Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

シグナル3話ネタバレあらすじ&感想 大山,大切な女性が次なる犠牲者に‥過去を変えられるのかドキドキハラハラの展開に!

投稿日:

坂口健太郎さん主演ドラマ「シグナル」のネタバレあらすじについてまとめています。

前回第2話のあらすじは‥

彩香ちゃん事件をきっかけに時効が撤廃され、アメリカでプロファイリングの勉強をした三枝は、桜井率いる長期未解決事件捜査班に配属される。

そこで、1997年に半年間で7人もの女性が襲われた事件を担当することに。

再び無線が繋がり大山と交信した三枝。すると1997年を生きる大山に繋がり、何気なく事件の概要について話した所、次なる被害者女性を発見し救出。

三枝が持っていた捜査資料も「死亡」→「未遂」に書き換わるという現象が起きる‥という展開でした。

今回は「シグナル」第3話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


シグナル3話ネタバレあらすじ【前半】

三枝が何気なく事件について大山について話した所、過去が代わり亡くなるはずだった被害女性が「死亡」→「未遂」書き換わる。

桜井や他の刑事に確認を取るが、三枝以外の記憶も全て書き換わっていた。

1997年、大山は5人目の被害者女性を救出し、近くにいた犯人だと思われる男性を追いかけ途中見失いそうになりがらも逮捕した。

すると再び無線が動き出し、大山と三枝は交信を始める。大山は、三枝の言った通りの場所に行き犯人を逮捕したと言った。

しかし、三枝が持っていた資料には、大山が逮捕した男は取り調べ中に死んでしまうと書かれていた。

さらに、大山が逮捕した男は犯人ではなく、次なる6人目の犠牲者が出ると話した。もし大山が1997年にいるなら防いでみろと三枝は言い、無線は切れてしまった。

一体どうなっているんだ‥と混乱する大山。すると三枝の言う通り、6人目の被害者が出たと連絡が入り、大山が逮捕した男は取り調べ中に心臓発作を起こし亡くなってしまった。

無線は本当に1997年に繋がっている。そう確信した三枝は、大山によって救われた女性の元に行くと、桜井が既に聞き取り調査をしていた。

しかし、女性の夫からは、刑事が入れ替わり立ちかわり聞き取りに来たため、その女性は事件のことを思い出し、早くに亡くなったと厳しく言われていた。

桜井、三枝が帰ろうとしていると、被害女性の娘が話しかけてきた。

大山が救った時、女性のお腹には子供がいた。三枝が大山に事件のことを話し、大山が助けたことによって、彼女たちの人生が変わったことを知った三枝だった。

三枝は帰り道、桜井に無線で過去が変えられたらどうするかと問いかける。桜井は、もし過去と通信できたら、大切な人を守ってと頼むと言った。

署に戻った桜井は、大山と最後に交わした言葉を思い出していた。大山は「今週末帰ったらゆっくり話そう」と言い残し、それっきりとなった。

大山が5人目の被害女性を助けたことにより6人目、7人目の被害女性の犯行時刻が早まり場所も変わった。三枝は、犯人の糸口を見つけようとしていた。

一方の大山は、誤認逮捕により自宅謹慎となった。公園で落ち込んでいる大山の元に、定食屋で働くみどりが声をかけてくる。

誕生日だというみどりに強引に誘われ、誕生日プレゼントを買いに一緒に行き大山も刑事としての自信を取り戻した。

スポンサーリンク


シグナル3話ネタバレあらすじ【後半】

2018年の桜井、三枝は被害女性全員が同じ路線のバスに乗っていたことに気づく。犯人は車内で目をつけた女性を狙って襲ったのだろう。

5人目の被害女性の犯行は失敗した。普通であれば、見つかりそうになった場合、次なる犯行まで時間を置くはず。しかし、次々と女性を襲った。

何か犯行を理由を急ぐ必要があったのかもしれない。6番目と7番目は口封じだった可能性が高いと三枝は考えた。

1997年の大山も犯人の足取りを追い、取り逃した犯人がバスに乗り込んだと考え、バスの運転者・田中に話しを聞きに行った。

しかし運転手の田中は誰も乗ってこなかったと証言した。

2018年、三枝たちもバスの運転手・田中に話しを聞きに行くが、既に退職していた。その後の居場所がわからないため、田中と仲良くしていたという同僚の女性の住所を聞き訪ねた。

しかし、その同僚女性は部屋で何者かによって命を奪われていた。女性は手足を縛られており、1997年の手口と似ていた。

三枝は次なる被害を食い止めるべく再び、大山との無線が繋がるのを待った。無線が繋がるのはいつも23時23分。

その頃、大山は謹慎中にも関わらず一人勝手な行動をしたと、手錠で繋がれてしまっていた。

やがて23時23分。無線が繋がった。

三枝はもし大山がいる時代が1997年なら次なる被害を防いでほしいと訴えた。捜査資料によるとこの事件の被害者はもう一人いる。それを防いで犯人を捕まえてほしい。

次なる犠牲者は‥「北野みどり、飲食店勤務の女性」

その女性は、大山が通っている定食屋の女性・みどりだった。4月19日の夜9時に命を奪われる。三枝は、次なる被害女性のついて情報を伝えた。

無線を聞き、繋がれていた手錠を無理やり壊した大山は救出に向かった。

(第3話おわり)

シグナル3話ネタバレあらすじ【感想】

今回もドキドキハラハラの1時間であっという間でした。ようやく過去と繋がっていると理解し始めた三枝。

しかし、最後の被害女性は、大山が気にかけていた食堂で働くみどり。

大山は、みどりを救うことはできるのか‥!?いつもいいところで終わるので、続きが気に気になって仕方ありませんね。

来週も楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中学聖日記ネタバレ最終回を最新話から 結末は聖,勝太郎と別れ晶と一緒に‥

有村架純さんが主演を務める「中学聖日記」がスタート! 主人公・末永聖(有村架純)は婚約者がいながらも、赴任した中学校の教え子・黒岩晶(岡田健史)に惹かれていく‥という禁断のラブストーリーです。 原作は …

ハゲタカ2話ネタバレあらすじ感想 悪魔か救世主か!?鷲津みやびホテル買収宣言!

綾野剛さんが主演と務めるドラマ「ハゲタカ」 前回第1話では… 三葉銀行のバルクセールにて見事な買収手腕を見せつけた鷲津率いるホライズンジャパン。しかし、2回目のバルクセールでは、銀行内部からの内通者が …

刑事ゆがみ9話ネタバレあらすじ&感想 ロイコ事件真犯人はヒズミ?弓神,ヒズミ守るため事件隠蔽か

SNSなどで満足度が高いドラマ「刑事ゆがみ」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 刑事ゆがみも最終回まであと僅か。第9話ではある資産家が襲われた事件により、ヒズミの過去に関係する「ロイコ事 …

ハゲタカ3話ネタバレあらすじ感想 自殺した父の無念を晴らし復讐を遂げた鷲津!新たな章へ突入!

綾野剛さんが主演を務めるドラマ「ハゲタカ」 若くして投資ファンドの日本支社代表を務める鷲津が不良債権を抱えたメガバンクや、経営不振に陥った大手企業を相手に次々と買収劇を繰り広げていく。 前回第2話では …

健康で文化的な最低限度の生活9話ネタバレあらすじ感想 育児放棄し保護費を食いつぶす毒母!松本まりかの演技がホラー

吉岡里帆さんが主演を務めるドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」 第9話のゲストは、ドラマ「ホリデイラブ」にて魔性の女を演じ、視聴者を釘付けにした松本まりかさん! 娘を残して、男と失踪し育児放棄をした …