Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

映画

トランスフォーマー最後の騎士王ネタバレあらすじ結末&感想!バンブルビー洗脳されたオプティマスを救う

投稿日:7月 25, 2017 更新日:

トランスフォーマー第5作目『トランスフォーマー最後の騎士王』がいよいよ公開されます。

このトランスフォーマーは日本の玩具メーカー・タカラトミーから発売された変形するロボットおもちゃが題材であり、ロボット生命体であるトランスフォーマーが正義の「サイバトロン」と悪の「デストロン」に分かれて戦う設定になっています。

劇中でもこうした設定は残されており、正義の「オートボット(サイバトロン)」と悪の「ディセプティコン(デストロン)」に分けられ、地球を舞台に激しい戦闘が繰り広げられるというストーリーです。

今回第5作目となる「トランスフォーマー最後の騎士王」では、オプティマスが地球を去った後、オートボットとディセプティコンの戦闘だけでなく、トランスフォーマーを危険視した人類が特殊部隊を結成し、3つ巴の戦闘を繰り広げます。

前作の主人公・ケイドは瀕死の惑星サイバトロンの騎士からお守り(タリスマン)を受け取り、地球に各地に巨大物体の出現、そして謎の天体が地球に接近していることが発覚。

地球の危機を救う方法に、タリスマンが関連しており、ケイドらが新たな戦いに巻き込まれていきます。地球の危機を前に、ケイドやオートボット達は地球を救うことができるのか!?

今回はいち早く「トランスフォーマー最後の騎士王」を見てきたので、ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


【登場人物キャスト】

■ケイド・イエーガー(マーク・ウォールバーグ)
本作の主人公で、今回を含めて2回ほど世界を救っており、今オプティマスのいないオートボット達を匿っているため、最愛の娘とも生活ができてない。

■ヴィヴィアン・ウェンブリー(ローラ・ハドック)
本作のヒロイン。オックスフォード大学の教授だが、輝かしい経歴とは裏腹に独身で、同僚や家族からも彼氏がいないことを心配されている。なんとアーサー王伝説のマーリンの子孫。

■イザベラ(イザベラ・モナー)
崩壊したシカゴにトランスフォーマーと過ごしていたが、TRFの襲撃により家族のトランスフォーマーを失い、ケイドについていく。

■エドマンド・バートン(アンソニー・ホプキンス)
イギリスで豪邸に住む貴族。歴史あるトランスフォーマーたちやトランスフォーマー関係の所持品を持つ。老人だがかなり逞しく、メガトロンに一発お見舞いする。

■ウィリアム・レノックス(ジョシュ・デュアメル)
以前はバンブルビー達と協力して地球を救っていたが、現在はTRFへ所属している。序盤からオートボット達と先頭を繰り広げるが、ケイド達が窮地に陥ると助けてくれる。

■サントス(サンティアゴ・カブレラ)
トランスフォーマー大嫌い人間。トランスフォーマーや彼らに協力するケイドに追撃を行う。

■モーシャワー将軍(グレン・モーシャワー)
以前もレノックスと働いていた将軍。

■ジミー(ジェロッド・カーマイケル)
ケイドの仲間でかなりお調子者。オートボットやケイドとの掛け合いは面白い。

■シーモア・シモンズ(ジョン・タトゥーロ)
元セクター7の捜査官。今回は治外法権のあるキューバで生活しており、エドマンドに情報提供を行う。

■アーサー王(リーアム・ギャリガン)
彼がいたこの時代からトランスフォーマーの時代が始まる。

■マーリン(スタンリー・トゥイッチ)
飲んだくれ。アーサー王達が先頭を繰り広げているにもかかわらず、酒を飲みサイバトロンとの交渉に向かう。最終的に交渉を成功させ、アーサー王達を救う。

■オプティマス・プライム(ピーター・カレン)
今回は良い所があまりない司令官。クインテッサに操られ、地球を滅ぼすためにバンブルビーとも戦う。

■バンブルビー
相変わらず声が壊れていて、いろいろな音源を利用してコミュニケーションを取る。
またこの声は自身とオプティマスを救うことになる。今回は新ギミックとしてバラバラになって変形する方法を披露する。

■ホット・ロッド(オーマル・シー)
ヴィヴィアンを誘拐しエドマンドの元へ連れて来たオートボット。フランス語と英語が入り混じってしゃべる。

■スクィークス(レノ・ウィルソン)
イザベラの仲間のトランスフォーマーで元ディセプティコン。かなりドジ。

■コグマン(ジム・カーター)
忍者執事(ニンジャバトラー)。大きさは人と変わらないがパワーはかなりあり、料理や音楽など何でもできる。しかし、たまに調子に乗りすぎるところがある。

