Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

この世界の片隅に1話ネタバレあらすじ感想 松本穂香のすずがハマり役!松坂桃李とのキスシーンがヤバイ!

投稿日:

松本穂香さんが主演を務める新ドラマ「この世界の片隅に」がスタート!

広島で生きる一人の少女が辛い戦争時代の中でも、ひたむきに生きた感動の物語。

アニメ映画も日本のみならず世界各国でも上映され大ヒットとなったため、ドラマ版も期待が高まっていますね。

原作漫画先取りしたい方はこちら。

この世界の片隅にネタバレあらすじ結末 映画にない秘話も原作漫画から!普通に生きる大切さに心打たれる名作

演技に定評がある松本穂香さんが一体どんなすず役を演じるのか。

今回はドラマ「この世界の片隅に」の第1話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


この世界の片隅に1話ネタバレあらすじ【前半】

2018年夏。

佳代は恋人と一緒に広島県・呉市にある「北条」という古い民家を訪れた。しかし、中には誰もいない。部屋に入り、古びたタンスの中から「スズ」と書かれたクシを見つけた。

ここで暮らしていたんだ…。佳代はすずの面影を追った。

昭和9年。

すずは海苔が盛んな広島県・江波で生まれ育った。8歳のすずは、一人海苔を配達するお使いに出かけた。

無事に海苔を届け橋の側で絵を書いていたすず。すると何者かにさらわれ、気付いたら荷車の中に少年と一緒に入れられていた。

少年から人さらいに捕まってどこかに連れて行かれていると聞かされたすずは、家に帰れないのか…と泣くがポケットにキャラメルを入れていたことを思い出し、キャメルを食べ笑顔になった。

するとすずはなんとかしないとと少年に言い、少年はすずが漏らしたことにして騒ぎ始めた。荷車の異変を感じたひとさらいは荷車を開け、そのスキに二人は街へと逃げ出したのだった。

家に帰ったすずはその話を妹のすみにした。しかし、昼間の出来事は本当だったのか夢だったのか?不思議がるすずだった。

昭和9年8月。

すずは、妹、兄と一緒に海の向う側にある草津の祖母の家に遊びに行った。

遊び疲れ昼寝をしていたすずだったが、屋根裏部屋から子供が降りてきて、食べ終わったすいかにかじりついているのを目撃する。

すずはその子のために新しいスイカをもらってきたが、戻った時にはもうその子の姿はなかった。すると祖母は、置いていたらそのうち食べにくるよと言い、父は座敷わらしかもしれないと言った。

すずは祖母からもらった新しい着物を座敷わらしにあげてと言って置いてきた。祖母は座敷わらしの女の子にすずの着物を着せた。

しかし、その直後座敷わらし(リン)は男達に連れて行かれた。

スポンサーリンク


時は流れ、すずは14歳になった。

すずは短くなった鉛筆を大切にしていたが、哲がぶつかってきて落としてしまった。その日、哲の兄は訓練中の事故で亡くなったと聞かされた。

学校から帰宅したすずは山に食材を取りに行った。すると海を見て物思いにふける哲を見かける。兄が亡くなり、両親は自分がいるにも関わらず夢も希望もなくなったと落ち込んでいるという。

哲は課題の絵の題材に海を書こうかと思ったが、海が嫌いで書けないという。哲は海のさざなみを見て白いうさぎが跳ねているみたいだと言った。

それを見たすずは海と、海を見ている哲を書いたのだった。哲はこの絵を見たら海嫌いになれないと言い帰っていった。

やがてすずの兄・要一は軍人となり出征していった。

昭和18年。

18歳になったすずは祖母の家で手伝いをしていた。するとすずを嫁に欲しいという人が来ているから実家に戻るように言われる。

祖母は着物を渡し、結婚式を挙げた後、婿から傘を一本持ってきたかと聞かれたら、新なの一本持ってきましたと言う、そしてさしてもいいか?と聞いたらどうぞと言うようにと教えた。

