Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

わろてんかあらすじネタバレ第3週(13~18話)&感想 藤吉との再会~波乱の恋

投稿日:10月 16, 2017 更新日:

朝ドラ「わろてんか」の第3週(13~18話)のネタバレあらすじと感想についてまとめています。

第2週目では、てんに伊能製薬の息子・伊能栞との縁談の話しが舞い込んできました。しかし、そんな中、藤岡屋の薬品倉庫が全焼し、藤岡屋が大ピンチに。

さらに元々身体が弱かった長男・新一の病状が悪化し、ついに亡くなってしまいました。(まさかのナレーション死という、驚くべき展開…)

一度は破談となった栞との縁談。しかし、てんが藤岡家を救うべく、新一の論文を栞に送ったことをきっかけに栞は藤岡屋の事業に投資すると申し出て、藤岡屋はピンチを乗り越える…という展開でした。

そんな中、藤吉と再会したてん。

いよいよ、今週から藤吉とてんの物語も本格的にスタートしていきます!

第2週あらすじネタバレはこちら】

わろてんかあらすじネタバレ第2週(7~12話)&感想 てんの縁談と藤岡屋の危機

【てんのモデル吉本せいについてはこちら】

わろてんかモデル吉本せいの生涯 夫や息子の死,笑いに人生を賭けた壮絶半生

今回は、「わろてんか」第3週(13~18話)のネタバレあらすじと感想についてまとめていきます。ネタバレを知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


わろてんか【13話:運命の相手】

藤吉(松坂桃李)と子供の頃に出会った神社で再会したてん(葵わかな)。綺麗な女性に成長したてんに藤吉は「べっぴんさんになったな」と心揺れた。

しかし、てんに「なぜここにいるの?南北亭に行ったけどいないって言われたし…」と言われ、藤吉は本当のことが言えず、風邪をひいて出るのは止めたと咄嗟に嘘をついた。

そこに風太(濱田岳)が現れてんを連れ戻す。その様子を影から見ていた、リリコ(広瀬アリス)は面白くなかった。

藤岡屋では、儀兵衛(遠藤憲一)の念願だった洋薬の専門店として新たなスタートしていた。風太はせっせと働きドイツ語の勉強を始めた。

一方、藤吉と再会したてんは、ぼーっとしていた。

儀兵衛は早く婿を探しこの店を継いでもらうことがてんの幸せだと考えていた。しばらくして、妹のりん(堀田真由)に見合い話しが舞い込んでくる。

しかし儀兵衛はてんの縁談を急ぎ次々と縁談話しの手紙を渡す。どことなく乗る気ではないてん。

「婿取るのが嫌なの?」と、りんとトキ(徳永えり)に聞かれ、てんは藤吉と再会したことを話すと、それは恋よ!と言われる。

その頃、藤吉もて「べっぴんさんになっていたなぁ…」とてんのことを考えていた。キース(大野拓朗)は二人の再会を「運命だ」と言う。

藤吉はリリコに言われてんとの相性を占い師に見てもらった。しかし、占い師からは最悪の相性で、これ以上会えば命に関わると言われる。

しかし、藤吉に思いを寄せるリリコがこっそり占い師にお金を渡し言わせていたのだった。

占い師の言葉に「運命じゃなかったんだ…」と落ち込む藤吉。

すると、隣の占い師の元に、てん訪れが見合い写真を出して相性がいい相手は誰かみてもらう。しかし占い師はこの中にはてんに合う人はいないと言い「他に好きな人がいるでしょ。それが運命の人や」と答えた。

