Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

明日の約束7話ネタバレあらすじ&感想 和彦衝撃の豹変でDV男だった…ラスボスは霧島先生?

投稿日:

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」

前回までのあらすじは…

圭吾が所属していたバスケ部の辻先生と長谷部が何者かに襲われるという事件が発生。その犯人とは、圭吾の幼馴染の香澄でした。

香澄は以前圭吾と同じ高校に通っており、いじめを苦に教室で自殺未遂を起こす。やがて香澄は高校2年生で学校を退学。

しかし、その時香澄をいじめていたと思われる女子高校生が何者かによって歩道橋から突き通されるという事件が発生していたことが判明。その犯人は圭吾だったのです。

香澄はお返しのつもりなのか、辻先生と長谷部を襲い、そして「もう一人…」と言い残し日向の元から去っていきます。そのもう一人…という相手が、圭吾の母・真紀子のよう。

その頃、真紀子は学校、霧島先生、そして日向も訴える準備を進めていました。また、圭吾の担任である霧島先生もなんだか怪しい動きを見せています。

なんだか色々複雑化してきた「明日の約束」

今回は第7話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


明日の約束7話ネタバレあらすじ【前半】

「あと一人…」と日向に言い去っていった香澄。日向は日曜日にも関わらず学校に来ていた霧島先生にばったり会う。

香澄は以前神社で圭吾と会ったことを思い出していた。香澄は命を絶つ前に圭吾とばったりあったのだった。圭吾は学校で飼っているうさぎをこっそり連れてきていた。

香澄のことを霧島先生と宮崎先生に報告する日向。しかし日向は香澄が言ったことだけを鵜呑みにして警察に行くことを迷っていた。しかし、霧島はあっさりと行くべきだと言う。

バスケ部の澤井と増田は長谷部の御見舞帰りに入った定食屋で、圭吾の妹・英里美が男といるのを見かける。男は英里美の手を掴み誘っていた。増田は男に話しかけ、どういう関係なのか問い詰めた。

翌日。日向は香澄のことを警察に話したことを校長に報告する。校長は、警察に任せるように話し、圭吾についての報告書を見せ、先生たちにチェックを受けた後、遺族に渡すと言った。

日向が相談室に戻って報告書をチェックしていると、増田がやってくる。そして、英里美は援助交際しているのではと話す。増田も過去に母親からネグレクトされていた時、そうやってお金を稼ごうと思ったことを話す。だから余計に英里美のことが心配だった。

増田の話しを聞いた日向は、できることを考えようと言った。それから増田は流出した長谷部の動画について、霧島先生と日向が疑われていると報告した。

その頃真紀子は、英里美が話しかけても興味を示さず、お金を渡すだけだった。真紀子はネットの書き込みに圭吾の事件について「毒親」などと書かれているのを見つめていた。

増田から動画流出について疑われていることを霧島に話す日向。霧島は、自分たちにはそんなことする理由がないと言い、生徒たちも疑心暗鬼になっている、生徒の発言が真実なのか証明もできないと話す。

そして圭吾の報告書を取り出し、個々の証言を集めても自殺の動機には至らないと話した。圭吾本人がいない今、個人的な罪悪感と向き合うしなかい。誰しもが感じていた。

日向は、報告書には書いていないことで伝えるべきことなのか悩んでいることがあると言い「好きになったから付き合ってほしい」圭吾が亡くなる前に告白されたことを霧島に話した。

圭吾がどういう気持ちで言ったのか、その時日向ができる正しい受け答えがあったのではないかと日向も悩んでいた。

霧島はそれと圭吾の死は関係ないという。霧島も昔勤めていた学校で女子生徒に告白されたことがある。でもだからといってそれで自殺するとは考えられないと言った。

その夜、結婚の話しをしに和彦が日向の実家を訪ねてきた。そして母親に今度両方の家族揃っての食事会を行いたいと話した。

和彦が帰った後、母親は和彦のことをいい人だけど心が篭っていないタイプに見える。最初は優しくても自分の思い通りにならないと豹変するタイプだと言った。

母親の何気ない無神経な言葉はいつも日向の心を傷つけていた。昔からそうだった。中学の時には早くこの家を出たいと思っていた。母親から離れたくても自分が無力な子供であることを呪っていた。

