Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

サバイバルウェディングネタバレあらすじ原作結末にほっこり涙!知られざるハイブランド戦略を駆使し幸せを掴む!

投稿日:

波瑠さん主演の新ドラマ「サバイバルウェディング」が日テレ土曜枠でスタート!

主人公・さやかは、結婚のため会社を退職した直後、婚約破棄となってしまう。

なんとか元の会社に戻ったものの、女性誌の担当となり、編集長からは自ら婚活し実体験を記事にしながら「半年以内に結婚しなければクビ!」という条件を突きつけられてしまった。

恋愛の達人だという編集長・宇佐美の指示のもと、あらゆるハイブランドのマーケティング戦略を活用しながら、結婚を目指して突き進んでいくさやか。

果たして結婚できるのでしょうか…!?

原作は大橋弘祐先生の「サバイバルウェディング」さっそく原作小説を読んでみた所、面白い…!

ただ単にさやかが一人の女性として成長していくだけでなく、編集長・宇佐美がハイブランドのマーケティング戦略を交えて、さやかにアドバイスしていくところがとても興味深くて面白いんです。

今回はドラマ化にあたり、「サバイバルウェディング」のネタバレあらすじを結末まで簡単にまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


サバイバルウェディング【はじまり】

出版社の週刊誌を担当するさやかは3ヶ月後、30歳の誕生日に恋人・和也と結婚するため、寿退社した。

しかし、会社を退職した直後、和也の浮気が発覚し婚約破棄となってしまう。

仕事も恋も失ったさやかは元の出版社に掛け合い、なんとか女性誌「riz」で雇ってもらえることになる。

しかし「riz」のカリスマ編集長・宇佐美からは婚活特集を記事にするため、さやか自身が半年以内に結婚することを条件として突きつけられる。

もし半年以内に結婚できなければクビになる。

職を失うさやかは有無を言わさずこの条件をのみ自称日本一恋愛に詳しい男・宇佐美の指示の元、結婚を掴むためrizの編集室で働き始めた。

まず宇佐美はさやかに女性として自分の価値をあげるように命じ、ハイブランドのマーケティング戦略を用いて厳しい指示をしてくる。

和也と復縁し結婚を目指すさやかに、宇佐美が命じたのは、和也から連絡があってもしばらくはスルーすること。

ちょうど新たな職場で雑用を次々と押し付けられ、連絡を返せなかったさやかに、和也の方から会いたいとの連絡が入った。

すると宇佐美はさやかが手に入りにくい女という風に和也に見せるため、敢えて和也との再会の後、他の男と会う様子を見せつけるように計画する。

しかし約束の時間になっても宇佐美が手配するといっていたモデルの男は現れない。

さやかはこのまま駆け引きなんてせずに、素直な気持ちを和也に話そう…としていたところ、派手な車で宇佐美が登場し、さやかを強引に和也の前から連れ出した。

スポンサーリンク


【ルイヴィトンから学ぶ自分を大切にすること】

自分のものだと思っていたさやかが他の男になろうとしているところを見せつけことにより、和也はさやかのことを取り返したいと思うだろうと宇佐美は予想。

そして、自分のものであることを確認するため、会った時和也はさやかの身体を求めてくるはず。

しかし人は苦労して手に入れたものは大事にし、楽して手に入れたものは大切にしない。だからこそ、大切にされたければ簡単に身体を許さないように宇佐美は指示をした。

宇佐美の言う通り、その後すぐに和也はさやかの前に現れ、さやかを求めてきた。さやかは、和也の誘いを断ろうとしたが、まだ好きな気持ちがあり、身を委ねてしまった。

こうして週に何度か会っては身体を重ねる関係が続き、さやかは和也との関係がわからずにもやもやした日々を送っていた。

さやかの状況を知った宇佐美は、ルイヴィトンの戦略を話し始める。

ルイヴィトンはブランド価値を下げないため、一度だってセールはしない。

