Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

陸王2話ネタバレあらすじ&感想 こはぜ屋の思いが飯山の心を動かす!新陸王開発へ新たなスタート

投稿日:10月 30, 2017 更新日:

役所広司さん主演ドラマ「陸王」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。

100年続く足袋製造企業が廃れゆく業界の中で生き残りをかけ、ランニングシューズの開発をしていくという物語。第1話が放送され初回から早くも涙涙…の注目度が高いドラマです。

【第1話ネタバレあらすじはこちら】

陸王1話ネタバレあらすじ&感想 初回から早くも号泣!倒産寸前の足袋屋が挑む感動の物語

今回は「陸王」第2話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。第2話ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


陸王2話ネタバレあらすじ【前半】

宮沢(役所広司)は今の陸王に足りないのは「実績」と「ソール」だと考えていた。そして陸央開発チームのメンバーに、ある素材を見せる。それは、坂本が銀行の倉庫から見つけたという繭を加工して作られた「シルクレイ」というものだった。

軽くて弾力がありソールに適しているのではないかと陸王メンバーも言う。シルクレイは飯山産業という会社が開発し、社長の飯山晴之(寺尾聰)が特許を持っているという。ランニングインストラクターの有村(光石研)にも見せた所、この軽さと強度は大したものだとお墨付きをもらった。

しかし、飯山産業は2年前に倒産しており、特許を持っている飯山社長も行方がわからなかった。諦めるしかないのか…。するとあけみさん(阿川佐和子)が「今の私達にはこの素材が必要、だったらみんなで飯山社長を探そう」と言い、宮沢も「このままじゃスタートラインにも立てない」と奮い立ち、飯山社長を探すこととなった。

その頃、茂木(竹内涼真)は新しい走法がなかなか身につかず焦っていた。その様子を見た、監督の城戸(音尾琢真)はあの走り方だとまた足を故障すると苛立っている。練習を終え、更衣室に戻ると宮沢からの手紙が置かれていることに気づいた茂木。

人間本来の走法「ミッドフット着地」が身につくと陸王の説明が書かれていた。茂木はロッカーにしまいっぱなしになっていた陸王を開けてみる。隣にいた平瀬(和田正人)は陸王を見てこんな薄いソールだと走れないと言い、茂木も足袋屋が作ったランニングシューズなんて…勘弁してほしいと箱にしまった。

その夜宮沢は家族で夕食を取っていた。転職活動の面接から帰宅した大地(山﨑賢人)に飯山探しを手伝って欲しいという。しかし、大地は面接の方が大事であり、潰れかけた足袋屋が作るマラソンシューズに付き合ってられるかと反抗的。

宮沢はカッとなり「みんな頑張っているだろ」と怒りだしたのだった。

それから数日、宮沢たちはあらゆるツテを辿って、飯山を探し回った。しかしいくら探しても一向に見つからない。

飯山は自己破産後、夜逃げ同然に姿を消した。自己破産後、法的整備を済ませたものの、迷惑かけた人間は大勢いる。損失を被った相手から恨みを買うこともあるだろうと宮沢は考えていた。

シルクレイは実用化されることもなかったが、債権者も価値が無いと判断した、いわゆる死蔵特許であることもわかった。ゲンさん(志賀廣太郎)は、もし見つかっても高い特許料を払う余裕はないと反対し、これ以上業績が落ち込むようなことになれば融資を受けられないかもと宮沢に訴える。

するとそこに坂本(風間俊介)から連絡が入った。坂本の知り合いのツテを使って飯山が見つかり、会うこととなったのだった。

ホテルで坂本も含め宮沢は飯山にシルクレイを陸王に使わせてほしいとお願いする。しかし、飯山は特許の使用料として年間5000万を要求。こはぜ屋にはそんな余裕はない。坂本は死蔵特許に年間5000万は…と反論し、製品ごとのロイヤルティ契約を提案。

