Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

トットちゃんあらすじネタバレ第1週(1~5話)&感想!トットちゃん誕生前父と母のなれそめ

投稿日:10月 3, 2017 更新日:

2017年4月からテレビ朝日のシニア枠としてスタート昼ドラ。

10月からは黒柳徹子さんの半生を題材にしたドラマ「トットちゃん!」がスタート。

物語は、トットちゃんこと黒柳徹子さんが誕生する前から始まり、これまで明かされてこなかったエピソードも盛り込まれた注目のドラマです。

初回第1話がスタートし早くも話題となっているようですね。

今回は、ドラマ「トットちゃん!」第1週目(第1話~5話)までのあらすじネタバレをまとめてみました。

ネタバレを知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


トットちゃん【第1話:最悪の出会い】

昭和4年11月。

徹子の母となる門山朝(松下奈緒)は東京の叔父夫婦の家に下宿し「東洋音楽学校」に通い声楽を学んでいた。

毎朝、大声で歌の自主練を行い、練習に励む日々。

しかし、学校の教師からはその大声で歌う歌い方を厳しく指摘されていた。

北海道で病院を営む朝の父・周通(佐藤B作)は、自身の病院に勤務する若手医師と結婚させ、病院を継がせるつもりで縁談の話しを進めていた。

そんな中、帝都交響楽団が主催する演奏会の合唱団に参加することになった朝。

練習当日、コンサートマスターの黒柳守綱(山本耕史)に会えると喜ぶ同じ声楽部の女性たちだが、朝は守綱のことを知らなかった。

練習が始まり、指揮を執る守綱の姿にときめく朝。

そして始めての練習が始まり、朝はいつものように精一杯歌う。

しかし、練習後、守綱が朝のもとへやってきて、「君の無神経な歌でオーケストラは台無しだ」と厳しく言われてしまったのだった。

これが二人の出会いだった。

(第1話おわり)

<感想>

始まりました!トットちゃん。

初回第1話の感想としてはずばり「朝ドラ感満載」

朝を務める松下奈緒さんがはまり役ですね。昭和時代の役が本当似合いますので、安心して見れます。

また叔父夫婦を演じる高田純次さん、八木亜希子さんもなかなかいい味出しているなと思います。

15分の放送でも無駄がなく、展開が速いのでこれは今後も期待できるドラマです!

トットちゃん【第2話:急接近】

守綱の言葉にショックを受けた朝はひどく落ち込んでいた。

下宿先に戻ると、叔父の宏(高田純次)から、縁談の相手の写真を見せられ結婚するように言われていた。

朝は門山家の一人娘。婿を取り家の病院を継ぐ、それが宿命だと縁談を進められていた。

一方の守綱は芸術家たちが集う、1階にはカフェがある日本一お洒落なアパート「乃木坂上倶楽部」に住んでいた。

日夜練習に励む守綱だが、朝の歌声でリハーサルが最悪だったとイライラしていた。

朝は注意されてから、口パクで歌うふりをして練習に参加していた。見合いの話しもあり音楽の道を諦め、北海道の田舎に帰ることを考え始めていた。

そんな中、誰もいない練習室でピアノを弾いていた朝の元に守綱がやってくる。

守綱の姿に気づいた朝は驚きピアノを弾くのをやめるものの、守綱に「続けなさい」と言われ再び弾き始める。

すると守綱は「キレイだ」と言い、連弾を始める。

驚いた朝は弾く手を止める。

「君は今も僕の音を聞いていない。周りの音を聞くことができなければ音楽家にはなれない。」

と言われ、ここ最近、朝が声を出して歌っていないことを知っており、本番くらいはちゃんと歌いなさいと言った。

そして、自分の音を聞いて弾くようにと再び連弾を始めたのだった。

その後、本番前の最後のリハーサルが始まったが、朝はあいからわず口パクで、声を出して歌うことができなかった。

練習後、帰宅しようとする朝を引き止める守綱。

「結局君は周りの音も聞かず、声も聞かず。僕だけを見ていたね。僕も君が気になって仕方なかったよ。」

そう言って二人は一緒に帰り始めた。

しかし、その帰り道偶然にも学校を訪ねてきた父・周通にばったり会ってしまったのだった。

(第2話おわり)

<感想>

早くも第2話で、朝と守綱の距離が急接近。

守綱さん、朝のことが嫌いかと思いや、毒舌ながらも朝のことを思い一緒にピアノを弾く姿にはこっちまでドキドキしてしまいました。

そして、打ち上げの帰り道に告白(?)

