Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

昭和元禄落語心中ネタバレ結末まで!最終回で触れられる信之助,父親の正体についても考察

投稿日:10月 12, 2018 更新日:

累計200万部を突破し、漫画賞を総なめにした「昭和元禄落語心中」がNHKにてドラマ化されます。

昭和を生き抜いた落語家たちの、芸にかける熱き思い、友情に恋愛、謎の親友の死、と非常に濃厚なヒューマンストーリー。

原作は落語ブームをも巻き起こした、雲田はるこ先生の同名作品です。

既にアニメ化もされ、人気を博しており、ドラマも注目が集まっているようですね。

さっそく原作漫画を呼んでみた所、想像以上に濃厚で、登場人物それぞれの個性が強く、落語に興味がなくても、思わず落語に行ってみようかなと思うくらい、その世界観にはまってしまいました。

 

今回はドラマ化にあたり「昭和元禄落語心中」のネタバレあらすじを結末まで、原作漫画から簡単にまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


昭和元禄落語心中ネタバレ【父親の命を奪ったのは‥】

昭和50年。

人々の娯楽は落語から、テレビや漫才に流れつつあった。

そんな中、刑務所から出所した元チンピラの強次(滝星涼)は落語家・有楽亭八雲(岡田将生)に弟子入りを志願する。

強次(滝星涼)は、刑務所内で八雲の落語を聞いて感銘を受け、出所後に弟子入りしたい思っていたのだ。

 

八雲は、弟子を取らない主義であったが、人懐こい強次を気に入り、弟子入りを許可。

「与太郎」とあだ名をつけ可愛がり始めた。

 

八雲の家には、小夏(成海璃子)という養女が住んでいる。

小夏の父は、天才的落語家として名を馳せた有楽亭助六(山崎育三郎

しかし、助六は妻・みよ吉(大政絢)と共に、小夏が幼い頃に亡くなってしまった。

助六の親友でもあった八雲は、両親を亡くした小夏を引き取り、一緒に暮らしてきたのだった。

 

八雲の家に住み始めた与太郎は、小夏が父・助六の落語をノートに書いて、練習していることを知る。

与太郎は小夏の落語を聞き、声がいいしセンスがあるため、八雲に本格的に教えてもらうように言うが、小夏はどこか乗る気ではない。

 

そこに八雲が現れ、与太郎は本格的に落語を教えてほしいと頭を下げる。

そして、本当は小夏も教えてもらいたがっていると、小夏が父の落語を記載しているノートを八雲に勝手に見せてしまう。

それを見た八雲は、小夏の顔に「不愉快だ」とノートを投げつけた。

小夏は逆上し「仇討ちだ!」と八雲に襲いかかろうとする。

そして、父(助六)を殺したのは、八雲だと言ったのだった。

スポンサーリンク


【助六の落語にのめり込む与太郎】

小夏は、父(助六)の死の真相について、調べており、八雲に何らかの形で仇討ちしてやると考えていた。

あの日から、小夏は八雲と口を聞かないようにしていたが、八雲に呼び出される。

八雲は、小夏が助六の死について調べ回っていることに気づいていた。

すると八雲は「自分が殺したようなものかもしれない・・・」と言う。

 

そして、八雲は助六の落語を始めた。

それを見た小夏は、まるで助六が乗り移ったかのような八雲の落語に圧倒されると共に、父が蘇ったようで、涙を流した。

 

やがて与太郎は小夏に落語を教えてもらうようになった。

そんな中、かつて与太郎の兄貴分だった男が、組に戻るように与太郎の元を訪ねてくる。

しかし、与太郎は落語家になると、戻ることを拒否。

 

「落語なんてくだらない」という兄貴分。

そこに八雲が現れ、与太郎に前座をさせ、兄貴分に落語を見せる。

与太郎は、小夏に教えてもらった助六の落語を始めた。

与太郎の落語を聞いた兄貴は、笑顔を見せ、落語を聞いて声を出して笑った。

また、客席にいた客も声を出して笑い、最後には拍手が湧いた。

与太郎の落語を見た兄貴は、もう用事はないと帰っていった。

 

