Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

アンナチュラル最終回ネタバレあらすじ&感想 絶望的な展開からラストの大どんでん返しに涙‥!

投稿日:

石原さとみさん主演ドラマ「アンナチュラル」がついに最終回を迎えます。

中堂先生の恋人・夕希子の命を奪った犯人がついに明らかとなりました。しかし、その犯人はまさかの、過去に起きた事件にて救出された人物‥。

一体どんなラストを迎えるのか!?

今回は「アンナチュラル」最終回のネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


アンナチュラル最終回ネタバレあらすじ【前半】

新たな事件から中堂の恋人・夕希子の命を奪った犯人と思われる男が見つかる。その男は、先日起こった火事の唯一の生存者・高瀬だった。

高瀬の元へと向かった中堂だが、高瀬は命を狙われていると警察に保護を求めた。高瀬は取り調べにて、これまでの事件について問い詰められるが、容疑を否認。

火事の数日前、カフェをオープンするための貸店舗を見たいと高瀬の不動産屋を訪れた橘セリナ。高瀬は自身が持つ物件を見せたが、セリナは突然倒れて亡くなったという。

高瀬は自分が犯人だと思われるのが嫌で、ホルマリンを打ちスーツケースに入れただけだと供述。

さらに、別の女性もアパートの内見中に突然亡くなり、自分が犯人だと思われると困るため処理したと平然と言い、誰の命も奪っていないと否定した。

やがて高瀬は26人もの命を奪ったと報道され、ジャーナリストの宍戸は、テレビ番組に出演し、これまでの事件について本を出版した。

両親の死後、高瀬は不動産屋を営み、内覧を希望する女性を次々と襲っていった。宍戸は3年ほど張り込みをし、高瀬を追い続けたがこれといった証拠が見つからなかった。

そこで宍戸は、高瀬に接触し、高瀬の犯行を妄想として聞いた。

一方、高瀬は誰の殺害も認めておらず、本で語られているのも立件されていない事件。他殺が判明している事件についても容疑を否認し、実際に高瀬と被害者が接触した証拠も何も見つかっていない。

庭で何かを燃やした形跡があり、出頭前に証拠を消したようだった。このままだと、高瀬は殺人罪で問われないかもしれない。

ミコトたちは、歯がゆい思いをしながらも検証を続ける。

そんな中、六郎が週間ジャーナル情報を漏らしていたことがメンバーに知られてしまう。これをきっかけに六郎はUDIラボを辞めた。

ミコトは今回の出来事をきっかけに珍しく弱気になっていた。

スポンサーリンク


アンナチュラル最終回ネタバレあらすじ【後半】

ミコトは、弁護士から嘘の鑑定書を出せば、法律で裁けるかもと言われ悩んでいた。しかし、ミコトはやはり嘘の鑑定書を出さないと決めた。

六郎は、週間ジャーナルにて夕希子の事件について面白おかしく書かれているのを見つけ、抗議に行くが相手にされない。

すると、夕希子の父親にばったり遭遇する。UDIラボに訪れた夕希子の父は過去のことを話し始めた。父親は中堂が犯人だと思い中堂を問い詰め続けた。

中堂も否定しなかった。しかし、今回宍戸の本が出版され、真犯人は別にいると知り、中堂に謝りたいと申し出てきた。

中堂に連絡するミコトだが、中堂は退職届けを所長に出すように言い電話を切った。中堂が何かをしでかすと感じたミコト。

中堂は、宍戸に接触し、毒を注射した。中堂は、解毒剤を見せ、高瀬の過去の事件に宍戸もいたと思い、高瀬を有罪にする証拠を持っているのではないかと問い詰める。

次第に毒が回りだし、中堂は宍戸に証拠を出せという。

しかし宍戸は「夕希子を死なせたのはあんただろ」と言う。夕希子は夢を叶えるため、昼は定食屋で働き、夜はクラブで働きその間に絵を書いていた。

しかし、中堂がそんなことはやめろと喧嘩になり、夕希子は、しばらく一人で暮らす家を探すため、高瀬の不動産屋を訪れたところ襲われた。

解毒剤を手にしようとした宍戸だが、中堂が解毒剤を取り上げる。宍戸は、証拠があると言い解毒剤を飲んだ。

夕希子の口に入れられたボールを手にした中堂だが、手にとった瞬間、宍戸により証拠が隠滅されてしまう。

しかし、実は毒は注射されておらず、解毒剤こそが本物の毒だと言う中堂。駆けつけたミコトは、中堂に法医学者として戦ってほしいと訴え、不条理な死に中堂が負けるのを見たくないと言う。

