Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

海月姫ネタバレあらすじ 最終回結末は月海と蔵之介が天水館で‥ほっこりするラストに心が温まる!

投稿日:1月 15, 2018 更新日:

芳根京子さん主演の月9ドラマ「海月姫」がスタート!

原作は「東京タラレバ娘」「主に泣いています」など女性に大人気の漫画家・東村アキコ先生の同名作品です。

これまで、アニメ化や映画化もされ、今回はついに連ドラ化!

主人公・月海(芳根京子)は大のクラゲオタク。イラストレーターを目指し上京し、腐女子が集まる家で暮らしていたが、ひょんなことから女装が趣味の美男子・蔵之介と出会い、やがて蔵之介の兄・修ニに恋をしてしまう‥というストーリー。

今回は「海月姫」のネタバレあらすじを最終回までまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


海月姫ネタバレあらすじ【出会い】

イラストレーターを目指して上京したクラゲオタクの主人公・月海(芳根京子)は、風呂トイレ共同で男子禁制の腐女子が集まるレトロなアパート「天水館」にて暮らしていた。

天水館に暮らす住人は所謂オタク女子で、自分たちのことを尼~ずと呼んでいた。

 

そんな中、いつものペットショップを訪れた月海は大好きなクラゲが間違った飼育方法により死にそうになっているのを発見。

店員さんに伝えようにも、コミュ障である月海は上手く伝えられず店の外に放り出されてしまう。

そこに、偶然通りかかった美女が月海に代わって事情を説明してくれ、クラゲを無事に救出。美女の図らいにより、月海がアパートに持って帰ることになった。

 

クラゲを救出してくれた美女も一緒に天水館に帰り、ひとまずお風呂にクラゲを放ち、ひといきつくと美女はそのまま月海の部屋で寝てしまった。

翌日、目が覚めた月海は隣を見てびっくり。女性だと思っていた美女は、なんと女装をした男だった。

めちゃくちゃキレイな顔立ちをしているその男性は、蔵之介(瀬戸康史)いう名前で近所に住む有名な政治家の息子。

それからというもの天水館が気に入った蔵之介は、女装しては頻繁に出入りするようになった。

 

蔵之介は母が元舞台役者で様々な衣装を着て舞台にあがっていた姿を見ていた影響もあり「女の子は皆キレイになれる」という信念を持っていた。

そのため、地味でおしゃれとは無縁な月海を美しく変身させることに燃え始める。

蔵之介の思うがままにされ別人のように変身する月海。

蔵之介によって美しく変身した月海を偶然見かけた、蔵之介の兄・修(工藤阿須加)は月海に一目惚れしてしまったのだった。

 

月海は、亡くなった母のことを思い出し感傷的な気持ちになってしまう時があった。

寂しさを感じた月海は、幼い頃に母と一緒に見たクラゲを見に水族館に行こうとすると、蔵之介も一緒に行くと言い出した。

無理やりおしゃれをさせられ、蔵之介の兄・修も一緒に水族館へ行った。

 

水族館にて蔵之介がトイレに行っている間、月海は母と一緒に見たクラゲを見て思わず泣き出してしまう。

すると、隣にいた修は月海をそっと抱きしめ、その瞬間月海は恋に落ちたのだった。

トイレから戻った蔵之介はそんな二人の姿を見て、嫉妬心のようなものが芽生えていた。

スポンサーリンク


【初めての恋】

月海はその日以来、初めての恋心を抱き、これまで感じたことのない胸の痛みや感情に戸惑い始める。

修も月海に一目惚れしてしまったが、幼い頃父親の不貞現場を目撃してから、トラウマとなり女性が苦手で未だに女性経験がなかった。

そんな中、土地開発により月海たちが暮らす天水館が取り壊しの危機にさらされる。

しかし肝心の尼~ずたちは自分たちの居場所が奪われそうになっているにも関わらず、他力本願気味。

天水館や尼~ずを妙に気に入ってしまった蔵之介が立ち上がり、天水館を買い取ろうと金策に走るが肝心の尼~ずたちは貯金もなく頼りにならない。

 