■グリムロック
今回変身シーンはない。しかし、車を飲み込んだり、ジミーを食べようとするなど、トランスフォーマーだが恐竜らしさを見せてくれる。

■メガロドン(フランク・ウェルカー)
ディセプティコンのリーダーで今回もいろいろ策を練り、地球を滅ぼそうとする。だがやはり新しいボスのクインテッサと比べるとかませっぽく見えてしまう。

■バリケード(ジェス・ハーネル)
市街で調査を行ってメガトロンに情報提供を行う。他のディセプティコンは捕まっていたので、潜入などもできるまともなディセプティコン。

■創造主クインテッサ(ジーマ・チャン)
オートボット達の創造主。ユニクロンに執着し、地球を滅ぼそうとする。強力な洗脳能力を使いオプティマスを操る。

■ドラゴンストーム
サイバトロンの騎士たちが集合した姿。

次からはネタバレに入っていきます!

スポンサーリンク


トランスフォーマー最後の騎士王ネタバレあらすじ結末まで【トランスフォーマー人類の関わりと現在】

~中世の英国~
アーサー王と円卓の騎士達は敵軍と戦闘を繰り広げていたが、火球を投石され、戦況が悪化していた。

アーサー王の助言者で魔法使いと言われるマーリンはアーサーの窮地を救うためサイバトロンの騎士達の元を訪れていた。

オートボットの騎士達はマーリンにオートボットの騎士達が集合変形したドラゴンストームを操る力を持つ杖を与え、戦いに勝利する。

時は流れ、オートボットの司令官オプティマスが創造主と対話するために地球を飛び立ち、宇宙を進んでいた。

残された地球ではトランスフォーマーが危険視され、対トランスフォーマー特殊部隊とTRF(Transformers Raction force)とオートボット、ディセプティコンで戦闘が行われていた。

人類とトランスフォーマーとの戦闘が続いている地球各地で巨大物体が出現、さらには惑星サイバトロンが迫っており、NASAの職員は3日以内に惑星が地球に到達することを突き止める。

【新たな争いの火種タリスマン】

荒れ果てたシカゴでサイバトロンの騎士のポットが墜落しており、子どもたちがポッドを見つける。

同時期にポッドを見つけたTRFのメンバーで、全トランスフォーマーの撃退を目的とするサントスが子ども達ごとポッドを取り囲んだ。

子供達を救助するべく、荒れ果てたシカゴで家族のトランスフォーマーと暮らすイザベラが現れるが、仲間のトランスフォーマーが倒されてしまう。

子ども達の前に前作の主人公ケイドが現れ、子供達を救出する。子ども達を逃した後、ポッドの中のサイバトロンの騎士からケイドはタリスマン(お守り)を譲り受ける。

オートボットを匿っているケイドを捉えるため、再度サントス達はケイドと戦闘を行うが、オートボットの司令官代行のバンブルビーも到着し、膠着状態になった。

その場を収めるためかつてバンブルビー達と共に戦い、現在はTRFに所属するレッノックスが交渉を行い、お互いに戦闘せずに帰還する。

しかし、TRFのメンバーはこのチャンスを逃さず、バンブルビーに発信器を付けられる。

オプティマスは創造主を探し、惑星サイバトロンに到着するが、創造主らしきクインテッサに拘束され、サイバトロンにいた騎士が裏切り、惑星が荒れ果てたと告げる。

さらに地球には最大の敵であるユニクロンがおり、ユニクロンを倒すために地球にある騎士の杖が必要で取り返すように洗脳される。

レノックス達は地球で起きている各地の巨大物体の出現や惑星サイバトロン衝突を調査し、関係する情報を持つ、以前戦闘の怪我から完全復活を果たしたディセプティコンのリーダー・メガトロンと協力して、ケイドが持つタリスマンを奪い、メガトロンが欲しがっている強力な武器を奪おうとする。

ケイドはシカゴで親をなくし、今回の戦闘で家族であるオートボットの1人を失ったイザベラを受け入れ、オートボット達と過ごしていたが、発信機の反応を追って来たディセプティコンとTRFの襲来を聞き、市街へ逃走するのだった。

