Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

奥様は取り扱い注意6話ネタバレあらすじ&感想 勇輝,公安か刑事で菜美を守るため監視中?

投稿日:11月 8, 2017 更新日:

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。

元特殊工作員の主人公・菜美が街で起こる事件を次々と解決していくというドラマ。綾瀬はるかさん演じる菜美の本格アクションシーンに、夫・勇輝(西島秀俊)とのラブラブシーンが話題になっていますね。

ドラマもついに後半戦に突入。今回は「奥様は取り扱い注意」第6話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


奥様は、取り扱い注意6話ネタバレ【前半】

菜美は京子(本多翼)に付き合わされフラワーアレンジメント教室に通い始めていた。そんな中、同じ教室に通う冴月(酒井美紀)から町内会報のインタビューをしたいと言われ、菜美は引き受けることにし、翌日19時に冴月の家に来て欲しいと言われた。

翌日のお昼スーパーに立ち寄った菜美をじっと不気味な笑顔を浮かべて見つめる男がいた。すると、その男の隣に冴月が現れた。その男は冴月の夫だった。冴月の夫は、駅前で歯医者をしているという。

スーパーで菜美に気づいた冴月が声をかけてくる。冴月は「また教室で」と言い去ろうとするが「インタビュー今日ですよね?」と菜美が言うと、思い出したかのように「そうでした。うかっかりしていた」と言い去っていった。

約束の時間、菜美が冴月の自宅を訪れると、同じくフラワーアレンジメント教室に通う靖子(芦屋星)と千尋(原田佳奈)も菜美のインタビューが終わった後、アレンジメントの勉強会をする約束をしていると自宅前にいた。

靖子がインターフォンを押すが応答がない。靖子に冴月から連絡が入り、車で買い物に出たら渋滞にハマってしまい30分ほど遅れるから、先に自宅に入っておいてと言われる。鍵の隠し場所を教えてもらい、自宅に入ろうとする靖子と千尋

鍵は、玄関近くの花壇の中に隠されていた。靖子が鍵を開けて中に入ろうとするが、元々鍵がかかっていなかった様子。そのまま入ろうとする靖子だが、菜美は鍵がかかっていない家に入るのは怖い気がする。ここで待っていようと言う。

しかし靖子たちは、この家にはしょっちゅう入っているし我が家みたいなものだからと部屋に入っていく。菜美も、後からついていき、真っ暗な自宅にあがる。

豪華な家に驚く菜美。そして、リビングのドアを開け電気をつけると、室内では冴月の夫が胸を刺されて亡くなっていた。菜美はすぐに警察に連絡。

やがて、警察がやってきて、冴月も急いで帰宅。冴月は自宅に入ろうとするが現場検証中のため玄関で止められてしまった。

勇輝、京子、優里が現場に駆けつけ菜美と一緒に帰宅。翌日、警察に事情を説明することになっているという菜美に勇輝も一緒に付き合うという。

京子は、興味津々で現場の状況を聞いてくる。死体の着衣は乱れていなくて、夫は油断した隙に頭を鈍器なようなもので、殴られ意識が朦朧とした時に刺されたのだろう。菜美たちがリビングに入った時傷口からの血は広がっていなかったため、菜美たちが家に入るほんのすこし前に命を奪われたのだろうと推測していた。

冴月の夫は、イケメンで金持ち、歯医者で主婦からの評価も高かった。密かにアピールしている人もいて、冴月は夫の自慢もしていてから夫婦仲もよかったはずだという京子たち。

菜美は、日時を指定されて行ったら旦那さんが亡くなっていたことが気になっていた。もしかして事件の背景には深刻な動機があるかもしれないと言った。

勇輝は、捜査が進んだら色々わかるだろうし、今は色々考えすぎないようにした方がいいと言った。翌日警察にて事情を聞かれる菜美。被害者のことを聞かれ昨日スーパーで初めて会っただけだと答えた。

菜美は、死体のリビングは荒らされた形跡がなかった、他の部屋はどうだったのかと警察に逆に質問。警察によると、家の中はどこも荒らされおらず、外部からの侵入もないという。犯人は玄関脇におかれた合鍵を使って部屋に侵入したのだろうと言った。

