Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

映画

猿の惑星聖戦記ネタバレあらすじ結末!オリジナル版に繋がるノヴァ幼少期,猿との絆に感動

投稿日:9月 23, 2017 更新日:

猿の惑星リブートシリーズの最新作、猿の惑星 聖戦記(グレート・ウォー)が公開されます。

前作、新世界から数年後の世界が描かれるこの作品は、人間と猿との戦闘が激化。

森に住む彼らの元に軍隊が迫り、人間との戦闘を避けるシーザーは捕虜を逃がすなど恩赦を見せるが、それが仇となり家族の命を奪われてしまいます。

過去2作では猿のリーダーとしてカリスマ性、人間に対する温情を見せていましたが、今回は復讐者として人間に立ち向かっていくというストーリー。

さらに、ポスターで描かれる謎の少女と猿たちの関係など、キャラクターの心情だけでなく、今回の作品がどのようにオリジナル版猿の惑星に繋がっていくのかも気になるポイントです。

人間vs猿との闘い。家族のため仲間のために立ち向かうシーザーの運命は!?

今回は「猿の惑星 聖戦記」をいち早く見てきましたので、ネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


登場人物キャスト

■シーザー(アンディー・サーキス)
猿の群れの長でカリスマ的指導者。しかし、人間に育てられた過去もあるため、人間全てを憎んでいるわけではない。今作で最愛の家族を失い、復讐にとらわれる。

■マカロック大佐(ウディ・ハレルソン)
シーザーの家族を殺した無慈悲な大佐。猿を使役して、敵対する軍隊と戦おうとする。猿だけでなく人間にも冷徹。

■モーリス(カリン・コノバル)
シーザーの理解者の一人であるオラウータン。人間に対しても比較的に優しい。母性的な一面を併せ持つ。

■ロケット(テリー・ノタリー)
シーザーの信頼する仲間のチンパンジー。特攻隊長的な一面を持ち、危険なことも自ら進んで行う。

■レッド(タイ・オルソン)
コバに忠誠を誓っていたゴリラで、現在はシーザーへ復讐しようと人間に従っている。人間たちからはドンキーと呼ばれている。

■ルカ(マイケル・アダムス・ウェイト)
シーザーと旅を共にするゴリラ。シーザーの身を守るため危険な旅へ志願する。

■コバ(トビー・ケベル)
前作でシーザーを裏切り、人間に戦争を仕掛けたボノボ。実験動物として扱われた過去があり、人間を憎んでいる。シーザーが見る悪夢に現れる。

■レイク(サラ・カニング)
ブルーアイズと恋仲にあったチンパンジー。小さいコーネリアスの面倒を見る様にシーザーから頼まれる。

■ブルーアイズ(マックス・ロイド・ジョーンズ)
シーザーの一番上の息子で、チンパンジー。大佐の襲撃を受ける。

■ウィンター(アレックス・パウ・ノービック)
アルビノのゴリラで、捕虜を逃がすなどのミスを犯す。

■コーネリア(ジュディ・グリア)
シーザーの妻

■人間の少女:ノヴァ(アミア・ミラー)
言語を話すことができない人間の少女。家族らしき人物と浜辺で住んでいたが、その人間をシーザーに殺されてしまう。

■バッドエイプ(スティーブ・ザーン)
動物園育ちのチンパンジー。猿たちが利用する手話は使えないが、言語を多少なりと話すことができる。体毛が少なくダウンを着込み帽子を被っている。

■プリチャー(ガブリエル・カバリア)
シーザーに捕虜として捕まる人間。

スポンサーリンク


【復讐の始まり】

15年前、ALZ-113ウィルス感染症(猿インフルエンザ)により、人間は一部の耐性を持つ者を除き、死亡。一方で猿達は知性を手に入れた。

高い知性を手に入れ、猿達の覚醒を促したチンパンジーのシーザーは人間と平和を維持しながら住み分けしていたが、虐待を受け人間を恨むコバを筆頭としたグループが彼を裏切り、人間と戦い始める。

人間達の居住区を制圧した後、猿同士でコバ派とシーザー派で抗争となり、シーザー派が勝利。しかし、これが人間vs猿達の本格的な戦いが始まるきっかけとなった。

軍隊アルファオメガがシーザー達の拠点であるミューア・ウッズ国定公園を行軍し、彼らの住処を発見。

アルファオメガはコバに忠誠を誓っていた。人間からはドンキーと呼ばれるゴリラのレッドがサポートをしながら、住処を攻撃。

油断していた猿たちは無残に命を奪われ、仲間の危機を知らせた猿により、援軍が現れ形成が逆転。

猿達を率いるシーザーは生き残った人間とレッドを捕らえるが、猿達は平和的であると証明するために彼らを無傷で解放。

しかしレッドは彼を捕縛していたアルビノのゴリラ・ウィンターの元から逃げ出してしまう。

死んでしまった猿たちを弔っているとシーザーたちの元に新居地を探してきたブルーアイズとロケットが戻ってくる。

ブルーアイズ達は、新天地の情報を皆に話し、仲間のゴリラのウインターが今すぐにでも移動すべきだと主張するが、シーザーは沢山抱える仲間たちを今すぐ連れて行くのは不可能だと伝える。