さらにもし仮にシルクレイを作るとなると1億の設備投資がかかるという。

宮沢は、飯山の会社の倒産後のことを聞くと「俺のことを信用していないのはお前だろ」と言われてしまい商談は失敗に終わった。

スポンサーリンク



飯山は自宅に帰り、こはぜ屋との商談の話しを妻・素子(キムラ緑子)に「吹けば飛ぶような会社に特許は貸せない、でっかい商売になる話がある」と一攫千金を狙っていた。ふと飯山が窓から外を見ると、怪しげな人影があった。

茂木が練習をしているとアトランティスの村野(市川右團次)がやってきて、新しい走法について調子はどうだと聞いてくる。しかし茂木は、苦戦していた。

すると村野は、茂木の履いているシューズのソールを5ミリ薄くして新たな試作品を作ると言った。ソールを薄くした方が早く長く走れると言われた茂木は、こはぜ屋の陸王を思い出していた。

アトランティスに戻り、村野から茂木のシューズの改良を伝えられた佐山(小籔千豊)が上司である小原(ピエール瀧)に報告していた。アトランティスではシューズを強調するために、ソールが厚いデザインを導入してきた。しかし、今回ソールを薄くするということはアトランティスの特徴に反すると小原は言う。

そして茂木が走れるランナーであれば、その意見を取り入れるが茂木は半腱様筋の損傷という足の故障を抱えており、再発の可能性もある。小原は茂木のサポートを打ち切ることを考えていた。

宮沢たちはシルクレイに変わる素材を探していたがなかなか見つけられずに苦戦していた。やがて新たな素材のヒントを得ようと有村を訪ねる。有村は知り合いの大学の研究員にシルクレイを調べてもらったという。

シルクレイは衝撃吸収性、反発弾性の数値バランスを有村の予想を遥かに越えた素材であり、これ以上の素材ないと言う。そのことを聞いた宮沢はある決意を固めた。

再び飯山を訪れた宮沢は、飯山がスーツを来た男性と話しているところを目撃する。男性と別れた飯山に、宮沢はどうしてもシルクレイを使いたいお願いするが、使用料5000万払えないんだったら帰れと厳しく言われてしまった。

飯山はアメリカで1、2を争う化学会社・シカゴケミカルと年間5000万で契約が決まりそうであった。開発中のヨットにシルクレイを使いたいと言われ、今月中に正式契約を結ぶ予定だった。

これで迷惑かけていた人にも借りが返せる堂々と胸はって生きていける…と喜んでいた。

自宅に返った宮沢。アメリカ最大手の企業と契約をすると知り、もう諦めるしか無いのか…とシルクレイの素材を手に考えていた。

その様子を見た大地が新しいシューズなんてそんな簡単にできないと言う。宮沢は大地にやりたくもない仕事の面接を受けて上手く言っていないのは迷いがあるからじゃないのかと指摘する。

大地は、自分だって勉強したことが生かせるやりがいのある仕事がしたいと思っていた。でも面接のたびにきついこと言われ、世の中から自分が全否定されている気がしたと言う。

その言葉を聞いた宮沢は、何かに気づいたのだった。

スポンサーリンク


陸王2話ネタバレあらすじ【後半】

宮沢は再び飯山の元を訪れた。そしてこはぜ屋を見に来てほしい、見てもらって飯山の特許を任せられると信用してもらえると言う。

しかし飯山は頑なに拒否。それでも宮沢は、気が変わったら、連絡下さいといつでも待っていると言った。

最初はやりがいがある仕事をしたかったはずなのに、いつの間にかそいういう気持ちを忘れてしまった。飯山も会社が倒産してきついことが重なるうちに、ああいう人になってしまったのではないか…。だからこはぜ屋を見て、何かを思いしてくれればと宮沢は考えていた。

茂木は佐山に呼び出されていた。アトランティスからのシューズ提供は、レース出場予定の選手に限る。今レースに出場できない茂木にはこれ以上シューズが提供できない、ケガを直したら、戻ってきてよと佐山は小原部長の指示だと言い部屋を出ていった。