与太郎に、小夏が助六の落語を教え込んでいたと知った八雲。

一方の小夏も驚いていた。

まるで、助六が乗り移ったかのように、間のとり方など、助六の落語を取り込んでいたからだった。

スポンサーリンク


【破門‥そして約束】

それから、与太郎は助六の落語を聞き込み、練習を始めた。

八雲の落語は難しくて、自分にはできない。

そう思った与太郎は、助六の落語を真似し始めたのだった。

しかし、どっちつかずの与太郎は、自分の落語の在り方に迷い始める。

 

そんな中、与太郎は八雲の独演会で居眠りをしてしまい、舞台をぶち壊しにしてしまう。

怒った八雲は、与太郎を破門。

小夏に立ち会ってもらい、与太郎は八雲に、必死に破門しないでほしいと訴えた。

すると、八雲は破門を取り消す代わりに、3つの約束を与太郎に言い渡した。

・八雲と助六の落語を徹底的に覚えること

・助六とした「落語の生き延びる道を作る」という穴埋めをすること

・八雲より早く死なないこと

そして、八雲は自分と助六とのことを、話し始めた。

【八雲と助六の過去】

芸者一家で育った菊比古(後の八雲)

しかし、足を怪我し、踊れなくなったことから、本人が希望しない落語の世界に入れられた。

母に連れられ、七代目・有楽亭八雲(平田満)に弟子入りし、同じ頃、孤児であった初太郎(後の助六)も弟子入りをしてきた。

 

落語を愛し、天才肌で明朗快活の初太郎は、メキメキと腕を上げていく。

一方の菊比古は繊細で、なかなか落語が上達しないことに日々悩んでいた。

 

やがて、戦争によって菊比古は疎開し、工場で働くことになり、落語から一時離れることに。

一方の初太郎は、師匠に連れられ満州へと行き、別々の道を歩んでいた。

 

その後、戦争が終わり、二人は再会。

「これからは落語の時代だ!」と意気込む初太郎は、人気落語家になっていき、助六と改名。

一方の菊比古は、いまいちぱっとせず、こじらせていた。

 

そんな中、師匠八雲の元愛人であり、芸者のみよ吉(大政絢)が、八雲のことを気になり、二人は恋仲になっていく。

みよ吉は、落語がうまくいかず落ち込む菊比古を、励まし続けた。

みよ吉は家族を失い、男に騙され売られたりと、過酷な人生を歩んできており、なおかつ天涯孤独だった。

しかし、菊比古に出会って惹かれ、この先もずっと一緒にいたいと考えていた。

 

菊比古はなかなか突き抜けない感じがあったが、若手ばかりの舞台で披露した「弁天小僧」が大受けし、ようやく自分なりの落語を見出し始める。

乗りに乗ってきた菊比古と助六は、ついに真打に昇進。(真打:寄席で最後に出演する最上級の人)

 

やがて、菊比古はもっと落語家として成功していくためにも、師匠から所帯を持った方がいいと言われる。

さらに、みよ吉と付き合っていることを知った師匠は、落語家として成長したいなら、みよ吉とは縁を切るように言った。

八雲は、師匠に逆らい破門され落語ができなくなる方が嫌だっため、みよ吉に別れを告げた。

 

一方、八雲の名を襲名したいと頑張ってきた助六。

しかし、助六の独特でやや荒っぽい落語は、師匠からの反感を買っていた。

そして、師匠から「八雲」は菊比古に継がせると言われ、助六は破門を言い渡されてしまう。

 

破門され落ち込む助六の前に、八雲に一方的に振られたみよ吉が現れる。

やがて二人は一緒に暮らし始め、みよ吉は子供を授かったのだった。

菊比古は、師匠に「八雲」を継がせるつもりだと言われるが、助六の八雲への思いを知っていたため、自分よりも助六に継がせてほしいとお願いする。

しかし、師匠は断固として拒否。

助六も落語に未練はあるものの、みよ吉に田舎で子供を産みたいと言われ、田舎に行くことを決意。

そんな助六に、菊比古は落語だけは辞めないでくれ‥と言ったのだった。

スポンサーリンク


【師匠の死‥そして助六との関係】

菊比古は、八雲を継いでほしいと言われていたが、継ぐつもりはなかった。

そんな中、師匠が倒れてしまう。

一命を取り留めたものの、この先長くないと悟った師匠は、助六とのことを話し始めた。

 

