Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

奥様は取り扱い注意9話ネタバレあらすじ&感想 菜美vs勇輝の対決始まる!ラスボス勇輝の目的は…

投稿日:

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は取り扱い注意」

元特殊工作員という変わった経歴を持つ主人公・菜美が街で起こる事件を次々と解決していくというドラマです。綾瀬はるかさんの本格的アクションシーンに、夫・勇輝を演じる西島秀俊さんとのラブラブシーンも話題となっていますね!

さて前回では、菜美の近所で立て続けに空き巣被害が発生。そして菜美の自宅にも留守中に空き巣が侵入し、勇輝が偶然犯人と鉢合わせしてしまいます。

夫が傷つけられ、愛の巣に入られたことにも腹を立てた菜美は犯人をおびき寄せ、撃退。これまであっさりと男たちを叩きのめしてきた菜美ですが、今回ばかりは相手はプロだったようで苦戦。それでも最後には犯人を撃退し、街には平和が戻る…という話でした。

しかし、プロに襲われたはずの勇輝が無傷だったことからも勇輝は只者ではない…と確信へと変わり始めた菜美。

一体夫は何者なのか!?そして菜美の親友、京子や優里もそれぞれ家庭での問題を抱えており、それぞれの夫婦が一体どうなっていくのか。

今回は「奥様は取り扱い注意」第9話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


奥様は取り扱い注意9話ネタバレあらすじ【前半】

なぜこの人と結婚したのだろう。優里は最近夫・啓輔の顔を見るたびにそう思うようになった。出会った頃はこの顔を見飽きることもないと思っていた。

優里は今の生活に息苦しさを感じていた。それを言い訳にしたくないと思いつつも、優里は合コンで知り合ったイケメン年下男性・安西と度々会っていた。安西と会っている時は息抜きができた。

安西と会った帰り道、優里は30半ばの一人の主婦・浦辺とすれ違う。浦辺の様子がおかしかったのが少し気になった。その後浦辺は、自宅で自ら命を絶った。

菜美、京子、優里は浦辺のお通夜に出かけた。表向きは急不全だとされているが、優里は昼間すれ違った浦辺の様子がおかしかったのが気になっていた。京子が、情報通の大野さんから本当の死因は自殺だった菜美と優里に知らせる。

お通夜には横溝(玉山鉄二)と手下たちが浦辺の葬儀の様子を見に来ていた。横溝は手下の男たちに「一人いなくなった分、もう一人すぐに補充しろ」と指示をする。横溝が車でその場から去ろうとした時、菜美の姿を見かけじっと見つめた。菜美も横溝の姿に気づきじっと見つめていた。

お通夜を終え、自宅に帰った菜美。勇輝も仕事から帰宅していた。すると勇輝の会社がドイツに支店を出すため、菜美に一緒に来てほしいと言う

準備もあるため1ヶ月後にドイツに行きたい、菜美に支えてほしいと菜美の手を握った。菜美は、前向きに考えてみると答えた。

その頃優里は、啓輔から年賀状の宛先リストを渡され準備するように言われていた。優里は、浦辺が旦那と子供を残し自殺したことを啓輔に話し、浦辺さんは孤独だったのかな…と呟いた。

しかし、啓輔は旦那も子供もいてどこが孤独なんだと冷たく言う。家族でも全てはわかりあえないと言う優里だが、啓輔は分かり合えるように努力すればいい、そうすれば孤独なんて感じないと言った。

優里は「あなたは私が何を考えているかわかる?努力してくれている?」と問いかける。すると啓輔は、優里は求めるばかりで与えようとしないと子供扱いした。優里はその言葉に失望した。

自宅に帰った京子。リビングにいる姑に明日の夜に出かける、遅くなるかもしれないと覚悟を決めた顔で話す。姑は気をつけていってきなさいと京子の気持ちを受け取った。

翌日、勇輝が仕事に出かけたのを見送った菜美はハッカーの小雪のもとを訪ねた。そして、勇輝の身辺調査を依頼。小雪は結婚する時に勇輝のことを深く調べなかった菜美に、なんでそんな不用心なことしたのと言う。

菜美は、彼に対しては普通の女として接したかった。それに彼は信じられるのような気がしたし…と言う。すると、小雪はあんたがそんな風になるなんてよっぽど心を持って行かれたのねと言った。

菜美にとって勇輝は初めての一目惚れだった。小雪はそれは厄介でやばい、一目惚れって言うのは理屈じゃない菜美は直感的に一番ほしいものを選択したっていうこと。お金、名誉、安定した生活ではない、菜美自身がほしいものを、その人が与えてくれると思ったから惚れた。不都合なことには目をそらしてこのまま生きていくのが幸せかもと小雪は言う。

しかし菜美は調査を依頼した。そして勇輝の情報を渡し、小雪は調べ始めた。

その頃、とあるホテルでは横溝の手下たちに案内され、男が待つ部屋に次々と女性が入っていった。

その夜、京子は仕事終わりの渉を尾行していた。渉は会社を出た後、喫茶店で誰かを待っていた。京子が渉に今何しているの?とラインしてみると、まだ残業中だと明らかに嘘の返事が。

