Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

明日の約束6話ネタバレあらすじ&感想 長谷部と辻先生を襲ったのは香澄!霧島の過去が怪しい…

投稿日:

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。

一人の男子高校生・圭吾が亡くなったことにより、学校、彼が所属していたバレーボール部にていじめがあったと、圭吾の母・真紀子が主張。

県やマスコミを利用し、学校側を追い詰めていきます。そんな中、スクールカウンセラーの日向は、圭吾の死は母親が何か関係していると気づいていき、バスケ部の長谷部が何者かに襲われるという事件も…。

また、日向自身も過干渉な母親に苦しめられ、恋人・和彦も兄を亡くし辛い過去を背負っている様子。

さらに、前回第5話では、圭吾の担任・霧島先生も何やら怪しい動きが…。回を増すごとに色々と謎が深まっていきます。

今回は「明日の約束」第6話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


明日の約束6話ネタバレあらすじ【前半】

真紀子(仲間由紀恵)に二人っきりで話がしたいと言われた日向は相談室へと招き入れる。

そこに和彦(工藤阿須加)からラインが入るが、日向は電源を切った。その様子を見た真紀子は「今の恋人?」と聞く。真紀子は「先生もいずれは結婚して子供を持つ日が来るんでしょうね」と言う。

日向は曖昧な返事をするが、真紀子は「アナタも子供を持てば私の気持ちがわかるはず。母親にとって子供の存在は人生の全て。それを奪われた苦しみや辛さは子を持つ親にならないと理解できない」と言う。

真紀子は記者会見の後、日向からその録音は圭吾の意志でしたものなのかと言われたことから、何か圭吾と自分のことを誤解しているのではないかと思っていると話す。

日向は、圭吾の携帯は真紀子が管理していたのかと問いかけると、真紀子は不登校になってから、バスケ部の先輩から連絡が来るのが怖いと預かっていたという。

そして、圭吾が亡くなった時、長谷部にメッセージを送ったのは自分だと認め、それが圭吾の本当の気持ちだ、圭吾のことを理解している自分が代弁したと話す。日向は、親子でも100%理解することはできないと言う。

すると真紀子は「だから、苦しんでいたあなたがあの子の気持ちを満たした」と言い、圭吾が家出した日、体育館で何をしていたのか、圭吾は何を話したんですかと問い詰める。

「日向先生のこと好きになりました。先生も僕のこと好きになって下さい」日向は圭吾にそう言われたことを思い出していた。しかし真紀子には答えられない、プライバシーに関わる問題だからと言った。

真紀子は「ふざけないで!」と声を荒げ、圭吾を死なせた心当たりあるのではないかと日向を責める。しかしすぐに冷静になり「覚悟しておいてください。あなた方を訴える準備は整っている」そう言って相談室を出ていった。

日向は携帯を取り出し、着信が入っていた大宮先生に折り返し連絡すると、長谷部が襲われ病院に運ばれたことを知り、病院に駆けつける。長谷部はケガを負ったものの命には別状はなかった。

長谷部を発見した増田を抱きしめる日向。警察も手口が似ているから辻先生を襲った同一犯の可能性もあると言う。すると増田が逃げていく人を見たという。痩せた背の高い女の人だったという。

長谷部が襲われたことは、学校でも話題になっていた。動画を撮影した渡辺は自分のせいでと気にしていた。

日向の相談室に、大宮先生と、北見先生がやってくる。辻先生と長谷部が襲われたのは、ネットに拡散されたからだと言う北見だが、大宮は女が男を襲うのはリスクが高い、強い意志がないとできないと話す。

日向は香澄の経歴書を見て気になっていた。その頃、香澄はスマホで、真紀子の会見の様子を見ていた。

スポンサーリンク



校内での実態調査について、霧島と日向に校長から説明される。生徒間のトラブルは合ったが、いじめに直結するものとは断定できないというものだという。となると真紀子から訴えられることは間違いない。理事会に反対し、長谷部が学校に残るよう話した日向の立場も悪くなるかもしれないと知らされた。

会議が終わり、霧島は日向に気にすることはないと話す。そして、今朝のホームルームで1年B組の生徒から圭吾の家にお焼香に行きたいと提案があったという。

彼らも圭吾の事件以来思い悩んでいる様子で、区切りを付けたいようだが、間違いなく真紀子から拒否されるだろう。そのため、霧島は思いとどまるように指導しようと思っていることを話した。

日向は3年前、霧島が担任していた1年B組のことが気になって言いかけたが途中で話すのを止めてしまった。日向は香澄に会いたいと連絡した。

真紀子は一人パソコンの中に保存している音声データを再生していた。

その夜、和彦の自宅を訪ねた日向。和彦は日向に今度の週末両親に会ってほしいと言う。日向は、会いに行くことを了承した。そして日向はお母さんに話したの?と聞かれるが、日向はまだ母には話せていなかった。

