Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

オーファンブラック1話ネタバレあらすじ&感想 孤独なシングルマザーが他人の人生を乗っ取る!

投稿日:12月 2, 2017 更新日:

KARAの元メンバー知英が主演を務める新ドラマ「オーファンブラック~7つの遺伝子~」がスタート。

施設で育ちシングルマザーとして一人娘を育てていた主人公・沙羅(知英)。ある日養母に娘を半ば強制的に取り上げられてしまい、孤独な日々を送っていた。

そんな中、沙羅と全く瓜二つの女性・真緒子に出会い、沙羅は真緒子としてなりすまして生きていくことを決意。しかし、次々と沙羅に似た女性が現れ、事件に巻き込まれる…というストーリーです。

さっそく第1話が放送されましたが面白い!これははまりそうです。今回は「オーファンブラック~7つの遺伝子~」のネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。

第1話ラストまでネタバレしていますので結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


オーファンブラック1話ネタバレあらすじ【前半】

おしぼり工場で働く沙羅(知英)は同僚の女性たちからいびられていた。耐えかねた沙羅は、女ボスと喧嘩になり、激しい乱闘になる。

沙羅は、仕事帰りに娘・萌絵を取り上げた養母に連絡し、萌絵と一緒にいたいと訴える。しかし稼ぎもなく仕事も続かない沙羅。萌絵を引き取った養母・冴子(麻生祐未)から一歩でも近づいたら児童相談所に連絡すると言い電話を切られてしまった。

沙羅は、電車のホームで一人泣き崩れる女性を見かける。その女性は、一人ふらふらと歩きバック置いた。沙羅はその女性が気になり、女性の方へと近づいていく。

女性は羽織っていたコートを脱ぎ、靴を脱いだ。ふと、沙羅の方を見たその女性は沙羅と全く同じ顔をしていた。驚く沙羅。

するとその女性は電車が入ってきたホームに飛び降りた。沙羅はその女性が置いていったバックを持ってその場から逃走した。

人気のない所で、バックの中を見る沙羅。財布に入っていたお金をポケットに入れ、免許書を発見。女性は「椎名真緒子」という名前だった。

沙羅は、養護施設から一緒に引き取られた弟・薫(西銘駿)が経営しているバーに行く。そして、駅で見つけた「椎名真緒子」の免許書を見せた。さらにバックの中には携帯二つと家の鍵が入っていた。

沙羅は今のペースで働いていても萌絵を引き取れないから奈緒子の家に侵入すると言うが、薫は変なことに巻き込まれたらどうするのと止める。

沙羅は、萌絵のことだけじゃなく、薫とも一緒に暮らす家を買う約束したのに果たせていないと言うが、薫は引き止めた。すると真緒子の携帯に「金城」という人物から着信が入った。

翌日、沙羅は免許書に書かれていた住所を頼りに真緒子の自宅を突き止め、鍵を使って自宅に侵入。おしゃれで豪華な一軒家に喜ぶ沙羅。部屋には真緒子が恋人・岩城(山崎育三郎)と一緒に写っている写真が飾られていた。

「こんな暮らししているのになぜ命を絶つのだろう…」沙羅は疑問だった。

その頃、薫の元に沙羅の恋人・ナガセ(高橋努)がやってきて、沙羅を出せと怒鳴る。そして、沙羅はガキの頃から俺のものだと言い去っていった。

沙羅は金目のものを物色していた。やがて預金手帳を見つけ、750万円もの預金があることを知る。

薫から連絡を受けた沙羅は、このお金持って逃げよう。これだけあればナガセだって追ってこない、人生変えようと薫に言う。しかし、薫はその人(真緒子)に恋人がいたならなおさらバレるとやめるように言った。

すると昨夜真緒子が飛び降りた事件がネットでニュースになっており、警察は身元の特定がまだできていないようだった。そのことを知った沙羅は奈緒子になりすますことを考える。