また、ルイヴィトンのブランドブックのような本が出版された時、LVのロゴが規定よりやや大きめに印刷された。それを見たヴィトンの社長は、雑誌を絶版にした。

ルイヴィトンは目先の利益にとらわれず、自社のブランドや商品を愛し、例え損をしてもブランドを守るために価値を下げないことを優先する。

宇佐美は、さやかに自分自身を愛すことの大切さを伝えた。

宇佐美の言葉に涙したさやかは心機一転自分を磨くことを決意。そして宇佐美に言われとりあえず部屋の片付けを始めた。

いらないものをどんどん捨てたさやかは、気持ちが前向きになり、和也ともきっぱり別れる決意をした。

【コーチから学ぶ相手が必要なものを見極める力】

前向きに婚活をしようと決意したさやかは、書店で婚活に関する本をいくつか購入し、どの婚活本にも、結婚相手に妥協すること、条件を下げることなどが書いあった。

その話しを聞いた宇佐美は、コーチの話しを始めた。

コーチは、エルメスやシャネルなどブランド激戦区ヨーロッパでは勝負せず、アジアに目をつけ、さらに商品化の際には顧客の意見も取り入れ新作を発表していった。

これは他のハイブランドにはない戦略であり、コーチは今の地位を築き上げていった。

つまり、婚活も同じ。勝負できる市場を見つけ、男である顧客の要望を汲み取る力。この2つが実践できれば妥協することなく結婚はできると、宇佐美は力説した。

すると宇佐美はまずさやかに服装を変えるように指示をする。さやかは男受けする服を着るなんて…と後ろ向きだったが、男受けではなく、男の要望に答えることだと言われ、ファッションを変えたのだった。

スポンサーリンク


【新たな恋】

和也と婚約破棄になってから3ヶ月。

さやかは30歳の誕生日を迎えた。近頃は、取引先で出会った大手広告会社で働く3歳年下の祐一が気になるようになっていた。

しかし祐一との大きな進展はないまま、誕生日の当日和也から連絡があり、寂しさに負けて和也の家に向かった。

しかしそこで、和也が浮気していた女性と鉢合わせし、さやかは虚しさを感じた。

宇佐美に言われていたこともあり、さやかは嫌なことを忘れるかのように、ダイエットに励んだ。

ダイエットに成功したさやかは前向きな気持ちになり、祐一を思い切って誘いたいと思うようになっていた。

宇佐美のアドバイスを受け、さやかはかつて週刊誌でB級グルメを担当してきた強みを活かし一人では入りづらいから…とそれとなく誘い祐一とデートにこぎつけた。

しかし、居酒屋でのデート中、祐一の仕事でトラブルが発生。さやかも絡んでいる仕事だったため、さやかも祐一のトラブル解決に力を貸す。

祐一は一流広告企業の社員だったが、親のコネで入社した。そのため、入社してからも色眼鏡で見られ認めてもらえずに悩んでいた。

完璧で何の悩みもなく順風満帆な祐一に見えたが人知れず悩みを抱えていることをさやかは知った。

さやかの協力もあって無事に問題は解決。

作業中、祐一は幼い頃インドで過ごしたことがあり、さやかも独身最後の旅行としてインドを訪れたことなど共通の話題もあり、二人の距離は一気に縮まった。

その後、祐一からご飯に誘われ、週に何度かデートをするようになった。

しかし、さやかは祐一とキスをしたこともなければ、手をつないだこともなく、好きだと言われないまま、はっきりしない関係が続いた。

モヤモヤする日々だったが、祐一を問い詰めるようなことはしたくない…和也の時は、問い詰めてしまい、重い女だと言われたため、同じ失敗をしたくなかった。

すると宇佐美からは、早く自分たちがどんな関係なのか確認するように言われる。

もし、確認して今の関係が壊れてしまうのが嫌だと言うさやかだったが、目的という目的のために手段を選んでいられないと厳しくいい、確認してダメになったら次に行くだけだと言われた。

スポンサーリンク


【プロポーズされるが…】

なかなか話しを切り出せない日々が続いたが、さやかは意を決して祐一に自分たちの関係を切り出した。

すると祐一は何か言いたげな様子…気まずい雰囲気が流れ、振られてしまうのか…と思ったさやか。

すると祐一は、指輪を取り出してさやかにプロポーズ!

