Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

映画

人魚の眠る家ネタバレ結末まで 感動のラストに心が揺さぶられる!

投稿日:

東野圭吾さん原作「人魚の眠る家」をトリックなどを手がけた堤幸彦監督が映画化!

主演を篠原涼子さん、西島秀俊さん、坂口健太郎さんと豪華キャストが勢揃い。

不慮の事故で、意識不明となった娘を、最先端技術を使って、娘の健康を維持していく‥

しかし、それは次第にエスカレートし、薫子は驚くべき行動に出る‥

さっそく気になり原作小説を読んでみた所、ラストの展開にページをめくる手が止まらない‥!

今回は「人魚の眠る家」のネタバレあらすじを簡単にまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


人魚の眠る家ネタバレ【不慮の事故】

播磨薫子(篠原涼子)は夫・和昌(西島秀俊)と8年前に結婚し、娘の瑞穂、息子の生人と4人暮らしだった。

しかし、和昌の浮気が発覚してから夫婦仲に溝ができ、娘・瑞穂の小学校受験が終わった後、離婚する予定だった。

そんな中、瑞穂がプールで溺れ、脳死状態となってしまう。

やがて、医師から臓器提供のことを問われ、悩んだ末、薫子たちは臓器提供を決意した。

 

臓器提供が決まり、薫子と和昌は、瑞穂の手に自分たちの手を重ね言葉をかけた。

すると、かすかに瑞穂の手が動いたのを薫子は感じた。

「瑞穂は生きている‥!」

薫子は臓器提供を中止し、和昌も薫子の意志を尊重した。

 

1ヶ月後、瑞穂は眠ったままだが医師も驚くほど様態は安定している。

薫子は自宅で瑞穂の介護をするべく病院に通いつめ、介護に必要なレクチャーを受けた。

一方、瑞穂を自宅で介護するとなると、薫子は外で働けなくなる。そのため薫子は、離婚を白紙に戻した。

スポンサーリンク


【最新技術を使って‥】

和昌は、父が創業した事務機器メーカーを受け継ぎ、脳と機械をつなぐことで身体を動かすブレーンマシンインターフェース(BIM)の開発研究をしていた。

やがて和昌は社内の研究員から、人工知能呼吸コントロールシステムの話しを耳にする。

人工知能呼吸コントロールシステムは、横隔膜の筋肉を動かすことによって、人工呼吸器を使わずに、より自然と呼吸を行わせる機械であるという。

これを使えば自分の身体を使って呼吸ができ、通常の人工呼吸器のように沢山の管に繋がれる必要もなく、ただ眠っているだけのように見える。

薫子にさっそく話し、瑞穂に人工知能呼吸コントロールシステムを取り付けたのだった。

 

やがて瑞穂は退院し、自宅での介護が始まった。

介護には薫子、そして薫子の母も協力することとなった。

 

介護が始まってから約1ヶ月後。

薫子は瑞穂に筋力をつけさせたいと考え始める。

身体は動かさなければ筋力は衰えてしまう。

いつか瑞穂が目覚めた時に自分の足で歩けるよう、瑞穂に筋力をつけさせたいと、和昌に言った。

 

和昌は社内の研究員・星野(坂口健太郎)に相談し、彼が開発研究をする「人工神経接続技術」を使うことになった。

「人工神経接続技術」は、瑞穂の身体に外部から簡単な装置を取り付け、神経を電気で刺激することによって瑞穂の身体を動かすというものだった。

瑞穂自身の身体を動かしているため、筋力をつけることもできる。

操縦が必要となるため、星野が薫子の自宅に通いつめることとなった。

 

星野は自分が開発した技術が、こうして誰かの役に立つことにとてもやりがいを感じていた。

なによりも薫子が日々喜んでくれるのが嬉しくてたまらなかった。

星野には、恋人の真緒(川栄李奈)がいたが、薫子に特別な感情を抱くようになっていた。

 

