Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

映画

三度目の殺人ネタバレ結末!犯人は三隅,咲江どっち?ラスト器の意味とは

投稿日:

福山雅治さん、役所広司さん、広瀬すずさんが出演し、2017年に大ヒットした是枝裕和監督作品「三度目の殺人」

弁護士の重盛は、ある殺人犯の弁護を担当することになる。

しかし、犯人は供述を二転三転し始め、さらに容疑を否認し、重盛は惑わされていく‥。

一体何が真実で、誰が本当の犯人なのか!?

今回は映画「三度目の殺人」のネタバレあらすじをまとめるとともに、結末で触れられる「器」についても考察してみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


三度目の殺人ネタバレ【はじまり】

勝つことが第一優先の弁護士・重盛(福山雅治)は、三隅(役所広司)という男が犯した、殺人事件の弁護人を担当することになる。

 

三隅は30年前、北海道で借金取り2人の命を奪った前科があり、仮釈放の身であったにも関わらず、新たな事件を起こしたのだった。

 

重盛は接見に行き、三隅に事実確認を始める。

工場で働いていた三隅は、ギャンブルで借金がかさみ、金庫の金に手を付け、クビになった。

そして、その日お酒を飲みやけになって社長の命を奪ったという。

三隅は「自分が犯人だ」と言い切った。

しかし、前回別の弁護士が聞いた時は「前からやろうと思っていた」と計画的犯行だったことをほのめかしていた。

三隅はそうだったかな‥とうつろな様子だった。

 

もし、今回有罪となれば、三隅は「死刑」が確定するだろう。

三隅は減刑を望んでいるため、なんとしても死刑を逃れさせるのが、重盛の使命でもあった。

 

しかし、三隅に会った重盛は、どうしても三隅が減刑を望んでいるようには、感じられなかった。

勝つことにこだわる重盛は、事実はどうでもいいと調査を始めた。

スポンサーリンク


【美津江と咲江】

そんな中、三隅の事件は社長の妻・津江(斉藤由貴)に頼まれ、保険金目当てでやったと、週刊誌にスクープされる。

それは三隅自身が週刊誌のインタビューに答えたものだった。

 

事件実行の2週間前、美津江から三隅宛にメールで依頼をされ、後日三隅の口座に50万円入金された記録があった。

二人は愛人関係にあったのか‥三隅はどちらとも取れない態度を示した。

 

もし、美津江が三隅に金を渡しているのが立件できたら、妻が主犯であることが証明され、減刑となる可能性が高くなる。

しかし、美津江から三隅宛に送られたメールは、それが殺人の依頼なのかどうか、はっきりとは書かれておらず、証拠としての効力は弱いものだった。

 

後日、重盛は三隅が一人住んでいたアパートへと向う。

そこで重盛は不審な点に気づく。

・来月の家賃が10日も早く支払われていたこと

・飼っていた小鳥も処分されていたこと

さらに、大家さんから足の悪い女子高生がたまに遊びに来ており、仲よさげだったと聞いた。

三隅の周りにいる、足の悪い女子高生といえば‥

被害者の娘・咲江(広瀬すず)だった。

【空っぽの器】

重盛は、三隅が起こした30年前の事件を調べ始めた。

三隅は炭鉱の街に住んでいた。

しかし、炭鉱がなくなり失業者が溢れ、裏社会の男たちが違法な金利で市民に金貸しを始めた。

三隅は、借金取りの命を奪い、事件については怨恨で処理されている。

しかし、当時の担当者は三隅の供述が二転三転し、本当のところはよくわからなかったという。

おそらく、怨恨の方が死刑を回避できると、弁護士が考え、そうなったのではないと予想された。

三隅自身には、個人的な憎しみはなくまるで「空っぽの器」のようだったという。

スポンサーリンク


【否認】

三隅の真意はわからぬまま、裁判が始まった。

最初の公判にて、三隅は美津江に頼まれてやったと答えた。

美津江はメールのことについてはよくわからないと、自分が依頼したことを否認した。

 

公判後、咲江が重盛の元を訪ねてくる。

そして、咲江は父から性的暴行を受けていたことを話し、三隅はそのことを知っていた。

おそらく、自分を助けるために父の命を奪ったのだろう‥。

 