村野は茂木にスポンサー契約を続けられるように掛け合うから、今は走法を身に着けることに集中しろと励ますが、茂木はビジネスだってわかっている…と言った。

村野は佐山に茂木は故障していても将来有望な選手だと激しく抗議したが取り合ってはもらえなかった。

更衣室に戻った茂木は、アトランティスからシューズを受け取った日のことを思い出していた。「アトランティスはあなたのためなら何だってしますから。」小原は茂木が調子が良い時はいつも言っていた。

そのことを思い出した茂木はアトランティスのシューズを床に叩きつけ、箱に閉まっておいた陸王を手にした。

宮沢は何度も飯山に工場を見に来ませんかと交渉に訪れていた。飯山は何度来ても同じだと言い厳しく帰るように言うが、宮沢はせめてこれだけでも…とこはぜ屋のパンフレットを渡した。

すると、渡されたパンフレットを目にした飯山は宮沢が着ている半纏に興味を持ち始め、屋号「とんぼ」別名勝ち虫、演技がいいんだろう…と言い、工場を見に行くことを承諾した。

後日、こはぜ屋への見学にやってきた飯山。工員さんたちが足袋を縫う様子を見て「ばあさんばっかりじゃないか。ミシンもあんたらに負けないくらい古いな。」と口悪く言いながらもこはぜ屋を見学する。

すると、冨久子さん(正司照枝)が使っていたミシンが止まってしまうのを見た飯山は原因をすぐに言い当て、ヤス(内村遥)が古いミシンから部品を取り出すのに苦戦しているのを見て手を貸し、見事に分解して手渡した。

そして、飯山はミシンで足袋を縫う音を聞いて「いい音だ」と言った。

宮沢は最後に陸王の試作品の失敗作を見せた。宮沢は、飯山がシルクレイ開発にあたり同じように失敗作を何度も繰り返し血の滲むような努力をしてシルクレイを完成させたことは、こはぜ屋の陸王も同じであること。誰にも考えつかなかったことを成し遂げるということは、ずるい人間や根性が座っていないとできないと感じ、飯山のことを信用すると話した。

そして、シルクレイの使用について再度検討してほしいと頭を下げた。

飯山は「なかなか良いものを見せてもらった…」と言ったが、背に腹は代えられないとこはぜ屋を去っていった。

スポンサーリンク



その頃、茂木はケガにより毛塚や他の選手に取り残されていく焦りからか、無理をして走っていた。心配した村野が止めに入り、ゆっくり確実に新しいフォームを身に着けろというが、茂木は聞く耳を持たない。

すると監督の城戸が茂木を厳しく引き止め、呼び出した。

茂木のケガはランナーとしては致命的でもう終わりだと告げる。しかし、そこから這い上がる方法はたったひとつある。それは村野が言うミッドフット着地だった。今までの茂木を全て捨ててそれができなければ茂木はここまでだと厳しく言い、最後に「這い上がれ」と言って去っていった。

茂木はその言葉に涙した。

自宅に帰った飯山は妻・素子にシルクレイ開発当時のことを懐かしそうに話していた。するとそこにシカゴケミカルから連絡が入る。

しかし、シカゴケミカルからは、特許を使用するのに、一度倒産した人は信用できないため、今回の件はなかったことにしたいと一方的に電話を切られてしまったのだった。

飯山は落ち込み一人公園でうなだれていた。そこに宮沢から電話が入る。

「もしよければまたいつでも来て下さい。シルクレイのことは残念ですが、飯山さんがシルクレイを完成させたように私も陸王を完成させます。飯山さんは私の目標です」

翌日、飯山は宮沢を古びた建物の中へと連れて行き、ある機械を宮沢に見せた。

それはシルクレイの製造機だった。

「シルクレイの特許をあんたに使ってもらうことにした」

そして、シカゴケミカルに見放されたことを正直に話し、陸王のプロジェクトに参加させてほしいと言った。

「あんたのせいで思い出してしまったシルクレイ作った時のこと。あんたにも味わせてやるよ。あの興奮を」

その頃、茂木は陸王を履いて走っていた。その感触に茂木の顔には笑顔が浮かんでいた。

(第2話おわり)

