Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

監獄のお姫さま7話ネタバレあらすじ&感想 裏切り者は一体誰?女優の恐ろしい過去も明らかに…

投稿日:11月 28, 2017 更新日:

クドカンが手がける人気ドラマ「監獄のお姫さま」

回を重ねるごとに話題となっていますね。先が見えない展開に見ていてどういうラストが待ち受けているのか楽しみなドラマです。

前回のあらすじは…

吾郎は晴海と結婚し子供を望んだものの、吾郎が子供ができない体であることが判明。落胆する吾郎に晴海はそれでもあなたがいれば幸せだからと二人で生きていく道を選びます。

しかしその後、姫の母親から実は姫が刑務所で吾郎との子供を出産したことが知らされ、吾郎は母を言いくるめて引き取り、やがて晴海と自分の子供として育てます。

さらに刑務所では、一度仮釈放されたしゃぶ厨が再び犯罪に手を染めてしまい刑務所に戻ってきます。一度外の世界に出たしゃぶ厨から、外の世界を知らされ、自分たちに帰る場所も待っている人もいない…と知った女囚たち。

そんな何もかも失ってしまった彼女たちだからこそ、姫から勇介を奪った吾郎に復讐することを決意する…という話しでした。

【前回第6話詳しくはこちら】

監獄のお姫さま6話ネタバレあらすじ&感想 勇介は吾郎の子供ではない?姫が裏切り者の可能性も…

今回は「監獄のお姫さま」第7話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので結末を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


監獄のお姫さま7話ネタバレあらすじ【前半】

ふたばは刑事に取り調べを受けていた。過去に刑務官だった経歴から、勇介と吾郎誘拐犯と何か関係しているのではないかと疑われていた。さらに偽名を使って吾郎の秘書として働いていたことも指摘され、晴海からも本当のことを話してと言われる。

ふたばは、姫が刑務所でトップに君臨し、財テク、女優、姉御、カヨを従えていたと話した。そして、こっそりカヨたちに警察に問い詰められていると助けを求めた。連絡を受け取ったカヨたちは慌てふためいていた。

ふたばは、奴らが獄中で復讐計画を企てていることを知り、吾郎社長に伝えたところ守って欲しいと言われた。だから法務署に許可を取り、秘書になりすまし、社長を守っていたと刑事に話した。ふたばの話しを鵜呑みにした刑事は謝罪。

カヨたちはふたばからの連絡を受け音声を変えて社長室に連絡。そして、6年前に起こった爆笑ヨーグルト事件姫の裁判のやり直しを要求すると言った。

しかし勇介の声が聞こえ泣き出すカヨ。ふたばが慌てて電話を取り、わざと暴言を吐いた。

<2014年>

カヨは長谷川刑事に獄中結婚を前提に獄中交際を申し込まれていた。しかしカヨが出所するまであと2年。

長谷川は「長っ!」と言い、一回持ちかえると言った。でも面会に来るようになり、会う度に印象が違うカヨを見てドキドキしたりウキウキしたという。カヨは「私もドキドキする。面会と言われる度にウキウキする」と言った。

部屋に戻ったカヨは、女囚たちと吾郎復讐に向けての1回目の作戦会議を始めた。会議の議題はどうやって吾郎を取り押さえるかだった。

カヨはきちんと法的処置を取って、姫の無罪を勝ち取ることだと言う。最終目標は裁判をやり直して、姫の冤罪を取り戻すこと。

しかし吾郎をどうやって法廷に連れて行くか。財テクは落とし穴で捕まえようと言い、姉御は灰皿でドーンだ!と持論を言い出す。

カヨは冷静に…と言いながらも、女囚たちはそれぞれの話しで盛り上がっていた。

<2017年>

当時のことを思い出していたカヨたち。色んなアイディアを出し、結局姫のスタンガンの案が採用されたのだった。

そして刑務所って意外とちゃんとした生活していた、忙しくてぼーっとする時間なかったと思い出話に話が変わっていった。

あの頃のカヨたちは復讐だけが生きがいだった。

<2014年刑務所>

刑務所では工場勤務、土日は資格取得の訓練と実習。就寝時間ギリギリまで猛勉強し、体操の時間は体力づくりに励んだ。

やがてスポーツ大会が行われ、姫と女優が卓球でしゃぶ厨たちと勝負していた。すると試合の途中に所長がやってきて、女優に刑期満了だと知らされる。

このタイミング?誰もが驚いた。女優は資格を取るのに夢中で、うっかり刑期を満了したのだった。

女優が出所する日。ショベルカーの訓練を受けていた千夏がショベルカーでお努めご苦労さんでしたとショベルカーの頭を下げた。そして出所したら一緒に穴を掘ろうと、女優は千夏が操作するチョベルカーと指切りした。

