Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

映画

ナラタージュあらすじネタバレ結末までを原作小説から!切ないラストに胸が締め付けられる…

投稿日:10月 6, 2017 更新日:

有村架純さん、松本潤さん出演で話題となっている映画「ナラタージュ」

島本理生先生の小説「ナラタージュ」が原作であり、2006年「この恋愛小説がすごい」で1位を獲得している作品です。

高校教師と元生徒の禁断のラブストーリー。

映画化にあたり、原作小説「ナラタージュ」を読んでみたところ、切ないラストの展開に胸が締め付けられました…!

今回は、「ナラタージュ」のあらすじネタバレを結末までを原作小説から簡単にまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ナラタージュの意味は?

まず、本題に入る前に「ナラタージュ」とは一体どういう意味なのか解説します。

あまり聞き慣れない単語ですが、これは英語の「ナレーション」と「モンタージュ」という言葉を組み合わせて作られた造語です。

■ナレーション(narration):物語の筋を語ること

■モンタージュ(montage):色々な写真の断片を組み合わせひとつの場面に構成すること

この二つの英語を組み合わせて作られたのが「ナラタージュ(narratage)」です。

タイトル名通り、物語は社会人になった主人公・泉(有村架純)が大学、高校時代を回想し語りながらストーリーは展開していきます。

次からはいよいよネタバレに入っていきますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

ナラタージュ【前半】

泉(有村架純)は、結婚を控えた婚約者と新居を見に来ていた。そして、夫となる男性の言葉をきっかけに、昔のことを回想し始める。

大学2年生の時、泉の高校時代の教師・葉山先生(松本潤)から「演劇部の公演に参加してほしい」と連絡が入る。部員が足りずに手を貸してほしいという依頼だった。

久々の葉山先生からの連絡に喜ぶ泉は依頼を引き受けることに。

高校時代、泉はふとしたことがきっかけでいじめにあい居場所がなかった。辛い日々を送る中、唯一手を差し伸べてくれたのが葉山先生だった。

いつしか葉山先生が泉の心の拠り所になり、そして卒業式の日に二人はキスをした。しかし、恋人関係に発展することはなくそれっきりの関係となった。

久々に高校の演劇部に行くと、卒業生から泉以外にも、親友・山田志緒(大西礼芳)、志緒の彼氏の黒川(金子大地)が参加することになった。そして卒業生ではないが、黒川の友人・小野(坂口健太郎)もメンバーとして加わった。

監督は葉山先生が担当し、夏休み明けの本番に向けて週に1度集まり練習することになった。

練習が始まり、卒業生組と小野くんも交えて遊ぶようになった。やがて、泉は小野くんから告白される。しかし葉山先生への思いがある泉は、小野くんからの告白を断る。

葉山先生が卒業間近に話してくれた過去の話しを思い出していた。

葉山先生には奥さんがいた。結婚してから妻・美雪(市川実日子)の反対を押し切り自分の母親と一緒に同居した。ところが、妻と母は上手くいかず精神的に追いつめられた妻は自宅に火を放った。

これをきっかけに妻は北海道の実家へと戻り、離婚したという。当時、葉山先生の辛い過去を知った泉は、葉山先生の力になりたいと強く思ったのだった。

スポンサーリンク


ある日、葉山先生は体調を崩したと練習に来なかった。心配になった泉は、葉山先生の自宅を訪ねるが留守のよう。あちこちを探し回り、やがて酔っている葉山先生を見つける。

葉山先生は義父に会っていたという。

そして、事件のことをずっと考え続けていることや、今でもどうすればいいのかがわからないと、泉に打ち明ける。泉は葉山先生に寄り添い、キスをした。しかし葉山先生は何も言わない。