市街での戦闘で、TRFの銃弾を受けたケイドを救ったのは体に引っ付いたタリスマンだった。

ケイド前には人型サイズの謎の執事風のトランスフォーマー、コグマンが現れ、トランスフォーマーに関する歴史やタリスマンの秘密を教えると言われ、バンブルビーとロンドンへ向かう。

そしてオックスフォードの教鞭を取るヴィヴィアンの車に変装したトランスフォーマーが彼女をある場所に連れていく。

スポンサーリンク


【マーリン杖と最悪な再会】

ケイドとヴィヴィアンはイギリスの豪邸に到着し、イギリス貴族で、トランスフォーマーの謎を知るエドマンドと言う老人に会う。

エドマンドは豪邸内でトランスフォーマーがアーサー王の時代から人類を支え続けていたことを説明する。

また今地球に惑星サイバトロンが迫っており、危機を救うにはマーリンの杖が必要であり、マーリンの直系のヴィヴィアンだけ杖を探し、操ることができると説明する。

そしてケイドの体に付いているタリスマンはアーサー王やサイバトロンの騎士のもので、タリスマンに認められた高潔なものにしか扱えず、マーリンの杖にも関係しているという。

ケイド達がエドマンドの話を聞いている間に英国政府と協力したTRFが豪邸に迫り、皆速やかに豪邸を脱出する。

ケイドとヴィヴィアンはヴィヴィアンの自宅を向かい、エドマンドはトランスフォーマーなどのエイリアンの調査機関の元捜査官シモンズと連絡をとり、互いにマーリンの杖に関する情報を探し、潜水艦アライアランスが杖に導く手がかりと突き止める。

エドマンドは二人と別行動を取り、二人は潜水艦を利用して、海底深くに眠るオートボットの船に到着し、マーリンの杖を見つけることに成功。

ヴィヴィアンが触ると杖が輝き出すが、目覚めたサイバトロンの騎士達とケイド達も追って来たTRFとで混戦状態に。

混乱の中、突如クインテッサに洗脳され、目の色も表情も変化したネメシス・プライムが現れ、邪魔をするものは全て排除すると、杖を奪ってしまう。

バンブルビーとケイドはネメシスを追うが、ネメシスの反撃を受け、トドメの一撃を受けそうになったバンブルビーは自身の声を振り絞り、オプティマスへ呼びかけ、彼の正気を取り戻す。

正気を取り戻したばかりのオプティマスをディセプティコンが急襲し、杖を奪い、協力関係にあるクインテッサの元へ飛び立ってしまう。

騎士達はオプティマスの裏切りに怒り、彼を処刑しようとするが、ケイドがオプティマスを庇った瞬間にタリスマンが変形し、エクスカリバーに変形する。

エクスカリバーを見た騎士達はケイドに従い、クインテッサ達から杖を取り戻すことになる。

スポンサーリンク


【最終決戦と謎の人物】

クインテッサとメガトロンは地球からエネルギーを吸い出し、惑星サイバトロンの復活に利用とする。

しかし、エネルギーを吸い出されてしまうと地球上の人類は電子レンジ中のように全て破裂してしまうことがわかる。

メガトロンが世界各地に現れた巨大物体の中心に当たるストーンヘンジに集まり、装置を起動し、ストーンヘッジの装置や周辺の地表が浮いていく。

エドマンドはシモンズから情報を得て、先回りし、メガトロンを阻止しようと攻撃するが、逆に殺されてしまう。

TRFのメンバーも迫り来る最大の危機に、集まったオートボット達やケイド達と共闘して、地球を救うべく最終決戦に向かう。

装置を止めるには装置の内部の中心にある、杖を抜かなくてはならず、杖を抜くことができるのはマーリンの直系であるヴィヴィアンだけだということがわかる。

激しい戦闘が行われ苦戦を強いられるが、オートボット達と一緒に来ていたイザベラ達や遅れて来たオプティマスが活躍する。

しかし、あまりの猛攻にTRFのメンバーは撤退を余儀なくされ、撤退前に浮遊物体をミサイルで攻撃して杖のある中心部を破壊しようとするが、内部の破壊のみで装置自体を破壊するには至らなかった。