師匠が子供の頃、落語家の父の後を継ぐことは、まだ考えていなかった。

しかし、ある弟子が入ってきて、父に気に入られ、八雲を受け継ぐと言い始めた。

父の目は、次第に自分から弟子の方に向き、危機感を抱いた師匠は、父に八雲の名を継がせてほしいと懇願。

その後、その弟子は去っていった。

しかし、後にその人物の高座名が助六であることを知る。

それは、初太郎の祖父だった。

 

初太郎の落語を聞き、あの男の生き写しのような落語ですぐにわかった。

初太郎を弟子に迎え、過去のことはもう関係ないと思うようにしていたが、どうしても初太郎に八雲の名を渡したくない気持ちは拭えなかったという。

 

しかし、師匠は助六を破門していたことを後悔していた。

その話しを聞いた菊比古は、驚きつつも、師匠の弟子となり、息子となってよかったと言った。

その後、師匠は息を引き取った。

スポンサーリンク


【助六と再会した八雲】

師匠が亡くなり、やはり助六を戻すべきだと思った菊比古は、助六を探し、娘と暮らしている家を突き止める。

助六は、落語をすることをみよ吉に禁止され、働くこともせず、自堕落な生活をしていた。

愛想をつかしたみよ吉は、家を出ていき、助六は娘の小夏と二人で暮らしていた。

 

小夏が小銭を稼ぎ、自堕落な生活をする助六を見かねた菊比古は、もう一度落語をやるべきだと説得。

しばらく一緒に暮らすことにし、助六が抱えた借金を一緒に返し、生活を立て直してから、一緒に東京に戻ろうと考えていた。

 

助六は落語を再びやる自信を失っていたが、小夏が助六の落語を見て大笑いをし、もう一度落語をやる気になってくる。

やがて、資金稼ぎとして温泉旅館で、菊比古と助六の二人で寄席を開くことを決意。

二人が寄席をすることは、偶然みよ吉の耳にも入り、みよ吉も旅館に向かった。

【助六とみよ吉の死】

旅館での寄席が無事に終了し、菊比古は東京で一緒に暮らして、落語をやろうと助六に言い、助六もまんざらでもない様子。

すると、菊比古が宿の女将に呼び出され、ある部屋に案内される。

そこには、みよ吉が待っていた。

みよ吉は、やっぱり自分が一緒にいたいのは菊比古だと誘惑し、もうこのまま一緒に死のうと菊比古を窓際へと追い詰める。

 

そこに、何か胸騒ぎがしていた助六が現れ、みよ吉を引き止める。

助六は、自分が落語をやることで、みよ吉が不安定になるくらいなら、もう落語は辞めてまっとうな仕事に就く、そして何より大事なのはみよ吉と小夏であるため、やり直したいと言った。

しかし、その直後、窓の柵が壊れ、みよ吉が落ちそうになる。

咄嗟に、助六がみよ吉を抱きかかえるが、助六も宙ぶらりんな状態に。

菊比古が二人を必死にすくい上げようとするがが、このままだと菊比古も一緒に落ちてしまう。

助六は菊比古の手を離し、二人は亡くなってしまった。

その後、両親を失った小夏を八雲は引取り、東京で一緒に暮らし始めたのだった。

スポンサーリンク


【小夏の妊娠】

時代は代わり、落語の人気はどんどん低迷し、都内の寄席も一軒となってしまった。

芸を磨き続けた与太郎は、真打に昇進し、三代目助六を引き継ぐ。

 

一方の小夏は、妊娠が発覚し、未婚で子供を産み育てるという。

父親が誰なのか明かさない小夏に与太郎は、自分がその子供の父親になると言った。

やがて、与太郎は子供の父親がヤクザの親分ではないかと勘づく。

確かな証拠はなかったものの、与太郎は真っ向からヤクザの親分に啖呵を切り、けじめをつけに行った。

【絶望】

数年後、与太郎は人気落語家となっており、小夏も寄席で三味線を弾く仕事をしていた。

二人の子供・信之助も成長し、与太郎の落語が大好きな子供に育っていた。

 

一方、与太郎は自分の落語を模索していた。

そんな与太郎に八雲は「居眠り佐平次」を演じることを命じ、親子会が開かれることになる。

しかし、舞台を終えるなり八雲は、その場に倒れてしまう。

 

突然八雲が倒れ舞台裏では、動揺が走る。しかし、舞台はまだ終わっていない。

与太郎は八雲をみよ吉らに任せ、見事「居眠り佐平次」を演じ、親子会を大盛況で終わらせた。

 