咲江は、依頼したわけではないが、心の中でずっと思っていた。それが三隅に伝わったのだろうと言った。

咲江は、三隅を救いたいと裁判で証言すると申し出たのだった。

三隅にも足の悪い娘がいた。

もう30年も連絡を取っていないそうだが、三隅にとって咲江は、娘の代わりだったのではないだろうか‥。

 

後日、重盛は再び三隅の元へ向かった。

咲江のことを話すが、三隅は「あの子はよく嘘をつく」とあっさり否定した。

 

また、重盛は三隅が犯行当日に、どうやって社長を河川敷まで連れていたのか気になっていた。

普通であれば、クビにした三隅に社長がのこのこついていくはずがない。

咲江が呼び出したのではないだろうか‥。

スポンサーリンク


すると、三隅は「食品偽装」のことを口にしたという。

実はあの工場では、美津江が主導を握り、度々食品偽装が行われていた。

そのことをちらつかせて呼び出したと三隅は話す。

工場は経営が厳しく、汚い手を使って利益を得ていた。

そして、あの50万円も偽装に対する報酬だった。

つまり、美津江との共謀は嘘だった。

 

さらに、三隅は「河川敷には行っていない。本当は殺していない」と言い出した。

動揺する重盛。

「なぜ最初から否認しなかったのか?」

三隅は、検事にも弁護士にも言ったが、誰も信じては暮れず、容疑を認めれば死刑にはならないと言われたという。

あの工場で人の弱みに漬け込んで生きているよりも、刑務所の方が嘘を付かなくて済む‥

しかし、二転三転する三隅の本心がわからず、重盛は混乱した。

「本当のことを教えてくれ!」

 

すると三隅は、偽装のことをバラすと脅し50万を受け取り、金は娘に送ったこと。

手の火傷は、前の日に焚き火でやけどしたものであり、河川敷には行っていないと断言した。

「信じてくれますか?」

そう問いかける三隅に、重盛は震えながら頷いたのだった。

スポンサーリンク


【結末】

やがて判決が下される裁判が始まった。

もし、咲江が自分を救うために三隅がやったと話せば、三隅がやっていないという主張と食い違いが生じてしまう。

重盛たちは、咲江を説得し、父の暴行があったことを証言しないでほしいと言った。

咲江は言う通り、肝心な証言はしなかった。

 

やがて三隅の尋問が始まり、三隅は犯行を否認した。

これまでの供述が一転し、裁判官、検察官、弁護士が集められ、緊急会議が行われた。

しかし、最初から裁判をやり直すことにはならず、いまさらやり直したって結論は変わらないと裁判官は検事に目配せした。

結果的に、裁判官もスケジュールをこなさないと評価に響く。

結局、みんな司法という同じ船に乗っているのだ‥。

 

そして、後日三隅には「死刑」が言い渡された。

三隅は反論することもなく、判決を受け入れた。

そして連行される前、重盛の手をしっかり握り「ありがとうございました」と頭を下げた。

 

裁判の後、重盛は咲江に会った。

「あの人の言う通り、ここでは誰も本当のことは話さない‥誰を裁くかは、誰が決めるのか。」

重盛は何も答えることができなかった。

 

裁判は終わり、重盛は三隅に会いに行った。

三隅はどこかすっきりした顔をしている。

そして、重盛はずっと思っていたことを三隅に話した。

 

殺害を否認すれば、咲江に辛い証言をさせずに済む。

だからわざと否認したのではないだろうか‥?

