Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

ウチの夫は仕事ができない2話ネタバレあらすじと感想!沙也加&司夫婦が素敵すぎる!

投稿日:7月 22, 2017 更新日:

錦戸亮さん、松岡茉優さんが出演するドラマ「ウチの夫は仕事ができない」

イケメン・高学歴・高収入で全てがパーフェクトという理想の夫・小林司(錦戸亮)と結婚した妻・沙也加(松岡茉優)だった。しかし、ふとしたことをきっかけで沙成加は司が仕事ができない「お荷物社員」であることを知ってしまう。

そんな中、沙也加が妊娠していることが発覚。会社を辞める決意をしていた司は仕事ができない自分を受け入れてくれた沙也加と生まれてくる子供のために、もう一度頑張ることを決意し、沙也加も夫のために奮闘するというストーリーです。

初回第1話の視聴率は11.2%と好調。早くも錦戸亮さんと松岡茉優さんの代表作となるような期待度が高いドラマとして注目されています。

今回は、第2話のネタバレあらすじと感想についてまとめました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ウチの夫は仕事ができない2話ネタバレあらすじ

退職を踏みとどまり、再度仕事を頑張ることを決意した司(錦戸亮)。

その熱意を上司・土方俊治(佐藤隆太)に伝え、黒川晶(壇蜜)が教育係として任命される。黒川は嫌がるが、土方から半ば強引に押し付けられてしまう。

困った黒川は、自身が担当しているおもちゃエキスポのイベントの弁当の発注を司に頼む。「よろしくお願いします。頑張ります」と、司はさっそくリサーチを始めた。

その頃、いつもの友達ともんじゃ焼き屋にいた沙也加(松岡茉優)は、今の時代再就職はどんなに大変かといっているのを聞き、以前「司さんの良さがわからない会社は止めていい」といったことを後悔し始める。

さらに、出産にお金がかかることや、貧乏すると生活の苦しさから品性も知的要素もなくなって別人のよると友人たちが言っているのを聞き、司の人格が変わることを一人妄想し恐れていた。

その頃、司は同僚たち腹余計な仕事を増やさないようにと注意されていた。

さらに、上司の黒川からは「頑張りたいと思っていますじゃなくて、本気でやるなら頑張るって言い切れ。自分の言葉に責任とれないと保険かけるな」

とカツを入られる。
===
本屋に立ち寄った沙也加は「できない男からできるへの道」という本を見つけ購入し、さっそく自宅で読み始める。

「できない男はプレゼンが下手。できない男の話しは話が下手。プレゼンを制するものが仕事を制する。」

本を読んでいると、司が帰宅し、慌ててバレないように本を隠す。そして、なにげなく司に「プレゼンって得意?」と尋ね「話す練習をして訓練するといいらしいよ」とさりげなくアドバイスする。

そしてさっそく、今日の出来事を私に話してみてと練習を開始し司も話し始める。

すると司は、一日の出来事事細かく話だし話は延々と続く。さらにオチがない。まさに本に書いてあった、「できない男は話しが長い、できない男の話しにはオチがない」というのに当てはまっていることに気づき、沙也加はショックを受けるのだった。

話しは寝る直前まで続き、沙也加は嫌がらずに司の話を聞く。すると、会社の上司・黒川は学生時代空手部で怖がられているが仕事ができて筋が通っている人だと話をする。

このことから、沙也加は黒川のことを完全に男性だと思いこんでいた。

そして、司はお弁当の発注を頼まれたことを話し、「沙也加にお弁当作ってもらって今日も頑張ろうと思えるようになった。スタッフにもそんなお弁当を用意したい」意気込んでいた

翌日会社にて、司はお弁当に関するアンケートを作り社員に配るものの断られてしまう。司は、姉・みどり(江口のりこ)にも頼み、みどりのお店のお客さんにどんなお弁当が嬉しいかアンケートをお願いしていた。

