Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

リバース6話ネタバレあらすじと感想!谷原が証拠隠蔽を浅見が目撃,協力していた!

投稿日:6月 28, 2017 更新日:

リバース6話ネタバレとあらすじについてまとめています。

広沢由樹(小池徹平)が乗った車が、崖から落ち爆発した現場から、村井隆明(三浦貴大)らしき人物を見たという、浅見康介(玉森裕太)。

一方の村井は、谷原と浅見が何かを隠蔽しようとしているのを見たと深瀬に話し、食い違う証言。

一体何が真実なのでしょうか。

今回は、リバース6話ネタバレあらすじと感想についてまとめました。

スポンサーリンク


リバース6話ネタバレあらすじ【前半】

明日香の心の声。

(兄に睨まれるとたいていの男は黙った。でも広沢さんは違った。怖いものなんて何も無いみたいだった。不機嫌な顔も弱気な顔をみたことがない、誰に対しても態度を変えないところも好きだった。

彼女いますかって聞いたらいるよって言った。同じ高校だった女の子と付き合っているって。その時の広沢さんの顔今でも思い出せる。あまり幸せそうじゃなかった。)

村井は、浅見と谷原が事故当時二人が何かを隠蔽するような様子を見たと深瀬に話しその日から行方がわからなくなっていた。

深瀬は谷原の病院に訪れるが、あいからわず意識は戻らない。

明日香は「兄はもう戻ってこないような気がする。広沢さんが死んだことに兄が深く関っている。そんな気がしてならないんです」

明日香にあの日何かあったのかと尋ねる深瀬。

明日香はあの日村井は別荘に向かう途中で、明日香を残しタクシーを降りた。誰かと電話で話しながら雪の中を進む村井。

心配になった明日香は窓を開けて呼びかけるが、村井はそこで待ってろと一人雪の中どこかへ行ってしまった。

暗くなっても戻らない村井を探しに、明日香はタクシーを降り村井の後を追う。

すると、何か大きな音が聞こえ音の方に向かうと、その先に炎のようなものが見えた。

それと同時に村井が戻ってきて明日香は「どうしたの?」と尋ねるが「いいから戻るぞ」と言われ、その場から去った。

明日香は、後から考えればあれは車が爆発した音だったのではないかと言う。

その時、深瀬は谷原の病室を覗く小笠原に気づき焦って帰ろうとする小笠原を追いかける。

そして小笠原は深瀬をスーパーに連れて行き、商品を物色しているある男を深瀬に指差す。

深瀬が男に近づいて、顔を見ようとすると美穂子を襲った男と同じピアスをしていた。

男は深瀬に気づき逃げるが待ち伏せしていた小笠原に取り押さえられる。

男は、深瀬のドアに張られていた嫌がらせの張り紙や美穂子に届いた手紙は自分だと犯行を認めるがそれ以外は知らないと答える。

男は、深瀬が美穂子と仲良くしていたこと嫉妬し嫌がらせしたものだったと言い、男は逮捕された。

深瀬は村井がいなくなったことを小笠原に話し「自分も広沢の母も君たちの敵ではない。
俺が知りたいことと君が知りたいことは同じだ」と告げる。

君が1番広沢のことを知っているという小笠原に、深瀬はそうでないと答える。

小笠原は「君よりも広沢君のことをもっと知っている人物を見つけばこの謎は解ける」と言い残し、去って行った。

一方村井は、暴行されどこかの部屋に監禁されていた。

スポンサーリンク


深瀬の自宅に美穂子が訪ねてきて、犯人逮捕のお礼にとパンを持ってきた。

美穂子に誘われ近くを散歩する二人。

犯人が捕まったものの、美穂子の精神状態を心配する深瀬。

美穂子は、母の体調も良くないし、大阪の実家に帰るかもと話す。

「手遅れかもしれないけど変わりたい」

「何で変わる必要があるの、美穂ちゃんはすごく素敵な女性だよ」

「でも私は自分がそんなに好きになれない、人が笑って受け流せることを受け流せない。心が狭いんだよね。この性格のせいで友達とか家族とかすぐ傷つける。今度こそ許そうと思ってもダメで、深瀬君のこと嫌な気持ちにさせたよね」

