Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

昭和元禄落語心中4話ネタバレあらすじと感想 助六破門でみよ吉と‥破滅の始まり!?

投稿日:11月 2, 2018 更新日:

岡田将生さんが主演を務めるNHKドラマ「昭和元禄落語心中」が好評のようです。

前回第3話では、人気落語家となっていく助六に対し、八雲こと菊比古はいまいちぱっとしない様子。

そんな中、師匠の紹介でみよ吉に出会い男女の仲になっていく。

やがて、ある舞台にて女形を演じたことをきっかけに菊比古は一皮むけ、人気落語家への道を歩み始めていきます。

詳しい第3話ネタバレあらすじはこちら。

昭和元禄落語心中3話ネタバレあらすじと感想 一皮むけた菊比古に鳥肌!みよ吉との恋も始まる

今回は「昭和元禄落語心中」第4話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


昭和元禄落語心中4話ネタバレあらすじ【前半】

一皮むけた菊比古だったが、助六の方がまだまだ上だった。

しかし、助六の小生意気な態度が師匠は気に食わず、なかなか真打になれずにいた。

菊比古はみよ吉と逢瀬を重ねていた。

しかし、菊比古は落語で頭がいっぱいでみよ吉との時間をあまり取ろうとはしなかった。

 

そんな中、腕があるのに酒によって客と揉め、落語界を除名された木村屋の「死神」の落語をみた菊比古は教えてほしいと申し出る。

木村は、戦地で地獄を見たと言いそのトラウマから酒が手放せなくなってしまったという。

菊比古は死神を教えてほしいと再度頼み込み、木村から死神を教えてもらった。

こうして菊比古は死神を自分のものにしていき、師匠に披露しお墨付きをもらった。

しかし師匠は、真打になりたいと本気で思っているならみよ吉と別れるように言う。

 

助六と暮らすアパートに戻った菊比古。

アパートにはみよ吉が遊びに来ていた。

しかし、落語で頭がいっぱいの菊比古はみよ吉に冷たく当たる。

みよ吉は、自分を妾にしたいと言っている人がいると言うが、菊比古は自分にとめてほしいのかと冷たく言い放つ。

ショックを受けたみよ吉は、部屋を出ていった。

 

みよ吉に冷たく当たる菊比古を問い詰める助六。

菊比古は師匠から別れるように言われたことを話した。

 

後日、菊比古は落語納涼会の寄席でトリを務めるように言われた。

その頃、菊比古に会いたくて一人お祭りに行ったみよ吉。

そこに助六が現れ、みよ吉は菊比古が別れたがっていることをわかっていると話した。

それでもつれない菊比古が好きだと言い、そんなみよ吉を助六は抱きしめた。

 

しかし、その場に菊比古が現れ、みよ吉は取り繕うが、菊比古はわざと冷たい言葉を投げかけた。

みよ吉はその場から去っていった。

 

菊比古は誰とも結婚しない、落語のために一人で生きていくと決意していた。

それは助六に対しても同じだった。

できればずっと助六の落語を聞いていたい。その方が楽だ。

しかし、自分の落語と向き合うためにも一人になり、落語に没頭したかった。

やり方や考え方は違えど、助六は落語が生き残る道を作っていくということを菊比古と約束した。

 

一人になった菊比古は落語に没頭し、幸せを感じていた。

そして迎えた納涼落語会。

酒に溺れていたみよ吉も寄席に駆けつけた。

しかし、会場に入る寸前でその場に倒れてしまった。

 

みよ吉との未来より自分の落語を取った菊比古。

地獄に落ちても落語と道連れなら、落語と心中なら本望だと思っていた。

こうして納涼会にて「死神」を披露した菊比古。

それは見事なもので客を釘付けにし、大成功を収めた。

菊比古はこの寄席に手応えを感じた。

倒れたみよ吉は飲み過ぎで肝臓が弱っていると診断されていた。

スポンサーリンク


昭和元禄落語心中4話ネタバレあらすじ【後半】

翌年の春。

助六と菊比古は真打となった。

絶対に八雲を襲名すると意気込む助六は、会長の十八番である「居残り佐兵次」を無断で披露する。

これは会長のお墨付きがなければ披露することは禁止されている。

しかし助六は会長の佐兵次とは違う落語を披露し、大盛況を収めた。

 

