Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

明日の約束3話ネタバレあらすじ&感想 友情を壊し圭吾ケガ写真も母の仕業?日向の闇も深い…

投稿日:10月 31, 2017 更新日:

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。

スクールカウンセラーとして高校に勤務する主人公・日向(井上真央)。そんなある日、不登校気味だった男子高校生・吉岡圭吾くんが突然亡くなってしまいます。

亡くなる直前「好きです」と言われた日向は、圭吾君の死について疑問を抱いていた。さらに圭吾の母・真紀子は学校に原因があるとして、圭吾の葬儀に訪れた校長らを厳しく非難。

圭吾が所属していたバスケ部でいじめがあったとの証言も出てきています。一体圭吾くんはなぜ亡くなってしまったのか。

【第2話詳しいネタバレはこちら】

明日の約束2話ネタバレあらすじ&感想!圭吾,死の真相とは?日向母の闇も少しずつ明らかに

今回は「明日の約束」第3話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。第3話ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


明日の約束3話ネタバレ【前半】

週刊誌の記者小嶋(青柳翔)が圭吾の自宅を訪ねる。スプレーで塗りつぶされた圭吾の部屋を見た小嶋。母・真紀子(仲間由紀恵)は「それだけ闇が深かった」言う。

マスコミが自宅に来たことを圭吾の妹・英美里(竹内愛紗)は父にラインするが「ママの好きにさせなさい」と言われる。

バスケ部のマネージャー増田希美香(山口まゆ)は、バスケ部キャプテンの長谷部と、1年の澤井が「もし圭吾と自分たちのことがバレたら…」と言っているのを聞いたと日向に報告していた。二人は圭吾と同じ中学出身でバスケ部の先輩後輩で仲も良かったという。

学校から帰宅する長谷部は圭吾と過ごした時のことを思い出し「お前が悪いんじゃないか…」とつぶやいた。

自宅に帰った日向。すると母が戸棚の中から昔のアルバムを取り出していた。そしてアルバムを見ながら、この間急に怒鳴ったことを謝り、和彦(工藤阿須加)と幸せになるのよと言った。

その頃、香澄(佐久間由衣)は一人歩道橋で何かを考えていた。「圭吾…」腕につけていたリストバンドを外すと、リストカットの跡が残っていた。

翌日、朝食を終えた日向はテレビで圭吾の母・真紀子が取材されているのを見る。

不登校だった圭吾はバスケ部でケガをさせられて、夏休みの途中からふさぎ込むようになったとケガを受けた写真をテレビで公開。病院でうつの診断書ももらったが、担任の先生とスクールカウンセラーが家に押しかけ、学校に来るように言い、それで追い詰められて、翌日家出したと話す。

息子が見つかってもすぐに連絡をくれず、息子に色々と言ったみたいで、翌日には圭吾は命を絶った。母として圭吾の苦しみに気づいてあげられなかったとテレビで話し泣き出した。

さらに記者会見で校長が「その程度のことで自ら命を絶つ原因になるとは考えられない」と言っていたことを記者は指摘。真紀子は「圭吾が自ら命を絶ったのはいじめに耐えられなかったから。絶対に許さない」と言った。

校長が「その程度のことで」と記者会見で言ったことはテレビで取り上げられ、学校の先生たちも今後の行く末を心配していた。

スポンサーリンク



学校でも報道を受けて話し合いの場が持たれた。日向はテレビで見た圭吾の部屋が真っ黒に塗りつぶされているのが気になっていた。

バスケ部の顧問・辻(神尾佑)は部内でいじめがあったことは把握していないが、もし暴力があったなら許されない行為だと言い、霧島(及川光博)たちが事情を聞く前に顧問として信じてやりたいからまずは自分から事情を聞くと言った。

「信じたいというのは相手に対しての期待でもあるので本当のことが言えなくなる場合もある」と日向が話す。霧島は、辻が熱心に指導してきたことはわかると、ひとまず部員への聞き取りは辻に任せることにした。

圭吾の事件は、ネットニュースにも取り上げられ大事になっていた。日向は、バスケ部キャプテンの長谷部についてどんな生徒だったか担任の北見(白洲迅)に聞く。

長谷部は真面目な生徒で部員からも慕われ成績も上位。報道されたような、後輩にケガをさせるような生徒だとは思えないと言った。

ネットには、過激な書き込みが目立つようになっていた。

辻はバスケ部へ報告していた。圭吾の両親はバスケ部のいじめだと言っているようだが、辻は「お前たちを信じている」と言いもし圭吾との間で何かあったのであれば本当のことを伝えてほしいと話した。