そして週末に沙也加がくじ引きであてたレストランにランチに行くと、デザートにケーキが選べると店員に差し出され喜ぶ沙也加。

その姿を見た司は、弁当が選べたら嬉しいだろうなとひらめいたのだった。

スポンサーリンク



会社で司はみんながやる気になる弁当について考えていたところ、黒川から外回りについてくるように
言われ同行し、黒川のしごとぶりを見て、感心する。

そして1日が終わり黒川から飲みに誘われ付いていくことに。

沙也加に連絡すると、「ノミニケーション。いいに決まっているじゃない」と快く送り出す。そして、沙也加は「上司が何か吐き出したいことがあるかもしれない聞き手に徹する、それを察知するのができる男」と本に書かれていたことを思い出し、黒川が酔ったら自宅まで届けるようにとアドバイスする。

黒川は酒癖が悪く、酔っ払いながら仕事の愚痴を言い出した。どんなに仕事ができても女だと不利な時もあると司に愚痴る。司は沙也加のアドバイス通り、聞き役に徹する。

やがて、ベロベロに酔っ払った黒川は眠いと言い出し、司は沙也加のアドバイス通り黒川をタクシーに乗せ自宅に上がりソファーに寝かせた。

自宅に戻り、黒川を家まで送り届けたことを沙也加に報告すると「素晴らしいわ。信頼されている証拠よ。」と褒められる。

後日。

沙也加はいつもの友人たちと一緒に司の会社がイベントを担当しているおもちゃエキスポを訪れていた。

黒川はフランスから来ているお客様のアテンドをする。その一方、司は5種類の弁当を用意し、スタッフにも大好評だった。すると、司は上司の土方に呼び出される。

友達と一緒にイベントに来ていた沙也加は司の姿を見つけ話しかけようとする。

しかし、司は「予算考えずに好きなもの発注するとはどういうことだ。スタッフは必死に経費削減しているのに弁当に経費かけてどうする」と厳しく怒られてしまった。

その様子を見ていた沙也加の友人は、沙也加の旦那とは知らずに「典型的なできない男。どこの会社にもいるお荷物社員。ああいう人は何やってもだめなんでしょうね」という。何も言えない沙也加だった。

自宅に帰った司に、沙也加は何事もなかったように接する。すると、司はお弁当のことで上司に怒られたことをそのまま話す。何で平気な顔して言えるの?そんなんだから…と沙也加は不満を抱えていた。

スポンサーリンク



翌日、おもちゃエキスポにて。

フランスからの来客をアテンドしていた黒川だったが、男性社員をつけてほしいと言われてしまう。司はその様子を遠くから見ていた。

お昼時、司が用意したお弁当は大好評でイベントスタッフは美味しそうに笑顔を浮かべ食べている様子を見た司は嬉しくなっていた。

司が黒川のものへお弁当を届けると、黒川は泣いていた。5品の弁当を持っていくが腹へっていないと言われるが、和食がいいですよと弁当を差し出し、お茶を入れて渡した。

そっとその場を去ろうとする司に黒川は「ありがとう…」と言ってお弁当を食べたのだった。
===
イベントが終わり、会社に戻った司は同僚に弁当に経費かけすぎだと嫌味を言われる。

するとそこにおもちゃエキスポの大口クライアントがオフィスに訪れ、土方に「何よりもスタッフの弁当が良かった、最高だった、弁当一つで意識があがった」とお礼を言った。

土方が新人に任せたと言うと、クライアントは司ではなく田所だと勘違いし、名刺を渡しお手柄だ君の名前を覚えておくよと、司は手柄を横取りされてしまう。しかし、司は何も言わなかった。

帰宅した司は、さっそく沙也加にクライアントに褒められたことを報告する。

沙也加は喜び「またお弁当係に指名されるんじゃない」と言うが、クライアントは田所だと勘違いしたと話をする。

「その場で言えばよかったじゃない、担当は僕ですって。どうして言わなかったの?悔しくなかった?」

「悔しいよ。」

「だったら…」

「さやのおかげでせっかく評価もされたのに自分のものにできなかった。申し訳ないし、悔しい。僕は話しが下手だからうまく言えるかわからないけど…

お弁当5種類用意して本当によかったって思ったのは、みんなの顔がうれしそうだったんだ。僕の仕事でみんなが喜んでくれている。だから僕はいい仕事ができたんだと思う。

会社に入って、こんなに嬉しかったりこんなふうに誇らしい気持ちになったりっていう初めてだった。だから、悔しいけど今回はこれでいんだって思うことにしちゃった。

ごめんねさや。次は勘違いされないようにがんばる。今日の出来事でした!