沙羅は、真緒子の写っているDVDをチェックし、仕草や喋り方、さらには筆跡なども練習した。ふと沙羅は洗面台で奈緒子がメンタルクリニックから出された薬を見つけた。

翌日、沙羅が外を歩いているとピンクのボブヘアーにサングラスをした謎の女が沙羅のことをじっと見つめていた。

沙羅が銀行に入ると鈴木という男が話しかけてくる。今日いつもと少し違うねと言いつつも、春に結婚するんですよねと言われ、真緒子が結婚することを知った。

その頃薫は姉と連絡が取れないと警察に連絡する。

沙羅は、鈴木が不倫している現場を偶然目撃。そして、750万円の現金を下ろそうとするが、500万円以上下ろす場合は当日に下ろすことができず4日後になると言う。

しかし、沙羅は鈴木が不倫していることをネタにゆすり、翌日下ろせるように手配させた。更に真緒子は貸金庫を持っていたことがわかり、中からは出世届などが見つかった。

真緒子の自宅に帰った沙羅は、待ち伏せしていた金城という男から無理やり車に乗せられる。そして「今日は何の日だわかっているよな」と言われどこかに連れられて行った。その様子をじっと見つめる、ピンクのボブヘアーの女性の姿があった。

沙羅が連れられていったのは警察だった。そして一人の刑事から、供述通り話せばいいと言われ部屋に案内される。そこには複数の警察が待ち構えていた。動揺した沙羅は、トイレに行きたいと言いその場からひとまず逃げたのだった。

スポンサーリンク


オーファンブラック1話ネタバレあらすじ【後半】

トイレに入った沙羅は、薫に連絡するが留守電になってしまう。沙羅は、いらつきながらも椎名真緒子なりすましは作戦中止だと留守電に残した。真緒子の職業は刑事だったのだ。

その頃、薫は真緒子の遺体を見て「姉(沙羅)です」と答えていた。刑事はさっそく話しを聞きたいと薫に言うが、監察医の女性がまだお別れもできていないのに失礼よと止める。二人きりになった監察医は、薫を誘惑し始める。

薫に連絡が取れない沙羅はあることを思いつき、トイレにあった洗剤を飲みだした。

やがて沙羅は、真緒子が職務時に発砲したことについて聴聞を受ける。しかし、沙羅は先程飲んだ洗剤で気分が悪くなり、その場に吐いてしまった。

薫のバーに乗り込んできたナガセ。すると薫は「あんたのせいで姉が死んだ」と死亡届を突きつけ、泣き崩れる演技をした。ナガセは信じないと言いつつも、真緒子の遺体を見て沙羅だと勘違いし泣き崩れた。

沙羅は、真緒子が通っていたメンタルクリニックに金城と行った。真緒子は強盗事件の捜査中、重要参考人・高畑が出会い頭で取り出そうとした携帯を銃だと思い発砲してしまった。その直後、金城が現場に到着したが、金城が到着した時のことはほとんど覚えていないということがわかった。

その夜、沙羅が真緒子の家にいると、恋人・岩城が帰宅。沙羅のことを真緒子だと思いこんでいる岩城は普通に話しかけてくる。

戸惑いながらも沙羅は答えるが、岩城は沙羅を髪型がちょっと違うと言いじっと見つめる。バレることを恐れた沙羅は、岩城にキスをしそのまま関係を持った。

翌朝、岩城とベッドで一夜を過ごした沙羅は着替えてリビングにいた。そこに岩城がやってきて再びキスをしようとする。沙羅は動揺し、署から呼ばれているからとそれとなくかわす。

すると岩城は、後でごはんでも行こうと言い、出会った頃もこんな感じだったねと沙羅を送り出した。沙羅は車の鍵をもらい、家を後にした。沙羅の姿をじっと見つめる岩城だった。

さらに、車ででかける沙羅の後をつける金城の姿があった。沙羅は銀行に行き、昨日手続きしたお金を受け取った。そして、薫のバーを訪ねたが薫の姿はなかった。

テーブルには、沙羅のお別れ会のちらしが置かれていた。ナガセは、仲間を集めささやかな沙羅のお別れ会を開いていた。お別れ会に参加している薫に沙羅から連絡が入り、お別れ会の様子を沙羅は双眼鏡で遠くから伺っていた。

沙羅は、真緒子の婚約者に会ったことを話し、バレていないと思うけど…と報告した。するとそこに養母・冴子が萌絵を連れてやってくるのを見かける。

ナガセが勝手に呼んだようで、沙羅は自分が死んだなんて萌絵に思わせないでと薫に指示をする。沙羅も萌絵の元に行こうと車に戻ると、ずっと沙羅につきまとっていたピンクのボブヘアーの女性が後部座席から現れた。

