Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

映画

ワンダーウーマンネタバレあらすじ結末&感想!美しい最強女戦士のストーリー

投稿日:8月 17, 2017 更新日:

昨年公開されたバッドマンVSスーパーマンに颯爽と登場し、両ヒーローに劣らない活躍を見せたワンダーウーマンの単独映画が公開されます。

ワンダーウーマンはバッドマンやスーパーマンのいる世界と同じ軸で存在するヒーローであり、実写映画も複数あり、国連の名誉大使にも任命された世界的にも有名なキャラクター。

今回劇中でバッドマンであるブルースウェインはバッドマンVSスーパーマンの作中で、第一次世界大戦の中、ワンダーウーマンであるダイアナが写っている写真を発見し、彼はこの写真をダイアナに送り、彼女はかつて自分の活躍を思い返します。

この映画は、ダイアナがどこからやってきたのか、彼女の持つ強力な武器や力、そして彼女はいかにしてワンダーウーマンになったのか、彼女の謎を紐解く知られざるストーリーが明かされていきます。

今回は映画ワンダーウーマンをいち早く鑑賞してきましたので、ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ワンダーウーマン登場人物キャスト

■ダイアナ/ワンダーウーマン(ガル・ガドット)
アマゾンの女王の娘で、正義感がかなり強い。
力強さが目立つ彼女だが、好奇心も旺盛で、劇中で食べるアイスクリームやダンスなど色々なものに興味持つ。

■スティーブ・トレバー(クリス・パイン)
アマゾンの住む島に不時着してしまう連合軍のスパイ。
アマゾンの一団へ世界の現状を知らせる。
突発的に行動するダイアナに振り回されながらも彼女と信頼関係を築いていく。

■ルーデンドルフ大佐(ダニー・ヒューストン)
ドイツ軍人で、連合軍を殲滅させるために新兵器の開発に挑む。
今回自身でも体を強化させるガスなどを使い、ダイアナとも戦う。

■マル博士/ドクターポイズン(エレナ・アナヤ)
ルーデンドルフと一緒に毒ガス兵器を作成している開発者。
かなり意見で、顔には謎のマスクをつけている。

■ヒッポタリア女王(コニー・ニールセン)
ダイアナの母親でアマゾンを率いる。
娘の安全を望む母親だが、アマゾンの女王ということもあり、敵が現れると自らも前線に出て戦う。

■アンティオペ将軍(ロビン・ライト)
アマゾンの軍を率いる将軍であり、ダイアナの叔母にあたる。
ダイアナに厳しく指導を行う。

■サムイール(サイード・ダグマウイ)
スティーブの仲間で、潜入などを手伝いを行う。
ダイアナほどではないが他の言語も話すことができる。

■チャーリー(ユエン・ブレムナー)
スティーブの仲間で狙撃手だが、少し頼りない。
しかし、ピアノを弾くなど、メンバーの旅を盛り上げてくれる。

■ナピ族長(ユージーン・ブレイブ・ロック)
スティーブの仲間で爆破担当。
様々危機を爆弾を使って切り抜けていく。

■エッタ・キャンディ(ルーシー・デイヴィス)
スティーブの秘書。
ダイアナに当時の服などを購入する手伝いをする。

■パトリック・モーガン卿(デヴィト・シューリス)
スティーブ達の旅を支援してくれる協力者。

スポンサーリンク


ワンダーウーマンネタバレあらすじ【外の世界からの来訪者】

現代パリ。

ワンダーウーマンであることを隠して現代社会にて生きるダイアナに、実業家で裏ではバットマンとして活躍しているブルースウエインから「この写真に隠された話を聞きたい」と書かれたメッセージと写真が届く。

その写真を見てダイアナは過去の自分を振り返り始めた。

幼い頃のダイアナは女性のみの部族アマゾンが暮らすセミスキラ島に住んでおり、王女の娘として生活していた。

ダイアナは好奇心旺盛で、家政婦の目を盗んではアマゾンたちの戦闘訓練をのぞいていた。

家政婦に見つかっては逃走を繰り返していたが、母親でセミスキラの女王ヒッポリタに捕まってしまう。

好奇心旺盛なダイアナはアマゾンの戦士なることを夢みていたが、ヒッポリタは彼女の身を案じて、戦士なることを禁じる。しかし、叔母でセミスキラの将軍であるアンティオペはヒッポリタに秘密でダイアナに特訓を行うようになった。