取り調べを終えた菜美。ロビーで待っているはずの勇輝の姿が見当たらない。菜美が警察内を探すと、勇輝は誰かと話をしていた。話し終えて菜美の元へやってきた勇輝。大学の同僚にばったりと会い、警察の総務課に勤めていると知り話していたという。

周囲からは円満な関係だと思われていた冴月夫婦だが、報道が過熱し冴月には男の影があると噂され、いつしか冴月が犯人扱いされるようになっていた。

しかし、京子は冴月夫婦は軽井沢に別荘建てている最中だったみたいで夫婦仲は悪くないと聞いたという。菜美がスーパーで会った時も仲が悪そうに見えなかったというが、優里は夫婦の間には、周りにはわからない悩みを抱えている場合もある、愛情が深ければ裏切られた時の憎しみは深くなると言った。

冴月は死亡推定時刻の前後に車に乗っていたことが証明されたものの、警察は吉岡に男の影がなかったのか聞いて回っているという。

スポンサーリンク


菜美は冴月の家を訪れ、話しをしたいと言った。

冴月は、誓っても自分はやっていない不仲でもなく愛人もいないと話す。菜美は「旦那さんのこと愛しています?」と問いかけると、冴月は「愛していた」と言い、どんな理由があっても私は命を奪ったりしないと言った。

菜美は、盗みが目的なら犯人はわざわざ人がいる時に盗みには入らない。合鍵を使うなら人がいない時がいい。犯人の目的が盗みじゃないとしたら…旦那さんを襲った動機は何でしょう…。何か思い当たることはないですかと問いかけるが、冴月はわからないと言った。

菜美は靖子と千尋の連絡先を教えてもらい、二人を喫茶店に呼んだ。冴月の旦那ことどれくらい知っていたかと問いかけるが、二人はほとんど知らないと答えた。

冴月の家にはしょっちゅう行っていて我が家みたいなものって言っていたことを菜美が指摘するが、遊びに行っても旦那さんがいない時が多かったと言う。

菜美は、事件があった時の昼間、スーパーで冴月の旦那に偶然会い、ひどく無遠慮な目で見られ気がしたと言うが、靖子は男だもの仕方ないと言った。菜美はあの目つきは異常な感じがしたと言うと、靖子たちの顔がこわばった。

二人はそんなこと感じたことはないかと問いかけるが、靖子たちはないと言い、事件当時、家の窓を開け閉めしている音が聞こえ、リビングから庭に通じる窓の鍵が空いていたと警察が言っていたから、強盗が逃げたのだろうと言った。

もし実際に逃げた人がいてどうして、それを強盗だと決めつけるんですか。他の動機があったかもしれない…という菜美だが、靖子は強盗だったら冴月さんの名誉が傷つかなくて済むと言い、これ以上余計なことを言いふらさないでと喫茶店を出ていった。

その夜、京子は夫・渉(中尾明慶)に冴月の事件について話すが、渉は全く関心を示さない。渉は携帯に誰かから連絡が入るがすぐに切り、その様子を見た京子は怪しんでいた。

優里は、夫・啓輔(石黒賢)から小腹がすいたから何か作って欲しいと言われ作り始める。啓輔は、ふと、テーブルに置いてあった優里のスマホにラインのメッセージが入ったのが気になっていた。こっそり見ようとするがロックがかかっているのに疑問を抱く。

優里が料理を運んできて、スマホを持ってキッチンへと戻った。先日誘われた合コンは事件のこともあり、延期になったという連絡だった。

翌日、街のとある家で起きた夫婦喧嘩が、事件と無理やり結びつけられマスコミの報道は過熱していった。

スポンサーリンク


奥様は、取り扱い注意6話ネタバレ【後半】

菜美には、犯人の見当がついていた。犯人は冴月、靖子、千尋の3人。そして実際に手を下したのは靖子と千尋。

あの日の夜、靖子と千尋は菜美が到着する少し前に旦那に自宅に招き入れられ、隙をついて、千尋が鈍器で頭を殴り、冴月が胸を刺したのだろう。返り血を浴びないためナイフはそのままにし、強盗に見せかける細工をして家を出て玄関で菜美を待った。