すると渉の元に、一人の女性が現れそのまま渉とホテルに入っていった。京子は改めて旦那の浮気現場を目撃し落ち込んだ。

菜美は小雪から連絡を受け取った。しかし勇輝について怪しいところは見つからなかったと言う。勇輝は間違いなくカタギの人間で、会社も健全。だから安心して普通の主婦生活を楽しみなと言われ電話を切った。

そう報告した小雪の後ろには勇輝の姿があった。

スポンサーリンク


奥様は取り扱い注意9話ネタバレあらすじ【後半】

渉の浮気現場を目撃した京子は落ち込んでいた。やがて渉がご機嫌で帰宅。元気がない京子にどうしたの?と問いかける。京子はただ疲れているだけと答えた。

勇輝が仕事から帰宅。菜美はいつも通り出迎える。勇輝はいつものように今日は何していたの?と問いかける。1日のことを話した菜美。そして、ドイツ行きについて一緒に行くと言った。勇輝は喜び、菜美のことをいつまでも大切にすると言った。

(彼女の言葉を信じていいのだろうか。本当は今何を考えているのだろうか)勇輝はそう思っていた。

翌日、菜美が出かけようとしていると京子が話しかけてくる。京子の異変を感じとった菜美は優里も呼び、菜美の自宅で京子の話しを聞く。京子は、渉が浮気しているのを見たと打ち明けた。

旦那のこと許せるのと問いかける菜美。京子は、自分の過去のことを話し始めた。

京子は、母子家庭で育った。勉強もそこそこで自分を誇れるものが何もなかった。母親は狭いアパートの部屋で男を連れ込み、京子は1日でも早く家を出たいと思っていた。だから高校生の時アイドルになって家を出ていこうとした。でも現実はうまくいかなかった。そんな時高校の同級生に告白された。

その相手は全然タイプじゃない地味な男の子だった。でも自分にないものを持っていた。佐藤というありふれた名前と広くて大きな家。それが渉だった。

京子は渉と結婚すれば自分の人生を一気に変えることができる一発逆転だと思った。だからそんなに好きでもないのに渉と付き合うことにしたという。あの頃は人生最後のチャンスだと思ったという。

渉は付き合ってみると思ったよりいい人だった、優しくて笑顔も可愛かった。高校を卒業して、京子はデパートの販売員になり渉は大学生になった。やがて渉が就職するのをきっかけに京子が急かすような形で結婚に持ち込んだという。

京子は、自分が渉を利用したと言う。そんな自分が一度や二度浮気されても文句を言える筋合いじゃないと思って渉の浮気もやり過ごそうと思っていた。

でも昨夜渉が浮気して家に帰ってきて取り繕う笑顔を見せた時、この笑顔を誰にも見せたくないと思った。これまで長い間一緒にいて初めてそう思ったと渉の大切さに気づいたのだった。

だから、渉ときちんと話し合って、もう一度最初からやり直すつもりで頑張ると言った。菜美と優里も応援した。京子の姿に優里は複雑な表情を浮かべた。そんな優里の異変を感じる菜美だった。

その夜、渉は京子に残業だから夜ご飯いらないと言う。しかし京子は「残業をやめて。家のこともお母さんのことも大好きだから残業なんてしないで早く帰ってきて」と言う。渉は意味わかんないと部屋を出ていくが、姑が渉を席に座らせる。

渉が小学生の時、父が1ヶ月くらいいなくなった時があった。その時父の残業があまりにも多かったから出ていってもらったと姑が話す。そして「家を疎かにする男は今すぐ出ていきなさい、家の主として一人の男として京子の思いに答える覚悟ができたら戻ってきなさい」と言った。

渉は動揺して部屋を出ていった。迫力凄かったです…という京子。姑は、あなたも早く子供を産んで母親になればそこそこ貫禄が付くわよと言った。

スポンサーリンク



翌日、優里は安西と約束しているレストランに向かった。部屋に入ると安西が先に待っており、優里をエスコートする。そして優里に「キレイです」と言って、キスをしようとした。優里はキスをする安西を止め、もう会えないと言う。

それでも安西は優里に「好きです」と訴える。優里はキスをしようとする安西から何度も抵抗するが、ついに受け入れてしまった。

その頃、スーパーで京子はある主婦と再会。その主婦は以前優里に合コンを誘い優里と安西を引き合わせた女性だった。京子にも息抜きにランチをしようと言い、先日優里とも一緒にランチしたと話す。そしてまた連絡すると言い去っていった。

安西と情事を終えた優里はさよならと言いレストランを後にした。

勇輝の会社の部屋に部下がやってくる。「例の案件どうなっていますか?」と問いかけられ、勇輝は順調だと報告。すぐに勇輝は菜美に連絡を入れた。菜美と他愛もない話しをして電話を切った勇輝。パソコン画面には、菜美の部屋を監視するカメラの映像を見ていた。