 

しかし、三隅はもしそうだとすればいい話しだ‥とどちらとも取れないような発言をする。

そして、三隅はずっと生まれてこなければよかったと思っていたと話し始めた。

自分はいるだけで、周りの人を傷つける。

だからこそ、もし重盛が今話したことが本当であれば、誰かの役に立つことができた。

もし本当であれば‥。

 

僕がそう思いたいだけって言いたいのか?と重盛は問いかける。

三隅は、僕みたいな犯罪者に期待してはダメですよと答え、どこか笑っているように見えた。

 

重盛は、かつて聞いた言葉を問いかけた。

「あなたはただの器?」

「何ですか?器って?」

(おわり)

スポンサーリンク


三度目の殺人ネタバレ感想&考察【犯人とラスト器の意味について】

最高にヒリヒリした「三度目の殺人」

物語は淡々と進んでいますが、三隅と重盛の心理描写に圧倒されてしまいました。

結末はどちらとも言えない、見ている人に委ねるというラストで締めくくられました。

三隅は、最後になって容疑を否認し始め、以下のどちらかだろうというのを、ほのめかす展開で終わりました。

・三隅が咲江のために犯行を実行した

・咲江が父の命を奪い、三隅がその罪を被った

映画からは真意の程は不明ですが、筆者個人的には前者の方かなと‥。

重盛が言っていたように、三隅が突然容疑の否認を始めたのは裁かれたかったから、そして咲江を守りたかった思いは間違いないような気がします。

三隅は、かつて罪を犯しており自分が人の命を奪う異常者であると感じていた。

しかし、世の中には三隅の両親や妻のように、何の落ち度もない人でも、理不尽に命を落とすことがある。

命は本人の意志関係なく、選別されていると言っています。

このことからも、自分は選別されるべき人間であると認識しているのではないでしょうか。

だからこそ死刑が言い渡された時、容疑を否認しておきながら何の反論もなく受け入れた。

むしろ、本人の望むようになったようで、重盛に固くありがとうとさえ言っています。

 

また最後の「器」の意味についてですが、過去の事件を知っている者から三隅は「まるで空っぽの器のようだった」と言われています。

三隅には当時、借金取りの命を奪った前科がありましたが、自分だけでなく炭鉱で仕事を失い、違法な取り立て屋に人の苦しみの器になった。

そして、今回は父に苦しめられる咲江が心の中で抱いていた殺意を自分の器に入れたという意味なのかなと思います。

ちょっと解釈が難しいですが。

器というのは、何かを入れることで、役割が成立します。

三隅は、人々が持つ殺意というものを自分の器に受け入れることで、役割を果たす(実行する)という意味だったのかなと感じます。

【福山雅治さん×是枝裕和監督「そして父になる」のネタバレはこちら】

そして父になるネタバレ結末はどっちを選択?原作実話の壮絶な運命に涙が止まらない

スポンサーリンク


-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エイリアンコヴェナントネタバレあらすじ&感想!クルーが辿り着く先に待ち受けるのは希望か絶望か

映画エイリアンに続くシリーズ前日譚、エイリアン・コヴェナントがいよいよ公開となります。 今作は前作プロメテウスでは語られなかったエイリアンの誕生、そして映画史に名を残すエイリアンオリジナル版に続く物語 …

いぬやしきネタバレ最終回結末まで!ラスト犬屋敷&獅子神の悲しくも勇敢な姿に号泣…

人気漫画「いぬやしき」がフジテレビノイタミナ枠でアニメ化され、2018年には木梨憲武さん主演で映画化も決定! 原作は「GANTZ」で知られる奥浩哉さんの同名漫画です。 50代にして、初老のような容姿の …

猿の惑星聖戦記ネタバレあらすじ結末!オリジナル版に繋がるノヴァ幼少期,猿との絆に感動

猿の惑星リブートシリーズの最新作、猿の惑星 聖戦記(グレート・ウォー)が公開されます。 前作、新世界から数年後の世界が描かれるこの作品は、人間と猿との戦闘が激化。 森に住む彼らの元に軍隊が迫り、人間と …

ナラタージュあらすじネタバレ結末までを原作小説から!切ないラストに胸が締め付けられる…

有村架純さん、松本潤さん出演で話題となっている映画「ナラタージュ」 島本理生先生の小説「ナラタージュ」が原作であり、2006年「この恋愛小説がすごい」で1位を獲得している作品です。 高校教師と元生徒の …

君の名はネタバレあらすじラストまで&感想 その後二人は結婚って本当?

大ヒットを記録し、社会現象ともなった新海誠監督の「君の名は。」がついに地上波初登場! 時空を超え、見ず知らずの少女と少年が夢を通じて入れ替わり導き合っていく‥というストーリー。内容も去ることながら、そ …

カテゴリー