八雲は一週間、生死の境をさまよい続けたが、意識を取り戻した。

しかし、老いていく自分を感じ、落語を引退しようと考え始めていた。

そして、ずっと恐れていたその日が近づいていることに薄々気づいた。

それは、自分の落語に満足してしまうことだった。

自分から落語がなくなれば、もぬけの殻になってしまう。

そんな恐ろしさに押しつぶされそうになっていた。

スポンサーリンク


【みよ吉&助六死の真相】

八雲が引退を口にし、いつか師匠が引退の日が来ると実感し始めた与太郎は、八雲と助六の過去の落語のフィルムを見るべく、ある温泉旅館に向かった。

そこは、かつてみよ吉と助六が亡くなった旅館であり、ずっと八雲に使えている運転手の松田(篠井英介)から、みよ吉と助六の死について本当のことが語られる。

 

実は、八雲が与太郎に話した二人の死の真相は、事実とは少し違うものだった。

あの日、みよ吉が助六と心中しようとして刺してしまった。

まだ息がある助六を抱きかかえる八雲。

そこに、別の部屋にいた小夏が現れ、みよ吉は自分が助六を刺してしまったと言った。

小夏は混乱し、みよ吉を思わず窓から突き飛ばしてしまう。

落ちそうになるみよ吉を、助六が咄嗟に助けようとし、一緒に落ちてしまったのだった。

 

小夏はショックのあまり当時の記憶を失った。

八雲は真実を隠し、自分のせいだと、ずっと小夏に言い聞かせてきたのだった。

 

松田は何もかも一人で抱え込み「落語と心中する」と言っている八雲を救ってほしいと、与太郎にお願いした。

【助六の死神と八雲の最期】

引退を考える八雲に、もう一度落語に戻って欲しいと思う与太郎は、八雲がお世話になってきたご贔屓を集めた座を設ける。

しかし、お世話になっていたとある組の親分が、その場で逮捕され連行されてしまった。

 

それからしばらくして、八雲は終演後の寄席にて、一人「死神」の落語を始める。

すると、そこに死神として助六の姿が現れ、八雲に襲いかかる。

度々八雲は、みよ吉と助六の亡霊に苦しめられてきた。

やがて死神に扮した助六に、火を放たれ寄席は燃え始める。

そこに、与太郎が現れ、命かながら八雲を救出したのだった。

 

やがて春になり、小夏は与太郎との子供を身ごもった。与太郎は大喜びし、益々落語に磨きをかけていく。

八雲は、火傷の後遺症もあり自宅で療養し、小夏が看病をしていた。

少しずつ弱っていく八雲は、小夏の母であるみよ吉は、とても魅力的な人であったこと、そして助六が落語の楽しさを教えてくれたこと。

二人は自分の人生にとって欠かせない人であったことを話した。

小夏はそれなのになぜ死なせたのかと問いかける。

八雲は、心中しようとしたが自分だけ死に損ない、その罪を一生償っていると言った。

そして、小夏を残して、一人後を追うこともできなかったことを話した。

小夏は、八雲を憎む気持ちはあったが、自分のことを見捨てず育ててくれてありがとう‥と涙を流しお礼を言った。

その後、八雲は静かに息を引き取った。

スポンサーリンク


【結末】

八雲が亡くなり、17年の月日が経った。

小夏は初の女落語家となっており、子供だった信之助も落語の道を歩み、二つ目となっていた。

 

そして与太郎は、九代目八雲を襲名した。

時代が変わろうとも、その時々によって落語も形を変えていく。

こんなにいい落語がなくなるわけがない、そんな思いを胸に抱え、家族で落語を変わらずに愛していた。

 

一方、八雲の落語保全の活動をし続けてきた樋口と会っていた小夏。

すると樋口は「ずっと思っていたが、もしかして信之助は八雲の子供ではないか?」と問いかける。

信之助の雰囲気、落語の特徴などが八雲に似ている部分が多かったからだ。

小夏は否定も肯定もしなかったが、信之助を産んだのは「助六、そして八雲のため」と答えた。

しかし、小夏がずっと抱き続けた、八雲に対する恨み、嫉妬、執着、羨望‥それは恋とも言えるものに近かったのかもしれない。

(おわり)