真緒は星野の気持ちが自分から離れているのを感じていた。

星野に内緒で尾行したところ、薫子と瑞穂の存在を知る。

機械で動かされている瑞穂を見た真緒は恐ろしくなり、薫子の家を飛び出した。

踏み込んでは行けない世界を知ってしまったのかもしれない‥。

やがて、真緒は星野に別れを切り出した。

スポンサーリンク


【エスカレートする薫子の行動】

適度に筋肉を動かしているおかげか、瑞穂は顔色もよく、一見すると健康な子が眠っているだけのように見える。

薫子も普通の子として瑞穂を扱うようになり、特別支援学校に入れ、週に何度か担当の教師にも来てもらうようになった。

瑞穂が何をするわけでもないが、担当の教師は瑞穂に本の読み聞かせをした。

瑞穂におしゃれをさせ、外出もできるようになり、弟・生人の入学式に連れていき、瑞穂を紹介した。

薫子の行動はエスカレートし、普通の子どもだったら走り回って大変だけど、ずっと眠っているから手がかからなくていい子だとママ友らに話すこともあった。

 

こうして約2年の歳月が過ぎようとしていた。

薫子は星野にお願いし、瑞穂の表情を機械で動かせるようにしてもらった。

薫子が操作をすれば、目は閉じたままだが、瑞穂の口元を緩やかにあがり、微笑んでいるように見える。

しかし、こうした薫子の行動に和昌はさすがにやりすぎだと指摘。

和昌の父や、妹の美晴の夫らも、機械で動かしていると薫子の行動に避難の声が上がっていた。

 

「本当はもう死んでいるのに、親のエゴで高額な費用をかけて生かされているなんて‥」

生人も瑞穂のことで、友達から色々と言われていることが発覚し、我慢の限界に達した生人は薫子に不満をぶちまけた。

 

しかし、薫子は瑞穂が身体を動かすところを見せれば、誰も瑞穂が死んでいるなんて言わないと主張し、生人の誕生日会に友人を連れてくるように言った。

 

誕生日会の当日。

生人の友人は誰一人こなかった。生人は誰にも声をかけなかったからだ。

生人を責める薫子に和昌は限界を感じ「いい加減にしろ」と薫子の頬を打った。

 

すると薫子はキッチンから包丁を取り出し、警察に家に来てほしいと連絡。

到着した警察に、薫子はもし自分がこの子(瑞穂)の命を奪ったら罪に問われるのかと聞いた。

臓器提供を拒否し、脳死判定を受けていない。

そんな瑞穂の命を奪ったら、殺人罪として罪に問われるのか。問われないのか?

もし罪に問われれば、薫子が介護をしてきたこの数年、瑞穂は生きていたと認めてもらえる。

薫子の魂の叫びのようなその言葉に、和昌は心が震えた。

 

興奮する薫子を止めたのは、姪っ子の若葉だった。

実は瑞穂がプールで溺れた日。

若葉は持ってきた指輪をプールの落としてしまった。

瑞穂がそれを拾おうとして事故にあってしまったのだった。

若葉は、自分が大きくなったら瑞穂の介護を手伝うから、殺さないで‥と薫子を止めた。

初めて聞いた事実に薫子は驚き、持っていた包丁を置いた。

そして、薫子は生人に謝り、もう瑞穂のことを学校で言わなくていいと言った。

ふと、瑞穂が淋しげに笑っているように見えた。

スポンサーリンク


【最期の時】

この日以来、薫子にも心境の変化があったようで、星野にも家に来るのを終わりにしてほしいとお願いした。

そして穏やかに月日は流れ、瑞穂が4年生になる直前の3月31日の深夜。

薫子のベッドの隣に、ふと瑞穂が現れたような気がした。

「ママありがとう‥幸せだったよ‥さようなら‥」

声こそは聞こえなかったものの、瑞穂の言葉が薫子の心に伝わってきたのだった。

そして、この日瑞穂の様態は急変し病院に緊急搬送された。

 

薫子は和昌に連絡した。

そして、ある決意を固めていた。

それはこれ以上延命治療をせず、臓器提供をすること。

やがて脳死テストを受け、脳死が確定し、臓器摘出手術が行われた。

 