第2話にしてこの展開の早さ。どこまで実話なのかがちょっと気になりますね。

スポンサーリンク


トットちゃん【第3話:突然のプロポーズ】

朝が守綱と歩く姿を見て激怒し、翌日北海道に連れて帰ると言い出した周通。

しかし、翌日は演奏会の本番。

朝はせめて演奏会が終わってからとお願いする。

周通は益々激怒するが、叔父夫婦もせめて明日1日だけと頭をさげてお願いしてくれた。

その夜、守綱のことを聞いた叔母のえつ(八木亜希子)は、朝が恋していると思い、守綱との結婚を進める。

結婚は辛いことが多いけど、好きな人と一緒であれば乗り越えられる。

「朝ちゃんの人生は朝ちゃんのものなんだから」と言ったのだった。

演奏会本番。

朝は本番でも口パクで声を出して歌わなかった。

無事に演奏会は終わり、楽屋裏では打ち上げが行われていた。

朝は翌日北海道に帰るため一足先に打ち上げから抜け出し一人楽屋を出た。

その姿を見た守綱は朝を追いかけるように、何も言わずに朝の歩調に合わせて歩きだす。

朝は自然と守綱についていく形になり、守綱のアパートの下の喫茶店に入った。

喫茶店のマスターに、朝のことを聞かれた守綱は「僕の愛する人です」と答える。

驚いた朝が家に帰ろうとするが、マスターからチャイを出され、めずらしくて口にする。そしてインドカレーが出され「手で食べるの?」と始めて見たインドカレーに驚きながら、守綱と一緒にカレーを食べた。

カレーを食べ終わると、夜は10時を回っていた。

朝が帰ろうとするが、守綱はバイオリンを取り出し、朝のために演奏を始めた。

その演奏に聞き入ってしまい気づいたらすっかり朝になってしまっていた。

演奏後、守綱から家に帰りなさいと言われる朝だが、一晩家をあけてしまった。

叔父も許してもらえないだろうし、家に帰れば北海道に連れて行かれると事情を説明する。

すると守綱は「僕の妻になりなさい。今日からここで一緒に暮らそう。」と言ったのだった。

(第3話おわり)

<感想>

守綱のアパートについてきた朝は、守綱の演奏にすっかり聞き込んでしまい、明け方になってしまいました。

そして、朝はもう家に帰らないと決意し、守綱はプロポーズ!

急展開にビックリですが、これくらいのテンポの方が見やすくていいですね。

結婚は親が決めるのが一般的だったこの時代に、叔母のえつ(八木亜希子)が自分のことのように朝を応援するシーンが良かったです。

スポンサーリンク


トットちゃん【第4話:朝の決意】

「自宅には帰らない。」

そう言った朝を守綱は部屋へと招きキスをした。

そのままベッドに連れていき、横になると…守綱はいびきをかいて寝てしまった。

その頃、叔父・宏は朝が行方不明になったと警察に届けをだしていた。

自宅に戻った周通のもとにも「朝が行方不明」と電報が届き、激怒していた。

目を覚ました朝が1階のカフェに降りると、画家の伊藤華子(高岡早紀)がお茶をしていたた。

華子はフランスパンを焼き、朝に差し出す。

華子は、有名な建築家の未亡人であり、ずっとパリで暮らしていたという。

華子は朝の元気がない様子に気づく。

朝は、叔父夫婦を裏切ってしまった…と後悔していた。

すると華子は「自分が選んだ道、自分が選んだ男、守綱はあなたの唯一の男でしょ、ご両親もおじさんもおばさんもあなたが幸せならいつか納得してくれる。腹を決めること」アドバイスしたのだった。

朝はその言葉を聞き決意を新たにし、華子が作ったフランスパンを食べていると、守綱が朝を探して慌ててやってくる。

さらに、アパートの住人がやってきて、マスターが朝のことを奥さんだと皆に紹介した。アパートにはダンサーの夫婦、作家と女優の夫婦が住んでいた。

そして一週間後。

新聞に「朝宛に父が心配しているすぐ帰れ」と広告を掲載しマスターが発見。

皆に挨拶に行ったほうがいいのでは…と言われるが、守綱は「二人が愛し合っていればそれが全てだ」と拒否。

するとそこに周通と宏がアパートに乗り込んできて、守綱を殴ったのだった。

(第4話おわり)

<感想>

守綱のアパートで暮らし始めた朝。

結構大胆!