相手は一体誰なんだろう…?と思いながら自宅に帰るすず。するとその途中で哲にばったり遭遇する。

縁談のは哲だと思っていたが、哲は兄貴の法事に帰ってきただけだった。

すずの家には、海軍で軍法会議の録事をしている周作が訪ねてきていた。すずのことを知っている様子の周作はすずが好きなミルクキャラメルを持って、嫁に欲しいと言った。

周作はすずのことを知っているようだったが、すずは周作が誰なのかわからなかった。

しかし両親の勧めもあってすずはこの縁談を受けることになった。

すずは嫁に行く前の日、父が「スズ」と名前を入れてくれたクシをもらった。知らない土地にお嫁に行くことに不安を抱くすずを母は心配ないと励ました。

スポンサーリンク


この世界の片隅に1話ネタバレあらすじ【後半】

昭和19年3月。

広島県・呉にある周作の家にて結婚式が行われた。

両家が揃って食事をする中、周作は何も話さずじっと拳を握っていた。すずはそんな周作の様子が気になった。

婚礼が終わり、周作の姉・径子は、周作には慎重に嫁を選ばせたかったと言い帰っていった。

径子はやや当たりがキツイが、周作の両親はすずを温かく迎えた。その夜、周作はすずを外に連れ出し、満点の星空を見せた。

すずは自分は本当に違う所にきたんだ…と改めて感じた。

お風呂に入り、周作との寝室に戻ったすずは祖母から言われた言葉を思い出し緊張していた。そして周作は「傘を持ってきたかの?」と聞いた。

すずは祖母に言われたように「新なの一本」と答えた。すると周作は貸してくれと言い、すずは傘を差し出した。

すると周作は傘を使って外から何かを取り出した。そしてすずの前に差し出したのは、干し柿だった。

すずは美味しいと言って干し柿を食べた。そしてすずはうちらどこかで会ったのですか?と問いかける。周作はえらい前に会ったと答えた。

しかしすずは覚えていなかった。

すると周作は、すずの口元にあるほくろを触りながら、あんたと一緒に生きていきたいと言い、キスをした。

2018年。佳代は北条家があった場所で暮らすことを決意した。

(第1話おわり)

この世界の片隅に1話ネタバレあらすじ【感想】

すずを演じる松本穂香さんがまさにはまり役ですね!透明感があってほんわかしている雰囲気もまさにすずにピッタリ!

個人的には周作の姉・径子を演じる尾野真千子さんもなかなかハマり役だなと感じました。

子供の頃に出会った周作と結婚することになったすず。しかしすずはあの少年が周作であることにまだ気付いていません。

それでもすずを思い一生すずと生きていきたいと話す周作にドキドキしてしまいました。そして、周作とすずが初めてのキス…!

二人の初々しさが伝わってきて、見ているこっちがドキドキしてしまうくらい妙な色気があってとてもよかった。

あと、既に映画や漫画を見ている方は、最初の方に登場した座敷わらしが「リン」と呼ばれていたことから、やっぱりあの座敷わらしはリンさんか!とテンションあがった方も多いはず。

この後に続く大事な伏線なので、見ていない方は後々より一層楽しめるかと思います。

NHKの朝ドラのようで、結構しっかりと作り込んであり、初回から釘付けになって見てしまいました。

これは今期一番のドラマとなりそうな予感がします。内容も原作漫画にかなり忠実ですし、今後の展開も楽しみです!

原作漫画ネタバレあらすじはこちら。

この世界の片隅にネタバレあらすじ結末 映画にない秘話も原作漫画から!普通に生きる大切さに心打たれる名作

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホタルノヒカリ映画ネタバレあらすじ結末 蛍妊娠?莉央の悲しい過去とは…

綾瀬はるかさん主演で人気を博したドラマ「ホタルノヒカリ」の映画版が地上派にて放送されます。 「恋愛するより家で寝てたい」 20代にして恋愛を放棄し、家でゴロゴロする干物女に訪れた恋愛模様を描いた作品で …

女囚セブン2話ネタバレあらすじと感想!琴音の事件に内藤が大きく関係か!?

金曜ナイトドラマ「女囚セブン」 女子刑務所を舞台に、冤罪で刑務所に放り込まれた主人公・神渡琴音(剛力彩芽)が日々繰り広がれるバトルに立ち向かい、隠された謎が明らかになっていくというドラマ。 シリアスな …

過保護のカホコ1話ネタバレあらすじ&感想!高畑充希の可愛さ全快で癒されるホームドラマ!

高畑充希さん主演ドラマ「過保護のカホコ」 主人公・加穂子(高畑充希)は両親、親戚にも激愛され甘やかされて育ってきた超がつくほどの箱入り娘。そんな時、カホコとは正反対の環境で育ってきた画家の麦之初(竹内 …

明日の約束8話ネタバレあらすじ&感想 母の正体が明らかに!霧島の本性を知った日向…

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 前回までのあらすじは… 主人公・日向(井上真央)の恋人・和彦が豹変!まさかのDV男でした…。さらに、亡くなった圭吾 …

結婚相手は抽選で2話ネタバレあらすじと感想 結婚しないを選択した女性の理由に涙‥

野村周平さん、高梨臨さんが出演する大人の土ドラ「結婚相手は抽選で」 前回第1話では‥ 生涯未婚率が上がり、政府からは「抽選見合い結婚法」が発表される。 オタクで彼女いない歴=年齢の龍彦(野村周平)の元 …

カテゴリー