Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

昭和元禄落語心中1話ネタバレあらすじと感想 初回から釘付け!今後期待度大のドラマ!

投稿日:10月 12, 2018 更新日:

岡田将生さんが主演を務めるドラマ「昭和元禄落語心中」がスタート!

落語に取り憑かれた、男と女たちの恋愛、友情、そして死‥。

それぞれのそれぞれの人生が複雑に絡み合う物語です。

すでにアニメ化もされており、原作漫画、アニメ共に非常に好評のようで、ドラマ化を楽しみにしている方も多いよう。

今回はドラマ版「昭和元禄落語心中」の第1話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

原作のネタバレあらすじを先取りしたい方はこちら。

昭和元禄落語心中ネタバレ結末まで!最終回で触れられる信之助,父親の正体についても考察

スポンサーリンク


昭和元禄落語心中1話ネタバレあらすじ【前半】

昭和52年春。

刑務所内にて、八代目・八雲(岡田将生)の「死神」を見た強次(与太郎/滝星涼)は感銘を受け、出所後八雲に弟子入りを申し出る。

八雲は弟子を取らない主義だが、人懐っこい強次(与太郎)を弟子に取ることにした。

 

八雲の自宅に住み込みすることになった与太郎。

八雲は、亡き天才落語家・助六(山崎育三郎)の娘・小夏(成海璃子)を養女にし、一緒に住んでいる。

 

八雲は自分の芸を残すつもりはなく「落語と心中する」と言っていた。

だから弟子も取らずずっと一人でやってきた。

小夏は、八雲のそういうところが大嫌いだと言った。

そういう小夏を見た与太郎は、小夏が落語を本当に愛していることを知った。

 

翌日、与太郎は八雲にお供し、寄席へと同行する。

弟子を取らない八雲が、弟子を取ったということを知り、寄席のスタッフは動揺する。

そして、与太郎を見て「あの人に似ている‥」と意味深なことを言われた。

 

寄席にて、八雲の「死神」を見た与太郎は自宅で練習をする。

すると、小夏が現れ、助六の死神を見せた。

与太郎は、小夏の死神を見て「良い声だし、プロになれる」と言う。

しかし、小夏は落語は女がするものではない、それに八雲が許すはずがないと言った。

 

そこに八雲が帰宅。

与太郎は、芸のことも厳しくて教えてほしいこと。

そして小夏も八雲に弟子入りしたいと勝手に言ってしまう。

与太郎はいつもの調子で頭を下げ、小夏はうつむいた。

すると八雲は「わたしに頭下げるのか?これは見ものだ」と言う。

しかし、八雲は小夏が持っていたノートを取り上げ「全部あの人(助六)のネタだね。私に喧嘩売ろっていうのか!?不愉快だ」とノートを投げつけた。

すると小夏は八雲につっかかり「有楽亭助六はお前が殺したんだ!」と言い放った。

 

小夏の言葉が気になった与太郎は、運転手の松田さんにどういうことか?と聞く。

しかし、松田はこの家においてほしかったら、二度とその話しはしないほうがいいと言った。

 

三ヶ月後。

与太郎はこっそり八雲の落語を外から聞いていた。

しかし、八雲からは稽古は一人でやりたいと言われてしまう。

それでも与太郎は早く一人前になりたいと言い、翌日行われる萬歳師匠との寄席に同行した。

萬歳師匠に与太郎を紹介すると、萬歳からは与太郎が助六に似ている。

だから弟子を取っていたんだろうと八雲は言われる。

八雲はやんわりと否定するが、萬歳からは「お前もそう気づいていただろう」と言われてしまった。

 

小夏は、父である助六と、八雲が一緒に落語をしていた頃のアルバムを見ていた。

二人はとても仲が良かった。

しかし、助六は亡くなり、八雲は名人となった。

小夏は、本当は父である助六が、八雲を継ぐはずだったのではないかと松田に問いかけた。

スポンサーリンク


昭和元禄落語心中1話ネタバレあらすじ【後半】

寄席が終わり、八雲の夕食に一緒に行った与太郎は酔っ払いながら、落語を始めた。

八雲は与太郎を見ながら、助六の姿を思い出してしまう。

帰宅した八雲は、与太郎をこっぴどく叱る。

猛反する与太郎だったが、八雲は与太郎に前座を任せると言った。

 