翌日、校長から報告書のチェックが済んだため圭吾の母に渡されることが報告された。北見先生たちは、日向が宮崎先生と話しているのを不思議に思っていた。

宮崎は香澄の居場所を探したが見つからないと報告し、日向も何度も携帯に連絡しているが出てくれないと言う。香澄があと一人…と言っていた人物が一体誰なのか気になっていた。

宮崎先生は、霧島先生が冷静というか他人事っぽいところが気になっていた。

3年の望月樹里が香澄をいじめていた生徒だと宮崎より知らされた日向。樹里はその後、素行不良で学校を退学となっていた。

和彦は職場の後輩が日向の務める高校の卒業生だった。後輩から、圭吾の母がすごい毒親だったことを知らされる。

学校からの帰り道日向は記者の小嶋から話しかけられ、香澄のことについてあと一人狙っているって、相手は圭吾の母・真紀子ですかねと言われる。小嶋は、母親だけでなく父親は別居状態で愛人までいるみたいだと言い、そういう家庭環境だから圭吾への執着が強かったと知らされた。

持ち物も着るものも全て真紀子が管理し、勉強もつきっきりで教えていたという。そして小嶋は望月樹里にも会ったことを話した。

学校の報告書が真紀子に手渡された。真紀子は報告書を弁護士に見せ、すぐに訴訟問題にしてほしいという。しかし弁護士は下調べがあるため待ってほしいと言った。

真紀子はしぶしぶ承諾し、ネットの掲示板に事実無根の書き込みが書かれていること、圭吾の自殺は母親のせいであると書かれていること。書いた人間を特定して訴えたいと言い出した。

しかし弁護士は真紀子に冷静になるようにと言い家を後にした。英里美は男と怪しげなやり取りをしていた。

その頃、望月樹里が通院しているリハビリ病院を訪ねた日向。リハビリを終えた樹里に日向は話しかける。樹里は、警察や記者が来たから香澄の件について知っていると言い「逃げ切ってくれればいい」とつぶやき、去っていった。

その夜、和彦の家を訪ねた日向。和彦から食事会の会場を押さえたと知らされる。そして和彦からは結婚したらしばらく仕事を休んだらと言われる。

和彦は日向が元気がないようで心配していた。

生徒の心の悩みって、親御さんに原因があることが多いんでしょ。日向に負担になっているのでは…と言う。日向だっていずれ母親になるんだろうし…と言う。日向は、反論しようとして止めた。

スポンサーリンク


明日の約束7話ネタバレあらすじ【後半】

田所たちが圭吾の自宅に行こうと話していたのを聞き、増田が話しかける。日向は、和彦との結婚が決まり、両家の食事会があることを大宮先生、北見先生に報告。しかし北見先生は落ち込み、お幸せに…と言って部屋を出ていった。

まだ学校が落ち着いていないのに不謹慎な気がする…という日向だったが、関係ないと大宮は励ました。

仕事を終えて帰宅した日向。母は美容院に行き直接食事会に行くとメモ書きが用意されていた。

その頃、増田、田所、上野が圭吾の自宅を訪ねていた。増田がインターホンを押そうとした所、英美里が玄関から出てくる。

お線香だけでもあげたいと思って…という上野だが、家に誰もいないし、自分も出かけるからと言って、去っていった。増田は英美里が気になり、後を追いかけた。

和彦が食事会の会場に行くと、日向の母の姿があった。日向が食事会の会場に向かっていた所、田所たちに偶然会い、圭吾の自宅に行ってきたこと、そして英美里を追いかけていたが見失ったと知らされる。

英美里はラインでやり取りしていた怪しげな男と会い、男の車に乗ろうとしていた。その姿を見かけた増田は英美里を止める。しかし英美里は聞く耳を持たない。

増田は、自分の親も私のことを見てくれなかった人だと言い一緒に帰ろうと言った。しかし男は、増田を振り払い英美里を強引に乗せようとする。そこに日向が通りかかり、英美里たちを救出。

日向は和彦に食事会に遅れると連絡を入れ、英美里に事情を聞いた。しかし英美里はお金がほしいからしていると言った。日向は、英美里のことを心配していると言った。

ずっと前から圭吾のことしか見ていなかった。死んだ後も、圭吾のことしか聞いていない。そして今日のこと真紀子には言わないでほしい、連絡してそれでも迎えに来てくれなかったら…と英美里は言った。

