Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

映画

ユリゴコロネタバレあらすじ結末!衝撃のラストに絶句&号泣!

投稿日:9月 22, 2017 更新日:

吉高由里子さん主演映画「ユリゴコロ」

衝撃の心理描写で話題になった沼田まほかる先生の小説「ユリゴコロ」が原作です。

映画化されるということで、ミステリー・サスペンス小説なのかなーと特に前知識を入れることなく読み進めてみましたが…

この作品…凄すぎる…。

続きが気になりすぎて、本の説明書きにあったように手が止まらない状態。一気に読んでしまいました。

そしてラストに明かされた衝撃の事実に絶句&鳥肌が立つと共に号泣。こんな作品滅多に出会えません…!

そこで今回は、映画「ユリゴコロ」のネタバレあらすじを結末までまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ユリゴコロネタバレあらすじ結末まで【始まり】

カフェを経営している亮介(松坂桃李)は、父が末期のがんであることが判明し、母が事故で亡くなってしまった。

父は治療を受けず、自宅で一人で暮らしている。

実家を訪ねた亮介は押入れの箱から、古ぼけた女物のハンドバックを見つける。

バックを開けてみると「美沙子」と書かれたメモ紙と、5センチばかりの黒髪の束が入っていた。

ふと、亮介は昔の不思議な体験を思い出した。

亮介は4歳の時、肺炎で長期入院したことがあり、退院して家に帰ると母が別の人に入れ替わっているように思えた。

そんなことを思い出していると、箱の中から「ユリゴコロ」と書かれた4冊のノートを見つけ、ノートを読み始めた。

【ユリゴコロ/始まり】

幼い頃、私は医者からはこの子には「ユリゴコロ」がないと言われたように思います。

ユリゴコロとはみんなが持っているものだそうなのですが、私にはなくずっとユリゴコロを手に入れたいと思っていました。

小学2年生になった私はミチルちゃんという、女の子の家に遊びに行きました。

そして、庭で捕まえた蛙をミチルちゃんに見せようとすると、蛙が飛び出し、驚いたミチルちゃんは近くの池に落ちてしまいました。

私は、ミチルちゃんを助けようとはせず、ミチルちゃんがもがいている姿をじっと見つめていました。

やがてミチルちゃんは動かなくなり、その出来事は私の「ユリゴコロ」になりました。

【ユリゴコロ/正体】

中学3年生の夏休み前、公園で兄妹らしき二人の子供が歩いているのを見かけました。

妹の帽子が風に飛ばされ。溝に落ちてしまいました。

するとその様子を見ていた青年が一緒に取ってあげようと近づき、青年が重い蓋の片側を持ち上げ、兄である少年が隙間に上半身を入れて帽子を取ろうとしました。

私は、蓋を持ち上げている青年に手を貸すフリをして、反対側に蓋を押し付け、そのはずみで少年が蓋にはさまり、動かなくなりました。

 

やがて、専門学校に進学した私は、みつ子(佐津川愛美)という同級生に出会います。

みつ子(佐津川愛美)には、リストカットの跡がありました。

ある日、私はみつ子が切っている様子を見せてもらい、次は私がみつ子の腕を切ってあげるようになりました。

そして、みつ子はそのまま眠るように逝きました。

スポンサーリンク


【ユリゴコロ/アナタ】

その後、私は適当な男の人の声をかけて体を売るようになりました。

ある日、話しかけた男が昔の上司でした。上司は私を連れて誰もいない職場へと連れていきました。

部屋に入った瞬間、私はその上司の命を奪いました。しかしこんなやり方では「ユリゴコロ」は現れませんでした。

 

そして、いつものように適当に声をかけた男が5000円を渡し、私の顔を見て心配して、定食屋に連れていきました。

後日、その男はまた現れ、一緒に定食屋に行くようになり、やがて男の部屋に行き、男が眠るまで居てほしいと言われるようになりました。

私はその男を「アナタ」と呼ぶようになりました。

アナタは昔、子供の命を奪ってしまったことを打ち明けてきました。

なんと、アナタが命を奪った子供は、公園で妹の帽子を取ろうとしていたあの少年だというのです。

つまりあなたはあの日、帽子を取らせようと蓋を持ち上げていたあの青年だったのです。

私は驚きました。

アナタは苦しんでいました。

命を奪ってしまったこと、兄を奪われた妹、少年の両親、通りすがりで手を貸してくれた女の子とのこと…。

その後、私は妊娠していることがわかりました。アナタは、誰の子かもわからないお腹の子の父親になる、結婚しようと言いました。

それが「運命」だと言いました。

やがて、男の子が生まれ、私は初めて「楽しい」という感情を知りました。それは「ユリゴコロ」に似ているものでした。

アナタの説得により、私は疎遠になっていた両親と妹に会いに行くことになりました。

両親は驚いたものの喜び、早くに両親を亡くしたアナタは私の両親を本当の家族のよう慕うようになりました。

そんな風にして過ごし数年が経ちました。

スポンサーリンク


【亮介の思いと千絵の素性が明らかに…】

3冊目のノートはそこで終わっていた。

もしかして、この男の子とは亮介自分自身、この書き手である「私」は実の母、そしてアナタは「父」なのではないかと思い始め鳥肌が立った。

 