そして、インドに行くことが決まったため一緒についてきてほしい打ち明けた。。まさかの展開にさやかは驚きつつも、幸せな気持ちに包まれ、プロポーズを受けた。

以前から、祐一が務める会社の支店がインドにできると聞いていた。一度は断ったと聞いていたが、やはりインド行きを決意したのだろう。

転勤であれば2~3年で帰ってこれるし、祐一は一流企業の社員であるし、駐在で行けばきれいな所に住める。

海外手当もつくだろうから、日本よりもちょっといい生活ができるだろうし、さやかは祐一とのインドでのキラキラした新婚生活を想像した。

しかし、その直後思わぬことを祐一から言われる。

インドに行くのは会社の支店への転勤ではなく、なんと祐一は会社を辞めてインドで自ら会社を作るという。一時的にインドに移住するのではなく永久に行くつもりだと言った。

以前、祐一がトラブルを抱えた時、さやかがインドで野宿をしたという話しを聞き、たくましさを兼ね揃えた女性であると感じた。だから、一緒に生きるならさやかだと決意したのだという。

しかし、さやかが祐一にしたインドの旅はかなり盛ったもので、野宿をしようとしたがすぐに挫折し、すぐさまきれいなホテルに移動した。

インドは非日常を体験するために行くならいいが、インドの生活を日常にはしなくない…。さやかの本心は行きたくない気持ちでいっぱいだった。

【コムデギャルソンから学ぶ自分を貫くこと】

プロポーズを受けたものの、さやかの気持ちは揺れ始め、プロポーズは断ろうと祐一に会いに行った。

しかし、祐一がさやかのことを思って色々考えてくれていることを知り、結婚することを決めた。

後日、祐一の父が経営する会社のパーティーが行われ、さやかも参加しインドに一緒に行くことを告げた。

しかし、祐一の父はインドで会社を立ち上げることに強く反対。祐一の父はいくつもの事業を展開し、失敗した経験もあったからこそ息子には同じ思いをさせたくなかったのだ。

さやかは祐一のことを応援すると言うが、父からは生半可な気持ちで支えることはできないと厳しく言われてしまう。自分の考えの甘さにさやかを思い知らされ自己嫌悪に陥った。

しかし、そのパーティーに参加していた宇佐美がさやかたちのことを知り、祐一の父に話し始める。

コムデギャルソンのデザイナー川久保玲は、元々は普通のOLだったが会社を退職し好きだったファッションの世界に飛び込んだ。

スタイリストになったものの、着せたい服がないとデザイナーに転身し、フランスに渡仏した。日本人のデザイナーがまだ世界で認められていない頃、斬新的なファッションを次々と打ち出し、ファッション界に大きな衝撃を与えた。

周りから無理だと笑われても馬鹿にされての一歩踏み出し世界を変えた日本人がいる。

これから日本市場が縮小していく中、世界で挑戦する次世代の経営者が必要になる時代だと言い放ち、祐一には周りにとやかく言われようとも負けずに、失敗したって勝つまでやり続けろと活を入れた。