TRFが撤退する中、地球を救うべくオートボット達とケイドとヴィヴィアンは残り、崩壊する中心部に留まり、戦闘を繰り広げる。

乱戦の中、ヴィヴィアンを狙ったメガトロンをオプティマスが蹴り飛ばし、隙をついてヴィヴィアンは杖を抜くことに成功する。

残ったクインテッサを倒すべく向かったオプティマスは逆に洗脳されそうになっていたが、バンブルビーが窮地を救いクインテッサを撃破する。

崩壊する中心部から辛くも逃げ出したケイドとヴィヴィアン、オプティマス。

ケイドは孤独なイザベラを本物の家族として迎え、様々危機を一緒に超えたヴィヴィアンとデートの約束をして日常に帰っていく。

オプティマス達オートボットや騎士達は自分たちの故郷であるサイバトロンへ戻っていくのだった。

時間は経ち、砂漠の巨大物体を見つめる女性に話しかける男性。

女性は巨大物体を眺め、ユニクロンを倒す方法があると語り、彼女の顔の中が透け、中にはクインテッサの顔が見えるのだった。

(おわり)

スポンサーリンク


トランスフォーマー最後の騎士王【感想】

上映149分という約3時間もの超大作!

今回、アーサー王の話や人間の歴史を組み込まれており、トランスフォーマーの見どころでもある戦闘シーンよりも、人間部分の描写が多く描かれていたように思います。トランスフォーマーならではの迫力の戦闘シーンなどが好きな人はちょっと物足りなく感じるかもしれません。

しかし、今回コグマンという超個性的なキャラが良くて、優秀だけど少しいかれていた感じの彼は中だるみを緩和させる役目を担っていたなと思います。

そして、以前の仲間が敵に回って、最終的に協力するという心が熱くなるような設定は意外とよかったですね。

レノックスやオプティマスは最終的に仲間になると思っていましたが、最終決戦でトランフォーマー嫌いのサントスまで地球を救うために協力し、最終決戦も集った仲間が協力しても簡単には勝てない状況や強力な敵の登場など盛りだくさんでドキドキハラハラしました。

また以前のロストエイジから1~3までの主人公からケイドに代わり、今後もケイドの活躍をぜひ見たくなるような内容も盛り込まれていました。

伏線としてケイドとヴィヴィアンの今後やイザベラの成長、クインテッサの暗躍など続編が出るのか気になり調べてみると、すでに続編やバンブルビーがメインの映画作成の話もあるようです。

すでに5作目となるトランスフォーマーですが、今後の展開にも目を離さずにはいられません!

スポンサーリンク


-映画

執筆者:


  1. わとそん より:

    僕もこの間観てきました
    僕的には久しぶりにサムをみたい感じがあります。
    (サムの焦りっぷりがすきなんですよ)
    ケイドとサムが揃う姿もちょっとみたいです。ケイドは専門的なことがわかってて、サムとケイドが同じくらいオプティマス達と仲の良いのにサムが嫉妬してるのをみたいですね

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

22年目の告白私が殺人犯ですネタバレ原作韓国版!ラストの展開に衝撃!

藤原竜也さんと伊藤英明さんがW主演を務める「22年目の告白-私が殺人犯です」 22年前に起きた事件の時効が過ぎた頃、突然犯人を名乗る男が手記を発表し世間を賑わし一躍時の人となっていき、そして新たな事件 …

ナラタージュあらすじネタバレ結末までを原作小説から!切ないラストに胸が締め付けられる…

有村架純さん、松本潤さん出演で話題となっている映画「ナラタージュ」 島本理生先生の小説「ナラタージュ」が原作であり、2006年「この恋愛小説がすごい」で1位を獲得している作品です。 高校教師と元生徒の …

パイレーツオブカリビアン最後の海賊ネタバレあらすじ&感想!バルボッサの知られざる親子愛に涙!

ジョニーデップ主演の最新作「パイレーツオブカリビアン~最後の海賊~」のネタバレあらすじについてまとめています。 第5作目となる人気シリーズ「パイレーツオブカリビアン~最後の海賊~」では、今まで明かされ …

借りぐらしのアリエッティ原作&映画ネタバレからわかるその後の二人!

夏の金曜ロードショーといえば、ジブリ作品!ジブリ作品が放送されると、今年も夏がきたんだな~と感じる方も多いのではないでしょうか。 今年は「借りぐらしのアリエッティ」が放送されます。2017年7月8日に …

インディジョーンズ魔宮の伝説ネタバレあらすじ結末まで!最高のジェットコースタームービー

人気アクション映画シリーズ第2作目「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」が地上派に登場! 映画インディ・ジョーンズシリーズの第1作目「レイダース/失われたアーク」から1年前を描かれたこの作品は、インドの …