しかし、守綱さん、朝のことも考えると挨拶くらいは行った方がいいのでは…と思いましたが、何か考えがあってのことでしょうか。

一緒に暮らす住民たちもいい味出しているなーと思います。

こんなアパートだと楽しそう…。

さて、ついに父たちに朝の居場所がバレてしまいました。

どう父を説得するのか。二人の今後や家族との関係がどうなっていくのか楽しみです。

スポンサーリンク


トットちゃん【第5話:結婚】

守綱を殴った周通は、朝を連れて帰ると激怒する。

しかし、朝は「娘は死んだものとはお思い下さい」と反抗し父に頭を下げた。

一方の守綱は「こういう人たちと話すと魂が汚される」と話そうとしない。

周通は益々激怒し、朝を無理やり引っ張って連れて帰ろうとする。

そこに華子が「諦めなさい。男を選んだの」と周通に語りかける。

「芸術家だから異端なの、普通じゃないから輝かしい、真実が見えるの」

朝もこちら側に来てしまった以上そちら側には戻れないから諦めなと強く言ったのだった。

修羅場の中、一人冷静にリハーサルに行くためアパートを出ようとする守綱。

朝は守綱のバイオリンを聴けば父もわかってくれるはずとお願いし頭を下げた。

しぶしぶ演奏を聴く周通。

そして演奏後…周通は朝に「勘当だ」と言いアパートを出て行ってしまった。

翌朝。

えつが父の判子が押された婚姻届を持ってきた。周通の目を盗んで判子を押したのだった。

こうして二人は結婚し、アパートでささやかな結婚パーティーを開いた。

晴れて夫婦になった二人。

しかし、二人にはお金がない。守綱の全財産は30銭。

今夜のおかずも買えないという朝だが、守綱は食べなければいいと言う。

下に行けばマスターのカレーもあるし、華子のパンもある。

「乞食みたい…」と言う朝だが、守綱は「僕は乞食じゃない、バイオリニストだ」と言った。

商店街に買い物に出かけた朝だがお金がなくて買えない。

暗い顔をしている朝の様子を見た店主が、歌を唄い励ます。

朝も一緒に唄い始めると歓声が湧き御礼にとお米を貰うことができたのだった。

声が大きいだけで、表現力がないと言われた朝だが生きるために役に立ったのだった。

アパートに戻ると歌を唄い、商店街で食べ物を貰う朝の姿を見ていた守綱は激怒。

「僕はバイオリンのことと君のこと以外見たくない。だから君も僕だけのことを考えて僕だけを待っていてくれ。」

そういって、米を捨て朝が出られないようにと鍵をかけたのだった。

「朝は僕だけのものだ」

その日から守綱は、朝を1日中アパートに閉じ込めるようになった。

守綱が朝を閉じ込めて1週間が経過。

ベランダに出ると、隣に住む華子に久々に会い下でお茶でも飲まないと誘われる。

しかし、玄関は外から鍵をされて出られない…。

すると朝は、ベランダをまたいで華子の部屋のベランダに渡ったのだった。

こういった朝の大胆さも娘・徹子にも受け継がれていくのだった。

(第5話おわり)

<感想>

父には勘当されたものの、朝は守綱への思いを貫きついに二人は結婚します。

しかし、守綱はお金がなく、お金がないなら食べなければいい…とまさかの一言。

さらに、朝が他の人に笑顔を振りまいていることに嫉妬し、自宅に閉じ込めます。

これってちょっと守綱さんやばい人では…?と思ってしまいましたが、守綱さんって大人のようで結構子供なのか亭主関白なのか…。

この夫婦がどうなっていくか楽しみです。

トットちゃん【第1週目の感想】

トットちゃんこと黒柳徹子さんの半生を描いたドラマということですが、まだトットちゃんは登場せず、両親が出会うこところからドラマはスタートします。

テンポが良くて、時間も15分なので毎日気軽に見れるドラマです。

どこまでが実話なのかがわかりませんが、駆け落ち同然で一緒になった朝と守綱。

しかも、守綱さん厳しいことを言いつついきなり真顔で女性を喜ばせるような言葉を発するので見ている側もドキドキしますね。

第1週目の感想としては、朝ドラ感があって、でも無駄がなくて、今後も期待できるドラマなのではないかと思います。

またアパートに住む住民たちも個性豊かで、いい味出していますし、これにトットちゃんが誕生するとどうなっていくのか。

これからが盛り上がりそうなので楽しみです!

引き続き見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明日の約束原作実話ネタバレあらすじ 衝撃の内容に恐怖で言葉が出ない…

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」 主人公・相沢日向(井上真央)がカウンセラーとして勤務する高校で一人の男子生徒が自ら命を絶ってしまいます。 亡くなる前日「日向先生のことが好きです」と言い残した彼は …

奥様は取り扱い注意7話ネタバレあらすじ&感想 勇輝が黒幕の可能性も?菜美の味方であってほしいが…

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 元特殊工作員という変わった経歴を持つ主人公・菜美(綾瀬はるか)は合コンで知り合った勇輝(西島秀俊)と結 …

みをつくし料理帖1話ネタバレあらすじ感想とレシピ!新たな飯テロドラマで期待度大!

NHK土曜時代ドラマ「みをつくし料理帖」 大阪に生まれ天涯孤独な澪(みお・黒木華)が料理の腕だけを頼りに江戸へに行き、奮闘しながら一流の料理人に成長していく物語。 今回はドラマ「みをつくし料理帖」の第 …

奥様は取り扱い注意8話ネタバレあらすじ&感想 勇輝,裏の顔が現れる!特殊工作員説が濃厚か

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は取り扱い注意」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 元特殊工作員という変わった経歴を持つ主人公・菜美が街で起こる事件を次々と解決していくというドラマです。前 …

わろてんかネタバレあらすじ6週(31~36話)&感想 夢の寄席探しダメ男藤吉は挽回できるのか

朝ドラ「わろてんか」第6週目(31~36話)のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 第5週では… 北村屋の借金を返すため、キースが持ちかけた海外のパーマ機を購入し一発逆転の勝負にでた藤吉。店 …