葉山先生の自宅へ入ると、部屋の中で女性の影を感じた泉。別れた奥さんのものがなぜこんなに…泉が不思議に思っていると、葉山先生は「まだ別れていない…」と打ち明けた。

葉山先生は泉のことを失いたくないと、妻とは別れたと嘘をついていたのだった。泉は激しく動揺して怒った。しかし、その夜はもう遅いということもあり、そのまま葉山先生の自宅に泊まった。

泉は葉山先生と過ごした日々を思い出していた。翌日、二人はもうこれ以上会うのはやめようとお互いに決断し別れたのだった。

夏休みが明け、演劇の本番も無事に終えることができた。本番後、泉は小野くんと帰り道が一緒になった。一人になりたくなかった泉は小野くんから誘われて、長野の実家に遊びに行くことになった。

小野くんと過ごすうちに泉は「小野くんと付き合ったら幸せなんだろうな」と思うようになっていた。

やがて、小野くんから再び告白された泉。小野くんは、泉が他に好きな人がいても構わないと言い、泉は付き合うことにしたのだった。

スポンサーリンク


ナラタージュ【後半】

こうして付き合い始めた二人。

小野くんは、泉のことを「工藤さん」から「泉」と呼ぶようになり、予定を合わせて一緒にでかけた。泉は、少しずつ小野くんのことを好きになっていた。

しかし、小野くんは不安な気持ちが募っていった。泉は、小野くんのことをまだ「小野くん」と呼んでいた。

ある日、小野くんの家で寝ていた泉の元に葉山先生から連絡が入った。電話の内容は特に大した用事ではなかった。

しかし、嫉妬に狂い始めた小野くんは泉を束縛したり、急に優しくなったり、無理やり体の関係を求めてきたり…と豹変していった。

そんな中、泉が夜道で知らない男からつけられていると感じ、小野くんに助けの連絡を入れた。しかし、小野くんは来てくれず、泉は葉山先生の家へと向かってしまった。

突然現れた泉に葉山先生は驚いた。泉は、知らない男につけられたこと、小野くんに連絡したが来てもらえなかったことなどを話す。

葉山先生は、自分に連絡してくれればすぐに駆けつけたのに…と言う。そして自分よりも小野くんと一緒にいた方が泉が幸せになれると、身を引いたことを話した。

しかし、泉は「まだ奥さんを愛しているんでしょう?あなたが私を苦しめる」と怒って、葉山先生の自宅を飛び出した。

その後、しばらくして小野くんの家で寝ていた泉の元に葉山先生から連絡が入る。すぐに電話を切ろうと思っていたが、演劇部部員の女子高生・柚子(神岡実希)が飛び降りたと知らされる。

泉も小野くんと一緒に病院に駆けつけるものの、柚子は危険な状態だという。柚子は1年前に暴行事件にあい、精神的ストレスを抱えていたという。葉山先生も事件のことを知っており、救うことができなかったと自分を責めていた。

病院を後にし、小野くんと一緒に自宅へと歩き出した泉だが、葉山先生のことがどうしても心配になり、足を止め、先生の元に戻りたいと小野くんに言い、別れを切り出した。

小野くんは、必死にすがって泉を止めたが、泉は葉山先生の元へと向かったのだった。

スポンサーリンク


泉が戻ってきたことに驚く葉山先生。

「あなたに呼ばれている気がして…」

「本当はそばにいてほしかった」

葉山先生は柚子を救えなかったことに対し自分を責め、帰りの車の中で涙を流した。泉はそっと手を握ったのだった。その後、柚子は亡くなってしまった。

それからしばらくして葉山先生も急性過敏大腸炎で倒れてしまったと連絡が入り、泉は急いで病院へと駆けつけた。泉がしばらく看病することになり、二人で穏やかな日々を過ごしていた。