帰宅した日向は、母に和彦から結婚を申し込まれ、彼の両親にも会いに行くことを告げた。母は素直に「おめでとう。あんな素敵な人が旦那さんになってくれるなんて」と喜んだ。

母が怒らないことはわかっていた。母は自分の決めた理想から、日向がはみ出さなければ怒らない。日向の結婚相手として和彦は母の理想相手からはみ出していなかった。ただそれだけのこと。そう日向は思っていた。

翌日、田所が日向の相談室にやってきた。圭吾の家に行きたいというが、日向はもう少し落ち着いてからがいいとアドバイスする。

すると田所は、圭吾がうさぎを殺したことについて、圭吾がそんなことするなんて思えないと信じていなかった。でも圭吾が言っていた言葉「汚れているから」もしかしてそういう意味なのかな…と言った。

去年の10月くらい、圭吾が家出したと話題になった。

日向は圭吾の通っていた中学校を訪ね当時の担任に話を聞く。何かあるたびに母親が乗り込んできて対応に追われていたという。そういう時、圭吾はもう諦めている様子だったという。

真紀子が圭吾を連れて帰ることも多く、反抗する様子もなかったという。また圭吾と入れ違いで今年妹が入学してきたため、あと3年続くと構えていたが、真紀子は娘のことについては拍子抜けするくらい何も言ってこないという。

帰り道日向は妹・英美里に話しかけられる。

「うさぎお兄ちゃんが殺したって思っているんでしょ。私もそう思っている。自由になりたかったから」そう言って英美里は去っていった。

長谷部のお見舞いにきた増田と澤井。しかし長谷部は圭吾のこと自分にも関係あるからとすっきりした様子だった。長谷部はバスケ部を心配していた。

澤井はデータが盗まれたことについて話す。その時間に霧島と日向が教室にいるのを見た人がいるという。

記者・小嶋は圭吾の父親と会っていた。真紀子と別居状態であることや不倫をしていること、さらに地元の名士である真紀子の実家から援助を受けていることを突く小嶋。そして、圭吾が亡くなった理由をどうしても知りたいと話した。

スポンサーリンク


明日の約束6話ネタバレあらすじ【後半】

翌日、香澄のことで相談があると宮崎が相談室にやってきた。宮崎は香澄が2年の時の担任だった。

香澄が1年の時受け持っていた霧島も、香澄がいじめられていることには気づかなかったという。一部の生徒とのトラブルはあったもののいじめとは捉えられなかった。また香澄は父親が病気で入院し、母親は血がつながっていない継母だった。

教室で自殺未遂したのに騒ぎにならなかったのは、親がことを荒立てたくないと言ったためだという。その後も何度も家庭訪問をしたという宮崎は香澄が問題抱えているみたいと話す。

昨日再会した時も、圭吾のことを聞いてきたけど、なんとなく切羽詰まっている様子だったという。そして、日向のことは信用しているようだったから、悩みを聞いてほしい。間違った道を進んでいたら元担任としては責任を感じると宮崎は言った。

そして、去年海岸通りの歩道橋から高校生が落ちた事故があった。あれは実はうちの生徒だったという。3年の望月樹里という、おそらく香澄のことをいじめていた生徒だという。

本人は誰かに突き落とされたと言っていて、香澄が疑われたが彼女はバイトしていたことがわかったという。日向は香澄に連絡するが留守電となってしまう。

その頃、何者かがネットに「母親が悪い」と打ち込んでいた。

週末、和彦の自宅を訪ねた日向。和彦は兄がいて11年前に事故でなくなったことを初めて知った。両親からその話しをされ和彦の顔は強張っていた。

帰り道、お兄さんのこと嫌いだったの?黙っていたし、そんな顔していた…と日向が和彦に聞く。和彦の兄は長男だからと期待され、でも答えられなくて荒れてしまったという。その分次男だった自分がのびのび出来たけど…と話す和彦。

日向は、和彦は焦っている気がする。両親とあわせたのも和彦だったでしょと言う。日向が結婚に前向きでは無い気がしていて和彦は焦っていたのだった。

そして、日向と母の間に入って仲直りさせてあげられないかなと思った、日向が言っていたこと疑っているわけではないけど、お母さんのこと悪く受け止め過ぎて、誤解しているのではないかと思ったという。

日向は母親の左手のことについて自分のせいだと話す。高3の時、神社の階段で落ちそうになった日向のことを庇って母が落ちた。日向は悪くないという和彦。しかし、日向は母が入院している間志望校を変えて出て行った。それに、実は…。昔のことを思い出し、言うのを止めた日向。