菜美は二人のアリバイ作りのために利用されたのだった。そして二人の犯行を手引したのが冴月。何らかの理由があって二人に手を貸した。

その理由とは…

冴月に旦那への愛を聞いた時、それに嘘は感じられなかった。また靖子たちからは、人の命を奪った罪悪感は感じられなかった。ただ理由が何であろうと人を殺めたことには違いない。罪を認め償うべき。この街を巻き込んだことを反省すべきだ。菜美はそう考えていた。

菜美は、千尋の家に侵入し、当日千尋が持っていたバックを入手。冴月、靖子、千尋を家に呼び出した。

そして、入手した千尋のバックを見せ、内側にはハンマーに付着した冴月の旦那さんのDNAと血痕が残っているはずと言った。

捨てとけばよかったという千尋。人の家に盗みを入ってまでこんなことするなんて、脅迫してお金で揺するつもりなの?と靖子が言う。

菜美は、自首してほしいと言った。お金でも痴情の縺れでもない理由があったはず。そして自分の夫の命を奪わざる得ない理由。その覚悟を美しく閉じたかったら自首するべきと言い、結論を出す前に動機を教えて欲しいと言った。

靖子が話し出す。3人は偶然半年前にフラワーアレンジメント教室で知り合った。それまでは顔見知り程度だったが、ちゃんと話したら同い年で同じ短大だったことがわかって仲良くなった。

ある日、冴月の自宅に食事に行った時、あいつに再会した。あいつとは冴月の夫のことだった。

15年前。学生時代にサークルであいつと出会った靖子。あいつは有名医科大学の学生でまともな人間に見え、デートに誘われて、オシャレなレストランに行ってバーに連れて行かれたという。そして意識を失って気づいたら部屋に連れ込まれ、襲われた。

告発することも考えたけどできず、それからの15年間悪夢を忘れようと必死に生きてきた。偶然とはいえ、再会しあいつは靖子のことを覚えてなかったという。

学生時代と変わらない笑顔で初めましてと笑いかけ、恐怖と屈辱で吐きそうになりそうになるのを押さえていたところ、隣で千尋が小さく震えているのに気づいた。

千尋も同じく、あいつに襲われた過去があった。千尋はその日から男の人と付き合えるようになるまで5年もかかった。

でもあいつは罰せられることもなく成功者として幸せそうに暮らしてた。あいつと再会したことは運命のようなものに感じ、やるべきことをやれと命じられてる気がした。私が幸せになるために選んだこの街にあいつがいることが許せなかったと話した。

私たちは秘密を打ち明けた日から、あいつを殺すことに取り憑かれてしまった。それ以外のことはどうでも良くなってしまったと靖子が言った。

スポンサーリンク



二人の様子がおかしいことに気づいた冴月。食事会を終え、二人が冴月を避けるようになり、理由が知りたく問い詰め、その話を聞いた。信じたくなかったが、自分と夫しかしらないはずのことを二人は知っていた。それを聞いて確信した冴月は夫が異常で、残酷な犯罪者だと知った。

冴月は、女性の痛みを見過ごすことができなかった。夫から傷つけられた被害者は2人とは思えず、二人のことを忘れてしまうくらい罪を重ねてきたに違いないと思ったという。

この街にも被害者がいるかもしれないと思うと夫は罰せられるべきだった。でも一度は真剣に愛した人に直接手を下すことはできず、冴月は二人にお願いした。

靖子は、冴月は悪くない、罪を背負うのは私たち二人だけでいい、女たちの痛みを癒せるなら犯罪者として罰せられても良い…と言った。

菜美は、自首するかはあなたたちに任せる、告発しないと言った。ただし自首をしないならこの街から出ていって。罪を犯した人間がそばにいるのはあなたたちも耐えられなかったように私も耐えられない。そして決断の後にこのバックは菜美が処分すると言った。