しかし、葉山先生は退院後、学校を異動し奥さんとやり直す予定だという。これが一緒にいれる最期の時間…泉はそう感じていた。

そしてついに退院が近くなった頃、葉山先生は何か御礼がしたいと言う。すると泉は、退院した日に先生の家に泊めてほしいとお願いした。葉山先生は泉をそっと抱き寄せた。

「君が好きだ」

「私もです。どうしようもないほどあなたが好きです」

退院した日、泉は葉山先生と一緒に自宅に行った。そして二人は一線を超えたのだった。ベッドの中で葉山先生は泉に問いかける。

「僕が君にあげられるものは他になかったのか…」

「私を壊して帰れないところまで連れて行って見捨てて…」

しかし葉山先生はそれはできないと断る。泉は、もう2度と姿を見せないで下さい…と言い、二人は最期の時を惜しむかのように寄り添ったのだった。

翌朝。

自宅に帰る泉を、葉山先生は駅のホームまで見送りにきた。やがて電車が来て別れの時間が迫る。やがて泉は電車に乗り、葉山先生の元を去った。

電車が走り出したが、いてもたってもいられなくなった泉は次の駅で降り、戻りの電車で先程の駅へと戻った。

すると葉山先生はまだホームに残っていた。2人は手を振り合い、やがて葉山先生はゆっくりと去っていった。

それから数年後、大学を卒業し社会人となった泉は偶然葉山先生の親友のカメラマンと出会う。すると彼から、葉山先生は、定期入れに泉と一緒に撮った写真を入れていたという。

「本当にあなたのことが好きだったみたいですよ」

泉は心を揺さぶられ涙が止まらなかった。

(おわり)

ナラタージュ【感想】

いやーラストの展開には、泉に感情移入し心が締め付けられるような、嬉しさがこみ上げてくるような、なんともいえない感情が湧き上がり、泉と同じように涙が溢れてしまいました。

危うい恋愛における人間の弱さや脆さといった心理描写が細かく描かれており、心がヒリヒリさせられる作品でもありました。

大人になった泉は、結婚するものの生きている限りこれからも時折、葉山先生とのことはナラタージュを繰り返していくでしょう。泉はそれほど強烈な恋をしてしまったのですね。

そう考えると、より一層胸が締め付けられそうになる深い作品でした。

映画も楽しみですが、繊細な心理描写は原作小説ならではなので、ぜひセットで合わせて楽しむことをおすすめします。

スポンサーリンク


-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

君の膵臓をたべたいネタバレ結末内容を原作から!桜良病死でない本当の死因に絶句…

泣ける!と評判のベストセラー小説「君の膵臓を食べたい」が映画化され話題となっています。 「君の膵臓を食べたい」という、少しぎょっとするタイトルですが、内容は膵臓を患い余命わずかな少女とクラスメイトの男 …

スパイダーマンホームカミングネタバレあらすじ結末!吹き替え一覧も

大人気ヒーロー映画「スパイダーマン」の最新作が、アベンジャーズと時間軸などを共有して再始動! 今回はいちはやく「スパイダーマンホームカミング」を鑑賞してきましたので、ネタバレあらすじを結末までまとめて …

トランスフォーマー最後の騎士王ネタバレあらすじ結末&感想!バンブルビー洗脳されたオプティマスを救う

トランスフォーマー第5作目『トランスフォーマー最後の騎士王』がいよいよ公開されます。 このトランスフォーマーは日本の玩具メーカー・タカラトミーから発売された変形するロボットおもちゃが題材であり、ロボッ …

言の葉の庭ネタバレあらすじ結末まで!小説で明かされたその後の二人

大ヒット映画「君の名は」で知られる新海誠氏の代表作「言の葉の庭」がテレビ朝日にて放送されます。 東京を舞台に男子高校生と、ちょっと不器用な年上の女性との淡い恋を描いたこの作品。 実は映画だけでなく、映 …

ハリーポッターとアズカバンの囚人ネタバレあらすじ結末!ハリー両親の死に関する真実が明らかに

ハリ-ポッターシリーズ第3作品目「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 魔法牢獄アズカバンから脱獄した囚人を通して、亡くなったハリーの両親の死に関する真実が明らかになっていく…というストーリーです。 …