その晩、シーザー達が休んでいるとアルファオメガを指揮するマカロック大佐たちが彼の住処に侵入。

シーザーは侵入に気づき、仲間達と撃退し、家族のもとへ走る。

しかし、シーザーはその場を立ち去ろうとするマカロック大佐を見つけ、射殺された妻とブルーアイズを発見。

怒り狂ったシーザーはマカロック大佐を追うが、取り逃してしまうのだった。

住処に戻り状況を確認すると先ほどまでいたウインターが姿を消しており、彼の手引きにより人間がやってきたことを確信する。

シーザーは隠れていた息子コーネリアスを発見し安堵する。

翌朝シーザー達は人間にバレてしまった住処を捨て、新天地に移動を始めるが、シーザーは怒りが収まらない。

幼いコーネリアスをブルーアイズの恋人のレイクに任せて仇を打つために軍隊を追う。

シーザーを心配したモーリス、ルカ、ロケットは彼を守るために一緒に行動することになった。

スポンサーリンク


【追走の果てに】

シーザーは海辺で煙が上がっているのを目撃し、民家を探索する。

モーリス、ルカ、ロケットは突然現れた人間に硬直するが、シーザーは躊躇なく命を奪う。

シーザーたちが民家に入ると少女がベッドに隠れおり、モーリスが少女と対話を試みるが、彼女は言葉を発することができない。

シーザーはすぐに軍隊を追おうとするが、モーリスが少女を一人で置いていけないと伝え、旅に同行させることになる。

軍隊を追い、海岸の先を行くと彼らのベースキャンプを発見。雑用として働いているウィンターも見つけウィンターを襲う。

ウィンターはレッドから自分を解放すれば助けてもらえると聞き、彼を解放したと言う。

シーザーはマカロック大佐が国境にむかったことを突き止め、家族が殺されたことをウィンターに伝え、シーザー達の存在を人間にバラそうとしたウィンターの命を奪う。

シーザーは軍隊に着き、国境を目指すために休息をとるが、自分が殺したコバが『猿は猿を殺さない』とシーザーが決めた秩序を言う悪夢にうなされた。

朝から軍隊が行軍を始め、後を追う。すると雪山地帯で人間たちが発砲しているのに気づき現場に近づいてみると複数の人間の命が奪われていた。

死体を調べると息をしている人間おり、彼も少女と同じく全くしゃべることができない状態だった。

その後も人間を追っていると、自分たちの馬を盗む人影を見つけて後を追う。突き止めると、出てきたのはチンパンジーだった。

自らをバットモンキーと言うが、猿たちが使う手話を理解できない。動物園での人間の言葉を理解し、人間の言葉しか理解できなかった。

バッドモンキーは猿インフルエンザが流行る前に、動物園に住んでおり、その時人間から言われていたバットモンキーという名前を自らにつけていた。

彼はシーザー達に食料を分け与える。シーザーは食料の袋にカリフォルニア国境と書いていあるのを発見する。

バットモンキーから人間たちのキャンプ場があることを知り、案内してもらうことになる。

少女はバットモンキーからジャケットを貰い、モーリスやルカたちと親交を深め、猿の手話を覚えていく。

シーザーたちは基地へ到着し、偵察を行うが、人間に襲われてしまい、シーザーを庇ったルカが命を落としてしまう。

ルカの死に涙を流す少女を見て、モーリスはやめるべきだ、今のあなたは人間への復讐に囚われたコバにそっくりだと言われ、激怒し、単身基地に近づく。

基地の近くには、はりつけにされていた猿がおり、新天地に向かったシーザーたちの群れの仲間だった。

シーザーはみんながその後、軍につかまり、基地に連れてこられ強制労働を強いられていることを知るが、突然現れたレッドに殴られ、シーザー自身も捕まってしまった。

スポンサーリンク


【希望】

