Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

奥様は取り扱い注意最終回ネタバレあらすじ&感想 ラスト菜美射殺と見せかけ二人で新天地へ?映画,続編で完結か

投稿日:12月 6, 2017 更新日:

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は取り扱い注意」がついに最終回を迎えました!

元特殊工作員という変わって経歴を持つ主人公・菜美(綾瀬はるか)が、IT企業社長の勇輝(西島秀俊)と結婚し少しセレブな専業主婦に。

しかし、平凡な生活にも飽きスリルを求めて街で起こる問題を次々と解決していたところ…

次第に夫・勇輝が只者ではないことが判明。一体勇輝は菜美の味方か敵なのか!?

さらに、菜美の親友、優里もトラブルに巻き込まれ、京子も夫の浮気に悩み…主婦たちはどんな選択をするのか。

今回は「奥様は取り扱い注意」ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


奥様は取り扱い注意最終回ネタバレあらすじ【前半】

元特殊工作員だった菜美の人生はスリルで溢れていた。

しかし、スリルはもう十分だと思い足をあらった。

戸籍を買って別人になり、主婦になった。料理や洗濯、お友達と習い事やお喋り…菜美は平穏な生活を初めて経験した。

そんな生活を与えてくれたのが勇輝だった。

あまりに幸せすぎて儚く思えて、朝すぐに勇輝がいなくなっていないか確認するのがクセになった。

菜美は勇輝さえいれば何もいらないと思っていた。

 

菜美は、ハッカーの小雪に会っていた。

小雪から勇輝は「公安の人間だ」と言われる。

菜美の自宅の売買契約を結んだ不動産を探ると、ペーパーカンパニーであることがわかった。

ペーパーカンパニーを利用するのは大体、裏社会の人間か公安といった人間。

そのことを菜美に伝えようとしたら、タイミングよく小雪の勇輝が店に現れ、商売をしたければ菜美に嘘をつく事、菜美には二度と近づかないようにと言われたという。

 

小雪は、勇輝が店に入ってきた瞬間やばい男だとわかったという。

自分がすぐに気づくくらいだから菜美も気づかないはずがない。

しかし、菜美は恋してしまっていたから、まともな判断ができなくなっていたんじゃないと小雪は言った。

おそらく勇輝は菜美の監視のために近づいた。

しかし対象者と結婚するのは普通ではありえない。

とにかく気をつけるようにと小雪は言い残して去っていた。

 

京子の元に、合コンに誘ってきた主婦・河野が話しかけてくる。

情報通の大野さんから京子の夫・渉が浮気していることを知り、浮気は病気だから治らない。

だからストレス発散のためにもランチ会をしようと言ってくる。

すると、そこに菜美が現れたため、河野は連絡すると足早に去っていった。

 

自宅に帰った菜美は、部屋を調べ始める。

その様子を勇輝は会社のモニターで見ていた。

勇輝の部屋に部下がやってきて、ドイツの拠点を日本大使館の近くにしたこと報告する。

勇輝はカメラとマイクの設置は必要ないと言った。

菜美は勇輝に連絡を入れ、今夜は凝った晩御飯を作るから何時に帰るか知りたいと言った。

勇輝は楽しみにしてると電話を切った。勇輝は険しい表情を受けべていた。

スポンサーリンク



いつも通り帰宅した勇輝。

菜美は料理をしていた。

テーブルの上には、菜美が部屋から見つけた小型カメラとマイクが置かれていた。

 

すると次の瞬間菜美は勇輝に包丁を投げた。

しかし、勇輝はすぐさまバッグでかわす。

そして菜美はエプロンを脱ぎ、勇輝はコートを脱いだ。菜美は勇輝を攻撃し始める。

しかし、勇輝は見事な防御を見せる。

「あなたのこと信じていたのに」「騙していたのは君も同じだろ」

そういって二人は闘い始めた。しかしお互い一歩も譲らない。

 

菜美が物を投げ攻撃しても、勇輝は壊したくないからとひとつずつキャッチする。

しかし、勇輝は過って菜美を殴ってしまった。

「ごめん…」

すると菜美は、台所においていた包丁を手に攻撃する。

 

しかし、勇輝は次々と菜美の攻撃をかわしていく。

すると、飾ってあった菜美と勇輝の写真立てが落ちて割れてしまった。

菜美は攻撃を止め、お茶とコーヒーどっちがいい?と言い、勇輝はお茶…と答え、壊れた写真立てを拾った。

 

テーブルに向かい合って座る二人。

勇輝は話し始めた。

菜美が中国から来る半年前から監視をしていた。

戸籍を買ったブローカーから足がついたのだろう。

テロ対策で網を始めたころ、菜美がひっかかった。

監視を初めてすぐ、菜美が謎の特殊工作員Sクラスだと知った。

 

