Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

Missデビル1話ネタバレあらすじ&感想 初回から強烈!佐藤勝利の可愛さと菜々緒の悪女っぷりが最高のドラマ!

投稿日:4月 14, 2018 更新日:

菜々緒さんが主演を務める新ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」がスタート!

人事の悪魔と言われる人材コンサルタントの椿眞子が企業で起こる問題を大胆な方法で解決していくストーリー。

悪女を演じると右に出るものはいないと言っても過言ではないくらい恐ろしい演技を見せてくれる菜々緒さん。これは楽しみですね!

今回は「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の第1話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


Missデビル1話ネタバレあらすじ【前半】

椿眞子(菜々緒)は自宅の鏡に映った自分に、震えながら問いかけていた。

「あなた‥誰‥?」

===

この春、長野の大学を卒業し、老舗保険会社・共亜火災に入社した斉藤博史(佐藤勝利)。日本で最も伝統のある企業に就職できた博史は意気込んでいた。

晴れて入社式を迎えた博史。社長の挨拶を終え、新人研修を担当するフリーの人事コンサルタント椿眞子(菜々緒)が登場。

抜群のスタイルと美貌に新入社員たちは圧倒された。しかし、実は悪魔のような人だったことをこの時は誰も予想していなかった。

翌日から1週間の新人研修が始まった。オブザーバーである沖津の挨拶が終わり、さっそく眞子の研修がスタートする。

まず、眞子が新入社員に指示したのは「退職願い」を書くことだった。

いきなり退職願い?と騒ぐ新人たち。

現在何者でもない新人だが、自らの意志で会社を辞めることができる。退職願とは会社における新人たちの遺書。まずは死に方を学ぶようにと、初っ端らから強烈な説明をかました。

さらに、この研修で新入社員50人のうち10人に絞ると伝えられた。

5人ずつの10チームに分けられ、様々な課題を命じられた。ハードな体力競争に、早くも遅れを取るものもおり、足を引っ張る者に対しての嫌がらせも始まった。

初日の研修が終わり、報告書を提出することを命じられた新人たち。

博史は、就職活動時に仲良くなった南雲の部屋を訪ねると、同じチームで父が財務省にコネを持つ日下部に命じられレポートを書かせられているところを目撃した。

初日を終え、体が疲れているのに眠れない博史が夜風に当たりにいくと、月を見つめる眞子の姿があった。

慌てて、部屋に戻ろうとする斉藤だが、研修中スマホやタブレットの使用は禁止だと忠告された。博史がスマホを見ていたことをなぜか知っている眞子だった。

翌日、チームの仲間の欠点を書くという指示が出される。自分が他人にどのように見られているのか働く上で役に立つと言い、博史はとまどいながらもチームの仲間の欠点を書き始める。

やがて自分の欠点が書かれた内容が配られ、ショックを受ける新人たち。南雲は同じチームの日下部たちらから「いなくなれ」など書かれており、精神的に益々追い詰められていった。

外での研修時、博史は自分の靴がないことに気づく。やがてゴミ箱にボロボロになって捨てられている自分の靴を発見した。

仕方なく革靴でランニングに挑んだ博史は靴ずれを起こしてしまう。すると日下部が現れ、博史に嫌味を言い去っていった。

ランニング、穴掘り、仲間の欠点探しなど過酷な研修が続く。

ようやく一週間の研修が終わり、自分の部屋に戻った博史は事故で足が不自由になった父と電話で話す。

辛い研修だったが、何があっても絶対にこの会社でやっていくと、父に安心するように言った。

博史が共亜火災に入ることを反対していた父。しかし、応援するしかない事情があった。父はとある人物から「彼について話したい」とメールを受け取っていた。

スポンサーリンク


Missデビル1話ネタバレあらすじ【後半】

そして再び訪れた月曜日。博史は研修室へ向かうが、なんと30人もの新人が退職願を提出し去っていった。

報告を受けた人事部長の伊東千紘(木村佳乃)は社長の大沢に研修を中止するように申し出るが、大沢は椿眞子に全て任せていると聞く耳を持たない。

千紘は眞子に抗議に行くが、眞子は全て一任されていると言い、共亜火災の粉飾疑惑を指摘。そのために適正な社員削減が必要だと言った。

すると外から悲鳴が聞こえた。精神的に追い詰められた南雲がビルの屋上から飛び降りたのだった。病院に運ばれた南雲はなんとか一命を取り留めた。

次々と新入社員は辞め最終的には11人となった。しかし、新入社員は10名に絞ると言った眞子は、必要のない人間を投票で決めるという。

日下部たちは、南雲で決まりだと言わんばかりの発言をする。このままいけば南雲になる可能性が高い。

博史はこんな会社辞めた方がいいのかもしれないと思いつつも家族が就職を喜んでくれたことを思い出し思いとどまった。

博史が高校生の時、父が事故にあった。しかし、父が保険に入っていたから家族の生活は護られた。保険会社に助けられた経験があったからこそ、同じように人を助けたいと思いこの業界に入った。

