Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

明日の約束1話ネタバレあらすじ&感想!圭吾の死は母が原因か 毒親の正体が明らかになる…

投稿日:

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」

藍沢日向は高校のスクールカウンセラーとして勤務し生徒たちの心に寄り添っていたが自分自身、過干渉の毒親に育てられ誰にも言えずにいた。

そんな中、一人の男子高生が「日向先生が好きです」と言い残して亡くなってしまう。事件について調べていくうちに、様々な真実が見つかっていく…という物語。

実はこのドラマとある実話をベースに作られたドラマです。

【ベースとなった実話はこちら】

明日の約束原作実話ネタバレあらすじ 衝撃の内容に恐怖で言葉が出ない…

今回は「明日の約束」1話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


明日の約束1話ネタバレあらすじ【前半】

(私は母親を好きになれない。母はいつ怒り出すかわからない、私のことを否定してばかりだったし、気持ちを汲んでくれたことはない。

だけど私は母のこと…)

藍沢日向(井上真央)は、高校のスクールカウンセラーとして勤務していた。

日向は2学期から不登校になっている1年B組生徒の吉岡圭吾(遠藤健慎)のことが気になっていた。高1クライシスといって夏休み明けに不登校になるケースもあり、クラスメイトの様子からいじめがあるようには見えないと先生たちからは言われる。

それでも圭吾のことが気になった日向は担任の霧島先生(及川光博)と一緒に家庭訪問することにした。

バスケットボールに所属する吉岡圭吾は両親と妹の4人暮らし。父親は鎌倉市教育委員会職員、母は専業主婦。中学でも不登校の時期があり、中学3年生の時は2日間家出し、警察の補導歴もあった。

その頃、圭吾は購入してきたスプレーボトルを自宅のテーブルに並べ、黒いロープを手に、過去に受けたいやがらせを思い出していた。

自宅に戻った圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)は、圭吾の靴の位置が少しズレていることから、自分がいない間に外出したことに気づく。圭吾は素直に認め、外出するなら連絡しなさいと真紀子は言った。

さらに圭吾は携帯がほしい…というが真紀子から「いらないでしょ」と言われてしまう。圭吾も反抗する様子もなく素直に「ごめん、いい」と答えた。

放課後、日向は2年生の増田希美香(山口まゆ)が下駄箱の所で具合悪そうな様子を見かけ声をかける。しかしは希美香は何でもないと言い、去っていった。

日向は、ブライダル会社に勤務する恋人・本庄和彦(工藤阿須加)と2周間ぶりに会っていた。和彦は3年付き合っているし、日向の母に挨拶に行きたいと言う。

しかし日向は理由をつけやんわり断り乗る気ではなかった。

自宅に帰った日向は部屋でテレビを見ている母・尚子(手塚理美)に声をかける。日向は和彦と付き合っていることは話しておらず、和彦とあっていたことも内緒にしている。

尚子がケーキを買ってきたと冷蔵庫から出し、日向はいらないと言うが、尚子は「せっかくママが買ってきたのに?」と言い日向は「じゃあ…後で食べる」と答えたのだった。

希美香は母が彼氏の家に行ったきりで帰ってこない日々が続いていた。もうお金がないと言っても母は「頑張れ」と一言返事をするだけであった。

スポンサーリンク



翌日、日向は霧島と一緒に圭吾の自宅を訪ねた。体調不良と言い休んでいた圭吾だったが思ったよりも元気そうに見えた。

霧島が「学校にはいつ頃出て来るのか」と聞くが、圭吾は「まだわからない」と答える。もしまだ学校に行くのが不安なら保健室や相談室に登校してもいいと日向が言うと、圭吾は後ろにいた母・真紀子の顔を見る。

さらに、日向が部屋を見せてほしいと言うと、またもや圭吾は真紀子の顔を見る。そして真紀子が「案内してあげなさい」と許可を出してから部屋へと案内した。

圭吾の部屋を見た日向だが高校生の男子の部屋っぽくないと言うと、ふと圭吾の顔から笑顔が消えた。すると日向は、笑顔でずっといなくてもその方がいいと思うよと言う。

そこに真紀子が「もういいですか」と日向と圭吾の間に割って入ってきたのだった。

日向と霧島は圭吾は軽いうつ病と判断されたと診断書を見せられ、先生たちがくるのも圭吾にとっては、負担になると真紀子に言われる。

さらに、圭吾はクラスや所属しているバスケ部でもいじめにあっているようだと話す。

でも、圭吾は何も話していなかったようだと霧島は言うが真紀子は「いじめに合っているなんて子供はそう簡単に言えない」と言った。

日向は、学校に来てもらって相談室で話したいと言う。

しかし真紀子は聞かず、「圭吾が早く元の生活に戻れるよう学校内で対処してほしい、これで圭吾の人生がダメになるようなことがあったら、学校や先生を許さない」と言った。

帰り道、クラスにしても部活動にしても深刻な状況に思えないという霧島。圭吾はいじられキャラのようなところもあり、誤解を招いた気がすると話す。

一方の日向は、圭吾の家庭にも問題があるようにも思えた。

息子の人生がダメになるような発言はなかなか出ない、そして圭吾がずっと笑顔を無理やり作っているように見えた。

その頃、希美香はスーパーのデザート売り場にて、ケーキを万引きし店員の白井香澄(佐久間由衣)が見つけ、希美香を追いかけ捕まえる。

「誕生日なんです」

今日は希美香の誕生日だった。やがて学校に連絡が入り、日向が希美香を自分の相談室に呼んだ。

日向は、ケーキを用意しキャンドルに火をつけようとするが、ライターを忘れたことに気づき「持ってないよね…?」と希美香に聞く。その様子を見た希美香はようやく笑顔を見せたのだった。