2014年秋。こうして女優は出所したのだった。

<2017年>

女優が吾郎の前に座り自分の過去を話し始める。2007年入所で丸7年刑務所に入っていた女優。

太洋泉という舞台を中心に活躍しているアイドルの熱狂的なファンというかストーカーだった。泉のおかっけのため月100万をつぎ込んでいた。しかしやがてお金が足りなくなり、出会い系で出会った男たちに次々と貢がせ詐欺を繰り返した。

しかし泉が共演女優とのお泊り愛が報道される。女優は泉を待ち伏せし、報道のことについて問いかける。泉は否定し足早に去っていった。すると女優の元に刑事がやってきて、ストーカー容疑で捕まったのだった。このことをきっかけに過去の詐欺容疑も次々と明るみになり刑務所へと入ることになった。

出所後、女優は更生予後施設に入った。ベビーシッターの資格を生かして、慎ましく過ごしていた。しかし現在でも泉が細々と活動をしていることを知り、下北沢の地下劇場に足を運んだ。

しかし泉は劣化し、かつての泉の姿はなかった。女優は昔のようにときめくことはなかった。変わったのは泉ではなく、自分だと気づいた女優。女優は、刑務所での生活が刺激的すぎて演劇に乗り込めなかったのだ。

しかし泉の舞台後、待ち伏せし話しかけた。心が踊らない分気楽に話しかけられ二人で居酒屋に入った。その時、泉は結婚し今はヒモをしていると知った。その帰り道、泉は無理やり女優を誘ってきた。女優は襲ってくる泉を振り払い逃げ出した。

もう東京にはいたくないと、実家の工務店を手伝おうと考えていた。すると、街中で突然ドラマの撮影の通行人をするように言われる。動揺しつつも、撮影は進み、女優はドラマの撮影に通行人として協力。

その映像を、偶然姫が刑務所のテレビで見ていた。

「女優は本当に女優だったのか…」

女優が出所した後、吾郎をどうやって誘拐するか毎日話し合っていた。姫は、吾郎が高所恐怖症であることを知っていたことをふと思い出した。

しかし、高所恐怖症であるにも関わらず吾郎は自らパラセイリングを予約していた。そしてパラセイリング直前になって吾郎は高所恐怖症であることを打ち明け姫は一人で飛ぶことになった。

そして、パラセイリングを行う船にはユキの命を奪った実行犯のプリンスが乗っていた。そしてその夜、事件が起きた。そのことを話しているとふたばがやってきて話は中断。

しかし、その夜カヨは復讐ノートを実習室に置き忘れふたばがそれを見てしまった。

スポンサーリンク


監獄のお姫さま7話ネタバレあらすじ【後半】

その夜、姫がパラセイリングをしていた時、吾郎とプリンスは何を話していたのか…整理をしようと、カヨはノートを取り出そうとするがノートがないことに気づき焦る。

ノートを拾ったふたばは、コピーを取っていた。

<2017年>

プリンスはいくらで殺人を受け取ったの?と千夏が吾郎に問い詰める。カヨたちは夜食を買いに行き、部屋には吾郎と千夏だけが残った。「ハニートラップか」と気づいた吾郎。すると吾郎は昼間、千夏と寝たのはわりと本気だったと誘惑する。

その頃、夜食を買い部屋に戻ろうとしていたカヨたち。しかしスマホのニュースで吾郎誘拐の容疑者のニックネームが判明したと報道されているの知る。姉御、財テク、女優…そして冷麺であると放送されていた。冷麺じゃない!と突っ込むカヨ。

