きみが心に棲みついた9話ネタバレあらすじ&感想 母に整形させられた星名の過去が辛すぎて涙‥

吉岡里帆さん主演ドラマ「きみが心に棲みついた」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。

前回第9話では、星名の家族との辛い過去が明らかになりました。

詳しくはこちら

きみが心に棲みついた8話ネタバレあらすじ&感想 星名,今日子にキス!星名悲しい幼少期が少しずつ明らかに‥

今日子はついに星名の誘惑を乗り越え、星名から離れることに成功。今日子を失った星名が、一人涙する姿が切なかった‥。

しかし、星名の自宅を訪れたところを飯田が撮影しており、それを吉崎に送りつけ今日子を追い詰めようとしていきます。

今回は「きみが心に棲みついた」第9話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


きみが心に棲みついた9話ネタバレあらすじ【前半】

今日子が星名に手を引かれマンションに入っていく映像を見た吉崎は動揺。その映像は飯田が撮影し、吉崎に送ったものだった。その映像が吉崎は頭から離れずにいた。

吉崎の異変に気づき心配するスズキに、吉崎は今日子が星名と会っていたと話す。仕事かもしれないし直接聞いてみた方がいいとアドバイスするスズキだが、吉崎は話すことがないと言う。

するとスズキは、言いたいことはきちんとぶつけないとすぐにすれ違ってしまうと言った。

その夜、吉崎は今日子を訪ねた。吉崎は、「星名さんの家に行っていたよね?」と聞くが、今日子は話すことがあって‥と動揺。

仕事だと嘘ついて、他の男に会いに行っていた今日子が吉崎は信じられなくなっていた。

星名とはもう関係ないという今日子だが、星名に言われ下着になって歩いたり、会いに行ったり、吉崎は今日子の行動が理解できなかった。

吉崎は、星名と今日子のことに嫉妬してどうにかなりそうだと正直な気持ちを話した。

今日子は、ずっと離れたくても離れられなかったのは、星名が初めて自分のことを受け入れてくれた人だったからだと打ち明けた。

子どもの頃から家にも学校にも居場所がなかった今日子。母は妹ばかりを可愛がり、妹のように今日子のことは可愛いと思えないと言っているのを聞いてしまった。

学校でも消えろとバカにされずっと誰にも相手にされず、大学生になっても相手にされなかった。そんな今日子に星名だけが声をかけてくれた。

でも、もう星名からは離れて前に進みたいと思ったから、自分とは関わらないでほしいと話しに行ったと言う今日子は、誤解させるようなことをさせてごめんなさいと謝った。

未だに母と何年も話していないという今日子に、吉崎は母との関係を克服しない限り、また辛いことがあったら昔を思い出して星名のところに戻るのではないかと言う。

今日子は、吉崎の言う通りこのままではダメだと思い、母に会いに行くことを決意した。

翌日、社内にて星名のセクハラ・パワハラを訴えるメールが流れる。星名は人事部から呼び出され、調査されることとなった。

社内で星名に会った今日子は、メールを送ったのは自分ではないと言った。星名はキョドコができるわけないと冷たく言い放った。

そんな二人を堀田が見ていた。

飯田は、牧村のバーに行き、どうしても星名のことが諦められないという。すると、牧村はそこまで思うほどの価値がある男ではないと言い、性格だけでなく見た目もひどかったと話し始める。

実は子供の頃、星名は整形したことを暴露した。子供の頃、ひどいいじめに合っていた星名。学校ではいじめられ、家では父から暴力を受けていた。

そんな生活の中、母がデパートに行きペットショップで猫を見ていつも嬉しそうな顔で笑っていた。

しかし、ある日の夜、母が父からペットショップに行っていただろと暴力を振るわれていた。

すると、後日星名は母から、父の嫌いな人に似ているから顔を変えるように泣きながらお願いされた。

涙を流す母を思い、星名は整形をすることを受け入れたのだった。本当の星名はどこにもいない‥。牧村は飯田にそう言った。

堀田は、吉崎とスズキが飲んでいる居酒屋に合流し、星名がパワハラ・セクハラの疑いがかけられていることを話す。

吉崎は、今日子と星名の関係に混乱していた。吉崎は、今日子をなんとか明るい方向に引っ張れるように頑張っていたが、気がついたら闇に落ちていることに気づき、限界を感じていた。