スポンサーリンク


昭和元禄落語心中ネタバレ【感想と考察】

最高に面白かった「昭和元禄落語心中」

落語に全く興味がなく読み進めましたが、違和感なく、むしろ落語を聞きに行こうかと思うくらい没頭して、一気に読んでしまいました。

一見すると、落語を愛する落語家たちの奮闘記なのかなと思いがちですが、いざ漫画を読んでみると、落語の世界を軸としながらも、落語という芸にとりつかれた男と女の愛憎劇が描かれています。

しかし、与太郎というなんとも犬っぽくて愛嬌のある、登場人物がいるせいか、ドロドロしすぎず、ところどころに笑いが散りばめられており、笑い有り、涙あり、ミステリーありの、非常に見応えのある作品でした。

 

そして、最も気になったのが「信之助はもしかして、八雲の子供ではないか?」ということ。

まさかラストにこんな展開がくるなんて、想像すらしていなかったので、最後の最後で度肝を抜かれた感じがしました。

しかし、確かに振り返ってみれば、信之助が八雲の子ではないかと考えられることがいくつかあります。

まず、樋口さんが指摘していたように、雰囲気や佇まい、そして髪型などといった風貌も八雲に似ていること。

そして、今振り返ってみれば小夏の言動からも、可能性はゼロではない発言が見られるからです。

八雲は自分の落語を残すつもりはなく「落語と心中する」と常々口にしており、だからこそ弟子を取ることはしていませんでした。

小夏は八雲を恨みつつも、八雲の落語には尊敬しているところもあり、おそらく八雲の落語がここで途絶え、心中させることはしたくなかったのはないかと。

だって、八雲が受け継いだ落語は、小夏の父(助六)が愛し、八雲を継ぎたいと言っていたほどのものですから。

与太郎が弟子になりましたが、一度破門の危機にさらされていますし、小夏は小夏なりに八雲の落語心中を阻止しようとしていた。

でも小夏は当時、落語は男がするものであるという考えがあり、自分が落語家になるつもりはなかった。

となると、女性でもできる手段としては、八雲の血を受け継ぐ子供を残すこと。

八雲が小夏を女性として見ていたというよりは、両親の死を引き合いに、小夏側から望まれ関係を持ったのではないかなと思います。

小夏は、八雲に仇討ちしてやると言い続けていますが、そうは言いつつも八雲の落語を愛し、尊敬しているようなところもある。

愛と憎しみは紙一重であり、小夏の中では常に共存していたのではないでしょうか。

そして、八雲の子供を持つことが、八雲に対する究極的な仇討ちでもあったのかもしれません。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハゲタカ最終回ネタバレあらすじ感想 ラストの展開にスッキリ&感動!貴子との関係は…?

綾野剛さんが主演と務めるドラマ「ハゲタカ」がついに最終回を迎えます! 日本を代表する大手企業「帝都重工」にて不正が次々と発覚。 帝都重工の買収を持ちかけられた鷲津は、自身が設立した「サムライファンド」 …

Missデビル6話ネタバレあらすじ&感想 父の怪しい動きに博史が気づく!眞子も博史父と関係が‥?

菜々緒さんが主演を務めるドラマ「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 前回第5話では、博史の同期・南雲が共亜火災保険によって家族がバラバラになったと大沢社 …

中学聖日記1話ネタバレあらすじ&感想 先生が好き!初回からドキドキの展開!

有村架純さん、中島健史さんが教師と生徒の禁断の恋に落ちるドラマ「中学聖日記」がスタート! 片田舎の国語教師となった聖には、遠慮理恋愛中の婚約者がいる。 しかし、不思議な魅力を持つ教え子に惹かれておき、 …

明日の約束3話ネタバレあらすじ&感想 友情を壊し圭吾ケガ写真も母の仕業?日向の闇も深い…

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 スクールカウンセラーとして高校に勤務する主人公・日向(井上真央)。そんなある日、不登校気味だった男子高校生・吉岡圭 …

ドラマミステリーズ妻の女友達ネタバレあらすじ(大泉洋)&感想!結末は妻が衝撃の告白…

「ドラマ・ミステリーズ~カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊」にて、大泉洋さんが主演を務める「妻の女友達」 これは小池真理子先生の小説「妻の女友達」の短編ミステリー集の作品のひとつです。 今回は、小池真理 …

カテゴリー