そんなある日、月海が幼い頃、母がクラゲのような美しいウェディングドレスを作ってあげると言われたことを思い出し、シーツをドレスに見立てて夜空を眺めていた。

すると偶然、部屋に入ってきた蔵之介はシーツをかぶる月海の姿を見かけ、その美しさにすっかり心を奪われてしまった。

今まで数々の美女と付き合ってきた蔵之介だったが、どんなにかわいい女の子と過ごしてもこれほどまでドキドキすることはなかった。

母からクラゲのようなドレスを作ってくれると言われた過去の話しを聞いた蔵之介は、クラゲのドレスを作って売り、その資金でこの天水館を買おうと提案したのだった。

【ジェリーフィッシュの発足】

その日から、クラゲをモチーフにドレス作りが始まった。

おしゃれに疎い月海だが、一度イメージが浮かぶと別人のようにクリエイターモードになる。

蔵之介はそんな月海が夢中になる姿を「覚醒モード」と言った。

しかし、修が他の女性といるところを目撃しショックを受けてしまった月海は、心を痛め一気に覚醒モードから覚め、天水館へと戻ってしまう。

 

なんだかんだ紆余曲折ありながらもクラゲのドレスが完成。

すると後日、蔵之介のおしゃれな友人たちで構成された大学の劇団に月海たちのドレスが使われることになる。

自分たちとは違う「おしゃれな世界」の住人が、自分たちのドレスを着ていることに月海は信じられずにいた。

 

一方の蔵之介は世界が違う月海たちと組むからこういう素敵なドレスが生むことができると舞台を見て確信した。

舞台には、内閣総理大臣も訪れ、ネットニュースでも話題となった。

ラスト公演では、月海は衣装デザイナーとして紹介され、これをきっかけに「ジェリーフィッシュ」というブランドを立ち上げることになった。

 

しかし、再開発の計画は進んでいき、天水館の近くの店も売却されてしまう。

急がなければ、天水館もなくなってしまうと危機感を抱いた月海は、蔵之介や尼~ずたちと物凄い勢いでドレスを作り、天水館にてジェリーフィッシュ初のファッションショーが行われることになった。

ショーの当日。

月海たちが作ったドレスを着て舞台に立つ蔵之介。

月海は、その光景が信じられなかった。

ずっとクラゲの絵を書いて悲しいことを思い出さないようにしていた月海。

それで十分幸せだと思っていた。

 

しかし、今はクラゲをモチーフにみんなで夢中になって美しいドレスを作っている。

なおかつ、蔵之介のドレス姿は美しく、月海は、蔵之介がこの城を守ってくれる姫のように思えた。

 

そしてショーの終わりに、蔵之介は今回の会場となった天水館は、ジェリーフィッシュのアトリエであるにも関わらず、再開発によって取り壊されそうになっていることを話し、ドレスをバンバン売って自分たちにとってお城である天水館を買い取って残したいと訴えた。

 

すると蔵之介の思いに共感したマダムたちが次々とドレスを注文してくれた。

 

前大臣の息子である蔵之介が女装が趣味であることを暴露したショーでもあったため、翌日のニュースで大きく報じられた。

それを逆手に取り、蔵之介は女装をしてマスコミの前に現れジュエリーフィッシュをアピール。すると次々に注文が入り、尼~ずたちは大忙しに。

海外にも拡散され、離れて暮らしていた蔵之介の本当の母親の耳に入り、ドレスを1着でいいから注文したいと修にこっそり連絡を入れた。

 

実は蔵之介は愛人との間に出来た子どもであったため母親のリナは、愛人である鯉淵慶一郎(北大路欣也)に蔵之介を引き渡し、イタリアで住んでいた。

そのため、修と蔵之介は本当の兄弟ではなく異母兄弟だった。

離れてからは連絡も取っていなかったが、修とリナは連絡を取っていたのだった。

 