スポンサーリンク


「昨日、つかぽんがチームリーダーにおこられているのみてて、正直残念に思ってしまった。みんなに自分の夫ですって言えなかった。

つかぽんだって、悔しい思いをしているのに、私そこまで考えられなくて、一人でいらいらしちゃって。みんなが、喜んでくれたことのほうが大事だってつかぽんそういう人何にね。こんなに素敵な人なのに。ごめんなさい。」

そう言って、さやかは頭をさげ、司はそっと抱きしめた。

「いつかさやが、僕をウチの夫ですって自慢したくなるような夫になります。」

翌日、司は土方に新たなショッピングセンターでのイベントの企画を出してみろと言われる。黒川は、決起大会だと言い飲みに誘う。

「死ぬ気でやれ、手柄撮られて悔しかったらその場で奪い返せ。本来なら新人の仕事だがめげずによくやった」

と言われる司だった。

飲み過ぎた司は、酔っ払って帰宅してきた。慌てて、司を介抱する沙也加。

すると、玄関の外から「飲ませすぎました…」と黒川が現れた。

沙也加は驚き「どちらさまですか」と訪ねると、「同じ会社の黒川晶と申します」と言い去っていった。黒川先輩は男だと思いこんでいた沙也加はショックを受ける。

ウチの夫は仕事ができない。でも女にモテるかもしれない。最悪だ!

また違った心配ができてしまったさやかだった。

(おわり)

ウチの夫は仕事ができない2話ネタバレあらすじの感想!

お弁当の仕事に一生懸命になる司。痛々しくも応援したくなるようなシーンが盛り沢山でしたが、第2話でも切なさあり涙ありの1時間あっという間でした。

それにしても沙也加が可愛すぎる…!司に嫌な顔せずにきちん話を聞いてあげるところや励ましてあげるところなんかは、なんて素敵な女性なんだと思いました。現実ではこうはいかないかもしれませんが…

少しずつ司も会社で認められてきているようで、今後どのように成長していくのか楽しみですね!

来週も見逃さないようにしましょう!

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛してたって、秘密はある1話ネタバレあらすじと感想!恐怖のメール&父を掘り起こしたのは誰?

福士蒼汰さん主演ドラマ「愛してたって、秘密はある」 主人公・奥村黎(福士蒼汰)は、中学生の時、父からDVを受ける母を守るため、発作的に父の命を奪ってしまう。そして、亡くなった父の遺体を自宅の庭に埋め、 …

no image

ソースさんの恋ネタバレあらすじ結末まで!ソースさんの壮絶な過去,ラストに感激!

NHKBSプレミアムで6月からスタートする新ドラマ「ソースさんの恋」 女優・ミムラさんと俳優・千葉雄大さん主演のラブ&サスペンスミステリードラマ。原作は、本田晴己先生の「君とソースと僕の恋」です。 毎 …

陸王3話ネタバレあらすじ&感想 ソール開発に成功したこはぜ屋!茂木には新たな試練が…

役所広司さん主演ドラマ「陸王」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 100年続く老舗足袋製造会社「こはぜ屋」が、廃れゆく業界で生き残りをかけマラソンシューズの開発という新たな挑戦に挑む物語 …

監獄のお姫さま5話ネタバレあらすじ&感想 姫と勇介の別れに号泣!晴海が吾郎への復讐の可能性も?

クドカンが手がけるドラマ「監獄のお姫さま」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 EDOミルク社長の吾郎(伊勢谷友介)と妻・晴海(乙葉)の息子・勇介くんは、実は姫(夏帆)が刑務所内で産んだ子 …

陸王2話ネタバレあらすじ&感想 こはぜ屋の思いが飯山の心を動かす!新陸王開発へ新たなスタート

役所広司さん主演ドラマ「陸王」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 100年続く足袋製造企業が廃れゆく業界の中で生き残りをかけ、ランニングシューズの開発をしていくという物語。第1話が放送さ …