特訓の傍、ダイアナの楽しみは母親からアマゾンたちの昔話を聞くことだった。

神の王であるゼウスには子どもがおり、その中に戦いの神アレスがいた。彼は人の心を操り、戦争を何度も起こさせ世界を破壊していった。

アレスを倒すために他の神々も戦ったが倒されてしまい、アレスに対抗するために、ゼウスはアマゾンたちを作った。

彼らは戦争を止めるために活動し、ゼウスから授かった武器を使い、アレスを撃破するのだった。

強力な武器を隠すためにゼウスはアマゾンたちが住む島を作り、武器を隠して、人間には見つからないよう特殊なバリアを張り、人間世界とは切り離した。

彼女はこの話しを聞き、神様を倒した武器を見たいと母親に頼み、神を殺した剣を見に行く。しかし、ヒッポリタはダイアナ達の時代で武器が使われることがないことを祈っていると話した。

時は経ち、ダイアナは成長し、外で訓練を行っているところ、母親に見つかる。

ヒッポリタはアンティオペに何年もの間、平和が続いているのだから、娘が訓練を行う必要はないというが、彼女は「アレスは死んでいない、彼女にアレスと戦い、身を守る術を教えるべき」と主張して、母親も渋々承諾するのだった。

さらに時は経ち、成人なったダイアナはアマゾンの厳しい特訓を受けていた。試験の途中負けそうになり、腕をかざした所謎の力が宿い、対戦相手であったアンティオペを吹き飛ばし怪我を追わせてしまう。

彼女は突然のことに訳がわからず、謝罪してその場を立ち去ってしまう。

自分の力に戸惑っていたダイアナは崖の上から海を眺めていると、突如島のバリアを破り、飛行船が現れる。

飛行船には人がいたが、故障し、海に落下。ダイアナは海に飛び込み、飛行船に乗った男を海から引き上げて助けたのだった。

飛行船に乗っていた男が目をさますとダイアナが彼の顔を覗いていた。

アマゾンは全員女性の部族のため、初めて見る男に興味を持つダイアナ。カモフラージュの外では飛行船に乗っていた男・スティーブを追ってきたドイツ軍が突然消えた彼の飛行船を探していた。

兵士の一人がバリアを見破り、ドイツ軍が一斉に島にやってくる。

浜に着いたアマゾン達は突然の軍隊の襲来に驚くが、銃などの近代兵器もないままでドイツ軍と応戦。

しかし、初めて見る銃に仲間の何人かもやられていき、スティーブやダイアナも戦闘に加わる。

叔母のアンティオペは仲間の盾を踏み台として高く飛び上がり、矢を3本同時に発射し、兵士たちを倒していく。しかし、兵士に撃たれそうになったダイアナ庇い銃で撃たれてしまう。

ダイアナはアンティオペに駆け寄り、アンティオペは「今こそ神殺し剣を使う時だ」と言い、息絶えるのだった。

兵士達をすべて倒したアマゾン達は突然現れたスティーブを殺そうとするが、ダイアナが弁護し、アマゾン達の会議所に連れて行かれた。

スポンサーリンク


【アレスを目指し前線へ】

スティーブはアマゾン達の謎の縄に取らわれ、尋問を受ける。

この縄はラッソーオブルースという捉えられると真実を言わなければ縄がだんだんときつくなる不思議な道具だった。

スティーブは世界で第一次世界大戦が行われ、沢山の命が亡くなっていること、自分は連合軍でスパイとしてドイツに潜入し、ドイツの新型の毒ガス兵器の存在を調べ、兵器の重要な情報を書いてある手記を盗み、逃走中だと話す。

アマゾン達は自分達の生活とあまりにかけ離れている話しをする彼を疑うが、ダイアナは一人彼の話を聞いてアレスが絡んでいると考える。

ダイアナはスティーブから戦争や彼が身につけている親の形見の時計など外の世界の話を聞く。世界が争いに包まれており、外の世界に行くことを考えるのだった。

彼女は戦争の原因であるアレスを倒せば全てが終わると考え、神殺しの武具を持ち、スティーブに故郷に帰りたければ、自分をアレスのもとに連れて行くように話し、一緒に島を脱出。

脱出の途中、母・ヒッポタリアがやってきたが、ダイアナが今回のことで外の世界に行くのだろうと思っていたため、彼女にティアラを渡し送り出した。

ヒッポタリアはダイアナ達が去った後、彼女自身が何者であるかアレスよりも早く気づかなければならないと話す。

ダイアナ達が船で移動を進めている間、ドイツ軍のルーデンドルフ大佐と彼に協力するドクターポイズンことマル博士は、新型のガス兵器の改良を進めており、ガス兵器の副産物として身体強化をするガスも発明していた。

