗証番号

「2960」

昔から数字の語呂合わせをするのが好きだったという利恵さん。

この番号は当時付き合っていた5歳年下の恋人や母親に残した暗号と言われています。

「2960」=「ニクムワ(憎むわ)」

利恵さんの両親は利恵さんが2歳の時に亡くなり、それからは母の富美子さんが女手ひとつで大事に育ててきました。

母一人、女一人の環境で仲良く暮らしてきた親子。

利恵さんは、自分を大切に育ててくれた母と一緒に暮らす家を買うために800万円以上の預金をしており、「1番の親不孝は親より先に死ぬことだから私はそんなことは絶対にしない」と親しい人に話していました。

利恵さんは危害を加えられながらも、母のことを思い自分一人先に逝くわけにはいかないと、懸命に一人闘っていたのではないでしょうか。

母に家を買うための資金を犯人に奪われないように必死の抵抗だったのでしょう。

事件後、犯人の男たち3人には死刑が求刑され、神田と堀には求刑通り死刑判決に、川岸は無期懲役が言い渡されました。

そして2015年神田の死刑が執行されたのでした。

スポンサーリンク


闇サイト事件犯人の生い立ち

<神田司>
2015年死刑が執行された神田司。

幼少期に両親は離婚、家は貧しく借金を祖父母と兄と一緒に抱え住まいを転々をしていました。

家を出て行った父親が戻ったものの、暴力を受ける日々。そんな環境からか非行に走り、暴力団にも所属し薬物に手を出したことも。

金に困り、金周りがいい仕事を探していたところ闇サイトの存在を知り犯行に至ります。

事件後の公判中あろうことか、神田司は友人の手を借りブログを立ち上げます。タイトルは「真実・神田司」(現在は閉鎖されています)

そのブログでは、利恵さんの謝罪どころか侮蔑するような言葉を並べ全く反省しているよな様子は見られなかったと言われています。

<川岸健治>
事件の犯行の仲間の呼びかけをした川岸健治。

川岸は結婚しており4人の子供を持つ父親であり、運転手の仕事をしていたそうです。

しかし離婚をきっかけに家のローンを抱えて借金が増え続け、やがて金がないなら悪い事をしても手に入れると変貌していきます。

こうして、闇サイトでの仲間を募り犯行を実行したのです。

事件後、テレビ局の記者が手紙を書き犯人に接触を試みたところ、山岸からの手紙の内容はまるで事件を他人事のように事件について語るものでした。

さらに、山岸は手紙にて「命は尽きるもの」

利恵さんの命が奪われたのも「運が悪かったから」、遺族の方に対しても「お気の毒」というような傲慢で信じられないような内容だったそうです。

逮捕後も罪の意識が全く持っていなかったことがわかります。

<堀慶末>
本名は、金慶末で9歳の時に帰化。

生い立ちについて詳しいことの情報があまりありませんが、闇サイト事件前にもう2つの強盗殺人事件に関与していたことが発覚し、逮捕・起訴され現在でも裁判が続いています。

おわりに

なんとも身勝手で短絡的な動機で事件を起こした犯人たち。

あまりにも衝撃的過ぎて言葉にならないと共に、事件後全く反省の色を見せない犯人たちに腹立たしさを感じました。

母と暮らす家、恋人との結婚、明るい未来を楽しみにしていた利恵さん、そしてたった一人の娘を失った母・富美子さんの気持ちを思うと胸がしめつけられます…。

ネット社会が進んだ現代、便利な一方このような事件がまた起こってしまう可能性も十分にあります。

今後このような事件が二度と起こらないように対策を考えること、そして被害に合われた利恵さんの事件、そして母・富美子さんの闘いを伝え続けていく必要性を感じます。

スポンサーリンク


-事件

執筆者:


  1. より:

    何の落ち度もない利恵さんが、何度も懇願したにも関わらず、その尊い生命を奪われ、身勝手な理由で無慈悲な行為をした被告たちは、殺されずに済んでいる不合理な社会。
    このような法律の下で、私達はこれからも生きていかねばならない。
    明日は我が身と怖れ戦きながら。

  2. あざい より:

    ネット普及のおかげで事件を詳しく知る事が出来ました。
    死刑の必要性を強く感じます。守るべきは犯人ではなく善良な国民のはず。
    反省できない人間は生かしていても無意味でしょう。
    償うのは当然だと考えますが、死刑廃止なんざ、ちゃんちゃらおかしい話。

  3. 気になる名無しさん より:

    2960
    憎むわ、か
    自分はフクロウ、なんて思った
    お母様と恋人に幸せを願って

  4. みなみ より:

    身勝手な人たちによる犯行。こういうことは許されてはいけない‼️必ず天罰が下る。人が罰を下さなくても。許してはいけない。

  5. 鈴木裕子 より:

    あんな酷い殺され方をして残りの犯人は
    人の税金でのうのうと生きてるなんて絶対許してはならない‼
    利恵さんかわいそうでお母さんも犯人が全員死刑になる為に頑張って欲しいです。
    日本の裁判って頭かしげることが多々あります。怒りをおぼえます。
    署名活動があるのであれば署名させていただきたいです‼

  6. より:

    この事件の犯人は絶対に絶対に許さない!死刑以上の苦しみを与えてやりたい!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

国松長官狙撃事件真犯人,中村泰が自供するが逮捕されぬ理由に公安の闇が?犯行動機と生い立ちも

1995年に起きた国松長官狙撃事件。 当時、全国22万人の警察庁のトップだった国松孝次長官が、自宅マンションを出たところで何者かに狙撃されるという前代未聞の事件です。 警察の捜査が進む中、数々の犯人が …

西口彰生い立ち,子供のその後!犯人と恐怖の一夜を共にした少女るり子現在も玉名に?

歴史上凶悪犯罪のひとつとして映画や小説でも描かれた「西口彰事件」 全国13万人の警察を次々と欺き逃亡を続けた犯人を見つけたのは、なんと当時11歳の少女でした。 今回は、そんな世紀の大事件の真相に注目し …

有栖川宮詐欺事件!坂本晴美は現在その後も有栖川を名乗り活動中?

2003年日本のメディアを一時さらった有栖川宮詐欺事件をご存知でしょうか。 この事件は華族・有栖川宮の承継者であると偽った男女が偽の結婚披露宴を開催し、祝儀等を騙し取った大胆な詐欺事件です。 名だたる …

村木厚子冤罪事件なぜ検事に犯人にされた?国家権力による驚くべき理由!

ザ!世界仰天ニュース4時間スペシャルにて、厚労省の女性エリート官僚・村木厚子さんの冤罪事件が取り上げられます。 村木厚子さんは、厚労省で働いていたある日、211億もの不正に関与した罪で突然逮捕されます …

豊田商事事件犯人,現在釈放され地方暮らし?黒幕は別の人物の可能性も

日本の歴史上最悪の詐欺事件として世間と賑わせた「豊田商事事件」 被害総額2000億円、被害者は3万人にも及ぶ戦後最大の詐欺事件です。 お年寄りや母子家庭をターゲットに、ありもしない純金を購入させ、客に …