いくつも保険会社の試験を受け、唯一自分の話しを真剣に話しを聞いてくれたのが人事部長の千紘だった。

だからこんなことをするためにここにいるのではないと眞子に訴えた。

しかし、眞子は投票を続けさせた。

やがて、開票され、なんと博史は椿眞子の名前を書いた。こんな歪んだ状況を作り出した眞子が消えるべきだと主張した。

しかし、投票で決まらなかったため最後の一人を眞子が決めることになった。眞子が選んだ不必要と思われる人材は‥日下部だった。

抗議する日下部。しかし、眞子に言われ全員がスマホを確認すると、日下部が南雲を脅し暴力を振るう動画がアップされていた。

怒った日下部は眞子に殴りかかろうとした。しかし、眞子は日下部の攻撃を交わし、会社を辞める権利があるがどうするか?と問いかけた。

日下部は辞めると言い、退職願を提出したのだった。こうして悪魔のような新人研修は終わった。

研修を終え、眞子は会長の喜多村に呼び出され、一体何者なのか?と問われる。しかし、眞子は答えずに会長の部屋を去ろうとする。

すると喜多村は「Missデビル」と眞子を呼び止めた。眞子はアメリカでそう呼ばれ、容赦なく人を切り捨てる人間だと言われたらしいねと喜多村は言った。

初出社の日。博史は人事部人材活用ラボに配属された。人材活用ラボは今年新設された部署で、室長として眞子が就任した。

眞子に再会し動揺する博史。

眞子は博史に、自分の部下としてこれから色んな社員のリストラをしてもらうと言った。美しい悪魔に博史は震えた。

(第1話おわり)

Missデビル1話ネタバレあらすじ【感想】

初回からかなり強烈でした‥。

あんな新人研修が現実にあったら、問題ですね‥(苦笑)

これを見たら新社会人になるのが嫌になる人が増えるのではないかというくらい、初回から嫌な気分になるドラマでしたが、それが逆に面白かったと思います。

やるならとことんやってほしいですね。

さて、単に眞子が恐ろしいだけでなく、なぜあそこまで強烈なデビルになったのか、そして博史の父にも何か隠されているようで、気になりますね。

悪魔のような眞子ですが、過去は全く違うタイプの女性だったという展開になりそうな予感もします。

眞子と博史の対決、これからどうなるのか。第2話も楽しみにしたいと思います。

第2話ネタバレあらすじはこちら

Missデビル2話ネタバレあらすじ&感想 眞子,意外にいい人?悲しい展開ながらもラストにほっこり

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海月姫2話ネタバレあらすじ&感想 天水館取り壊しのピンチ!修の悲しい過去も明らかに‥

芳根京子さん主演月9ドラマ「海月姫」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 腐女子たちが集まるアパート天水館に暮らす主人公・月海(芳根京子)は大のクラゲおたく。そんな月海はある夜女装が趣味の …

この世界の片隅に3話ネタバレあらすじ感想 周作,リンの知られざる切ない恋!アイスクリームのシーンに感動…

松本穂香さんが主演を務めるドラマ「この世界の片隅に」が好評のようです。 広島県・呉市に嫁いだすずが、戦争という厳しい環境の中、工夫をこらして日々のささやかな幸せを見つけながら生きる物語。 松本穂香さん …

anone3話ネタバレあらすじ&感想 舵の悲しい過去,理市(瑛太)偽札作りの主犯か

広瀬すずさん主演ドラマ「anone」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 初回第1話が放送され早くも脚本家・坂元先生の独特な世界観や名台詞が話題になっていますね。 ネットカフェで寝泊まりす …

アシガール3話ネタバレあらすじ&感想!唯,若君を守るため走り出すが早くも倒れる…

NHK土曜時代ドラマ「アシガール」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 平凡な女子高生だった主人公・唯がふとしたことをきっかけに戦国時代にタイムスリップ。 そこで出会った若君に一目惚れし、 …

家族の旅路原作ネタバレあらすじ最終回結末まで 祐介&柳瀬に隠された衝撃の事実に鳥肌!子を思う親の愛に号泣

滝沢秀明さん主演ドラマ「家族の旅路」が大人の土ドラ枠にてスタート! 30年前にとある一家を襲った事件。主人公で弁護士・浅利祐介(滝沢秀明)は、死刑囚となった犯人の再審請求をある女性から依頼されていた。 …

カテゴリー