Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

昭和元禄落語心中最終回ネタバレあらすじと感想 遂にあの夜の真相が明らかに!涙涙のラスト!

投稿日:

岡田将生さんが主演を務める「昭和元禄落語心中」がついに最終回を迎えます。

70代になった八雲は、高座で倒れてしまい、病院に運ばれ一命をとりとめますが、小夏があの夜のことを思い出してしまいます。

詳しい前回ネタバレあらすじはこちら。

昭和元禄落語心中9話ネタバレあらすじと感想 全てを背負い込もうとする八雲に涙‥

一体どんな最終回を迎えるのか!?

今回は「昭和元禄落語心中」最終回ネタバレあらすじをまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


昭和元禄落語心中最終回ネタバレあらすじ【前半】

八雲は高座で倒れ入院。

なんとか一命はとりとめた。

 

一方、小夏は両親が亡くなった日、四国で行った八雲の落語のフィルムを入手し、与太郎と共に自宅で見始めた。

そこには楽しそうに落語をする八雲の姿があった。

そして、八雲が落語を終え、助六の落語「芝浜」が始まった。

助六が落語を終えると、幼い頃の小夏が舞台に上がり、助六に抱きかかえられるシーンが写っていた。

 

助六の落語を見て、八雲と一緒に落語をした日々が本当に幸せだったんだな‥と与太郎は言った。

与太郎は、助六が一瞬止まった時、みよ吉を発見したからこそ、芝浜を始めたことに気づいていた。

助六の芝浜はみよ吉に向けられた落語だった。

 

その頃、八雲は病院を抜け出し、助六と共に落語の道を歩んできた時のことを振り返っていた。

そして、ろうそくに火を灯し誰もいない寄席で「死神」を始めた。

「消えるぞ‥消えるぞ‥ほぅら‥消えた‥」

次の瞬間、八雲はその場に倒れた。

すると、助六が現れ「八代目!」と八雲に声をかけた。

今まで、決して八雲に話しかけることがなかった助六の亡霊。

そして、八雲に自分で落とし前をつけろといい、助六は死神と化し、火の着いたロウソクを投げ捨てた。

火は瞬く間に燃え広がっていく。

八雲は、死神となった助六を見て「ようやく会えた」と言い、ゆっくりと目を閉じた。

 

するとそこに与太郎と小夏が現れた。

二人の姿を見た八雲は「まだ伝えなければいけないことがある。死にたくない」とつぶやき、与太郎は八雲を救出した。

スポンサーリンク


小夏はあの夜のことを思い出し、八雲に問いかけた。

八雲に再会したみよ吉は、二人で一緒に逃げようと言った。

そして、みよ吉は一緒に逃げてくれないのなら‥と八雲に包丁を向けた。

それを見た助六は、みよ吉を止めようとし、みよ吉が持っていた包丁が刺さってしまった。

 

その場に倒れてしまった助六。

小夏は偶然にもその現場を見てしまい、思わずみよ吉を突き飛ばしてしまった。

 

そのことを思い出した小夏は、みよ吉は自分が疎ましいと思っていたのだろう‥

自分を産まなければよかったのに‥とずっと思っていたと八雲に言った。

 

しかし、八雲はそれを否定し、もう一つの真相を話し始めた。

みよ吉を突き飛ばした小夏は一緒に落ちそうになってしまった。

助六は二人を助けようとし、親子3人宙吊りになってしまった。

 

するとみよ吉は、小夏だけは助けてほしいと、八雲に渡した。

右手に小夏、左手に助六とみよ吉2人を必死に支える八雲。

しかし、このままでは3人とも落ちてしまう。

 

助六は小夏を救うため、自ら八雲の手を離し、みよ吉と共に落ちていった。

「私はいいから‥この子だけを助けて‥」

それは、小夏も息子・信之助を産む時に言ったように、みよ吉も同じことを言っていたのだった。

こうして、八雲は全てを打ち明けたのだった。

スポンサーリンク


昭和元禄落語心中最終回ネタバレあらすじ【後半】

やがて与太郎と小夏は、息子・信之助が通う小学校から落語の依頼を受けた。

すると、与太郎は小夏を舞台にあげ、ここなら大丈夫と小夏に落語をさせた。

小夏はいきいきと落語を披露し、子どもたちも大笑いした。

そして舞台を終え与太郎に抱きついた小夏。

与太郎の子供ができたと話し、与太郎は大喜びしたのだった。

 