「あんなこと言われるなんて思わなかったけど変に慰められるよりはいいよ。厳しくされる方がいい」

と深瀬は美穂子を元気付けた。

===
深瀬は浅見と一緒に広沢の地元・愛媛に向かうことにした。

その途中、事故現場となった長野に立ち寄った。

事故現場に手を合わせ、崖から下を見る二人。

浅見「もしあの時…いまさらそんなこと言っても仕方ないか」

二人は別荘に向かった。

別荘はあの事故のあとすぐに売りに出され、誰も買い手が見つからないままだった。

別荘の中に入り、事故が起こる前に皆ではしゃいだこと、そして酒を飲んだ広沢に村井を迎えに行くように頼んだことなど辛い過去も思い出された。

居たたまれなくなった浅見は外に出る。

深瀬には、今でもそこに広沢がいるように見えた。

「あの時引き止めていれば彼は命を落とさずにすんだ」

スポンサーリンク


リバース6話ネタバレあらすじ【後半】

別荘の後、深瀬と浅見は警察を訪ね、事故について不審な点がなかったのかなど確認する。

そして、捜査に圧力がかかったようなことはと聞くが警察は「記憶にない」と答える。

さらに、広沢の母が事故だとは思っておらず今でも新しい情報がないかとよく訪ねてくるという話しを聞き、警察はその場を去って行った。

愛媛に向かった深瀬と浅見は広沢の地元の海沿いの小さな町で電車を降りた。

そのまま二人は広沢のお墓に向かうと、広沢の父がいた。

お墓に手を合わせる二人。

父と一緒に広沢の自宅を訪ねると広沢の母は暖かく二人を迎えてくれた。

深瀬は、告発文のこと、村井が線路から落とされたこと、広沢の母は何をどこまで知っているのか聞かなければと決心していた。

4人で夕食を囲い、広沢との思い出話をする。

ふと、広沢の母が野球仲間だった谷原は今でも野球やっているんだねと話し始める。

深瀬は、広沢の母に谷原がホームから突き落とされてたあの日谷原の試合を見に行ったかと聞くと、親戚の法事で東京に行っていたこと、そして息子が好きだった場所をめぐったと話す。

「こんなに優しい人たちが、敵を討つだろうか」

深瀬は今回広沢家を訪ねてそう思っていた。

翌朝、二人は広沢と仲が良かった友人を教えてもらい、松永という男を訪ねる。

松永は、広沢と仲が良かったという友達に呼びかけ同級生たちが20人くらい集まってきていた。

深瀬たちは広沢のことを教えてほしい、どんな付き合いがあったのか、彼女はいなかったのかと聞く。

すると、一枚の写真を持ってきて、広沢が彼女と写っている写真を差し出す。

「かわちゃん」というその女性は、広沢より2年後輩で、東京の大学に行っていたという。

すると「古川は来ていないの?」と誰かが発する。

古川は広沢の親友で、陰気なやつで広沢はいつも古川のところにいたという。

また、古川はお葬式の時、浅見たちのことを見て、「死ね死ね」とつぶやいていたという。

広沢の地元の友達と一通り話し終わり、店を出た二人は別れ際「地元のみんなはあんたらが広沢を殺したって思っている」と攻められてしまう。

深瀬は「広沢の両親に優しくしてもらって許されたと感じていたが、今日会った同級生たちだって大事な幼馴染や同級生奪ったのは俺たちだって思っている。」と話す。

浅見「広沢に迎えに行けって言わなければあんなことにはならなかった。後ろめたさが消えない。
それを見透かす生徒もいる、この教師は偽者だって本能的に見抜くんだ。本当は生徒に攻める資格はない」