しかしなぜ自分たちの名前が出てしまったのか…

すると長谷川は、ふたばが吾郎と最初からグルで、実は潜入秘書なのではと言う。そう言われるとそんな気がしてきたカヨたち。とりあえず吾郎を監禁している部屋へと急いで戻ることにした。

しかし、財テクによるハニートラップ作戦中のため部屋に戻りたくてもまだ戻れない…。

その頃、吾郎は千夏だけに本当のことを話すと言い、手を縛っている結束バンドを外してほしいと言った。千夏は吾郎に言われ、結束バンドを切ろうとしていた。

EDOミルク社長室で一人でいるふばたの前に晴海がやってくる。そして自分だけには本当のこと話してほしい。吾郎さんのいるところまで連れて行ってほしいと言った。

カヨは誰も信じられなくなっていた。

(第7話おわり)

監獄のお姫さま7話ネタバレあらすじ【感想】

今回は女優の過去が明らかになりました。それにしても伊勢谷友介さん何役もこなしすぎ(笑)しかもどれもハマっているのがすごい。

さて、姫の冤罪をはらすために計画を考え始めたカヨたち。そんな中、姫は吾郎が高所恐怖症なのにパラセイリングを申し込んで、吾郎はパラセイリングをしなかったことが判明。さらに姫がパラセイリング中、船にユキの命を奪った実行犯プリンスと吾郎が二人きりになっていたということがわかりました。

やっぱり吾郎が犯人なのか…?

うーん。でもそれだけだと、あまりにも普通に終わり過ぎなので、やっぱり吾郎は何も知らず、最大の黒幕は別にいそうな気がしますね。

あと、ふたばがカヨたちのことを話し裏切り者のように伏線がはられていますが、これはおそらくミスリードでしょう。

しかし、これまで団結していたカヨたちですが、テレビでニックネームが報じられたことから、少しずつ友情が崩れ始めていきます。全く展開が読めないのですが…ラストはどんな展開が待っているのか。

待ち遠しいです。次回も楽しみにしたいと思います!

【次週第8話ネタバレあらすじはこちら】

監獄のお姫さま8話ネタバレあらすじ&感想 二股説は吾郎に仕掛けられた壮大な罠?最後に大どんでん返しの可能性も

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒモメンネタバレあらすじ 最終回結末二人は結婚するが翔ちゃん働かないまま?

窪田正孝さん、川口春奈さんが出演するドラマ「ヒモメン」がスタート! 働きたくない彼氏・翔ちゃん(窪田正孝)を更生させようとする彼女のゆり子(川口春奈)のラブコメディ。 原作は鴻池剛先生作品の「ヒモメン …

刑事ゆがみ5話ネタバレあらすじ&感想 ヒズミはロイコ事件の少女で犯人はオダギリジョーか

浅野忠信さん、神木隆之介さんがバディを組むドラマ「刑事ゆがみ」 いい加減だけど鋭い観察眼を持つ弓神(浅野忠信)と、正義感溢れる刑事だけど腹黒い一面を持つ羽生(神木隆之介)のコンビが最高の刑事ドラマ。 …

明日の約束5話ネタバレあらすじ&感想 霧島,動画流出させ香澄の過去にも関与?和彦が抱える過去も明らかに…

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 スクールカウンセラーとして生徒に寄り添ってきた主人公・日向(井上真央)。しかし日向が勤務する高校で、一人の男子生徒 …

明日の約束7話ネタバレあらすじ&感想 和彦衝撃の豹変でDV男だった…ラスボスは霧島先生?

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」 前回までのあらすじは… 圭吾が所属していたバスケ部の辻先生と長谷部が何者かに襲われるという事件が発生。その犯人とは、圭吾の幼馴染の香澄でした。 香澄は以前圭吾と同 …

ごめん、愛してる最終回ネタバレあらすじと感想 衝撃の事実が発覚!切ない結末に号泣

長瀬智也さん主演ドラマ「ごめん、愛してる」がついに最終回を迎えます。 余命僅かの主人公・律(長瀬智也)は、異母兄弟であるサトルに自らの心臓移植をすることを決意。 しかし、実の母・麗子には自分が本当の息 …

カテゴリー