希美香は自分の母親のことを話し始めた。

両親が離婚したのは母の浮気のせいだという。父と一緒に暮らすことを望んだが、父は出ていき一度も会っていない。母は19歳でデキ婚し、自分を産んでからも彼氏を作り離婚した。

希美香の誕生日も忘れて彼氏とデートしていたため、邪魔してやろう万引きしたという。希美香は母のようにはなりたくないと言う。

日向は、親とか大人は結構鈍感だから気持ちは言葉にした方がいい、子供がSOSを出さないとこっちを向いてくれないし気がついてくれないからと、少しずつ自分の言葉で伝えることを勧めた。

希美香が帰った後、日向は子供の頃「明日の約束」という、母に交換日記をさせられていたことをふと思い出した。

その頃、霧島は圭吾のバスケ部の仲間に何か問題はなかったのかと聞くが何も有力な情報は得られなかった。

自宅に帰った希美香は日向から「気持ちは言葉にしたほうがいい」と言われたことを思い出し、帰ってきた母に自分の気持ちを言おうとする。

しかし、希美香が万引きしたことにより、子供がいたことが彼氏にバレてフラれたと母は希美香に向かって八つ当たりする。

「私のせいなの?」と希美香は母に言うが、逆にビールを投げつけられてしまった。我慢の限界にきた希美香は、父と一緒に暮らすから連絡先を教えて欲しいと言う。

しかし、母からDNA鑑定の結果、希美香と父は血のつながりがなかったことが知らされた。パニックを起こした希美香は母を突き飛ばしたのだった。

希美香のことが気がかりだった日向は、改めて自宅を訪ねようと思っていた。そこに、希美香から「母の命を奪ってしまった」と連絡が入る。

病院に搬送された希美香の母は命には別状はなかったがしばらく入院することになった。

日向は希美香に寄り添って話しかける。

希美香は、母に自分のせいで幸せになれないと言われたこと、万引きしたのも、誕生日くらい私のことを見ていてほしかったと言い、これからどうすればいいのかと悩んでいた。

日向は、仲直りして今まで通りに暮らす選択肢もあるしそれが一番簡単。でも母親から自由になる選択肢もあるとアドバイスする。

「それって…私がお母さんを捨てるってこと?」

「母親とは関係ない自分自身の人生を生きるってこと」

その頃、圭吾はクラスメイトとメールをしていた。その後ろには真紀子がじっと付き添っていた。

スポンサーリンク


明日の約束1話ネタバレあらすじ【後半】

翌日、圭吾のことでクラスでは何か気づいたことがあれば書くようにとアンケートが配られ意見箱が教室に設置された。

さらに、霧島はバスケ部顧問に部員間のいじめや、体罰がなかったかか確認する。しかし、不登校の原因になるようなことはなかったという。

すると吉岡圭吾の母・真紀子から「圭吾が家出したようだ」と連絡が入る。そして家出の原因は先生たちが問い詰めたりしたからだと主張。

圭吾は、真紀子の許可がないと家から出たりしない。携帯も財布も家にあるため単なる外出ではない。早く圭吾を探してくれと真紀子は言い、学校総出で探すことになった。

バスケ部員たちも必死で圭吾を探したが夜になっても圭吾は見つからなかった。

日向は圭吾のクラスメイトから、スーパーで働いている幼馴染の香澄という女性なら知っているかもと言われ会いに行く。

すると、香澄から圭吾が少し前に来て、昔通っていた幼稚園や小中学校をブラブラしていると聞いたという。そして「明日が来るのが怖い」と言っていたという。

香澄は日向が勤務する椿が丘高校の元生徒だった。香澄は「最悪の学校だよね」と言って去っていった。

日向は学校の教室に行くと、圭吾が座っているのを見つけほっとする。

そして、真紀子が迎えに来る前に、日向は話し合いたいと言い、母への連絡は遅らせることにした。

日向は圭吾を相談室に呼び、どうして急に散歩しようと思ったのと聞くと「なんとなく」と圭吾は答える。

「吉岡くん好きな色って何?この間お部屋見せてもらったでしょ。色使いが気になって。でも今日は黒い服着てるから。色って多少はその時の心理に影響されるから」

「黒は?」

「強さ、圧力。不安や恐怖」

すると圭吾は体育館に行きたいと言った。体育館に移動しバスケを始めた圭吾。

日向は、何か悩んでいることがあるなら話してほしいと言う。悩みなんかないという圭吾だが「明日が来るのが怖い」と言っていたことが気になり、日向はどういうことかと問いかける。