病院が出した死亡診断書は4月1日とされた。

しかし、薫子は瑞穂が自分に別れを告げに来た3月31日にしたいと主張していた。

和昌は心臓が止まった日であれば、4月2日なのではないかと考えていた。

それに対し担当医は、それであればまだ瑞穂ちゃんは生きている。この世界のどこかで‥と言葉をかけた。

和昌はそう考えるのも悪くない‥と思ったのだった。

スポンサーリンク


【結末】

3年前、小学生だった宗吾は心臓に異常が見つかった。

助かるためには心臓移植しかない。

しかし心臓移植には莫大な費用がかかり、宗吾の様態も悪化していった。

そんな中、奇跡的に国内でドナーが見つかった。

心臓移植を受けられることになり、手術は無事に成功した。

それは3年前の4月2日のことだった。

 

やがて宗吾は退院し、以前住んでいた元のマンションに戻ることとなった。

宗吾は気になっていたある家に向かった。

それは、美しい女の子が車椅子の上で眠っているあの屋敷。

宗吾は手術を受けてから、なぜかこの屋敷が夢に出てくるようになっていた。

しかし、久々に訪れてみると屋敷はなくなっており、土地だけになっていた。

 

ふとバラの香りを感じた。

手術を受けてから、宗吾は周りにバラがなくても、バラの香りを感じることが度々あった。

その度に宗吾は、自分に命をくれた子どもは、バラの香りに囲まれ幸せな暮らしをしていたのだろうと感じるのだった。

人魚の眠る家【感想】

脳死と臓器提供との話しが題材でもあるので、内容は非常に重いですが、ほっこりと清々しいラストで締めくくられました。

まさかこんな展開で終わるとは予想外。

最初に張られた伏線がここで回収されるのか!と、全ての伏線回収も見事でした。

脳死であっても、身体はそこにある。

もし愛する人が目の前に存在するのであれば、いくら絶望的であると言われても、いつか目を覚ます奇跡を願って、薫子と同じことを望むかもしれない‥

愛する人の存在を近くで感じ、1分1秒でも一緒に過ごしたい。

でもそれは生かしたいというエゴでしかないのか‥。

非常に深く考えさせられる内容でした。

さて、今回映画化にあたり主人公・薫子を演じるのは篠原涼子さん!夫の和昌には、西島秀俊さんということで、益々楽しみです。

映画も楽しみですが、小説も非常に読み応えがあり面白かったので、ぜひ原作小説も合わせて楽しむことをおすすめします。

スポンサーリンク


-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スターウォーズ8最後のジェダイネタバレあらすじ&感想 新たな世代の始まり

「スターウォーズ/エピソード8/最後のジェダイ」がついに公開!もう待ちきれなかったので上映と共に速攻で見に行ってきました。 共和国軍のレジスタンスはルークの所在をつかむことに成功。しかし、ファーストオ …

いぬやしきネタバレ最終回結末まで!ラスト犬屋敷&獅子神の悲しくも勇敢な姿に号泣…

人気漫画「いぬやしき」がフジテレビノイタミナ枠でアニメ化され、2018年には木梨憲武さん主演で映画化も決定! 原作は「GANTZ」で知られる奥浩哉さんの同名漫画です。 50代にして、初老のような容姿の …

no image

ダークシャドウネタバレあらすじ結末を簡単に!続編は映画ヒットならずで企画倒れ?

俳優ジョニー・デップ×監督ティム・バートンがタッグを組んだ映画「ダークシャドウ」が金曜ロードショーにて放送されます。 主人公を演じるジョニー・デップがヴァンパイアとなり200年ぶりに蘇りコミカルに滅び …

no image

インドサルー実話映画ライオン!母カムラとグーグルアースで奇跡の再会とその後(現在)!

2017年4月に公開された映画「LION/ライオン~25年目のただいま~」 インドのスラム街で生まれ育った5歳の少年サルーは、迷子になり、その後オーストラリア人の夫妻に養子として引き取られます。 大人 …

no image

22年目の告白私が殺人犯ですネタバレ原作韓国版!ラストの展開に衝撃!

藤原竜也さんと伊藤英明さんがW主演を務める「22年目の告白-私が殺人犯です」 22年前に起きた事件の時効が過ぎた頃、突然犯人を名乗る男が手記を発表し世間を賑わし一躍時の人となっていき、そして新たな事件 …

カテゴリー