シーザーが目を醒ますとキャンプの中におり、目の前にはマカロック大佐とレッド、森林公園で捕まえた人間プリーチャーと呼ばれる男がいた。

シーザーは家族の命を奪った、マカロック大佐に復讐するためにやってきたと言い、マカロック大佐はシーザーの命を奪うつもりだったが、間違えてしまったと謝罪する。

マカロック大佐に連れられた先には猿達の檻があり、子供と大人で分けられ、子供の檻の中には自分の息子であるコーネリアス、大人の檻にはレイクや自分たちの仲間がいた。

朝になり、人間の集会が終わると猿達は鎖に繋がれたまま、基地建設のための強制労働強いられていた。

飢えに苦しむ過酷な環境の中、オラウータンが岩を落とし壁の一部を壊してしまう。

人間はレッドに命令し、見せしめのためオラウータンに鞭を打つ。見るに耐えかねたシーザーがやめろと声をあげる。

シーザーはこのオラウータンの代わりに鞭を受けることになるが、人間達に屈せず、他の猿達もシーザーに感化され、作業をやめ始める。

マカロック大佐はシーザーに銃を向け、食料や水が欲しければ、猿達へ作業に戻る様に伝えろと言うが、シーザーは従わず、引き金を引かれそうになっていた。

マカロック大佐はシーザーを殺して、さらに多くの猿を殺すと言い、シーザーを守るためレイクは猿達へ作業に戻るように伝え、彼の命は救われたが、シーザーは、はりつけにされてしまった。

夜になり、プリチャーとレッドがシーザーを大佐の元に連れて行く。

シーザーはマカロック大佐に再度猿に水と食料を渡すように伝えるが、自分を殺そうとした彼に鞭を打つ。

シーザーはマカロック大佐に何故自分の兵士にも慈悲もなく殺すのかと問いた。

彼は息子が部隊に所属していたが、猿インフルエンザにかかった。そして言葉を失った際、自ら命を奪った。これと同様に言葉を失った兵士も同じように命を奪ったという。

マカロック大佐は言葉を失うことは猿インフルエンザの影響により、人間が退行化する症状と考えていた。

さらに、大佐は自分達アルファオメガはもう一方の敵対する軍隊から攻撃を受け近づいてきているため、現在建設している壁は彼を迎え撃つための壁だと言う。

シーザーに協力を要請するができない答え、再度はりつけにされてしまった。

朝になりシーザーを除く、猿達に食事が配られる中、シーザーは極寒の中、水すら与えられずいた。シーザーはコバが、人間に復讐する仲間に加わるように言う幻覚を見る。

弱り切ったシーザーを大佐は檻に再度入れ、基地の外にいたモーリス達はシーザーや他の猿達の様子を双眼鏡でのぞき、脱出計画を練る。

モーリスたちは地下道を見つけ基地の真下につながっていることを発見する。

バットモンキーと少女が基地の様子を伺っていたが、弱ったシーザーを見た少女は一人シーザーのいる基地の中へ入ってしまう。

シーザーの目の前に行った少女は彼に水と食料を与え、彼は元気を取り戻し、周りの猿達もシーザーの復活を喜ぶ。

しかし大佐達が戻ってきてしまい、少女を逃がすためにロケットが人間の前に姿を現し、捕まる。

ロケットが檻に入れらるとシーザーに皆で脱出する計画があると伝え、猿達は結束を固め、脱出の準備を始めるのだった。

スポンサーリンク


【最後の景色】

朝になり、シーザーは脱出のために収容されている猿の数などを双眼鏡を持つモーリスに手話で伝える。

モーリスは少女やバッドエイプと協力し、キャンプにつながる道を掘る。途中、水源を掘り当ててしまい、慌てて通路を扉で塞ぎ、なんとか浸水を食い止める。

モーリスは献身的に彼らに協力し、シーザーの命も救った彼女をたたえる。

少女はモーリスに自分も同じ猿なのか手話で尋ねるが、彼は少女にバットモンキーからもらったノヴァと書かれた飾りをみて「(猿ではないとは伝えず)君はノヴァ」だと名前を授け、他の人間とは違うことを話す。