もし、誤解や行き違いであったとしてもバスケ部の仲間が死を選んだ。それを見逃したのは、バスケ部顧問の自分のせいでもある。と頭を下げ自分が全て責任を取ると頭を下げた。

帰り道、澤井が長谷部に「あのことやっぱり…」と話しかける。そこに増田が現れ何があったのと二人に聞く。しかし長谷部は「あいつはもう仲間じゃない」と言い去っていった。

日向の母は和彦を喫茶店に呼び出し二人きりで会っていた。日向は学校から帰宅途中、香澄に会う。香澄は「椿が丘高校バスケ部は暴力集団で、指導している辻は以前暴力行為で体罰をしている」という書き込みを見せ拡散されていると話した。

日向は、辻先生は真面目な人でそんなこと…と言うが、香澄は悪いやつは絶対にいるんだよと言った。

スポンサーリンク


明日の約束3話ネタバレ【後半】

翌日、霧島と日向はバスケ部員を一人ずつ呼び出し聞き取りを行った。部員たちはいじめや暴力行為はなかったと話す。

澤井が呼ばれ圭吾との話しを聞く。二人は同じ中学で、元々バスケ部で仲良かったのに途中で距離を置くようになった。なぜ距離を置くようになったのかと霧島が問いかけると「距離を置くようになったのは圭吾の方だ」と言った。

長谷部は部活内で圭吾は浮くことがあったが、そういうやつだったと話す。それよりも、今回の事件のことがニュースで騒がれて、バスケ部は今度の大会に出られるのかと霧島に問いかける。

断言はできないが、学校側としては出場を辞退する可能性が高いと霧島が答えると長谷部は「すごい迷惑。自殺されて責任なすりつけられて」と言った。

聞き取りが終わり、日向と霧島は澤井と長谷部が何かを隠していると感じていた。

帰り道、小嶋が日向を待ち伏せし事件について聞いてくる。日向は、話すことは何もないと言い去ろうとするが、小嶋は「こういう悲劇を起こさないためのスクールカウンセラーなのに責任はないのですか。生徒一人殺して知らんぷりですか」と言う。

日向は「事実を伝えるための書くのがマスコミでしょ。事実確認をせずに一方的に学校を悪者扱いする人にお答えすることはない」と答えた。

それでも小嶋はしつこく話しかけてくる。「世間ではあなたがたは生徒を殺した悪者だ。だから覚悟しておいた方がいい」

その夜日向は、和彦の家を訪ねた。

「ちょっと怖くなった。人の悪意みたいな」

日向が、部屋に入ると昨夜母が家で食べていた同じ和菓子が置かれているのに気づき母に会ったのと聞く。和彦は連絡貰って会ったと話し、日向のこと支えてほしい、いいお母さんだねと言った。

しかし日向は「いいお母さんなんかじゃない」と言い、日向は和彦の家を後にした。母は昔からいつもこうだった。日向が自分の意志で手にしたもの、日向の人間関係にも自分の思い通りにしようとする。

日向の読む本も食べるおやつも、遊ぶお友達も「ママの言うことを疑わない」必ず守るように子供の頃、日向の友達が遊びに来てもママは無理やり帰していた。

そんな子供の頃を思い出していた。

スポンサーリンク



ネット記事では、報道が過熱し辻先生の過去の暴力行為について取り上げられていた。辻先生が昔いた学校のバスケ部に特待生だったエース部員が、他の部員をいじめ、いじめられていた部員は障害が残るくらいのケガをさせられた。そのため辻はそのエースをボコボコにしたのだった。

辻は「自分のような教師がいると部員たちに迷惑がかかる」と校長に退職届を出した。

長谷部は他の生徒から「人殺し」と言われかっとなってケンカになっていた。「あいつが勝手に学校に来なくなって、かってに自殺しただけだろ」騒ぎを聞きつけた辻が止めに入り、俺がいなくなってもしっかりやれよと言い去って言った。

日向は辻を追いかけ、事件のことはもう4年前で関係ない。圭吾のことだって、まだバスケ部の責任とは決まったわけではないのになぜ辞めなきゃいけないんですかと問いかける。

しかし、辻は一度間違いを犯した人間は何年たっても許されず、罰を受け続けなければいけないし、信頼も取り戻せない。そう言って去っていった。

その後、真紀子から連絡を受け霧島、日向、校長で圭吾の自宅を訪ねる。

校長が謝ろうとすると真紀子は、言葉での謝罪はいらない文書での報告と謝罪を要求したと話す。霧島は、事実関係を調査中で文章での報告の段階ではないと言うが、真紀子は「結局そうやってごまかされるんですね」と言った。

