Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

陸王4話ネタバレあらすじ&感想 茂木,陸王を履いて走る!アトランティスの陰謀と飯山を襲う黒い影…

投稿日:

役所広司さん主演ドラマ「陸王」ネタバレあらすじと感想についてまとめています。

100年続く老舗足袋屋が生き残りをかけてランニングシューズの開発に挑む感動の物語。

前回までは…

シルクレイによる新ソールの開発に成功したこはぜ屋。さらに、陸王を使用したいという学校も現れ、これまで課題だった「ソール」と「実績」の壁を乗り越えることに成功。新陸王開発に向けて新たな一歩を踏み出しました。

その一方で茂木選手は、ライバル毛塚との差もつけられ、アトランティスからのサポートも打ち切られ窮地に追い込まれていました。

【詳しい第3話ネタバレあらすじはこちら】

陸王3話ネタバレあらすじ&感想 ソール開発に成功したこはぜ屋!茂木には新たな試練が…

こはぜ屋、茂木の運命は一体どうなっていくのでしょうか。今回は「陸王」第4話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


陸王4話ネタバレあらすじ【前半】

陸王のソールに最適な硬さのシルクレイが完成。一方、陸王を履いてみたいと言った茂木だったが、監督城戸から、素人が作った靴を履く必要はないとゴミ箱に捨てられてしまう。

新陸王ソールのサンプルが出来上がり、陸王メンバーは完成を祝っていつもの居酒屋にいた。宮沢は、いつか陸王を世界一のシューズにすると夢を語りその思いに陸王メンバーは賛同した。

しかし、ゲンさんは一日でも早く利益を生み出さないと会社は持たないと現実的な話しをし、複雑な心境だった。打ち上げの帰り道、飯山夫婦はご機嫌で仲良く帰宅していた。しかし、飯山を追う怪しい男の姿があった。

茂木はダイワ食品の人事部から、今期のレースには出られるのかと聞かれていた。茂木のケガは再発のリスクが高いことを指摘され、30歳を超えて陸上を辞めても、この会社に茂木の居場所はないと厳しく言われていた。

宮沢は、城戸を訪れ、茂木の足型を取らせてほしいとお願いする。新しい陸王はミッドフット着地が身につくシューズであり、怪我をした茂木選手に履いてもらいたいと言うが、城戸からケガをした選手を利用しているだけだと冷たく言われてしまった。

村野は茂木の走りを見て心配していた。練習後、茂木はレースに復帰できないなら早い内に陸上をやめろと会社から言われたことを村野に話した。村野は、必ずお前にあったシューズを作ってやると茂木を励ました。

茂木が練習を終えると、宮沢は新しいソールが完成したから足型を取らせてほしいとお願いする。しかし茂木は陸王を履くことはできないと言い、宮沢の元から去っていった。

茂木に履いてもらえないことを知り落ち込む陸王メンバーたち。アトランティスには選手から絶大な信頼を得ている村野がいることを知った宮沢。シューフィッターとしてのカリスマとして知られる村野は2000人もの選手の足型を持っており、面倒見のよさから選手からの人望も厚い。

宮沢は茂木の足型は取れなくともいくつかサンプルを作り、茂木に見せることにした。

スポンサーリンク



その頃、アトランティスでは毛塚が呼ばれR2の開発が進められていた。ソールがすり減っているのを見た村野は本当に毛塚の足に合っているか心配していた。しかし毛塚は自分の実力を評価してくれるところのシューズを履く、最後に勝てるのは自分の実力が決めるものだと思っていると小原たちに言った。

村野は、小原にソールの問題が気になるため改善が必要だというが、これまでの統計学的データを用いて作ったR2はその必要はないと言われてしまう。村野は選手一人ずつを見て決めるべきだと言うが、小原は否定し、従えないなら辞めていいと言い放った。

こはぜ屋では、茂木用に硬さの違う3パターンのソールを作り、新たな陸王を作成した。

茂木はドクターから足のケガが直ったためレース復帰への許しをもらい練習を再開し始めた。そんな中、毛塚が新記録を出したことを知り焦りを感じていた。

やがて、次のニューイヤー駅伝選抜をかけて部内でトライアルレースが行われることが発表される。茂木は城戸からもしケガを再発したら部を辞めてもらう、お荷物を抱えていられないと厳しく言われた。

宮沢は新たに作った陸王を持って履いてほしいと茂木の元を訪れた。しかし、茂木は今こはぜ屋に付き合っていられない。ケガも治り、またアトランティスのサポートも再開されると言った。