修は月海に会い、ドレスをオーダーしたいことを告げた。

そして、蔵之介にはバレないよう、二人だけの秘密にしてほしいとお願いし、その言葉に嬉しくなる月海だった。

スポンサーリンク


【月海と修が婚約!?】

ジェリーフィッシュの本格的な立ち上げに向け、蔵之介はインド人が営む縫製工場と提携。素材選びにもこだわり、ドレスを作り始めた。

途中、開発業者から脅され、尼~ずたちはヤル気を失い逃げ出すなどすったもんだありつつもなんとかドレス作りを続け、月海はデザインを考えた。

 

本来開発側の人間である修はいつしか月海たちを応援するようになり、やがてデモを起こした月海たちを守ることも‥

月海は益々修に惚れていき、やがてなりゆきでデートをすることとなった。

 

月海は自分がデザインしたドレスを半ば強引に着せられ、東京タワーが見えるおしゃれなレストランで二人はデートをした。

すると風に煽られ、よろけそうになった月海を支えた修は、つい「好きだ」と告白してしまう。

修に好きだと言われ信じられない月海。一方の蔵之介は修が月海に告白したことを知り複雑な心境だった。

 

翌日、ドレスを着てデートができるなんて夢のようだったと蔵之介に話す月海。

そんな月海に蔵之介は女の子は誰でもお姫様になれると言った。

その言葉は、月海が幼い頃母に言われた言葉でもあった。

 

蔵之介は月海を変えたのは自分だったが、腐女子な月海のままいてほしいと矛盾した気持ちを抱いていた。

するとそこに修から月海宛に速達で手紙が届く。

なんと手紙には月海へのプロポーズの言葉が書かれていた。動揺する月海だが、修から連絡が入りランチデートをすることに。

国会議事堂の食堂でランチを食べ、修からは結婚を前提に付き合ってほしいと言われる。

突然のことにどうしていいかわらない月海だが、二人は婚約したことになり、流れるまま修と付き合うことになったのだった。

 

月海に彼氏ができたことを知った尼~ずは天水館の主である目白先生に報告。

「男を必要としない人生」それが天水館への入居の条件だったが、目白先生は相手が政治家の息子なら利用できるし、政略結婚させろと手紙で伝えたのだった。

【月海ヘッドハンティングされ海外へ】

修と月海はぎこちないながらもデートを重ね、やがてジェリーフィッシュは初の展示会を開く。

すると、海外で数々のアパレルを買収してきた業界の異端児と言われるカイの目にジェリーフィッシュのドレスが留まり、やがてドレスのデザインと月海をヘッドハンティングしたいと持ちかけてくる。

戸惑う月海だが、天水館を奪われる日も迫っているため、カイに天水館を買ってもらい再開発を進めている者たちに渡さないことを条件として、月海はカイのいるシンガポールの会社に行くことを承諾。

 

パスポートができるまで、都内の高級ホテルに滞在させられ、カイの会社の考え方やアパレルに関する知識を教え込まれることになった。

 

そうとは知らず修は、ドレスを届けるのと一緒に月海への婚約指輪を買いに、蔵之介の母・リナのいるミラノを訪れていた。

クラゲの形をした婚約指輪を購入した修はご機嫌で日本に帰国し天水館を訪ねる。

しかしすでに月海の姿はない。

ようやく事情を知った修は蔵之介と共に月海を引き止めようとするが、月海の居場所がわからない。

 

やがて月海の出発の日。

蔵之介たちは、国会前にて増税に反対するデモに紛れ込みテレビに映ることにより、尼~ずが着る服は月海しか作れないと自分たちの気持ちを月海が見ていると信じ訴える。

そのテレビを偶然見た月海はずっと考えていた。何のために誰のために服を作るのか‥

それはみんなのため、仲間のために服を作る。ようやく月海は自分自身の答えがわかったのだった。

スポンサーリンク


【月海&蔵之介&修の運命は!?】

やがて月海はシンガポールへと旅立った。

シンガポールに到着し、カイに豪華ホテルの屋上にあるプールに連れて行かれる。

そして、カイは月海のドレスで二人で世界を変えようと言い、月海をプールに入れキスをしたのだった。

月海がシンガポールに渡ったことを知った、蔵之介は月海を取り戻すためシンガポールまでやってきていた。そしてカイの会社に侵入し、月海を見つけ連れ戻したのだった。

 