そして宇佐美は、さやかに大事なのは自分が選択した人生をどう生きるかだと訴え、さやかは涙した。

宇佐美の言葉にさやかは覚悟ができた。祐一の事業がうまくいかなければ、自分が養えばいい。さやかは心からそう思いインドに行く決意をした。

スポンサーリンク


【結末】

後日。

さやかは結婚式場にいた。インドに行く前に祐一が手配してくれ、今日さやかは祐一と結婚式を挙げる。

バージンロードでは亡くなったさやかの父の変わりに宇佐美が歩くことになっている。式の直前、宇佐美は紙袋を渡した。

中には、ルブタンのハイヒールが入っていた。以前宇佐美と入ったお店でさやかが欲しいと言っていたものだった。

宇佐美は、さやかが婚約破棄されたことを面白がって「riz」に入れたのではないと同僚の多香子から聞かされた。

さやかが連載していたB級グルメの特集を気に入っており、さやかであればいい企画ができると信じ自ら「riz」にさやかを入れるよう働きかけたのだった。

宇佐美と出会い、一緒に仕事をしたこと、むちゃくちゃな指示をされたことなど全てがいい思い出だった。

そして、宇佐美はバージンロードを歩く前、辛くなったら戻ってきてもいいと言った。こうしてさやかは愛する人と、結婚し、新たな人生を歩み始めたのだった。

(おわり)

サバイバルウェディング【感想】

宇佐美がアドバイスするシーンに、ところどころハイブランドのマーケティング戦略だけでなく、失敗や、名言、知られざる秘話が盛り込まれており、読んでいてとても楽しめる作品でした。

さやかが結婚するまで、現実離れしておらずリアルに仕えるテクニック?も入っているので、これは下手な婚活本よりもためになるのではと思うくらい参考になる部分が多かったです。

さて肝心のさやかは半年以内に結婚できるのか!?というところですが、無事にさやかは祐一というイケメンで優しく、将来有望な新たな彼氏をゲットし見事ゴールイン!

退職した後に婚約破棄で、3年も付き合っていたのに浮気していた和也と別れてよかった…!

別れたからこそ、祐一と出会い、波乱万丈な生活がこれから待っているかもしれませんが、それを受け入れる覚悟をし、祐一と共に歩んでいくという道を選びました。

宇佐美もただの傲慢で自信家な編集長かと思いきや、意外と言っていることは的を得ていて筋が通っていますし、さやかに対しちゃんと愛を持って接していることが判明してくるので、読んでいて清々しくも温かい気持ちになりました。

ハッピーエンドで締めくくられ、前向きにさせてくれるとてもよい原作でしたので、ぜひドラマとセットで楽しむことをおすすめします。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:

関連記事

世にも奇妙な物語明日へのワープ(三浦春馬)ネタバレあらすじ結末を原作から!アイリウムを飲み続けた峰雄に訪れる未来とは‥

「世にも奇妙な物語’2018春の特別編」にて三浦春馬さんが主演を務める「明日へのワープ」が放送! この作品は漫画「アイリウム」が原作です。 1錠飲めば1日分の記憶を飛ばすことができる薬を手にした主人公 …

刑事ゆがみ2話ネタバレあらすじ&感想 許されぬ恋が招いた事件!結末に涙…

浅野忠信さん、神木隆之介さんがバディを組むドラマ「刑事ゆがみ」 一見適当そうだが鋭い観察眼を持つ刑事・弓神適当(浅野忠信)と、正義感が強く向上心溢れる真面目な刑事・羽生虎夫(神木隆之介)がバディを組み …

ごめん、愛してる2話ネタバレあらすじと感想!律を施設に捨てたのは凛華の父だった

長瀬智也さん主演ドラマ「ごめん、愛している」のネタバレについてまとめています。 主人公・律(長瀬智也)は生まれてすぐに母親に捨てられ施設で育った。大人になった律は韓国の裏社会でひっそりと生きていたが、 …

ファイナルカット4話ネタバレあらすじ&感想 母を犯人にしたのは百々瀬!真犯人雪子兄は生きている?

亀梨和也さん主演ドラマ「FINAL CUT ファイナルカット」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 主人公・慶介は高校生の時、間違った報道により最愛の母親を亡くした。事件の真犯人を突き止め …

海月姫7話ネタバレあらすじ&感想 修が月海にプロポーズ‥だが想定外のライバル現る!?

芳根京子さん主演月9ドラマ「海月姫」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 前回第6話では、修が月海に告白!蔵之介にもキスをされ、モテモテの月海。しかし、月海が暮らす天水館の大家である千絵子 …

カテゴリー