しかし、書き手である「私」には妹がいると書かれているが、母には妹がいない。

ノートのことを弟・洋平に話すと、洋平が母と祖母の見舞いに行った時、「エミコ」と発していたことを思い出した。

もしかして、母にはエミコという妹がいたのではないか…。

 

その後、亮介は店に行くと従業員の細谷さんから、恋人・千絵のことがわかったと知らされる。

細谷さんは休みの日を利用して千絵の実家を調べ、住所を突き止め両親に会ったという。

実は千絵には結婚して夫がいた。

しかし、結婚後旦那はギャンブルに明け暮れ、経営していた会社も倒産させ多額の借金を抱えてしまったという。

亮介はすぐにでも会いに行きたかったが細谷さんに自分が会えるように説得すると強く止められてしまった。

 

その後、洋平が戸籍謄本を確認したところ、母には妹・英実子という妹がいたことが判明した。

しかし妹は失踪届けが出され、死亡と見なされたと記されていたという。

英実子…これが本当の母なのだろうか。亮介はわからなかった。

 

再び、実家を訪れノートの続きを読もうとしたが、いつもの箱にノートがない。

亮介は父にノートをどこへやったのか聞いた。

父を顔色を変えることなく、最後のノートを渡した。

亮介はゆっくりと読み始めた。

スポンサーリンク


【ユリゴコロ/罰】

その後、二人の刑事が私の家にやってきました。

刑事から色々聞かれましたが、真実は明るみにはなりませんでした。

刑事が帰った後、アナタは私に事件のことを聞きましたが、私は本当のことは話しませんでした。

この日、アナタに嘘をついてしまったことから今まであったものが少しずつ壊れていくように思いました。

長い間ユリゴコロのことを考えなかったのも、ユリゴコロに似たものが自然と私の周りにあったからです。

あの公園のことがなければ、アナタはこんな私と一緒になることもなかったでしょう。

もし私がこの子の命を奪えば、あなたは私に手をかけてくれるかもしれません。

それが私の救いです。

【真実】

ノートはそこで終わっていた。

その後、亮介は父の元を訪れ真実を確認した。

亮介を産んだのは美沙子。

そして、偽りの母として亮介を育てたのが妹・英実子だった。

 

父はユリゴコロの続きを話し始めた。

スポンサーリンク


【ユリゴコロ/父の知る真実】

幼かった亮介を連れ、3人で美沙子の両親の家に泊まりに行った。

夜中に目が覚めると、美沙子と亮介の姿がなかった。

やがて川に流されている美沙子を見つけ、近くにいた亮介も無事に保護した。美沙子の腕には深い傷があった。

幸い二人とも命に別状はなかった。

しかし、妹の英実子は美沙子が遺書代わりに見える所に置いたと思われるユリゴコロを見てしまう。

 

美沙子のこれまでの事実を知った家族は、美沙子を睡眠薬で眠らせ、ダムの底に沈めた。

その後、英実子が亮介の母として、美沙子の代わりとして生きることになった。

【千絵との再会】

数日後、細谷さんがボロボロになった千絵を連れて戻ってきた。

千恵の夫・塩見は、裏社会の男から金を借り、千恵を脅して無理やり働かせていたのだという。

さらに、千絵は塩見にいかがわしい写真を撮られ脅されている。また千絵がいなくなったとしって金の無心を亮介にもしてくるだろう。

すると細谷さんの携帯に塩見から連絡が入り、ネガを引き換えに金を要求してきた。

亮介は、塩見との待ち合わせ場所に行くことを決め、彼を一生千絵に近づけさせないため、ある計画を実行しようとした。

待ち合わせ当日、指定された場所に行き、塩見が乗っていると思われる車に近づく。腰にはナイフを忍ばせていた。

しかし、車をのぞくと塩見の姿はなく、血痕だけが残っていた。

その後、塩見からの連絡もなくやはりヤクザにやられたのだろうと考えていた。

千絵も少しずつ元気と取り戻し、穏やかな日常を取り戻し始めた。

 