ロンドンに到着し、ダイアナは島の生活とはあまりにかけ離れ過ぎていることに驚く。

スティーブは彼女をロンドンの生活に慣れさせるために、服などを秘書のエッタと一緒に購入する。

ロンドンの淑女のような格好に着替えた彼女に剣や盾は合わないため、秘書に道具を預け、軍の施設に向かうが、スティーブをつけ狙う複数の男たちの存在に気づき路地裏に誘い込むが、銃を向けられ、発砲されてしまう。

咄嗟にダイアナは手甲で銃弾を弾いて男たちを倒し情報を聞こうとしたが、生き残った最後の一人も毒を飲み自ら命を絶ってしまった。

スティーブは彼の協力者で、ドイツとの休戦協定を画策するパトリック卿に会い、ドイツ兵から奪った兵器の書記のことを話し、対策を練るための軍事会議を開いてもらう。

書記はシュメール語で書かれており、どんな言語も話すことのできるダイアナは書記の内容を解読して、ルーデンドルフ大佐とマル博士がマスタードガスといわれる水素ベースのガスマスクさえと溶かすガス兵器を作成していることを説明する。

しかし、毒ガスができていようとも軍隊を送らなくては攻め込まれてしまうため、イギリスの将軍達は毒ガスが使われる可能性の高い西部戦線へ軍隊を送ろうとするが、ダイアナは将なら部下とともに戦うべきだと言い放つ。

苛立ったダイアナをスティーブは外に連れ、人々を助ける気が無いのかと聞く。

スティーブ自らにラッソーオブトルース(真実を話させる縄)を掛け、彼も戦争で困っている人ために活動したいと言い彼の気持ちを証明する。

ダイアナは彼を信用し、この状況を踏まえてルーデンドルフ大佐こそアレスが変装している人物だと疑い、彼を倒すために自分を前線に連れて行くようにお願いするのだった。

スポンサーリンク



その頃、ルーデンドルフ大佐とマル博士は兵器の開発に行き詰まっていたが、突如部屋に風が吹き、ガス兵器作成の鍵を握り、メモをマル博士の元に持ってくる。二人はこれに喜び、ガス兵器の開発を急ぐのだった。

スティーブは信用できる仲間、スパイのサムイールと熟練の狙撃手チャーリーを集めて、前線に向かいガス兵器を用いたルーデンドルフ大佐の計画を壊そうとするが、資金の問題があり難航していた。

彼の話しを聞きつけ、パトリック卿が彼らに資金援助を行い、彼はガス兵器の計画を破るために前線に向かう旅を始めることになる。

一方、ルーデンドルフ大佐は自分の計画を仲間のドイツ兵たちに話すが、彼に聞く耳を持つものがおらず、完成した毒ガス兵器を使ってその場にいた兵士の命を次々と奪っていた。

ダイアナは道中で、沢山の人々が戦争により負傷し、戦争のトラウマを抱える人や家族を失っている者の現状を目の当たりにする。

船を乗り継ぎ、陸で移動するための馬を調達してくれたナピ族長もチームに加わることになる。

やがて、前線地帯に到着し溝を歩いていると、ダイアナは一人の女性から話しかけられ、付近の街がドイツ兵の手に落ちていることを聞く。スティーブに今すぐ向かうべきだと伝えるが、彼は前線地帯を切り抜け、工場に向かおうと主張する。

ダイアナは前線の有様に我慢できずに、ティアラを付けて、ドイツ兵たちに一人向かっていいく。ダイアナの突然の行動に、スティーブ達も意を決して、付き添うをことを決める。

単発の銃などは問題ないダイアナだったが、マシンガンに苦戦を強いられているとスティーブたちが現れ、彼女を援護する。

彼らは前線の敵を倒すとそのままドイツ兵が占拠している町を攻撃する。

スティーブたちは一人先走りする彼女をサポートしながら兵士たちを倒して行くが、突然スナイパーの攻撃を受ける。

スティーブは機転を利かせて鉄版を皆で持ち上げ、ダイアナに声を掛け、叔母がやって見せたように鉄版を踏み台として、スナイパーのいる台を攻撃し、町は平和と取り戻したのだった。

スポンサーリンク


【大佐との邂逅】

町に平和が戻り、皆が歓喜する中、村人の一人から写真を撮られる。

スティーブは近くでドイツ兵たちが城で式典を行うことを突き止め、ルーデンドルフ大佐も参加することを知り、秘書のエッタに自分たちの現在地を調べさせる。

しかし、パトリック卿は彼らにそれ以上進むのはやめるべきだと告げ、スティーブは電話を切ってしまう。

皆が平和に歓喜して、飲み、踊っている姿を見て、スティーブはダイアナをダンスに誘い、二人の距離が縮まると雪が降り始めた。ダイアナは始めて見る雪に感動しやがて二人は心を通わせ、その晩一夜を共にするのだった。