深瀬「どうして?」

浅見「証拠を崖の下の捨てた」

スポンサーリンク


2007年。

猛吹雪の中、がけの下を見つめる谷原を見つけた浅見。

すると足元に血痕があり、谷原は慌ててその血痕を隠すように、雪を集め捨てていた。

「警察がこの血痕を調べたら広沢は酒飲んでいたことがバレる」

証拠を消そうとする谷原。

それを見た浅見は、谷原を止めようとする。

すると谷原は「内定取り消されるぞ、お前何があっても教師になりたいんだろ。」

と言い、浅見は証拠を消すのを手伝った。

その直後、崖の下から大きな爆発音が聞こえた。

===
「バレたら教師になれない、頭にあったのはそれだけだった。深瀬、もう罪の意識を感じないでくれ、お前には何の罪もないんだ」

「何にもできなかった。無力だった。広沢が死んでいるのただぼんやり見ているだけだった。」

「俺教師辞めたほうがいいのかな」

「森下先生言ってたよ、浅見先生みたいな本物の教師になりたいって。酒やめたのは悔やんでいるからだよね。サッカー部の事、うやむやにしたらろくなことにならないって言っていたのも本気でそう思っているから、それって偽者とは言わないと思う。」

そこに浅見宛に電話がかかってくる。

生徒の藤崎莉子(山口まゆ)がいなくなったという電話だった。

浅見は藤崎に何度も連絡するが繋がらず、急遽一人東京に戻った。

深瀬は、広沢の実家でアルバムを借り親友と聞いた「古川」という男を調べていた。

「広沢よしきの彼女はカワちゃん、広沢よしきの親友は古川大志」

その時、深瀬は窓の外に男が一人立ってこちらを見ているのに気づく。

深瀬が外に出ると、男は逃げて行き、深瀬は後を追いかける。

「お前ら人殺しのクセに何嗅ぎまわっているんだ」と言い放つ。

その頃、谷原が目を覚ましたのだった。

リバース6話ネタバレあらすじ【後半】

今回、谷原が現場に1番に駆けつけ、足元にあった血痕を必死に隠そうとしていたこと。また、浅見がそれに協力したことが明らかになりました。

さらに、村井と、明日香がタクシーで別荘に向かい、途中少し別行動をしていたことも…。

また、今回広沢の彼女と親友・古川という人物の存在がわかり来週からは大きく絡んできそうですね。

広沢の高校時代の彼女は実は美穂子だったのではと予想していましたが実は違っていたのでしょうか。

しかし、美穂子の存在はただの深瀬の恋人という役柄だけでなく重要な人物であるような気がしてなりません。

来週は、広沢の彼女の「カワちゃん」そして親友だったという「古川大志」が広沢とどのように関っていたかが明らかになると思います。

次週も楽しみですね。見逃さないようにしましょう!

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

過保護のカホコ3話ネタバレあらすじと感想!カホコ麦野に告白&初めて母に反抗!

高畑充希さん主演ドラマ「過保護のカホコ」のネタバレについてまとめています。 超箱入り娘で、過保護に育った主人公・加穂子(高畑充希)が、自分とは真逆の環境で生きてきた麦野(竹内涼真)に出会い、外の世界へ …

黒革の手帖1話ネタバレあらすじと感想!派遣行員の逆襲!武井咲の悪女っぷりが凄い!

武井咲さん主演ドラマ「黒革の手帖」がスタート! 名作松本清張の原作小説「黒革の手帖」はこれまで何度も映像化されてきました。 米倉涼子さんのイメージが強いですが、今回武井咲さんのドラマ版ではまた少し違っ …

陸王あらすじネタバレ最終回結末を原作から!奮闘するこはぜ屋,茂木の姿に心揺さぶられる感動作!

TBS日曜劇場枠でスタートした新ドラマ「陸王」 「半沢直樹」「下町ロケット」「民王」など数々の名作を世に送り出している池井戸潤さんの同名小説が原作です。 創業100年の歴史を持つ老舗足袋業者が廃れてい …

BORDER衝動 検視官比嘉ミカネタバレあらすじ後編&感想!ミカに残した恩師のメッセージで事件解決へ

小栗旬さん主演ドラマ「BORDER」が三作品連続スペシャルドラマとして返ってきます。そのうちの二作品は、波瑠さん演じる比嘉ミカが特別検視官になる前のエピソードです。 早速、第1作品目「BORDER衝動 …

陸王4話ネタバレあらすじ&感想 茂木,陸王を履いて走る!アトランティスの陰謀と飯山を襲う黒い影…

役所広司さん主演ドラマ「陸王」ネタバレあらすじと感想についてまとめています。 100年続く老舗足袋屋が生き残りをかけてランニングシューズの開発に挑む感動の物語。 前回までは… シルクレイによる新ソール …