驚いて車から降りた沙羅。するとその女性はサングラスを外した。その女性は沙羅と瓜二つの顔だった。しかし、次の瞬間咳き込み、ハンカチに血が付いていた。

女性は沙羅のことをずっと待っていたと言う。沙羅は知らないと車に乗り込むが、その女性は一緒に車に乗り込み自分はオク・ヨンエだと名乗り韓国語で話しかけてきた。

しかし沙羅はオク・ヨンエが言っている意味がわからない。「あなた真緒子じゃないですね。あなた誰?」とオク・ヨンエが問いかける。

すると次の瞬間外から何物かによって発砲され、オク・ヨンエは亡くなってしまった。更に沙羅の乗っている車に何者かが発砲を続けてくる。

沙羅は、急いで車を発進させ、後ろにオク・ヨンエの遺体を乗せたままその場から逃げ出した。すると非通知で携帯に着信が入り、沙羅は手を伸ばしたのだった。

(第1話おわり)

スポンサーリンク


オーファンブラック1話ネタバレあらすじ【感想】

アメリカとカナダ合作ドラマの日本版リメイクですが、テンポも良くて第1話あっという間に終わってしまいました。

知英が主演を務めるとのことで、どんな感じなのかなと思って見始めましたが、日本語完璧ですね!イントネーションの違和感が全くないので、吹き替えに見えました(笑)

さて知英演じる沙羅が、ひょんなことから自分と同じ顔の奈緒子という女性になりすまし、さらに次々と同じ顔を持つ人物が現れ、謎の事件に巻き込まれていくというストーリーです。

第1話では真緒子になりすますまでの過程が描かれました。そしてずっと沙羅の姿を付け回し、沙羅と同じ顔を持つオク・ヨンエがラストに登場したものの、あっけなく亡くなってしまいました。

一体誰が発砲し、オク・ヨンエは何者なのか。また、真緒子の恋人・岩城もなんだか怪しいですね。すでに真緒子本人ではないということに気づいていそうです。

展開が全く読めないこのドラマ。次週も楽しみにしたいと思います。

※アメリカ&カナダ原作ドラマ【オーファンブラック~暴走遺伝子】を見たい方はU-NEXTで!31日間トライアル登録で今ならシーズン2まで無料視聴可能です。

【原作:オーファンブラック~暴走遺伝子】

-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

奥様は取り扱い注意7話ネタバレあらすじ&感想 勇輝が黒幕の可能性も?菜美の味方であってほしいが…

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 元特殊工作員という変わった経歴を持つ主人公・菜美(綾瀬はるか)は合コンで知り合った勇輝(西島秀俊)と結 …

明日の約束6話ネタバレあらすじ&感想 長谷部と辻先生を襲ったのは香澄!霧島の過去が怪しい…

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 一人の男子高校生・圭吾が亡くなったことにより、学校、彼が所属していたバレーボール部にていじめがあったと、圭吾の母・ …

刑事ゆがみ4話ネタバレあらすじ&感想 切なすぎる展開に胸が締め付けられ涙…

浅野忠信さん、神木隆之介さん出演の「刑事ゆがみ」のネタバレあらすじ感想についてまとめています。 いい加減だけど鋭い観察眼を持つ刑事・弓神(浅野忠信)と、正義感溢れるが腹黒い刑事・羽生(神木隆之介)が様 …

ツバキ文具店6話あらすじネタバレと感想!天国からのラブレターに号泣

NHKドラマ10で放送中の「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語」 主人公・鳩子(多部未華子)は、代書屋を生業とする祖母・カシ子(倍賞美津子)が亡くなり店を継ぐことに。 鎌倉の温かな人に支えられながら、代書屋 …

奥様は取り扱い注意9話ネタバレあらすじ&感想 菜美vs勇輝の対決始まる!ラスボス勇輝の目的は…

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は取り扱い注意」 元特殊工作員という変わった経歴を持つ主人公・菜美が街で起こる事件を次々と解決していくというドラマです。綾瀬はるかさんの本格的アクションシーンに、夫・勇輝 …