一緒にいたトキが「てん様が手紙を待ってた人、旅芸人さん、それが運命の人や」と言う。その話しを隣で聞いてた藤吉は自分のこと…?と気づいていた。

リリコは、娘義太夫として今で言うアイドル的存在で人気者だった。占いから帰るてんにリリコが話しかける。

藤吉は売れっ子芸人どころか、随分昔に芸人を辞めて大阪に帰っていたこと、そして最近再会して「運命や」といって自分に付いてきたという。

さらに、てんに送った手紙に書いてあったことは全部作り話しで嘘よと言いリリコは去っていった。

「嘘…?」

動揺するてんだった。

【感想】

第3週始まりました。

藤吉と再会したてん。しかし、藤吉を思うリリコにより、二人の恋は波乱となりそうです。それにしても、てんもリリコも風太も大人になったけど藤吉さんだけ、全く成長していないことに違和感があったのは筆者だけでしょうか…。。

今週から、てんと藤吉の運命がどのように進んでいくのか楽しみです。

スポンサーリンク


わろてんか【14話:藤吉のケガ】

藤吉からの手紙は嘘だったとリリコから知らされてんはショックを受けていた。自宅に戻り、縁談の気に入った相手はいたかと聞かれ儀兵衛に「見てもよくわからない…」というてん。

祖母のハツは一緒に暮らしてみないと相手のことはわからへんからとにかく夫婦になってみろという。

また、しずも儀兵衛のことを最初は「こんな堅物、嫌だ」と思ったが親に言われて結婚してみて良かったという。ハツはずっと持っている伊能栞の写真を取り出し見とれていた。

てんの見合いが進まないとりんの見合いも進められないと言われるが、てんは藤吉の手紙が嘘だったことで頭がいっぱいだった。

やがて真実を知りたいと思い、藤吉に会いに行き、手紙は嘘なのかと聞く。

てんはリリコから聞いたことを話し「皆を笑わせたい気持ちも嘘で、てんをからかっていただけなのかと」聞く。

藤吉は手紙に書いた気持ちに嘘はないと言う。

しかし旅を続けていたものの全く芽は出ずにいた。芸を諦め手品にも挑戦したがうまくいかず、諦めて家に帰った。

てんには告げず、旅しているふりをして手紙を送り続けていたという。

そこにリリコがやってきて「手紙だけじゃなくて、本名は北村藤吉郎で、大阪の米問屋の長男である」という。

新たな事実にショックを受けるてんは、藤吉の元を去っていった。

芸人ではなく、船場のお米屋の長男であることがわかったてん。跡取りの長男、長女だとなおさら一緒になるのは難しい。

てんは藤吉のことを忘れる決心をした。

しかし後日、神社近くで藤吉の姿を目撃したてんは逃げ出す。

藤吉は、もう一度話ししたいと後を追いかける。すると、キースが小遣い稼ぎをしていたことがバレてしまい、男たちに捕まえられてしまう。

近くにいた藤吉とてんは仲間かと疑われ、藤吉はてんを守るために男たちに立ち向かう。

騒ぎになり立てかけてあった大きな箱がてんに落ちそうになる。てんを庇った藤吉は怪我をしてしまった。

その頃、儀兵衛はしずが自分と結婚することが嫌だと言っていたことを気にして聞いていた。

しずは不安はあったけど、愛情いうものはこうやって育まれる、幸せだってしみじみ思ったという。そのことを聞き儀兵衛は安心した。

てんは怪我した藤吉を自宅の蔵に匿った。するとそこに風太がやってきたのだった。

【感想】

てんに本当のことを打ち明けた藤吉。芽が出ずに苦しんでいたものの、それを隠しててんに手紙を送り続けていたという姿はなんだか切なくなってしまいました。

また、祖母のハツが栞の写真をずっと大事に持っている姿に思わず吹き出してしまいました(笑)さらに、儀兵衛がしずに結婚するの嫌だったのか?と聞く姿はなんだか可愛かったですね。

さて、藤吉がケガをして藤岡屋へとやってきました。儀兵衛さんにバレて大変なことになるのは安易に予想がつきますが、一体どうなってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク


わろてんか【15話:藤吉ついに見つかる】

怪我をした藤吉を自宅の蔵に匿うてん。風太は、匿うなんて絶対に許さんと言うが、このまま放り出すわけにもいかず、しぶしぶ協力することになった。

てん、りん、トキの3人が交代して藤吉のケガの手当や食べ物をこっそり運び、風太は蔵に入ろうとする従業員に見つからないように徹した。

一方、儀兵衛はてんの婿を早く決めたいと考えていた。しずは、てんが藤岡屋と継ぐと言っているものの、頭で思っていることと、心で思っていることが噛み合っていないことに気づいていた。

てんが外出していると、リリコが話しかけてくる。

「藤吉どこに隠した?あのひとはうちのもんや取らんといて」

「取るやなんて。守ってあげたいだけどす。」

「返して!!」

リリコは両親も兄弟もおらず、天涯孤独だった。父のい芸人仲間だったひとに拾われひもじい思いもしたが、そんなリリコに藤吉は優しくしてくれたという。ずっと藤吉のことが好きだったとてんを激しく責めた。

自宅に戻ったてんは、リリコのことを藤吉に話す。

キースが勝手に小遣い稼ぎしたことでケガをしてしまった藤吉だが、キースもリリコも弟や妹のように家族みたいだと言う。

てんも、風太やトキもみんな自分の兄弟だと思っている家族が大事だと話した。

そんな中、リリコが藤岡屋へとやってきて、儀兵衛に藤吉を隠していることが告口した。ついに、藤吉は儀兵衛に見つかってしまったのだった。

【感想】

リリコ演じる広瀬アリスさん結構ハマっていますね。てんに詰め寄るシーンは美しいながらも迫力があってなかなか良い味出しているな-と思います。

さて、ついに儀兵衛に藤吉を匿っていることがバレてしまいました。あの儀兵衛さんに見つかるとかなり恐怖でしょう…(笑)

波乱の幕開けとなりそうです。

スポンサーリンク


わろてんか【16話:許されぬ恋】

藤吉を匿っていることがバレ儀兵衛から厳しく問い詰められるてんたち。

藤吉は船場の米問屋の長男であり、てんは藤岡屋の長女。婿を取り家を継ぐ者。儀兵衛は藤吉の素性を聞き、長男、長女の結婚はありえないと益々激怒した。

てんは藤岡家を継ぐことを理解している、藤吉と結婚するつもりはなくてただ助けたくてと言うが儀兵衛はてんを蔵に連れていき閉じ込めたのだった。

この時代、跡取りの長男長女の結婚どころか、淡い恋心を抱くことすら許されなかった。

リリコに連れられ、藤岡屋を後にする藤吉だが泣いていたてんを心配して一人走り出す。

しずはどんな時も笑っていたてんから笑顔が消えてしまったと心配していた。そして、しずは、手紙の男は藤吉であったこと、てんは家業を継ぐことを理解しているからせめて最後にお別れを言わせてあげてほしいと儀兵衛にお願いするが「手紙の男ならなおさらだ」と厳しく反対された。

その夜、蔵の2階の窓からこっそりてんの様子を伺いにきた藤吉。

てんは、婿さんを取ってこの家を継ぐ身だから、これからはそのことだけを考えて生きていくこと。藤吉からの手紙、嘘でも楽しかった、夢見て励まされて…ありがとうと感謝の気持ちを告げた。