夜になり警備も薄くなったため、脱出を行おうとしたが、子供達の収容されている檻の鍵がなく、看守の一人を檻に誘い脱出路に落とし、鍵や武器を猿達は手に入れる。

シーザーはコーネリアスや子供達を大人猿の檻へ移動させ、脱出路に導き、後から大人達も脱出を始めていった。

ロケットと二人になり、シーザーは自分の中に人を憎むコバがいることを認め、単身大佐の元へ向かう。

脱出も順調に進んでいたが、突如大佐の対抗勢力の軍隊からミサイルが基地に撃ち込まれる。

シーザーは壁を這い上がり大佐のもとに向かうが、外で兵士たちが大佐を呼ぶ中、部屋がやけに静かなのに疑問を持つ。

大佐はベッドにおり、シーザーは銃を向けるが、彼は全く言葉を発せず抵抗もしなかった。大佐も退化の病気にかかっていた。

そんな彼を見て、シーザーは引き金を引かず、銃を手渡す。すると、大佐は自ら命を絶ったのだった。

子供達の脱出がほぼ完了し、大人の猿達が脱出を始める頃、大佐の軍隊は敵軍のヘリなどを一掃し、猿達が逃げる姿を目撃、彼らは次の目標を猿に絞る。

次々と猿が撃たれていく姿を目撃するシーザーとレッド。

シーザーは大佐の部屋にあった手榴弾を持ち、基地内のガソリンタンクを爆発させようと近づくが、それに気づいたプリチャーに攻撃されてしまう。

レッドはシーザーが次々と殺害されていく猿達のために奮闘する姿を目撃し、彼を助けるためにプリチャーに発砲。

次の瞬間、レッドは別の兵士から撃たれ、この隙にシーザーは手榴弾をタンクに投げ込み、爆発させた。さらに別のガソリンタンクにも引火し、基地自体が大爆発した。

なんとか基地から脱出したシーザーだったが、基地を制圧しようとしていた大佐の敵の軍隊が到着し、彼は基地が消滅していることに歓喜する。

シーザーが立ち上がると人間達は彼に銃を向け始めるが、山から雪崩が起き、全てを飲み込んでしまう。

人間達はすべて雪に飲み込まれたが、猿達は木によじ登り全員無事だった。

やがて、彼らは皆で新たな安息の地に向かい到着。

撃たれた傷を抱え、無理をしていたシーザーに気づいていたモーリス。シーザーは息子・コーネリアスが保護されているかをモーリスに聞く。

モーリスは無事に保護されていることを伝え、シーザーが家族のため仲間のためにしてくれたことを彼は知っていくと伝えた。

その言葉にシーザーは安堵し、静かに目を閉じたのだった。

(おわり)

スポンサーリンク


猿の惑星 聖戦記【感想】

シリーズをちゃんと継承している作品でした。

今回、人間が言葉を失う退行現象はオリジナルの猿の惑星で人間たちが喋れないことにつながり、新キャラとして登場したノヴァやコーネリアスもオリジナル版猿の惑星のキャラとして登場しています。

こうした前日譚の様なストーリーがあり、元の猿の惑星につながっていくのかと思うと映画を見終わった後に、オリジナルを観たくなりますね。

猿の惑星を見たことない人でも冒頭部分でこれまでの説明もあり、初見でも楽しめる作品です。

また今回猿たちだけでなく、ノヴァというキャラクターはすごく良い印象を受けました。

親らしい自分を殺した猿と一緒にいながら、仲間の死に涙し、シーザーを救うために勇気を振り絞る、これらを言葉を発せず演じていることに驚かされ心揺さぶられました。

ラスト、猿たちは新しい安住の地を見つけ喜ぶ仲間、そしてコーネリアスの無事も確認したシーザーはモーリスの傍で静かに目を閉じます。

これはシーザーは亡くなってしまったのでしょうか…。個人的にはシーザーが実は生き延びていて、再び活躍するシーザーの姿を見たいものです。

まだ過去の作品を見たことない方は、これをきっかけに全部見ることをおすすめしたいですが、映画だけでもリブートを除いて7作、テレビシリーズ、アニメあるので、まずはリブート作品を網羅して、シーザーの軌跡を辿って欲しいと思います。

スポンサーリンク


-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トランスフォーマー最後の騎士王ネタバレあらすじ結末&感想!バンブルビー洗脳されたオプティマスを救う

トランスフォーマー第5作目『トランスフォーマー最後の騎士王』がいよいよ公開されます。 このトランスフォーマーは日本の玩具メーカー・タカラトミーから発売された変形するロボットおもちゃが題材であり、ロボッ …

エイリアンコヴェナントネタバレあらすじ&感想!クルーが辿り着く先に待ち受けるのは希望か絶望か

映画エイリアンに続くシリーズ前日譚、エイリアン・コヴェナントがいよいよ公開となります。 今作は前作プロメテウスでは語られなかったエイリアンの誕生、そして映画史に名を残すエイリアンオリジナル版に続く物語 …

スパイダーマンホームカミングネタバレあらすじ結末!吹き替え一覧も

大人気ヒーロー映画「スパイダーマン」の最新作が、アベンジャーズと時間軸などを共有して再始動! 今回はいちはやく「スパイダーマンホームカミング」を鑑賞してきましたので、ネタバレあらすじを結末までまとめて …

言の葉の庭ネタバレあらすじ結末まで!小説で明かされたその後の二人

大ヒット映画「君の名は」で知られる新海誠氏の代表作「言の葉の庭」がテレビ朝日にて放送されます。 東京を舞台に男子高校生と、ちょっと不器用な年上の女性との淡い恋を描いたこの作品。 実は映画だけでなく、映 …

ジャスティスリーグネタバレあらすじ&感想 スーパーマン復活し最強チームで世界を救う!

スーパーマンという絶対的な力を失った世界に新たな危機が迫り、世界を救うため、DCコミックの最強チームが集結した映画「ジャスティスリーグ」が公開! バッドマンVSスーパーマンでスーパーマンが命を落とし、 …