「変わらないから。変わったとしても多分…」そう言いかけると、圭吾は突然日向のことが好きだ、付き合ってほしいと言う。

日向は、カウンセラーと生徒だからそれはできないと断る。

するとそこに真紀子が訪れ、圭吾を連れて行こうとする。日向はもう一度話したい、明日伺いますと言った。

圭吾が振り向き「黒。好きな色は黒です」といって母に連れられて去っていった。

自宅に帰った日向は、圭吾が「明日が来るのが怖い、変わらないから。変わったとしても多分…」と何を言いかけたのか気になっていた。

翌日、希美香は母に、児童相談所から連絡してもらい、おじさんの家で暮らすことにしたと告げる。母は動揺していた。

「お母さんとはもう一緒に住めない。住みたくない。お母さんの幸せ邪魔してごめんなさい。今までありがとうございました。」

そう頭を下げ、母の元を去った。

希美香は日向に寄り添われて病室を後にする。

「お母さんのこと捨てちゃった。ありがとうございました。見ててくれて」

「頑張ったね。増田さんは強い」

そういって日向は希美香の肩を抱いた。

「私なんかよりずっと…」

スポンサーリンク



一方、妹が圭吾の部屋から変な匂いがしているを不審に思い真紀子が圭吾の部屋をノックして入ろうとする。しかしドアが開かない。無理にドアを開けると、圭吾は部屋で亡くなっていた。

「僕は、先輩のせいでしにます」と圭吾から沢田という男子高校生にメールが入っていた。

圭吾と同じクラスの田所那美(井頭愛美)は教室に設置された意見箱に「圭吾はいじめられている」と書いて入れようとしていた。

日向は、子供の頃母と交換日記をさせられていた。それは、「明日の約束 8歳の日向へ」というノートだった。

(今日も日向はママの言うことを聞けない悪い子でしたね。明日はいい子になりましょう。

ママがいいといったお友達以外と遊ばない。ママに口答えしない。ママをイライラさせない。必ず守るように。ママは日向が大好きです。)

ノートにはそう書かれていた。

(おわり)

明日の約束1話ネタバレあらすじ【感想】

過干渉な母親、逆に子供に対し無関心な母親…相反するそれぞれの毒親を持った子どもたち。そして主人公の日向自身も毒親から逃られずにいます。

我が子の為を思ってとは言いつつも、いつしか子供を自分の思い通りに支配しようとする過干渉な母親たち。

それでも子供にとってはたった一人の母であって、母を責めることなく我慢する、母に苦しめられても母を悲しませたくないから…。

そこで母が気づくことができればいいのですが、気付かずに子供を追い詰めてしまう。なんだか見ていて苦しくなるような作品ですが、決して目をそらしてはいけない内容だなと思いました。

また余談ですが、仲間由紀恵さんが息子を「圭吾」と呼んでいましたが、どうしてもドラマ「神様もう少しだけ」で出演した金城武さん演じる「啓吾」を呼んでいた時のことを思い出してしまいます。今の若い人が知らないかと思いますが…。

一体圭吾くんの死には何が隠されているのか。来週も見逃さないようにしたいと思います。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アキラとあきらネタバレあらすじ結末まで!運命に翻弄された二人に訪れる衝撃のラストとは!?

「半沢直樹」や「下町ロケット」などの大ヒットドラマの原作者でもある池井戸潤さんの作品「アキラとあきら」がWOWOWにてドラマ化されます! 原作小説「アキラとあきら」は実は10年以上前に書かれ表に出るこ …

世にも奇妙な物語妻の記憶(遠藤憲一)ネタバレあらすじと感想!原作結末はドラマと違う?

「世にも奇妙な物語2017春の特別編」で放送されるオムニバスドラマのひとつ「妻の記憶」 遠藤憲一さんが主演を務め、これはオンライン漫画XOYで公開されている「奇々怪々」が原作です。 毎週金曜日に公開さ …

過保護のカホコ3話ネタバレあらすじと感想!カホコ麦野に告白&初めて母に反抗!

高畑充希さん主演ドラマ「過保護のカホコ」のネタバレについてまとめています。 超箱入り娘で、過保護に育った主人公・加穂子(高畑充希)が、自分とは真逆の環境で生きてきた麦野(竹内涼真)に出会い、外の世界へ …

過保護のカホコ2話ネタバレあらすじと感想!糸の暴露にカホコ大パニック!

高畑充希さん主演ドラマ「過保護のカホコ」 過保護な両親(特に母親?)に育てられた主人公・加穂子(高畑充希)は、1人では何もできない超箱入り娘に成長していた。 そんなある日、同じ大学の画家を目指す麦野( …

陸王6話ネタバレあらすじ&感想 アトランティスの陰謀でこはぜ屋に更なる試練が襲う!

役所広司さん主演ドラマ「陸王」 前回までのあらすじは… 陸王開発の資金繰りに苦しむこはぜ屋は、シルクレイを使った新たな地下足袋「足軽大将」を開発し大ヒット。何か資金繰りを乗り越えた陸王だったが、機械の …