すると藤吉は「この8年間、手紙を書くことで励まされた。どうしてもやり残したことがあるって気づいた」と言う。

しかし、誰かが来る物音がし藤吉は「必ずまた来る」と言って蔵を後にした。

風太がやってきて、てんに「誰か来たのか?」と問いかけるが、てんは何も答えずうつむいたまま。風太はまんじゅうを半分投げ入れるが、てんは口にしなかった。

翌日も、てんは儀兵衛が持ってきた食事には全く手を付けず、トキたちも心配していた。

その夜、再び蔵に藤吉がやってきた。てんは2階へ上り、藤吉の元へと行く。藤吉は持ってきた柿を差し出し、てんは柿を食べ美味しいと笑顔を見せた。

その様子を風太が見ており、手にしたまんじゅうを握りしめた。

翌朝、神社で寝ている藤吉の元に風太がやってきたのだった。

【感想】

藤吉のことが見つかり、てんは蔵に閉じ込められてしまいました。落ち込み、食事も取れないてんの元に藤吉がこっそりやってきます。

ナレーションでもありましたが、ロミオとジュリエットという感じでしたね。これまでにないくらい落ち込むてんですが、藤吉だけには笑顔を見せます。その様子を風太が見かけてしまい、いよいよ男の対決!?が始まるようです。

それにしても風太の気持ちになると切ない…。

今週も後半戦、二人の運命はどうなってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク


わろてんか【17~18話:プロポーズ】

風太は、藤吉に会いてんにこれ以上関わらないように言うが、藤吉は「まだやらないかんことがある」と言った。するとそこにリリコが現れ仲裁に入る。

風太が帰った後、リリコは藤吉に自分が稼いで養ってやるという。しかし藤吉は、てんに惚れているから帰れないと言った。リリコは藤吉の頬を叩き「諦めない」と言い去っていた。

てんは蔵にいたが、あいからわず誰とも話さずご飯も食べずふさぎ込んだままだった。

その夜、次の日の夜も藤吉はてんに会いに来ていた。てんは、藤吉の芸に笑ってくれた最初の人で、自分にとってはご贔屓さんだと言い、手紙になりたい自分の姿を書き続け、大阪の家に帰ってもご贔屓さんを笑わせ続けたかった。学校の勉強にも米屋の修行も身に入らず、寄席に行ったという。

そんな中、リリコに会い、一緒に旅しようと言われ家から抜け出し旅を始めた。藤吉は、嘘をついていたことを謝った。

風太は、栞を訪れてんの婿になってほしいと頭を下げていた。このままだと泥棒芸人に大阪に連れて行かれる。どうか縁談を考え直してほしいと言われた。

「君は嫁に行かれるのが嫌なだけじゃないか。婿を取ってくれたら同じ屋根の下にずっといられる?違うか?」風太は否定するものの、栞は、そんな風に惚れ込める人がいていいなと言い、またてんが大阪に来たら会える日が来るかもと何かを考えている様子だった。

翌日、藤吉が森で寝ていると、北村屋の番頭が現れ、母が倒れ大阪にすぐに戻って欲しいと言われる。しかし藤吉は、今日大阪に戻るからもう少し待ってくれと言い、夜にてんの蔵へと行った。

藤吉はてんにチョコレートを渡し、幼い頃ころに見せたチョコレート泥棒の芸を見せた。するとてんは大笑い。久々にてんの笑う姿を、遠くからじっと見つめる儀兵衛だった。

「俺は、おてんちゃんが好きや。これからもずっと笑って…」

と次の瞬間、藤吉ははしごから落ち、儀兵衛に捕まえられてしまった。

儀兵衛に見つかった藤吉はてんと一緒に部屋に呼ばれる。

藤吉は「おてんさんをください」と頭をさげた。船場の米屋はどうするのかと聞かれるが「芸を忘れてきっぱりと店を継ぐ」最後に…と芸を見せた。

「俺の嫁はんになってくれ。苦労をかけるかもしれへんけど一生笑わしたる」とてんにプロポーズ。

しかし、儀兵衛は、激しく反対。

「てんはお前なんかにやらん」

「お父はん、うちも笑って生きていきたい。この人を忘れようとして忘れられませんでした。蔵に入れられた時も、うちを笑わしてくれる。楽しゅうて、嬉しゅうて、それが好きやということだとにようやく気づきました。どうか、藤吉さんと一緒にならしてください」