翌日、式典会場の城に到着したスティーブたちは、変装して城に潜入しようとするが、突発的に行動してしまうダイアナを心配し、彼女に残るように言う。

しかし、ダイアナは皆に黙って一人城に忍び込もうとし、城にやってきた貴婦人から服を盗んで、スティーブ達と同じく会場に潜入する。

スティーブは以前、スパイ活動の際に見つけた毒ガス兵器の製作者のマル博士を見つけて、彼女から情報を盗み出そうとしたが、突然現れたダイアナに驚く。

ダイアナはルーデンドルフ大佐を見つけ、アレスだと確信する。ルーデンドルフ大佐はダイアナたちが助けた町を奪われてた見せしめに、新型ガス兵器を撃つと話す。

ダイアナは今すぐに彼を殺さないとスティーブに主張するが止められる。

その後、ダイアナはミサイルが撃たれたのを目撃し、急いで一人町に引き返す。強靭な体を持つ彼女は毒ガスが効かないため町の生存者を探すが、町人は皆生き絶えていた。

彼女はスティーブになぜあの時止めたのかと彼を咎めるが、もし彼を殺してしまうとその場で皆に殺されてしまう危険があったと説明するが、彼女は納得しなかった。

スティーブは彼女にルーデンドルフ大佐がロンドンにガス兵器を落とすつもりだと説明し、彼女は単身工場に向かい、スティーブ達も急いでその後を追う。

ダイアナが大佐を見つけ戦闘を始めた頃、スティーブ達も基地に到着する。

ルーデンドルフ大佐はガスで自身の力を強化するが、その程度でダイアナが負けるわけもなく、ルーデンドルフ大佐に神殺しの剣を刺した。

彼女は彼を倒せば、この戦争が終わると思っていたが、ルーデンドルフ大佐が倒された後もロンドンを襲撃する準備を進める兵士たちを見て、なぜ誰も戦いをやめないのか驚く。

スティーブがダイアナの元に到着し、混乱している彼女に、この戦争はアレスが起こしたものではなく、悪い心をもった人間が起こしたものだと説明する。

そして、彼らはガスを積んだ飛行船でロンドンを襲撃するため、破壊しなくてはと伝えるが、彼女はアレスが死んでも戦争をやめようとしない人間達はに絶望。

スティーブは必死にダイアナを説得しようとするが、彼女は彼を拒絶し、着々と進んでいく出発準備を目の当たりにして、スティーブは彼女を置いて、飛行船の破壊作業に向かった。

スティーブ達が破壊工作を続ける中、ダイアナはその場に呆然としていたが、突然の人の気配に気づく。

スポンサーリンク


【愛は世界を救う】

そこに現れたのは、ここにいるはずのないパトリック卿だった。パトリック卿は自らがアレスだと話し、ルーデンドルフ大佐やマル博士のように人の抱えている闇の部分を利用して戦争を起こしていると話す。

ダイアナはアレスに神殺しの剣で攻撃しようとしたが、剣は破壊される。

アレスはダイアナに本当の彼女はゼウスに作られた、神殺しの武器であると教え、一緒に人間を滅すために協力しようと言うが、彼女は拒絶。

アレスとダイアナの戦闘が始まり、スティーブ達は戦闘の混乱に乗じて、作業を進める。

スティーブ達はその場で飛行機を爆破させようとするが、基地内で爆発した場合、付近にいる人間もみんな死んでしまう可能性があり、スティーブは一人ある覚悟を決めるのだった。

ダイアナはアレスの神の力に大苦戦し、爆弾で吹き飛ばされる。吹き飛ばされたダイアナの元にスティーブが駆け寄りなにか伝えるが、スティーブの言っていることが聞こえない。

スティーブは彼女にもう一言伝えて、形見の時計を渡し、一人飛行船に飛び乗った。

ダイアナはスティーブと話した後に再度アレスに向かって行くが、万物を自由に操るアレスに拘束されてしまう。

拘束される中、研究施設が爆弾で破壊し脱出を図っていた仲間達も困り果てているのを目撃し、スティーブが乗った飛行船を見る。

スティーブは飛行船に乗っていた兵士をすべて倒して、操縦桿に座り、高度を上げ、搭載してあった爆弾に向かって発砲。自らが乗った飛行船ごと爆発させたのだった。

アレスはダイアナを協力させるために、マル博士を彼女の目の前に連れてきて、全ての元凶である彼女を殺すように言うが、ダイアナはスティーブの最後に伝えてきた言葉を思い出す。