真紀子が校長に圭吾の部屋を見ますかと言うが、校長は結構です…と答える。しかし、日向は見せて欲しいと話し、霧島と共に圭吾の部屋を訪れる。

真っ黒に染められた部屋を見てショックを受ける日向。

「圭吾くんは色は黒が好きだって言っていました」

「あの夜、体育館であなたが余計なことを言ったんじゃないですかだから圭吾がこんなことを。学校でどんな辛い目似合わされたのか…圭吾本人に聞きます」

そういって、真紀子は部屋に置かれたハロウィンのかぼちゃの置き物に明かりをつけた。1年に1度死者の霊が家族を訪ねてくる日。圭吾もきっと帰ってくる。そしたらもうどこにも行かせない。あの子、私が傍にいないとダメな子なんですと言った。

その夜、辻が帰宅途中ハロウィンの死神の仮装をした男にスタンガンで気絶させられ、鉄パイプで襲われた。

日向は和彦と会い、もう母に会わないでとお願いした。

「あの人は、最低な母親だから」

(第3話おわり)

明日の約束3話ネタバレ【感想】

真紀子が、テレビの取材にて学校での暴力行為やいじめが原因で圭吾は亡くなったと話し、事件は益々大きくなっていきます。

実際に圭吾が暴力を受けたという写真も映し出されていましたが、本当でしょうか。もしかして、仕組まれたものか、自宅内で暴力を受けた写真なのでは…?と思いました。

また、バスケ部の澤井と長谷部が何かを隠しているようで、仲が良かったのに圭吾の方から距離を置いたというのも、もしかして真紀子が距離を置くようにしたのではと思いました。

さらに辻先生が何者かによって襲われるという…闇がどんどん深くなっていくこのドラマ。真紀子の静かに畳み掛ける姿も恐ろしさを増してきているような気がします。

そして日向と母との関係も何か深い闇がありそうですね。日向を自分の思い通りに操作する母親。来週の予告でもありましたが、それでも日向が母と一緒に暮らしているには何かわけがありそうです。

もしかして、母の不自由な片腕が関係しているのでしょうか。

圭吾が亡くなった真相についても気になりますが、日向と母に何があったのかも目が離せません。来週も楽しみにしたいと思います。

【第4話ネタバレあらすじはこちら】

明日の約束4話ネタバレあらすじ&感想 長谷部への脅迫&ラインは母の指示か 恋人,和彦にも闇が?

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アシガール3話ネタバレあらすじ&感想!唯,若君を守るため走り出すが早くも倒れる…

NHK土曜時代ドラマ「アシガール」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 平凡な女子高生だった主人公・唯がふとしたことをきっかけに戦国時代にタイムスリップ。 そこで出会った若君に一目惚れし、 …

女囚セブン3話ネタバレあらすじと感想!琴音の事件の鍵を握るのは黒革の手帳か?

剛力彩芽さん主演ドラマ「女囚セブン」 京都の芸妓として働いていた主人公・神渡琴音(剛力彩芽)は同僚の芸妓をあやめた罪で逮捕されてしまう。 無実にも関らず彩芽はある目的を果たすため自ら罪を被り女子刑務所 …

ごめん、愛してる4話ネタバレあらすじと感想!律の体に異変!死へのカウントダウン始まる

長瀬智也さん主演ドラマ「ごめん、愛してる」のネタバレあらすじについてまとめています。 母に捨てられ、韓国の裏社会で生きてきた主人公・律(長瀬智也)。ある日、事故により長く生きられないと宣告され、最後に …

みをつくし料理帖2話ネタバレあらすじ感想とレシピ!とろとろ茶碗蒸しが美味しそう!

NHK土曜時代劇ドラマ「みをつくし料理帖」 主人公・澪(黒木華)が当時はまだ珍しかった女料理人として成長していく物語。 初回放送では、丁寧に描かれてドラマの雰囲気や美味しそうな料理が大好評のようですね …

ごめん、愛してる1話ネタバレあらすじと感想!突きつけられた衝撃の事実!初回から涙の切ないストーリー

TBSで7月からスタートした長瀬智也主演ドラマ「ごめん、愛している」 生まれてすぐに母親に捨てられ施設で育った主人公・岡崎律(長瀬智也)。養子として引き取られた両親の仕事の関係で、韓国へと渡ったが、家 …