すると、毒をなめた六郎は、エチレングリコールだと知り、中堂が持っていた解毒剤で宍戸の命は救われた。

その頃、夕希子の父親から、夕希子たちはアメリカで暮らしていたため、夕希子の遺体はアメリカで埋葬されたことが判明。

夕希子の遺体はまだあることがわかり、夕希子の遺体を日本に運ばれた。

スポンサーリンク


こうして、遺体からある証拠から裁判が行われた。

高瀬は、幼少期母親からしつけの一環として口の中にゴムボールを押し付けられていた。

そして、アメリカから運んだ夕希子の遺体を、特別なキットを使い検査したところ、高瀬のDNAが発見されたのだった。

つまり高瀬は自分が受けた虐待を行なうことで亡き母への恨みを晴らそうとしたのだった。しかし高瀬は高笑いをし容疑を否定。

するとミコトは、被害者の口の中から被告人のDNAが付着していた。これは言い逃れのできない事実だと言った。

法医学者の仕事は、鑑定をし事実を書くこと。御遺体を前にしてあるのは命を奪った取り返しのない事実。犯人の気持ちなんて理解出来ないし、高瀬のことなんてどうでもいい。

動機なんてどうでもいいが、被告人も今もなお母親に苦しめられている。高瀬の孤独に心から同情するとミコトは言った。

すると高瀬はやりたくてやったと、自分はやり遂げたんだと訴えた。

やがて、宍戸も殺人幇助で逮捕された。こうして夕希子の事件は解決した。

夕希子は中堂の家を出て暮らそうとしていたが、中堂と一緒に生きる覚悟をしていたと父から知らされた。

「夕希子の旅は終わったけど、あなたは生きて下さい」夕希子の父は中堂に言った。

六郎は、再びUDIに戻り、法医学を目指したいと言った。ミコトたちもなんだかんだ言いつつ、六郎を再び受け入れたのだった。

(最終回おわり)

アンナチュラル最終回ネタバレあらすじ【感想】

高瀬を犯人として立証できる証拠がなく、まさかの殺人罪として問われないかもしれない‥という最悪の展開に。

しかし、最後の最後で夕希子がアメリカで埋葬され、遺体がまだあることが判明し、事件解決の決め手となったシーンに胸が熱くなりました。

また、以前ミコトが女は感情的になると言われ対立した弁護士と共に、今度は女の感情の部分を使って、犯人の心理をうまく揺るがせ、犯行を白状させたラストは圧巻でした。

中堂先生の長い旅が終わってよかった‥。そして、六郎もUDIに戻り、再びあのメンバーが揃い、いつものUDIラボに戻るというハッピーエンドで締めくくられました。よかったよかった。

アンナチュラル、かなり面白かったので、これは第2弾に期待したいですね。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

二つの祖国あらすじネタバレ 悲劇の原作結末に涙‥モデルとなった実話人物もまとめてみた

テレビ東京開局55周年を記念し、山崎豊子先生の作品「二つの祖国」がスペシャルドラマ化! 日本とアメリカの二つの国で、戦争に翻弄されながら、過酷な時代を生きた人々を描いた作品です。 今回は「二つの祖国」 …

あなたの番です1話ネタバレあらすじ&感想 初回から怖すぎて絶叫!恐怖の交換殺人が始まる

田中圭さんが主演を務めるドラマ「あなたの番です」がスタート! マンションを購入し新婚生活を始めた一組の夫婦。 幸せな生活が始まると思いきや、マンションの周辺で次々と人がなくなり、交換殺人という恐ろしい …

TWO WEEKS 8話ネタバレあらすじ感想 結城,柴崎に見つかる‥ハラハラ展開に釘付け!

三浦春馬さんが主演を務めるドラマ「TWO WEEKS」もいよいよ後半戦に突入! 結城は無実を証明し、はなのための手術をうけることができるのか!? 今回はドラマ「TWO WEEKS」の第8話ネタバレあら …

同期のサクラ8話ネタバレあらすじ&感想 意識不明の理由明らかに!百合シングルマザーで葵の子を出産にビックリ!

高橋充希さんが主演を務めるドラマ「同期のサクラ」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 前回第7話ではサクラの最愛のじいちゃんが亡くなり、故郷の島に橋を架ける夢も消えてしまいました。 もっと …

TWO WEEKS 6話ネタバレあらすじ&感想 デジカメに写る黒幕正体に鳥肌‥!

三浦春馬さんが主演を務めるドラマ「TWO WEEKS(トゥーウィークス)」 何度もピンチに陥りながらも、はなのために逃亡する結城。 一方、楓は結城の過去を知り、結城の味方になり始めます。 しかし、どう …