菜美の存在は勇輝の世界では有名だった。

カメラを通して見張っていればよかったものの、菜美が急に戸籍を入手し受付嬢になり何を考えているのかわからず混乱したという。

とにかく菜美に近づいて行動をさぐれと命令が下った。

 

だから合コンに潜り込んだ。

でも菜美と目があった瞬間勇輝は一目惚れしてしまった。

そして完全に任務が抜け落ちてしまった。

菜美を監視するという名目で上にムリを言って菜美と結婚した。

しかし、菜美を愛すれば愛するほど罪悪感に襲われそうになった。

そして、次第に菜美に手を出すのが怖くなっていった。

結婚してご無沙汰気味になったのはそのせいだった。

 

ドイツ行きは菜美が新しい人生を歩みだしたということを知ったからだった。

結婚生活1周年を迎えて何もなければ、監視を解いてもらうことになっていた。

 

しかし、菜美は誘拐事件を解決したり、殺人事件にクビを突っ込んだり…その都度、勇輝は問題にならないように後処理をしていた。

でも菜美は絶対に入ってはいけない、政治家絡みの事件に足を踏み入れてしまった。

有力な政治家を破滅させたことにより、テロリストに準ずる人物になってしまった。

 

そこで上に説得し菜美とドイツに行くことを提案したのだった。

勇輝は今日のことはなかったことにして、ドイツで新しい生活を始めようと言う。

しかし、菜美はいつまで監視されるの?勇輝が公安の人間である以上首輪をされているようなものだと言う。

 

菜美は騙されてフリをしてドイツに行くのも悪くないのかもって思った。

本心を語り合わなくても幸せに暮らしている夫婦もいる。

でも菜美はそれは嫌だった。

勇輝のことを愛しているから本音でぶつかりあいたかった。

喧嘩して仲直りしたかった。それなのに…勇輝は自分に首輪をはめたいの?愛していないのと菜美は問いかける。

勇輝は愛している。でもどうしようもないと答えた。

 

菜美は二人でどこか遠い場所に行って新しい名前で暮らそうと言うが、勇輝は、どこに行っても見つかるという。

菜美は、二人の生活を邪魔するやつは全員倒す。

だから二人でゼロからやり直そうと説得するが、勇輝は、自分とドイツに行くこと以外の菜美に待っているのは破滅だけだと言った。

菜美が決心するまで何事もなかったように暮らそう、菜美のことを幸せにする、だから信じてほしいと言って部屋を出ていった。

翌朝、いつものように二人で朝食を取り、勇輝は会社に行った。

スポンサーリンク


奥様は取り扱い注意最終回ネタバレあらすじ【後半】

京子は姑と二人で食事を取っていた。

渉が出ていって、もう帰ってこないのではと不安になっていた。

姑は人から愛されたいと思ったらそれが勘違いでもいいから愛されるに値する人間だと信じなさいと言った。

そして、もし渉が帰ってこなかったら、このまま二人で暮らしましょうと言った。

 

優里の異変に夫・啓輔は気づいていた。

優里は本当のことは言えない。

啓輔は乳がんの再検査で悪い結果が出たのではないかと心配した。しかし優里は否定し、安心してと言った。

啓輔はオックスフォードにいた時のことを話し懐かしんだ。

優里も思い出し、懐かしんだ。

啓輔は、息子の啓吾が中学にあがるタイミングでイギリスに行くかと言い、まともな論文が書けず優里に当たり散らしていたことを謝った。

そして、イギリスの件本気で考えてほしいと言った。優里は決意を固めた。

 

2日後、優里は横溝に会いに行った。

優里は、横溝の言いなりにはならず、夫には全てを打ち明けること、それで今の生活がなくなっても仕方ない。

ネットで映像を流出されても横溝のことを警察に告発すると徹底的に闘う姿勢を見せた。

横溝は、優里の度胸に免じて、旦那にバラすのも映像をばらまくのは止めるといったが逆らったらどうなるか見せしめだと、横溝の部下は優里を暴行した。

 

優里は病院に運ばれ、連絡を受けた菜美と京子も優里の病院に駆けつけた。

ケガをして眠っている優里。

暴行だとは言わず、うっかり階段から転げ落ちたことになっていた。

 

しかし、京子は優里が最近おかしかったことが気になっていた。

菜美は、優里のケガを見て、誰かに殴られたことに気づいていた。

菜美は優里の悩みが気になっていた。

すると京子は、河野が優里とランチ会をしたと聞き、おかしいと思ったという。

優里は河野のことをそんなに好きじゃなかったみたいだからと言った。

 