陸王2話ネタバレあらすじ【感想】

陸王ソールに適した「シルクレイ」という素材を見つけた宮沢たち。しかしシルクレイを開発した会社は倒産しており、さらに社長の飯山は行方不明に…。それでもなんとか探し出し、飯山に会ったものの、荒んだ様子で5000万という多額の使用料を要求されます。

そんな大金をこはぜ屋は出せるはずもなく…しかしそれでも宮沢は同じモノづくりをしてきた者同士、分かり合えるものがあるのではと思い、諦めずに飯山に会いに行きます。そして、ついに飯山の堅く閉ざされた心を溶かし、シルクレイ使用の許可をもらうことに成功。

来週からは飯山も加わり、新たな陸王開発に向けてスタートしていきます。

またアトランティスからサポート打ち切りになってしまった茂木…。良い時は調子のいいこと言って、ダメになったら切り捨てるアトランティスのやり方になんてひどい会社だ…!と腹立たしく思いましたが、それでも村野や城戸の助言により、茂木はミッドフット着地という走法を身につけて這い上がっていくことを誓ったようです。

そして、今まで興味を示していなかった陸王を初めて履き、その感触に笑みがこぼれていました。それにしても役者さんに味があって非常に見応えがあるドラマです。役所広司さん、寺尾聰さんの熱演には中小企業の工場経営で奮闘するおやじっぷりがリアルで本当にこんなおやじいそうだなーと感じさせてくれるものでした。

だからこそ、宮沢が飯山の心を動かした時には自分のことのように嬉しく、感動して涙してしまいました。

来週も楽しみです。

【第3話ネタバレあらすじはこちら】

陸王3話ネタバレあらすじ&感想 ソール開発に成功したこはぜ屋!茂木には新たな試練が…

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明日の約束5話ネタバレあらすじ&感想 霧島,動画流出させ香澄の過去にも関与?和彦が抱える過去も明らかに…

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 スクールカウンセラーとして生徒に寄り添ってきた主人公・日向(井上真央)。しかし日向が勤務する高校で、一人の男子生徒 …

no image

リバース6話ネタバレあらすじと感想!谷原が証拠隠蔽を浅見が目撃,協力していた!

リバース6話ネタバレとあらすじについてまとめています。 広沢由樹(小池徹平)が乗った車が、崖から落ち爆発した現場から、村井隆明(三浦貴大)らしき人物を見たという、浅見康介(玉森裕太)。 一方の村井は、 …

ツバキ文具店1話ネタバレあらすじと感想!多部未華子がはまり役!

NHKドラマ10でスタートした「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語」のネタバレあらすじについてまとめています。 古都鎌倉を舞台に、代々受け継がれてきた代筆屋を継ぐことになった主人公・鳩子(多部未華子) 原作 …

ウチの夫は仕事ができない3話ネタバレあらすじと感想!沙也加元彼と再会し秘密を抱える!?

錦戸亮さん、松岡茉優さん出演ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」 イケメンで優しく、高学歴、高収入という理想的な夫・小林司(錦戸亮)と結婚した沙也加(松岡茉優)。しかし、実は夫は仕事ができないお荷物社員 …

愛してたって秘密はある最終回ネタバレあらすじ&感想!全ては朔と晶子の仕業,爽と黎出所後に結婚へ

福士蒼汰さん主演ドラマ「愛してたって秘密はある」がついに最終回を迎えました! 晶子が自首し、全ての始まりは爽の父が強引な取り調べを行ったことが始まりでした。 そして、黎がついに爽に真実を告白。 一体誰 …