冴月は菜美に、夫は初めて私を抱いた時一生忘れられない経験にしてあげるってそれは私と夫だけの言葉だったはずなのに…と言い、涙した。

そして、菜美に何者なの?と問いかけてくる。菜美は「私を巻き込むべきじゃなかった」と言った。

3人は自首をしなかった。事件は解決しないまま女たちの悲しい過去とともに埋もれていくことになった。

その夜、勇輝が帰宅し、菜美はリビングで一人考え込んでいた。菜美は「男として生まれて悲しいと思ったことがある?」と問いかける。勇輝は「男は法律を作るために生まれ、女は自然を保持するために生まれる」と何かの本に書いてあったと話す。

「男は多分本当の悲しみを知らない生き物なんだ。悲しいの…?」「ちょっとだけ」勇輝は菜美の隣に座り、菜美を抱き寄せた。

心臓の音が聞こえる。愛する男の鼓動を聞くだけで悲しみが薄れていく。やっぱり私はただの女だ。菜美はそう思った。

(第6話おわり)

奥様は取り扱い注意6話ネタバレ【感想】

第6話が終了しました。

今回は切なくなるような内容でした。まさか同じ町内に、2人も同じ男に襲われた被害者がいるとは…幸せを手にして穏やかに暮らしていた中、まさかの再会…。

結局3人は菜美には打ち明けたものの、自首はせずに街から去っていきました。後味が悪い終わり方となりましたが、それだけ3人の覚悟が強かったのでしょう。

さて、先日菜美に近づく怪しい男の影がありましたが、今回は全くそういう気配もなく…。しかし、勇輝が同級生だという警察官と話すシーンがありましたが、勇輝は公安か刑事なのでしょうか。というかもはや他ドラマの影響か、そうとしか見えなくなってきました(笑)

菜美に近づく怪しい男から菜美を守るために監視し、菜美が男たちに襲われ絶体絶命になったところで勇輝の正体が明かされるという結末になるのかもしれません。菜美と対決…という結末ではなくハッピーエンドで終わってほしいです。

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」も残り数話となりました。ラストに向けてどんな展開があるのか楽しみです。

【第7話ネタバレあらすじはこちら】

奥様は取り扱い注意7話ネタバレあらすじ&感想 勇輝が黒幕の可能性も?菜美の味方であってほしいが…

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ごめん、愛してる9話ネタバレあらすじと感想!律と凜華,別れのカウントダウン始まる

長瀬智也さん主演ドラマ「ごめん、愛してる」 前回までのあらすじ… 過去の事件により、余命僅かの主人公・律(長瀬智也)は韓国へと帰国しようとします。そこに凜華(吉岡里帆)が現れ、引き止めますが、その様子 …

監獄のお姫さま5話ネタバレあらすじ&感想 姫と勇介の別れに号泣!晴海が吾郎への復讐の可能性も?

クドカンが手がけるドラマ「監獄のお姫さま」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 EDOミルク社長の吾郎(伊勢谷友介)と妻・晴海(乙葉)の息子・勇介くんは、実は姫(夏帆)が刑務所内で産んだ子 …

ごめん、愛してる7話ネタバレあらすじと感想!サトルが凜華に告白&身を引く律の姿が切ない…

長瀬智也さん主演ドラマ「ごめん、愛してる」のネタバレあらすじについてまとめています。 ようやく動き始めた律(長瀬智也)と凜華(吉岡里帆)の恋。 さらに、世界的指揮者の不倫の末、律を産んだ麗子(大竹しの …

トットちゃんあらすじネタバレ第1週(1~5話)&感想!トットちゃん誕生前父と母のなれそめ

2017年4月からテレビ朝日のシニア枠としてスタート昼ドラ。 10月からは黒柳徹子さんの半生を題材にしたドラマ「トットちゃん!」がスタート。 物語は、トットちゃんこと黒柳徹子さんが誕生する前から始まり …

愛してたって、秘密はある1話ネタバレあらすじと感想!恐怖のメール&父を掘り起こしたのは誰?

福士蒼汰さん主演ドラマ「愛してたって、秘密はある」 主人公・奥村黎(福士蒼汰)は、中学生の時、父からDVを受ける母を守るため、発作的に父の命を奪ってしまう。そして、亡くなった父の遺体を自宅の庭に埋め、 …

カテゴリー