夕食時、いつものように勇輝は菜美に今日は何したの?と聞いてくるが、菜美は聞かなくてもわかるでしょと冷たく言う。

勇輝は優里がケガをして入院したことを知っており、菜美に立ち入らないように忠告した。

しかし菜美は、本当の勇輝は冷たい人なのね、これまで励ましてくれたり、背中を押してくれたのは演技だったのねと失望した。

 

京子は、一人眠れぬ夜を過ごしており、渉に連絡した。

渉は一人ビジネスホテルにいた。

家が恋しいという渉に京子は帰ってきてもいいと言うが、渉は浮気相手ともう別れたが京子を一生愛し続ける覚悟、養い続ける覚悟、守り続ける覚悟がまだ持てないから帰れないと言う。

京子は二人で頑張っていけばいいじゃないというが、渉は自分は男だから色んなものを背負いたい、もう京子を悲しませない男になりたい。

必ず帰るから待っててほしいと言った。

京子はその言葉に涙しながら待っていると答えた。

でもお母さんと二人で御飯食べるのしんどくなってきたからなるべく早く帰ってきてと言い電話を切った。

 

翌日、菜美は優里の病室に見舞いに来た。

そして、菜美は、誰にやられたのと聞く。

優里はごまかそうとするが、菜美は階段から転げ落ちたことは嘘だと見破り、優里を助けたいと言った。

 

優里は、なぜか菜美にはバレるような気がしていたと全てを話した。

菜美は怒りを押さえながら優里の話しを聞いた。

話し終えた優里は「軽蔑した?」と聞く。菜美は「少しね」と言い、でも優里の気持ち理解できると答えた。

旦那に正直に話した方がいい?と聞く優里。

しかし菜美はもう十分に罰を受けたし、ちょっとくらい秘密があったほうが夫婦生活は燃える。

だから裏切った分旦那のために燃えてあげてと言った。そして横溝から映像を取り戻すと優里に言った。

 

菜美は横溝の手下を待ち伏せし、鍵を入手。

小雪も駆けつけ、横溝のアジトに侵入し、映像が入ったハードディスクを持ち出した。

自宅に帰った菜美を勇輝が待っていた。

勇輝はどうして自分の言うことを利かないのかと問いかける。

菜美は友達が苦しんでいるのに見過ごす妻でいいのと言う。

勇輝は、君が一番に追い求めているのはスリルだ。

これまでの自分の人生を思い返してみろ、何よりもスリルを追い求めてきた。

自分のために大人になってくれると思っていたのに…と悲しげに言った。

菜美は、勇輝のことを二の次だと思っていない、勇輝のためにもかっこいい自分でいたいと言った。

しかし勇輝は部屋を出ていった。

スポンサーリンク



翌日、河野の元に横溝がやってくる。

河野は京子の自宅を訪ね優里のことで話しがあると呼び出した。

すると京子の自宅玄関に横溝の手下が待ち構えていた。

横溝は菜美の自宅を訪ねてきた。

「やっぱりお前か。この前見かけてこの街に似合っていない女がいると思っていた」と言い、菜美とだったら面白くやりあえそうだと電話を渡した。

電話の相手は京子で、捕まってしまったという。

菜美はすぐに助けに行くと言った。

横溝は、菜美が盗んだデータを持って指定した場所に来いと言った。

 

京子を助けに行こうとする菜美に、勇輝は帰ってきた時に自分がいなかったらもう二度と会えないと思ってくれと言った。

「もし帰ってこれなかったらごめんね」と菜美が言うと「君なら大丈夫さ」と勇輝は言った。そして菜美は家を後にした。

 

横溝に指定された倉庫に菜美は向かい、待ち構えていた横溝の手下たちに攻撃されながらも次々と撃退していく。

そして、ついに横溝残り一人となった。

すると横溝は、面白いものを見せてもらったからと京子を解放した。

菜美はこれまでやってきた悪事をバラされたくなければ、街から出ていき二度と京子たちに手を出すなと忠告した。

横溝はその条件を飲んだ。

菜美は見張っているからと言い、去っていった。

すると横溝は菜美があんな街に収まっていられるわけがない、行くところがなかったら自分のところに来いと言った。

京子を連れて倉庫を出た菜美。

京子は「今更だけど何者なんですか」と問いかける。

「今度のランチ会のときに話すね」と菜美は答えた。

菜美が欲しかったもの、それは穏やかな生活と家庭のはずだった。

愛する家族に囲まれ、愛する人の待つ帰る家がある。

京子が自宅に帰ると、渉が玄関の前で待っていた。京子は渉に抱きついた。

 