日向は英美里と一緒に自宅を訪ねた。そして英美里の話しを聞いてほしいと言うが真紀子は圭吾のことも助けられなかったのに娘のことまで口出さないでとドアをしめられてしまった。

結局、日向は食事会に行けなかった。

すると母親から連絡が入ってくる。自分に恥をかかせるために来なかったんでしょと暴言を日向に浴びせた。耐えられなくなり日向は思わず電話を切った。

その頃、霧島が喫茶店で一人パソコンに向かう姿あった。その喫茶店の前を通りすがる香澄がいた。

真紀子は、英美里の部屋をノックしようとしたが止め、圭吾の部屋に入った。テーブルに置かれていた圭吾の携帯にメッセージが入っていた。そのメッセージを見て動揺する真紀子だった。

日向は和彦の自宅を訪ねた。和彦は何も言わずコーヒーを出し、日向に来れなかった理由を聞く。日向は色々あって…と言い謝った。

和彦は、日向の母は、和彦の両親にずっと気を使っていたという。日向のことを心配していいお母さんだと言うが、日向はあの人が外面がいいから、今日だって自分が恥かいたから…と言う。

母のことをよいお母さんだと言う和彦。日向は、両親に愛されて育ってきた和彦にはわからない。あの人との間に立たないで…と言う。

すると和彦は豹変しコーヒーを投げ飛ばした。そして、日向の髪を掴んだのだった。

その頃、霧島の後ろに座る香澄の姿があった。

圭吾のスマホには「僕は、お母さんのせいで死にました」とラインが入り、それを見て驚く真紀子だった。

明日の約束7話ネタバレあらすじ【感想】

明日の約束第7話が終了しました。

なんだかじわじわくるドラマですね(笑)

話が進んだような進んでいないような…でも最後の最後で、和彦が豹変!!

毒親に婚約者の正体は…DV男だった!?学校でも生徒が亡くなって、真紀子から告訴されそうになっていたりと、日向の人生過酷すぎ…。

そして香澄が「もう一人…」と言っていたのは、真紀子ではなく霧島のようですね。

さらに、圭吾の元に「僕は、お母さんのせいで死にました」とラインが入っていましたが、これは一体誰が送ったものなのか…。もしかして霧島先生とか?

怪しい動きを見せる霧島先生ですが、もしかしたら実はいい人だったという展開もあるかもしれません。

次週も楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カンナさーん1話ネタバレあらすじと感想!夫の不倫&離婚でカンナシングルマザーに!

渡辺直美さん主演ドラマ「カンナさーん」がスタート! パワフルで超ポジティブな主人公・カンナさーんが、仕事に、家族に、育児に、嫁姑問題と目の前に立ちはだかる困難に次々と乗り越えながら奮闘していくドラマで …

刑事ゆがみ5話ネタバレあらすじ&感想 ヒズミはロイコ事件の少女で犯人はオダギリジョーか

浅野忠信さん、神木隆之介さんがバディを組むドラマ「刑事ゆがみ」 いい加減だけど鋭い観察眼を持つ弓神(浅野忠信)と、正義感溢れる刑事だけど腹黒い一面を持つ羽生(神木隆之介)のコンビが最高の刑事ドラマ。 …

わろてんかネタバレあらすじ4週(19~24話)&感想 てん女中に~許嫁楓との勝負

朝ドラ「わろてんか」第4週目(19~24話)のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 儀兵衛の反対を押切り、藤吉の実家の米問屋・北村屋に訪れたてん。しかし、藤吉の母から許嫁・楓を紹介されてしま …

奥様は取り扱い注意最終回ネタバレあらすじ&感想 ラスト菜美射殺と見せかけ二人で新天地へ?映画,続編で完結か

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は取り扱い注意」がついに最終回を迎えました! 元特殊工作員という変わって経歴を持つ主人公・菜美(綾瀬はるか)が、IT企業社長の勇輝(西島秀俊)と結婚し少しセレブな専業主婦 …

トットちゃんあらすじネタバレ第1週(1~5話)&感想!トットちゃん誕生前父と母のなれそめ

2017年4月からテレビ朝日のシニア枠としてスタート昼ドラ。 10月からは黒柳徹子さんの半生を題材にしたドラマ「トットちゃん!」がスタート。 物語は、トットちゃんこと黒柳徹子さんが誕生する前から始まり …