茂木はニューイヤー駅伝に向けて、練習を始めた。ケガが治ればアトランティスはまたサポートを再開する。そう言われ信じてきた茂木だったが、小原からは半腱様筋の怪我をした以上また再発の恐れがあり、サポートはできないと言われてしまった。

その夜、茂木は悔しさをぶつけるかのように走りこんだ。その様子を見た村野は次の部内トライアルまでには茂木に合ったシューズを用意すると言う。しかし、茂木はアトランティスに自分は必要ないということがわかった。これ以上自分のことは気にしないでほしいと言って去っていった。

村野は、小原に茂木のサポートさせてほしいと働きかける。茂木は、ケガが治ったら新しいシューズのサポートを受けれると思って必死にケガを乗り越えてきた。新しいシューズを作って届けたいと村野は言う。

しかし小原は茂木に新たに時間もお金もかけて注ぎ込み、またケガしてアトランティスのイメージが悪くなったらどうする、不良品など必要ないと冷たく言う。

村野は反論するが、そもそも茂木が故障したのは村野のフィッティングが悪かったせいだと小原は言った。しかし、あの時R2の宣伝をするため茂木を無理やりレースに出させたのは、小原と佐山だった。本来はその後もサポートをしなければいけないにも関わらずアトランティスはサポートを打ち切った。

そのことを村野は指摘するが、小原は茂木に金や時間をつぎ込んで全てが無駄になったと言う。村野は、我慢の限界に達しアトランティスを退職した。

スポンサーリンク


陸王4話ネタバレあらすじ【後半】

宮沢はニュー陸王を持って有村の店を訪れると、村野も店にいた。有村がせっかくの機会だからと二人を引き合わせたのだった。

宮沢は村野に陸王を見せた。村野はソールもいいが、アッパー部分の縫製も足袋屋ならではだと絶賛。

村野は、茂木に新しいシューズを作ってやると約束していたこと、茂木だけでなくこれまで自分にシューズを任せてくれたアトランティスのサポート選手を裏切ってしまったと話し始めた。一度面倒をみたら最後まで面倒を見る。足を見るだけでなく性格や癖、同じ夢を見るのがシューフィッターの役目だと話した。

村野は、新たな仕事を探していたが大きな企業はもうこりこりだと言った。その話しを聞き、宮沢はこはぜ屋に来ませんかと誘った。

この陸王を作ってみて、わからないことだらけだけど、無性に楽しい。気がつくと陸王のことばかり考えて毎日わくわくしている。まだ誰も見たこと無いような凄い靴を作りたい。それを茂木選手に履いてもらいたい。

茂木選手が怪我をした大会を見た時、彼の諦めない姿を見て陸王を作ってみようと思った。こはぜやと同じような気がして…もし茂木選手が世界一のランナーを目指すなら、陸王を世界一のランニングシューズにしたい。それが私の夢です。宮沢は自分の思いを語った。

村野はその言葉を聞いて、心を動かされ、宮沢の夢の手伝いをしたいと申し出た。こうして村野は陸王メンバーにアドバイザーとして加わることになった。

陸王メンバーに加わった村野から、茂木裕人モデル用シューズの設計図が手渡され、茂木用陸王を作ることとなった。

そして、部内トライアルレース当日。今まで宮沢が訪ねても門前払いだった城戸だったが、村野が茂木のためにシューズを持ってきたと話すとあっさり中に入れてくれた。

村野は、宮沢が持ってきたこはぜ屋の新しい陸王を茂木に差し出した。そして、茂木は陸王に足を入れた。

「裸足みたい」

そう言って茂木は、笑顔を見せた。宮沢は感激し目頭が熱くなった。

その夜、ニューイヤーレースの選抜をかけての部内レースが始まった。宮沢は、ずっと茂木の陸王を履いてもらうことを目標にしてきた。それが目の前で現実になっているかと思うと
夢がひとつ叶ったと村野に話した。

そこに小原がやってくる。ニューイヤーレースをかけた真剣勝負だと知り、R2の感触をかけた絶好のチャンスだと見学にやってきたのだった。村野の姿に気づいた小原は会社をやめた人間が何をしに来たと言う。

村野は、こはぜ屋で新しいシューズの開発に携わっていると言うと、小原はあのような斬新なシューズを作って、リスクを省みないチャレンジ精神には頭が下がりますと嫌味を言って去っていった。負け組業者、負け組シューフィッター、負け組選手。お似合いだ…。