小夏は料亭で働いていた。

そして料亭の女将に、事故で亡くなった母・みよ吉(大政絢)のことを知りたいと尋ねる。

しかし、女将さんから当時のことを、教えてもらうことはできなかった。

八雲が殺したと思っている小夏は、助六と八雲が一緒に写っている写真を真っ二つに切り裂いた。

 

一ヶ月後。晩夏。

前座を務める与太郎の姿を見た小夏は、周りが見えていないと呆れ気味。

その夜、小夏の料亭に八雲が現れ、小夏を呼び出し話しがあると言う。

八雲は、小夏が両親の死の真相について探っていることを知っていた。

そして八雲は、助六の落語をしてみせた。

それはまるで助六が生き写っているようだった。

助六が目の前に現れたようで、小夏は思わず涙したのだった。

八雲は「助六は今も私の中で生きている。お前さんの中の神様みたいな助六と同じに‥」と言った。

そして、八雲は与太郎に落語を教えるようにと言い帰っていった。

 

帰宅した小夏は、居間で寝ている与太郎の背中に入れ墨があるのを見つけてしまう。

無理やり与太郎を起こし、問い詰めると与太郎は組に入っていたことを告げた。

しかし、組も中途半端で、刑務所に入りもう縁を切ったという。

そのことは、寄席の仲間にも打ち明けた。するとみんなは笑って許してくれたという。

落語の世界は、優しいが八雲は全然教えてくれない‥と言う与太郎。

すると、小夏は自分が教えるといい、この日から小夏が与太郎に落語を教え始めた。

スポンサーリンク


二ヶ月後、秋。

与太郎の元に、組の兄貴がやってくる。

兄貴は与太郎がやっている落語はくだらないと言い、また組に戻って一緒に仕事をしようと持ちかける。

組はもう抜けたという与太郎だが、兄貴は組は簡単に抜けられないと与太郎を誘う。

それでも与太郎がやりたいと強く言うが、兄貴は「落語なんてくだらない」と言う。

そこに八雲が現れ、兄貴に落語を聞かせてやれと言った。

 

八雲は兄貴分を連れ、寄席へ行き与太郎の落語を見せる。

与太郎は何で落語なのか、兄貴を笑わせたいと思い舞台に立った。

そして「出来心」の落語を始め、これまでは全く受けなかった与太郎の落語が少しずつ客に受け始める。

兄貴も少しずつ笑い始め、与太郎の落語に引き込まれていく。

与太郎もずっとわからなかった客との輪を感じ、落語を楽しいと思い始めた。

八雲は「何で落語なのかっていいことを聞いてくれたね」と兄貴に言った。

与太郎の落語が終わり、兄貴は拍手を送った。

そして兄貴は「もう与太郎に用事はない」と言って帰っていった。

 

八雲は帰り道、小夏に「あいつに助六を仕込んでいるのか」と問いかけた。

八雲は、与太郎の寄席の空気が助六に似ていたという。

お互い同じような野郎に引っかかるように神様に仕組まれた‥と言い帰っていった。

 

帰宅した与太郎は、助六の落語を聴き漁り、楽しんでいた。

与太郎は助六の落語に聞けば聞くほど、すごいとのめり込んでいった。

しかし、3日後に大きな寄席の前座を控えていることをすっかり忘れていた。

与太郎は、寝る間を割いて練習に励む。

 

そして迎えた本番。

与太郎の前座はひどいもので、全く受けずボロボロな結果だった。

前座が終わり、舞台袖で八雲の落語を聞く与太郎。

しかし、連日寝ないで練習したせいか、八雲の落語中に与太郎は居眠りをし、八雲の落語を邪魔してしまった。

怒った八雲は与太郎に破門を言い渡した。

スポンサーリンク


与太郎は慌て土下座して破門しないでほしいと頼みこむ。

しかし、八雲は与太郎を振り切って帰っていった。

雪の中、八雲の自宅前にて座り込む与太郎。

見かねた小夏が立会い、与太郎は八雲にもう一度話しをしに行く。

 