和彦は、お母さんとのこと自分も力になるから関係を直していこう。両方の親に心から祝福してもらえる結婚にしたいと言った。

スポンサーリンク



真紀子は、弁護士と相談していた。訴えるのは学校ではなく個人のほうがいいとアドバイスを貰い、校長、霧島、そしてスクールカウンセラーの日向も訴えたい。彼女も圭吾を殺した人間の一人だと言った。

その頃、ネットには真紀子について「毒親」「母親が悪い」といった書き込みがされており、霧島も掲示板を見ていた。

自宅に帰った日向がふと携帯を見ると香澄がラインから退出していた。急いで香澄に電話をするがつながらない。

日向は、香澄が働いていたスーパーに連絡するがすでに退職したという。心配になり、香澄を探し回りながら連絡を続けているとようやく香澄と繋がった。香澄は歩道橋にいた。

すぐに駆けつけようとするが、来ないでと言われる。

悩みがあれば聞いてほしいと宮崎先生にも言われたこと、圭吾が家出したのと同じ日に望月樹里が歩道橋から落ちたことも聞いたと話す。香澄のために圭吾が…

すると香澄は、本当は自分でやろうと思っていた。スッキリしない気持ちがずっとあって、いじめていた奴の命を奪って自分も命を絶つつもりでいた。でも偶然圭吾に会って、その時に香澄姉ちゃんが汚れることない、僕がやるから。そうしたいから。圭吾はそう言って、その夜、歩道橋を歩いていた樹里を突き飛ばした。

だから今度は私が汚れる番だという香澄。「でももうとまらない。あと一人絶対に…」と言って電話を切り、どこかに走って行った。

真紀子は自宅で圭吾の子供の頃の写真を見つめていた。

日向は香澄を追いかけるが、見逃してしまった。

「あと一人…」

明日の約束(日記)

10歳の日向へ。11月5日今日はママに1度も怒られない日向でしたね。ママの言うことを素直に聞く日向を見ていると嬉しいです。

今日よりももっとママの理想の娘になる。必ず守るように。ママは日向が大好きです。

(第6話おわり)

明日の約束6話ネタバレあらすじ【感想】

辻先生と長谷部を襲ったのが香澄であることが明らかになりました。霧島先生も怪しかったですが、リスク高いですしね。

そして、香澄は「もう一人…」と言っていたのは、真紀子のことでしょうか。しかし、手強そうな真紀子。そう簡単にはやられそうにもありません。

また、前回から不審な動きを見せている霧島先生。動画を流出させたのは霧島先生で間違いなさそうですがなぜなのか…。

香澄がいじめを受けていた時に担任だったこともありますし、前の学校でも問題があったようなので、何か大きな暗い過去を持っているのかもしれません。

次週も楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

わろてんかあらすじネタバレ第1週(1~6話)&感想 せい幼少期~運命の出会い

2017年後期朝ドラ「わろてんか」 吉本興業創業者・吉本せいさんの半生をモデルに描かれる「笑い」をビジネスにした一人の女性の物語です。 わろてんかモデル吉本せいの生涯 夫や息子の死,笑いに人生を賭けた …

愛してたって、秘密はある5話ネタバレあらすじと感想!犯人は晶子ともう一人?

福士蒼汰さん主演ドラマ「愛してたって、秘密はある」のネタバレあらすじについてまとめています。 11年前、父からDVを受ける母を守るため父の命を奪った黎(福士蒼汰)。しかし、恋人・爽(川口春奈)と結婚が …

ウチの夫は仕事ができない3話ネタバレあらすじと感想!沙也加元彼と再会し秘密を抱える!?

錦戸亮さん、松岡茉優さん出演ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」 イケメンで優しく、高学歴、高収入という理想的な夫・小林司(錦戸亮)と結婚した沙也加(松岡茉優)。しかし、実は夫は仕事ができないお荷物社員 …

ドクターX 2話ネタバレあらすじ&感想!ラスト岸部一徳ベーシストいじりオチに爆笑

米倉涼子さん主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」 先週初回第1話が放送され、平均視聴率20%をマーク!前作にて未知子の天敵でもある、蛭間院長が北海道に左遷されたものの、新たに赴任した医院長が …

コウノドリ1話ネタバレあらすじ&感想!感動だけじゃない母に直面する問題をリアルに描いたドラマ

綾野剛さん主演の人気ドラマ「コウノドリ」が返ってきます! 産婦人科と患者の人間ドラマを中心に、リアルな産科医療の現場が描かれている注目のドラマです。 今回は、「コウノドリ」第1話ネタバレあらすじと感想 …