小夏は、外をぼーっと眺める八雲の髪を整えてあげながら話しを始めた。

八雲は、みよ吉はとても優しかった、女の人の酸いも甘いも冷たも優しさも色んなことを教わったこと、そしてとても魅力的な女性であったことを伝えた。

そして、落語の楽しさを教えてくれたのは助六。

自分の人生に彩りを与えてくれたのは、助六とみよ吉だったと話した。

そして、小夏のおかげで後悔をしている日はなかった。子供っていうのは、毎日せわしなく、いくら眺めていても飽きない‥そう言った。

小夏は八雲に寄り添い「見捨てないで育ててくれてありがとう‥」と言った。

八雲は「あいよ」と答え、小夏の頭を優しくなでた。

そして小夏は八雲に弟子にして欲しいと言い、八雲も「あいよ」と答え、そのまま目を閉じた。

 

八雲が目を開けると、そこは寄席で助六がいた。

そして助六から、ここは冥土だと言われ、八雲は自分が亡くなったことを知った。

助六からは、落語を愛し、人を愛し、よく生きた。おかげで自分も成仏ができると言った。

するとそこにみよ吉が現れ、3人は再会したのだった。

 

16年後。

与太郎は9代目八雲を襲名。そして長男の信之助も二つ目となり、菊比古を襲名した。

小夏も女性初の落語家となっていた。

小夏は、信之助の本当の父親って‥と聞かれたが、どうなんでしょうねとごまかした。

 

9代目八雲は「死神」を披露した。

そこには、8代目八雲、助六、みよ吉も舞台袖で見守っていた。

(おわり)

昭和元禄落語心中最終回ネタバレあらすじ【感想】

昭和元禄落語心中、ついに最終回を迎えました(泣)

とても見応えのあるドラマで、キャスト陣も素晴らしく、毎回涙涙‥でした。

原作漫画とは、違う部分も多々ありましたが、ドラマはドラマで原作の良さを崩さずに、最終回を迎え、これはこれでよかったなと思います。

でも信之助の本当の父親って‥意味深なシーンがさらっとありましたが、やっぱり八雲なのかなぁ‥と個人的には思います。

その当たりの真相については、こちらの記事で考察していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

昭和元禄落語心中ネタバレ結末まで!最終回で触れられる信之助,父親の正体についても考察

いずれにしても大満足のドラマでした!

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブラックペアン9話ネタバレあらすじ感想 渡海,佐伯を救うが因縁の対決始まる!

二宮和也さんのダークヒーローっぷりが話題の「ブラックペアン」 前回第8話では‥ 東城大を利用し、カエサルの手術を行おうとした西崎教授。しかし、手術で予期せぬ事態に発展し、渡海が現れいつものように大金と …

愛してたって、秘密はある2話ネタバレあらすじと感想!隠蔽した父の車が発見&黎宛に捨てた鍵が…

福士蒼汰さん主演ドラマ「愛してたって、秘密はある」 主人公・奥村黎(福士蒼汰)は11年前、父からDVを受ける母を守るため、発作的に父の命を奪ってしまう。母と共に、事件を隠蔽し、父の遺体と凶器を庭に埋め …

BG身辺警護人7話ネタバレあらすじ&感想 村田課長撃たれ意識不明に‥山口智子&キムタク共演でロンバケと錯覚

木村拓哉さん主演ドラマ「BG~身辺警護人」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 木村拓哉さん演じる主人公・島崎の元妻役としてロンバケで共演した山口智子さんが登場! ファンにはたまりませんね …

陸王あらすじネタバレ最終回結末を原作から!奮闘するこはぜ屋,茂木の姿に心揺さぶられる感動作!

TBS日曜劇場枠でスタートした新ドラマ「陸王」 「半沢直樹」「下町ロケット」「民王」など数々の名作を世に送り出している池井戸潤さんの同名小説が原作です。 創業100年の歴史を持つ老舗足袋業者が廃れてい …

愛してたって、秘密はある4話ネタバレあらすじと感想!爽にも秘密が…

福士蒼汰さん主演ドラマ「愛してたって、秘密はある」のネタバレあらすじについてまとめています。 11年前、DVを受ける母を守るために父親の命を奪った主人公・黎(福士蒼汰)。 父の命を奪った凶器と遺体を自 …