菜美は闘いの最中に気づいてしまった。菜美が欲しいものは…

自宅に帰った菜美。そこには、勇輝が待っていた。

「おかえり」

勇輝は笑顔で言った。

 

しかし次の瞬間勇輝は、菜美に銃を向けた。

「動くな」

(なんというスリル。やっぱりこの人を愛している)

菜美の家で銃声が響いた。

(おわり)

奥様は取り扱い注意最終回ネタバレあらすじ【感想】

「奥様は取り扱い注意」ついに最終回を迎えてしまいました(泣)

勇輝の正体は、菜美を監視する公安だったわけですね。

菜美をSクラスの要注意人物としてマークしていたものの、菜美に直接会った勇輝は一目惚れしてしまい、菜美を守るためにも結婚し監視していたということでした。

最終回での勇輝と菜美の本格的なアクションシーンが最高でした!

菜美は勇輝からもうこれ以上何もしないでおとなしくしてほしいと言うものの、菜美は京子を助けるために、家を出ていきます。

そして京子を助け、自宅に戻った菜美。

勇輝は出ていってしまったのか…と思いきや、菜美を待っていてくれました。

いつものように優しい笑顔で「おかえり」と菜美を出迎えた…かと思いきや、菜美に銃を向けてまさかの菜美に発砲!?という衝撃のラストでした。

菜美は亡くなってしまったのか…?というところですが、映画化や続編ドラマの話しもあるようなので、菜美は死んでいないでしょう。

新しい土地でまた二人で生きるため、菜美は死んだことにするため勇輝がわざと発砲したように見せかけたのかなと思います。

また、スリルが好きな菜美に合わせて勇輝がスリルを演出したのかなとも思いましたね。

本当の完結は映画や続編SPとなるかなと思いますので、楽しみに待ちたいと思います!

【奥様は取扱い注意】もう一度見たい方はHuluで!今なら”無料”視聴実施中

※紹介している作品は、2018年10月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。 

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


  1. 岡べや安西には要注意? より:

    ラストシーンが意味不明な謎めいた終わり方であると受け止められていますが、
    普通に考えれば、跡をつけて来た追っ手を西島役が撃ったと云う風な解釈が適当
    でしょうし、万一そうでない場合は、玉山役と西島役は仲間であったと云うこと
    になる?のでしょう。(恐らくは前者でしょうが、視聴者が混乱して怒ったのも
    うなづけます。)
    更に深読みをすれば、悪役の玉山役やその組織が何なのかで論評は変わりますが、
    実は現実事件をモチーフとして都合良く処理すべく作られたストーリーであると
    思しき作品が昨今少なからず見受けられるように感じます。
    その場合は、西島役が綾瀬役に玩具の空砲でちょっと驚かせて、制作陣や放送局
    に問題があるとすべきケースも考え得りますね。本作品はまだマシな部類に入る
    でしょうが、酷く悪質な作品も存在するようです。拝

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハゲタカネタバレあらすじ結末の復讐劇が衝撃!鷲津,芝野や登場企業モデルもまとめてみた

綾野剛さんが主演を務めるドラマ「ハゲタカ」がスタート! これまで映画化、ドラマ化もされ原作小説は累計240万部を突破している人気作が連ドラとして始まります。 伝説の企業買収家と言われる鷲津が、負債を抱 …

dele2話ネタバレあらすじ感想 詩織が依頼を取り消した本当の理由は復讐だったのか?

山田孝之さん、菅田将暉さんが出演する「deleディーリー」が放送され早くも面白い!と好評のようです。 依頼人が亡くなった場合、スマホやパソコンなどデジタルデバイスから内密にデータを抹消する仕事をする圭 …

健康で文化的な最低限度の生活ネタバレ結末 ショッキングな内容に心が痛むがえみるの奮闘する姿に涙!

吉岡里帆さんが主演を務めるドラマ「健康で文化的な最低限度な生活」 公務員となった主人公・えみるは、生活課に配属となる。そこで新人ケースワーカーとして様々な生活保護受給者たちに向き合いながら寄り添ってい …

西郷どん5話ネタバレあらすじと感想 吉之助,斉彬に相撲で勝利し投獄されてしまう‥

NHK大河ドラマ「西郷どん」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 前回第4話では、赤山先生の無念の死から、ついに斉彬が動き出し新たな薩摩の藩主となりました。 新たなキャストも加わり、益々盛 …

わろてんかネタバレあらすじ6週(31~36話)&感想 夢の寄席探しダメ男藤吉は挽回できるのか

朝ドラ「わろてんか」第6週目(31~36話)のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 第5週では… 北村屋の借金を返すため、キースが持ちかけた海外のパーマ機を購入し一発逆転の勝負にでた藤吉。店 …

カテゴリー