カイの会社で教え込まれたことや、シンガポールで見た民族衣装をまとう女性の姿をみた月海は洋服について考えるようになっていた。

そして、月海は明日何を着ていいかわからない女の子たちにジェリーフィッシュの服を着てもらえたらいいなと考えるようになっていた。

 

帰国し、久々に修と会った月海。

すると修から、クラゲの婚約指輪を渡され正式にプロポーズされる。

動揺した月海は一旦持ち帰らせて欲しいとダッシュでその場を後にした。

修のことが確かに好きだと感じていた月海。

しかし、月海は困っていた。

普通の女の子は好きな人にプロポーズされたら誰しも嬉しいはず。

昔月海が結婚する時はクラゲのように美しいドレスを作ってくれると母は言ってくれた。

でも美しいドレスは自分には似合わない‥

 

ふとクラゲの図鑑を見た月海はあることに気づく。

それは、クラゲは成長の過程で大きく変わる「変態」であること。

そのことを蔵之介に話すと、ずっと考えていたジェリーフィッシュのコンセプトをようやく思いついたのだった。

それは‥クラゲのように、日々変わる女の子のための洋服。

 

月海は、ようやく自分のやりたいことがはっきり見えてきた。

それは天水館のみんな、そしてみんなのお姫様である蔵之介ともっと洋服を作ること。

今は全力でジェリーフィッシュの洋服を作りたい。

もやもやしていた気持ちの正体がはっきりとわかり、月海は修に今の気持ちを素直に伝えプロポーズは断った。

 

やがて江ノ島水族館でショーをすることが決定し月海たちはコンセプトに沿ってジェリーフィッシュのドレスを作り続けた。

それと同時に、自分たちが着たいと思えるドレスも制作。

洋服なんて単に着られればいいと思っていた月海。

おしゃれに使うお金があれば水族館でクラゲを見ていた方がいいとさえ思っていた。

しかし蔵之介に出会い、洋服という鎧をまとえと言われたことにより月海の心は大きく変わった。

お姫様になるドレスではなくて、鎧になるドレスを作ろう。

そしてその鎧によって自分たちはきっと強くなれる。

そして自由になってこの街をクラゲのように泳ぎ回って疲れたらたゆたって‥。

それがジェリーフィッシュの作る服。

そう月海は思うようになっていた。

 

そして月海は初めて自分で着たいドレスを作った。

やがて、水族館にてショーを行なうことが決定。

ショーには、修の図らいで蔵之介の母・リナも訪れていた。

舞台袖から、母親が来ていることを知った蔵之介は涙を流し、出番になっても動揺していた。

すると月海は今まで自分たちを助けてもらったから今度は蔵之介を助ける番だと言い、尼~ずたちを着替えさえ、急遽モデルとして出演させた。

スポンサーリンク



控室にて動揺が止まらない蔵之介。

すると修に連れられてリナが蔵之介に会いに来る。二人は15年振りに再会し抱きしめ合ったのだった。

そしてショーはフィナーレに。蔵之介は女装していたドレスを脱ぎ、タキシードに着替えた。そして月海の手を取り舞台へと向かう。

その途中、蔵之介は月海に言った。

「愛してる」

蔵之介は女装を外し、舞台に現れた蔵之介を見た観客や尼~ずたちは驚いた。

 

お姫様が王子様になった‥蔵之介を女だと思っていた尼~ずたちはこの時初めて蔵之介が男であることを知った。

蔵之介は今まで嘘をついていたことを謝り、男だけどこれからも仲間でいさせてほしいと言った。

天水館の主である目白先生もショーにて姿を現した。

先生は男で、天水館の入居者第一号だった。

その時、先に入居していた尼~ずの一人千絵子に一目惚れし、自分以外の男に入ってほしくなく男子禁制を掲げたと打ち明けた。

事実が判明したところで、天水館の男子禁制は撤回され、蔵之介も月海、そして尼~ずの皆と一緒に天水館に住み新たな人生を踏み出したのだった。

(おわり)