与太郎は、落語をやる内に八雲の落語はできないと感じていた。

助六の落語が近いような気がする。でもそれがやりたいのかわからない‥。

わからないからこそ、八雲の近くにいさせてほしいと訴えた。

もうどこにも行くところがない与太郎は、ここで生きて、ここで居場所を作るしかないと言った。

 

八雲は、幼い頃、今の与太郎のように「ここにいさせてほしい」と頭を下げた過去を重ねていた。

そして八雲は、自分の落語がわからないという与太郎に「お前自身の落語をやれ」と言った。

 

そして破門しないかわりに3つの約束を言い渡した。

1、八雲と助六の落語を全部覚えること

2、助六と約束をして果たせなかった「二人で落語の生き延びる道を作る」という穴埋めをすること

3、絶対に八雲より先に死なないこと

 

そして、八雲は助六との約束の話しを始めた。

(第1話おわり)

昭和元禄落語心中1話ネタバレあらすじ【感想】

楽しみにしていたドラマ「昭和落語心中」がついに始まりました!

原作がとても面白いだけに、期待半分、不安半分で見てみましたが、原作に忠実で面白かったです!

八雲を演じた岡田将生さんもよかったですし、与太郎を演じた滝星涼さんもなかなかよかったですが、少し美形すぎるかなぁ‥?

また、小夏はもう少しつんけんした感じのキャストがよかったかなぁと思いました。

でも今後に期待したいと思います。

個人的には、助六とみよ吉が楽しみです。

次週も絶対に見逃さないようにしたいと思います。

第2話ネタバレあらすじはこちら。

昭和元禄落語心中2話ネタバレあらすじと感想 八雲と助六の過去 みよ吉が現れる!

原作のネタバレあらすじを先取りしたい方はこちら。

昭和元禄落語心中ネタバレ結末まで!最終回で触れられる信之助,父親の正体についても考察

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モンテクリスト伯4話ネタバレあらすじ&感想 留美,入間の子供生きていて留美と恋人に!?衝撃の展開に絶句!

ディーン・フジオカさんが主演を務めるドラマ「モンテクリスト伯~華麗なる復讐」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 前回第3話にて復讐のターゲットの面通しを済ませたモンテ・クリスト真海こと暖 …

女囚セブン6話ネタバレあらすじと感想!黒幕内藤と琴音の闘いが始まる!

金曜ナイトドラマ「女囚セブン」についてまとめています。 芸妓として働いていた主人公・琴音(剛力彩芽)は同僚の雪乃を殺した無実の罪で捕まってしまう。 しかし琴音は無実を証明することなく、何かを暴くため自 …

西郷どん6話ネタバレあらすじ&感想 糸嫁入り前に吉之助に思いを伝える‥切ないラストに号泣

NHK大河ドラマ「西郷どん」ネタバレあらすじと感想についてまとめています。 斉彬が新藩主となり、新しい新薩摩が誕生。薩摩が一新するかと期待しましたが、斉興派側の重鎮たちはおとがめもなく、むしろ重要とさ …

高嶺の花1話ネタバレあらすじ感想 石原さとみが美しすぎる!野島ワールド全開の心に沁みるドラマ!

石原さとみさん主演ドラマ「高嶺の花」がスタート! 美しく華道界の令嬢で才能溢れる完璧な女性・ももが、偶然出会った自転車屋の一人の青年と恋に落ちていく‥というストーリー。 王道なラブドラマですが、美しさ …

アンナチュラル5話ネタバレあらすじ&感想 結末がショッキングすぎて絶句‥

石原さとみさんが法医解剖医を演じ人気のドラマ「アンナチュラル」 前回第4話では、中堂先生が恋人の解剖を行った‥という衝撃の過去が明らかになりました。 更に、葬儀場のスタッフに連れられ、葬儀場に入りこっ …

カテゴリー