しばらくして、父から連絡があり、最後に話したいことがあると呼び出された。

そして、父はユリゴコロの結末について話し始めた。

スポンサーリンク


【ユリゴコロ衝撃の結末】

「美沙子は生きている」

父と美沙子は何年も前から1年に1回会っていたという。

美沙子は、子供の将来を思うなら家族と関わらず別の人間になって生きろと逃されていたのだった。

 

美沙子は家族の言いつけを守り家族には一切関わらないようにしていたが、どうしても亮介のことが気になり、居場所を突き止めていた。

また、(亮介の)父も美沙子を忘れきれずにいた。

 

美沙子に最後に会ったのは数ヶ月前。

もう命が長くないことも話し、一緒に旅に出ることを決心していた。

 

音がして、亮介は玄関へと向かった。

見覚えのある顔。それはずっと僕を支えてくれていた人‥細谷さんだった。

つまり、美沙子=細谷さんだった。

 

父は母である細谷さんと旅行に行くという。もう帰ることはないと言っているかのように荷物はない。

そして細谷さんは仕事を辞めさせてもらうと言い、亮介は困惑した。

しかし千絵が戻ったから二人でやっていける、そして千絵のネガは全て自分が奪い返して処分したと言った。あれは細谷さんがやったのだった。

こうして父と母は二人幸せそうに車に乗り出発した。

(おわり)

スポンサーリンク


ユリゴコロネタバレあらすじ結末まで【感想】

亮介の母・美沙子は生きており、さらに細谷さんだったという衝撃の展開…。

途中までは、人の死にユリゴコロを持つ異常者の女の物語ですが、「アナタ」と出会い、亮介を産んだことから家族の中にユリゴコロを見つけます。

しかし、そんな穏やかな日も、過去に起こした事件について、夫に嘘をついてしまったことから、美沙子の中にはこれまでとは違う(罪の意識でしょうか)今までとは違った何かが芽生え始めます。

そして、美沙子はアナタが大事にしている亮介を手に掛けることで、美沙子自身の命を奪ってくれることが救いだと、亮介と外に出てます。

美沙子は一命を取り留めますが、これまでのことをユリゴコロで知った家族は美沙子の命を奪う計画を立て実行。

ところが美沙子は生かされており、二度と家族に近寄らないという約束を守りつつ一人生きていました。

しかしやはり、愛する息子、愛する夫への思いがあったのでしょう。美沙子は細谷さんとなって、亮介の傍で必死に息子を守り幸せにしようと手を尽くします。

息子が幸せになれることを確信し、やがて夫を迎えに来て最期はアナタと旅立つ…という結末で終わりました。

まさに「運命」

人の死にユリゴコロを感じるという異常者の物語かと思っていましたが、最後は究極の愛の物語になるという、こんな小説なかなかありません。

愛、罪、血縁、家族、許すとは…

あらゆることを考えさせてくれる小説でした。いやー非常に面白かったです。

映画も楽しみですが、これは絶対に小説も読むべきです!

スポンサーリンク


-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言の葉の庭ネタバレあらすじ結末まで!小説で明かされたその後の二人

大ヒット映画「君の名は」で知られる新海誠氏の代表作「言の葉の庭」がテレビ朝日にて放送されます。 東京を舞台に男子高校生と、ちょっと不器用な年上の女性との淡い恋を描いたこの作品。 実は映画だけでなく、映 …

そして父になるネタバレ結末はどっちを選択?原作実話の壮絶な運命に涙が止まらない

福山雅治さん主演映画「そして父になる」 大事に育ててきた6歳になる息子が、実は赤ん坊の頃病院で取り違えられた他人の子供だった…。 「赤ちゃん取り違え事件」を題材にした映画です。 この「赤ちゃん取り違え …

インサイドヘッド声優日本版!ガリガリガリクソンはカット?隠れキャラも注目!

「トイストーリー」や「モンスターズ・インク」など数々の名作を世に送り出している、ピクサースタジオから2015年に公開されたアニメーション映画「インサイド・ヘッド」 人間の誰しもが持っている「感情」がキ …

ジュラシックワールド吹き替えなぜ変更の理由は酷評殺到?過去に苦情殺到の映画も調べてみた

金曜ロードショーにて大人気作品「ジュラシックワールド」が放送されます! 2015年に上映されたこの映画はジュラシックパークを始めとする第4作目となります。2018年には「ジュラシックワールド」の続編も …

三度目の殺人ネタバレ結末!犯人は三隅,咲江どっち?ラスト器の意味とは

福山雅治さん、役所広司さん、広瀬すずさんが出演し、2017年に大ヒットした是枝裕和監督作品「三度目の殺人」 弁護士の重盛は、ある殺人犯の弁護を担当することになる。 しかし、犯人は供述を二転三転し始め、 …