二人は頭をさげた。

「こいつと行く言うんやったら、もう親でも子でもない。二度と家の敷居をまたぐのは許さん。勘当や」

藤吉は一人藤岡屋を出て駅へと向かいてんを待った。

てんは家を出る覚悟を決め荷物をまとめた。「藤吉が好き」と言うてんの覚悟を知ったりんは、儀兵衛に頭を下げる。

「自分がお婿さんをもらって藤岡屋を継ぐ。姉さんは、いつも笑ってこの家を明るくしてくれた。これからはうちがこの家を笑わしていく。」

家を出る時、儀兵衛としずの部屋の前に来たてん。

「お父はん、お母はん。親不孝な娘をどうぞお許し下さい。お父はんに言われた言葉を胸に私はわろて生きていきます。今日までほんまにありがとうございました。」

儀兵衛はその言葉に涙した。

駅で待っていた藤吉はいてもたってもいられず、来た道を戻りだした。するとてんが走って来る姿を見つける。

「おてんちゃん来てくれたんや。ほんまにええんか。俺についてきたら苦労するで」

「覚悟の上です」

「一緒にわろてんか」

「よろしゅうお願いします」

そうして二人は京都から大阪の船場へと向かった。自宅に入ると倒れたと聞いたはずの藤吉の母(鈴木京香)の元気な姿があった。藤吉はてんを紹介しようとするが、母は「あんたのお嫁さんやで」と楓(岡本玲)を紹介した。

【感想】

ついに、藤吉がプロポーズ。てんも自分の気持ちが恋であると確信し、藤吉と一緒になるために家を捨て出ていきます。

てんが、家を出る前、儀兵衛さんに感謝の言葉を述べ、儀兵衛さんが涙を流すシーンは感動しました。が…しかし、藤吉さんのチョコレート泥棒の芸や、プロポーズの時の芸はちょっと頂けなかったかな…。

「笑い」をドラマで再現しようとするとちょっと難しいですね…。

さて、来週からはいよいよ京都で新たな生活を始めるてん。しかし、藤吉には許嫁がいて、姑さんもなかなか厳しそうな予感…一体どうなるのか。

来週も楽しみに待ちたいと思います。

わろてんかネタバレあらすじ4週(19~24話)&感想 てん女中に~許嫁楓との勝負

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明日の約束3話ネタバレあらすじ&感想 友情を壊し圭吾ケガ写真も母の仕業?日向の闇も深い…

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 スクールカウンセラーとして高校に勤務する主人公・日向(井上真央)。そんなある日、不登校気味だった男子高校生・吉岡圭 …

ウチの夫は仕事ができない2話ネタバレあらすじと感想!沙也加&司夫婦が素敵すぎる!

錦戸亮さん、松岡茉優さんが出演するドラマ「ウチの夫は仕事ができない」 イケメン・高学歴・高収入で全てがパーフェクトという理想の夫・小林司(錦戸亮)と結婚した妻・沙也加(松岡茉優)だった。しかし、ふとし …

フランケンシュタインの恋2話ネタバレあらすじ!サキの正体が明らかに!

日曜よる10時から放送中の「フランケンシュタインの恋」 綾野剛さん演じる怪物・深志研が大学でキノコの研究をする女子大生・継実(二階堂ふみ)に恋をするという切ないラブストーリー。 今回は、フランケンシュ …

フランケンシュタインの恋3話ネタバレあらすじと感想!二人の恋が動き出す!?

ドラマ「フランケンシュタインの恋」ネタバレあらすじについてまとめています。 120年前・怪物に顔を触れられたことによって亡くなったサキは、継実の祖母の妹であることが判明。 そして一度は山に戻った怪物は …

奥様は取り扱い注意6話ネタバレあらすじ&感想 勇輝,公安か刑事で菜美を守るため監視中?

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 元特殊工作員の主人公・菜美が街で起こる事件を次々と解決していくというドラマ。綾瀬はるかさん演じる菜美の …