海月姫ネタバレあらすじ【感想】

原作漫画めちゃくちゃ面白かったです。

一人ひとりのキャラクターが良くて、笑いあり、ほろりと涙ありのストーリーでした。

女装が趣味の蔵之介と、腐女子の月海がクラゲを通じて出会い、やがてファッションブランドを立ち上げていきつつ、これまで男性と付き合ったことがない月海がプロポーズされるという、蔵之介に出会ったことにより、月海の世界が次々と変わっていきます。

しかし、月海だけでなく実は蔵之介も月海によって変わっていき、これまで心の底から居心地のいい自分の居場所がなかった蔵之介がようやく見つけられた居場所が天水館でした。

そして、月海は修と結婚せず、蔵之介、そして尼~ずと一緒に天水館にて暮らしていくというラストで締め括られました。

その後、月海と蔵之介がどうなったのか気になりますよね!

漫画のラストにも「結婚という形にはこだわらない」との説明があったので、すぐさま結婚という流れにはならないようです。

しかし、いずれ結婚して月海も、月海らしいクラゲのウェディングドレスを着るという展開になってほしいなと思います。

ドラマではどこまで再現されるのかわかりませんが、原作漫画もかなり面白かったので、楽しみにしたいと思います。

【ドラマ版最終回ネタバレあらすじはこちら】

海月姫最終回ネタバレあらすじ&感想 月海愛してる‥月海が蔵之介にキスで最高のハッピーエンド!

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


  1. モコモコ より:

    修君と一緒になって欲しかったなあ。
    残念でならない。

    • 瀬戸くん大好き より:

      蔵之介の、あのギャップが……。最高です。愛してるなんてーーーー。

  2. mirai より:

    月見が困ったとき お母さん・・・・・ と独特ななまりで話しかける所が可愛かったなー

  3. ひとみん より:

    瀬戸君、とてつもなく可愛い❤あんな女子いたら男性はイチコロですネ🌹スタイルもいい🎶月海と幸せになってくださいませ💝

  4. 高橋敦子 より:

    毎週楽しみに見ています。瀬戸君の女装の可愛さと男らしいギャップに参りました!最終話たのしみです。

  5. クラゲ より:

    漫画大好きでした
    最後はシュウシュウと結婚してほしかったな

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

義母と娘のブルース9話ネタバレあらすじ&感想 麦田,亜希子にプロポーズ!小さな軌跡が判明するシーンに涙!

綾瀬はるかさんが主演と務めるドラマ「義母と娘のブルース」が好評のようです! 前回第8話では… みゆきや大樹の協力もあり、ベーカリー麦田のリニューアルオープンに向け、準備を進めていく亜希子たち。 オープ …

ぼくらの勇気未満都市2017ネタバレあらすじ結末&感想!20年後の続編匂わすラスト!

1997年に放送されたKinkikids堂本剛さん&堂本光一さん出演ドラマ「ぼくらの勇気未満都市」が20年ぶりに返ってきます! 千葉幕原市にて、とある隕石が落下。T幕原型と呼ばれるウイルスに …

ハゲタカ6話ネタバレあらすじ感想 鷲津の華麗なる買収劇があけぼのを救い再生へと導く!

綾野剛さんが主演を務めるドラマ「ハゲタカ」 ホライズンジャパンを解雇された鷲津は新たなファンドを立ち上げ、大手電気メーカー「あけぼの」の買収に挑む。 しかし、同じくあけぼのを狙うファインTDの滝本が、 …

アンナチュラル9話ネタバレあらすじ&感想 まさかの真犯人に衝撃で言葉が出ない‥

石原さとみさん主演ドラマ「アンナチュラル」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 いよいよ最終章に突入したアンナチュラルですが、中堂先生の元恋人・夕希子の命を奪った犯人が明らかとなっていきそ …

あなたには帰る家がある8話ネタバレあらすじ&感想 綾子ストーカーっぷりがエスカレートで恐怖‥

中谷美紀さんが主演を務める大人なドラマ「あなたには帰る家がある」がついに最終章に突入! ついに秀明との離婚し、娘・麗奈と新しい生活をスタートした真弓。一方の綾子も太郎から逃げるように家を飛び出し、秀明 …

カテゴリー