『君は世界を救うことができる。愛している。』

さっきは聞こえなかった言葉が聞こえ、マル博士を逃し、アレスに愛を信じると伝え、神殺しの力を発動させる。

ダイアナの力に驚くアレスだったが、最も強いアレスの雷を使い、自分に従わないダイアナを殺そうとする。

しかし、ダイアナは神殺しの力で逆にゼウスの雷を自分のものとして使いアレスを消滅させたのだった。

アレスの消滅とともに兵士たちは戦意を失い、戦いを止めた。

ロンドンに戻ると戦争が終わり休戦協定が結ばれ人々は歓喜していた。ダイアナは広場に貼ってあった戦死者の追悼盤にスティーブの姿を見つけ涙を流すのだった。

時は現代に戻り、ダイアナはスティーブとの写真と時計を見ていた。

そして、ブルースに彼と再度再会させてくれてありがとうとメッセージを送り、これからも人々を救うため、正義のために人生を捧げ、ワンダーウーマンとして駆け出して行くのだった。

(おわり)

ワンダーウーマンネタバレあらすじ【感想】

ワンダーウーマンのギャプに高揚する映画でした。

バットマンVSスーパーマンでは、謎の美女ようなポジションでスクリーンに現れましたが、今作では子供時代の彼女から、島を飛び出した後の彼女を見ることで、彼女の素の部分を見ることができます。

子供時代はアマゾンの戦士に憧れ、学校をサボり訓練を見学するやんちゃ少女、スカートを着ているのにもかかわらず足を広げて見せたり、駅で食べたアイスクリームに感動する姿はワンダーウーマンとは思えません。

こうしたイメージを覆すようなシーンがいくつもあるので、ワンダーウーマンがただ超人ではなく、一般的な女性の可愛らさも持つ魅力的なキャラクターだと理解することができます。

しかし、こうした可愛らしさとは別に、当時の彼女は正義に関して潔癖で、その分周りを巻き込んでしまいますが、スティーブや仲間たち恵まれたとしか言いようがありません。

スティーブのような心優しい人が彼女と同行し、彼女の初恋の相手となったからこそ世界は平和ですが、もし邪悪な人間と旅を共にして、人間に不信を頂き、アレスとともに世界を破滅させる存在になっていた可能性もあったかもしれない…と考えると恐ろしいですね。

早くも続編も決まっているとのことで、今後もDCヒーローが活躍するジャスティスリーグの面々が集い始め、この強力なメンバーと対応に戦うことができる強力なヴィランが登場するのか、次作への期待も高まります。

想像以上に面白かったので、ぜひ劇場で見ることをおすすめします!

スポンサーリンク


-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ちょっと今から仕事やめてくるネタバレあらすじ原作から!ヤマモトの正体は双子?

人気俳優・福士蒼汰さん主演映画「ちょっと今から仕事やめてくる」 ブラック企業で働く入社1年目の隆は、厳しいノルマや過酷な労働環境により精神的に追い詰められていた。 ある日、駅のホームで意識を失い、線路 …

言の葉の庭ネタバレあらすじ結末まで!小説で明かされたその後の二人

大ヒット映画「君の名は」で知られる新海誠氏の代表作「言の葉の庭」がテレビ朝日にて放送されます。 東京を舞台に男子高校生と、ちょっと不器用な年上の女性との淡い恋を描いたこの作品。 実は映画だけでなく、映 …

no image

追憶(映画)ネタバレあらすじ原作本から結末まで!命をつなぐ感動のラストに号泣

岡田准一さんが主演を務める映画「追憶」 とある事件をきっかけに刑事、容疑者、被害者として再会した幼馴染3人。それぞれが心の中に隠してきた過去と向き合い、現代に1歩踏み出す姿を描いた感動の物語です。 今 …

アトミックブロンドネタバレあらすじ&感想 ロレーンが語る事件の真実とは

女性版ジェームズボンドの誕生とも言われるシャーリーズ・セロン主演のアトミックブロンドが公開されます! スパイ映画といえばシリアスなものが多く、主人公は男性が描かれることが多いですが、この映画ではシャー …

君の膵臓をたべたいネタバレ結末内容を原作から!桜良病死でない本当の死因に絶句…

泣ける!と評判のベストセラー小説「君の膵臓を食べたい」が映画化され話題となっています。 「君の膵臓を食べたい」という、少しぎょっとするタイトルですが、内容は膵臓を患い余命わずかな少女とクラスメイトの男 …