夕食時、啓輔はクリスマスに久しぶりに旅行にしようかと言い、優里は動揺する。「努力してほしいんだろ…?」優里は啓輔の優しさに触れた。

京子は、お姑さんと二人で食事をしていた。もしあの人が戻ってこなかったらどうなるんでしょう…?お姑さんはその時はその時よとあっさり答えた。

その日の夜、菜美、優里、京子は眠れぬ夜を過ごした。

そして翌日、菜美たちはいつものようにランチ会を開いた。それぞれの葛藤を忘れるように知り合った頃のように無邪気に過ごした。

理想の夫婦について話す3人。目に見えない約束で結びついている他人なのに死ぬまで一緒にいる相手でしょ。色々あってもそれを許して身近な存在になっているから離れられなくなる。理想の夫婦ってどんなことがあっても離れられなくなった二人のことを言うんじゃないかなと京子が言った。

3人は楽しくお喋りをした。こんな時間がいつまでも続けばいいと思った。でもこの日が3人にとっての最後のランチ会になった。

菜美の迷いは消えた。菜美は理想の夫婦を目指すことを決めた。

優里も安西を呼び出し、別れを切り出そうとした。しかしいつもの安西と様子が違う。優里は昨日のことを忘れてほしいと言いかけると、横溝と手下の男たちが現れ席についた。

昨日安西と楽しんだ一部始終を録画したという。昨日のレストランにはカメラがしかけられていたのだ。

「何が目的?お金?」優里はただの主婦だからお金は自由にならないと言う。すると横溝は旦那のことも子供のことも全部知っている。今の生活を無くしたくないなら、優里に体を売るように命じた。3日後に返事を聞くと言い去っていった。

その頃、菜美は小雪をあるホームセンターのトイレに呼び出した。

「私に話さなくちゃいけないことがあるでしょ。あんたが普通の主婦生活を楽しめって言うなんておかしいもんね。本当のことを教えて」

愛する人との対決の時が近づいてきていた。

(第9話おわり)

奥様は取り扱い注意9話ネタバレあらすじ【感想】

後半に入り怒濤の展開を迎えている「奥様は、取り扱い注意」

勇輝のことを怪しんだ菜美はハッカーの小雪に、勇輝のことを調べるように依頼。その後、小雪からは何にもなかったよと連絡が入るものの、報告をする小雪の後ろには勇輝の姿が…!さらに、自宅にカメラを仕掛け勇輝が菜美の様子を監視しているという事実が発覚。

勇輝は一体何者なのか気になって気になって仕方がない!

でも、小雪が「普通の主婦を楽しみなさい」と言っていること(言わされている)ことや、勇輝がドイツに一緒に行ってほしいと菜美を愛している様子は伝わってきますので、やはり勇輝は菜美の味方で守ろうとしているのではないかなと思います。

優里を引っ掛けた横溝も何か絡んでいる気がしますね。横溝が菜美たちの街に近づいてきていることからも、菜美を救出すべく動いているとか…?

うーん。どちらにしても菜美の味方であってほしい!!

あと優里も意外な過去があるとかで…。何かまだあっと驚く展開が隠されていそうですね。

早くも来週最終回を迎えるようですが、すでに年末SP版や映画化も決定しているとのこと。来週で一応完結するとのことなので、ひとまず勇輝の正体は来週わかりそうです。

来週も見逃さないようにしたいと思います。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BORDER贖罪ネタバレあらすじ&感想 魂を救うため闇の世界を選んだ石川!続編にも期待

小栗旬さん主演の人気ドラマ「BODER」がスペシャルドラマとして返ってきます! 連ドラ最終回では、主人公・石川安吾(小栗旬)が子供の命を奪った犯人・安藤(大森南朋)を追い詰めるものの、証拠が見つけられ …

カンナさーん1話ネタバレあらすじと感想!夫の不倫&離婚でカンナシングルマザーに!

渡辺直美さん主演ドラマ「カンナさーん」がスタート! パワフルで超ポジティブな主人公・カンナさーんが、仕事に、家族に、育児に、嫁姑問題と目の前に立ちはだかる困難に次々と乗り越えながら奮闘していくドラマで …

悦ちゃん原作ネタバレあらすじ結末まで!ラスト悦ちゃんの驚きの行動に涙!

ユースケ・サンタマリアさん主演のNHK土曜ドラマ「悦ちゃん」 さえない作詞家・柳碌太郎は妻に先立たれ、10歳になる悦子(悦ちゃん)と女中のうめさんとの3人暮らし。 妻・秋子が亡くなってから3年…。さえ …

過保護のカホコ1話ネタバレあらすじ&感想!高畑充希の可愛さ全快で癒されるホームドラマ!

高畑充希さん主演ドラマ「過保護のカホコ」 主人公・加穂子(高畑充希)は両親、親戚にも激愛され甘やかされて育ってきた超がつくほどの箱入り娘。そんな時、カホコとは正反対の環境で育ってきた画家の麦之初(竹内 …

黒革の手帖ネタバレ原作小説の結末!ラスト元子に訪れる衝撃の悲劇が恐ろしすぎる…

松本清張作品「黒革の手帖」が武井咲さん主演でドラマ化! 地味な銀行員だった主人公・原口元子(武井咲)が黒革の手帖を武器に、銀行から大金を横領。 横領した資金を元に銀座にバーをオープンさせ、欲望が渦巻く …