真打のお披露目が終わり、菊比古は久々にみよ吉の元を訪ねた。

来ないでほしかったというみよ吉に、菊比古は殴るなりなんなりいくらでも責めてくれと言った。

しかし、みよ吉はそんなことはできないと言い、一緒にどこかに逃げようとすがる。

菊比古は、自分に居場所を自分で作るものだと教えてくれたのはみよ吉だと言った。

するとみよ吉は逆上し、死んで化けて出てやると言い部屋を出ていった。

 

その頃、助六は師匠から勝手に居残り佐兵次を披露したことを責められていた。

しかし、助六はこれからの落語は変えていかなければいけないと反論。

すると師匠は、八雲は菊比古に継がせると言い、助六に破門を命じた。

 

破門された助六と、菊比古に捨てられたみよ吉。

傷ついた二人は寄り添い抱きしめあった。

(第4話おわり)

昭和元禄落語心中4話ネタバレあらすじ【感想】

いやードキドキした45分間でした!

菊比古は木村屋の死神を自分のものにし、もう一皮むけ、ついにトリを務めるほど師匠からも認められていきます。

一方、才能はあるもののこれからの落語界を見透けて独自の落語を披露していく助六は、師匠や大御所からの反感を買い、ついに破門されてしまいます。

助六のことを、何かと気に入らない様子の師匠。何かありそうですね。

また、菊比古は落語のためにみよ吉に別れを決意。

菊比古に振られたみよ吉は、破門された助六と再会し、二人が一緒になるようですが、これが破滅の始まりのような‥!?

切ない展開に続きが気になりますね。

来週も見逃さないようにしたいと思います。

第5話ネタバレあらすじはこちら。

昭和元禄落語心中5話ネタバレあらすじと感想 師匠と助六の知られざる過去が明らかに

最終回までのネタバレを先取りしたい方はこちら。

昭和元禄落語心中ネタバレ結末まで!最終回で触れられる信之助,父親の正体についても考察

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

刑事ゆがみ5話ネタバレあらすじ&感想 ヒズミはロイコ事件の少女で犯人はオダギリジョーか

浅野忠信さん、神木隆之介さんがバディを組むドラマ「刑事ゆがみ」 いい加減だけど鋭い観察眼を持つ弓神(浅野忠信)と、正義感溢れる刑事だけど腹黒い一面を持つ羽生(神木隆之介)のコンビが最高の刑事ドラマ。 …

陸王4話ネタバレあらすじ&感想 茂木,陸王を履いて走る!アトランティスの陰謀と飯山を襲う黒い影…

役所広司さん主演ドラマ「陸王」ネタバレあらすじと感想についてまとめています。 100年続く老舗足袋屋が生き残りをかけてランニングシューズの開発に挑む感動の物語。 前回までは… シルクレイによる新ソール …

ブラックペアン7話ネタバレあらすじ&感想 木下の悲しい過去‥東城大の新たな闇が暴かれていく!

二宮和也さんが主演を務めるドラマ「ブラックペアン」 渡海の父と佐伯教授の過去が少しずつ明らかとなってきています。渡海の父が佐伯教授に裏切られたと、高階医師に打ち明けた渡海。 前回6話詳しいネタバレあら …

Missデビル6話ネタバレあらすじ&感想 父の怪しい動きに博史が気づく!眞子も博史父と関係が‥?

菜々緒さんが主演を務めるドラマ「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 前回第5話では、博史の同期・南雲が共亜火災保険によって家族がバラバラになったと大沢社 …

きみが心に棲みついた3話ネタバレあらすじ&感想 星名母は殺人犯?今日子が気になり始めた吉崎!

吉岡里帆さん主演ドラマ「きみが心に棲みついた」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 自尊心が低く、唯一自分を受け入れてくれた星名に依存してきた今日子。しかし吉崎と出会ったことにより、そんな …