スポンサーリンク



そして、ニューイヤー駅伝出場を巡って部内トライアルレースが始まった。

レースがスタートし残り3周目。しかし茂木はブランクがあるせいか、なかなか厳しそうな様子。宮沢はドキドキして茂木を見守る。

すると残り1周のところで、茂木はペースをあげ、次々と先行く選手をとらえていく。また一人。また一人抜いていく茂木。

やがて、アトランティスのシューズを履いてトップを走る選手と並んだ。

「茂木!頑張れ!!」

宮沢は必死に応援する。そしてついに、茂木がトップに立った。

しかし…次の瞬間。茂木は足をおさえその場に倒れてしまった。悔しがり声を上げる茂木。その様子を見て、ニヤつく佐山に対し、小原は複雑な表情を浮かべていた。

悔しがる茂木を前に、宮沢は何も言えなかった。

練習を終えて、茂木が宮沢たちの元へとやってきた。茂木はケガが再発したわけではなく、つっただけだったという。

「走っていてこんなに気持ちのいいシューズは始めてです。だからついオーバーペースになってしまって…久々に楽しく走ることができました」「陸王は今のお前にピッタリだ。宮沢さんは信頼できる人だ」と村野が言った。

すると茂木は宮沢に自分でよければ正式にサポートして頂けませんかと頭を下げた。宮沢は、こはぜ屋一丸となって精一杯あなたの力になりますと言い二人は固い握手を交わした。

その頃、小原は佐山に「茂木のサポートを取り返せ」と命じていた。

一方こはぜ屋では大地が飯山に茂木が陸王履いてくれたと知らせに行った。しかし、何者かから石が投げ込まれ飯山は不安な表情を浮かべていた。

(第4話おわり)

陸王4話ネタバレあらすじ【感想】

利益ばかりを追求する小原のやり方に我慢の限界に達した村野がアトランティスを退職。そしてこはぜ屋陸王のメンバーとして加わり、ついに茂木に陸王を履いてもらえたこはぜ屋。大きく前進しました!

茂木選手に陸王を履いてもらい感激している宮沢社長の表情が最高でした。見ている側も嬉しくて感激しました。

これで、茂木からのフィードバックをもらって改良をしていき、世界一のランニングシューズに…と思いきや、茂木の走りを見た小原が、茂木を取り返すべく策略を立てている様子。

アトランティスという大きな壁がこはぜ屋に立ちはだかってきます。果たして茂木はこはぜ屋を選んでくれるのでしょうか…。

また、飯山の後を追う怪しい男の存在も気になりますね。来週も楽しみです。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

監獄のお姫さま3話ネタバレあらすじ&感想 勇介は姫の子供?”私やってない”姫が告白!

クドカン脚本の人気ドラマ「監獄のお姫さま」ネタバレあらすじについてまとめています。 刑務所内で出会った女性たちが、冤罪で捕まった女性のため事件の真相に迫るというストーリー。 前回第2話では主人公・カヨ …

監獄のお姫さま2話ネタバレあらすじ感想 完璧だったカヨの悲しい過去とは

小泉今日子さん主演ドラマ「監獄のお姫さま」 罪を犯した5人の女性が刑務所内で出会い、冤罪で捕まった姫を助けるため、出所した女性たちが事件の真相に迫るというストーリー。 第1話が放送され早くもクドカンワ …

西郷どん2話ネタバレあらすじ&感想 ふきとの別れのシーンに涙が止まらない

2018年1月からスタートしたNHK大河ドラマ「西郷どん」 初回第1話では、西郷隆盛(小吉)の幼少期が描かれました。 天狗のように強い男になって郷中の皆に米をいっぱい食べさせたいと、日々切磋琢磨してい …

BORDER衝動 検視官比嘉ミカネタバレあらすじ前編&感想!ミカの知られざる過去が明らかに…

小栗旬さん主演で人気を博したドラマ「BORDER」が三作品連続スペシャルドラマとして返ってきます。 そのうちの2作品が波瑠さん演じる特別検視官・比嘉ミカの物語です。 今回のスペシャル版ではミカが特別検 …

ファイナルカット1話ネタバレあらすじ&感想 テレビへの恐ろしい復讐劇が始まる!

亀梨和也さんが主演を務める新ドラマ「FINAL CUT ファイナルカット」がスタート! 主人公・中村慶介(亀梨和也)は12年前、母が園長を務める保育園にて園児の命が何者かによって奪われる事件が発生。当 …