しかし、堀田やスズキからは今必死に変わろうとしているから、あともう少しだと励まされた。

スポンサーリンク


きみが心に棲みついた9話ネタバレあらすじ【後半】

今日子は実家に帰り、母と対峙することを決意。そして、母や星名に縛られず新しい自分になると決意のメールを吉崎に送った。

そんな中、映美が新しい作品の担当者になってほしいと吉崎にお願いしにやってくる。しかし、吉崎は漫画の編集も忙しいしできないと断る。

映美は、前みたいに一番に作品を読んで欲しいと言うが、吉崎はもうこれ以上は会えないと言った。それは今日子と真剣に向き合うためだった。

一人部屋に残された映美は「フラれちゃった‥」とつぶやいた。

今日子は、実家前までやってきたが、インターホンを押すのをためらっていた。すると買い物から帰宅した母に遭遇。

今日子に冷たい態度の母。今日子は話があると言うが、妹が友達を連れてくるため、それまでに帰ってと冷たく言われてしまう。

今日子は、母が自分だけに冷たかったことを話す。

母は子どもの頃から今日子に冷たく当たり、今日子の笑顔が嘘くさい、イライラすると当たり続けてきた。

今日子は、昔のことが嫌だったと言うが、母は今日子を見るとイライラする、他の人だってそう思っているから、今日子が嫌われないようにわざわざ教えてあげたと言い放つ。

今日子が話すのを遮る母。今日子は、勇気を出して、嫌いでもいいけど、せめて親なら隠してほしかった。

小さい時からずっと傷ついてきた。でももう前に進む、昔の自分とは違うということを言いに来ただけと言い、母の元を去った。ようやく言いたいことを言えたのだった。

その夜、帰宅する星名を見つけた飯田は前の顔も好きだと、牧村から子どもの頃のことを聞いたと話す。

例え過去に何があったとしても、星名の全てを受け入れる、ずっと傍にいると訴える飯田。

すると星名は、飯田を押し倒し、ハサミを飯田の顔のすぐ傍に振り下ろした。

星名は、これ以上クビを突っ込むなと言い放った。

後日、今日子の誕生日の日。吉崎にお祝いをしてもらうという今日子は喜んでいた。

帰宅する前、星名のパワハラ・セクハラの聞き取り調査が行われた。ある社員が、星名が女性に抱きついているのを目撃したと証言。

そして飯田は、一ノ瀬が飯田にセクハラをしたと星名が言い左遷させたが、飯田はそれは事実ではないと訴えた。

さらに、飯田はこれまで星名から数えきれないほどのセクハラを受けたと言い、その証拠として星名から、愛のない夜の営みこそ興奮すると言い、飯田の肩を掴み、飯田が止めて!と言う音声を暴露。一方的に攻められたと言った。

そして、今日子の聞き取り調査が行われた。以前行われた展示会にて下着で歩いたことについて、星名が強制的にやらせたという噂があったが、どうなのかと問い詰められる。

しかし、今日子は強制されてやったわけではない、最終的には自分の意志で歩いた。だから、これは自分の問題だと言った。

スポンサーリンク


聞き取り調査後、堀田から何で星名を庇ったのかと言われる。

今日子は、確かにランウェイを歩けと言われたが、自分がきちんと断ればいいだけの話しだったと言った。

エレベーターに乗った今日子に飯田は、星名が整形であることを話す。飯田は、自分はきっぱり切ったけど今日子にはまだ未練があるのねと言い、地獄まで落ちていくつもり?と言い去って行った。

今回の聞き取り調査により、星名は自宅謹慎を命じられた。

星名は姉・祥子からの、留守電を聞く。母の体調が悪く治療費と入院費を要求するメッセージが残されていた。

母から今後一切関わらないでほしいと言われたことや、今日子からも今後一切関わらないでほしいと言われたことを思い出していた。

仕事が終わり、今日子は吉崎の自宅を訪ねた。

吉崎の異変に気づきつつも、今日子は母に会いに行ったことを話し、自分の中でスッキリしたと言い、過去にとらわれず前に進む自信がついたと話す。

そして、星名のことを話そうとする今日子。

しかし、吉崎は今日子に別れを告げた。

今日子は自分のことが好きなわけではない。今日子の中にはずっと星名がいると吉崎は言う。

今日子は否定するが、堀田から星名のことを庇ったと聞いた吉崎は処分が軽くなるためじゃないかと言う。

今日子は、自分と星名との問題であって会社の問題ではないからだと言うが、吉崎は星名がいなくなるのが嫌だから庇ったんだろうと言われる。

そして、それは依存だと言われ、もしこの先自分たちが付き合っていったとしても、それは恋愛じゃなくて、依存する相手が自分に変わるだけなんじゃないか‥。

そう思い吉崎は別れを切り出した。

誕生日だった今日子。28歳の誕生日は辛く悲しい思い出となってしまった。

(第9話おわり)

きみが心に棲みついた9話ネタバレあらすじ【感想】

母から十分に愛情を受けられず、自尊心が低いまま成長し、自分に自信が持てなかった今日子。そんなきっかけとなった母と初めて対峙します。

母に初めて言いたいことが言え、星名との関係もようやく断ち切ることができ前向きに歩み始めた今日子。

色々あったけど、これで吉崎と共にようやく歩み始められる‥!と思いきや、吉崎は今日子と星名の関係性に悩み、そして今日子が信じられなくなり、別れを切り出します。

うーん。確かに、星名と今日子の関係は通常の感覚だと理解し難いですよね。吉崎が、依存だという思う気持ちの方が普通なのかもしれません。

一方、星名が母から整形を強要された過去が明らかとなりました‥。

星名も今日子も、幼少期、母から十分に愛情を受けられずに心に大きな傷を負い、傷を負っているからこそお互いを必要とし、今のようないびつな関係になってしまったようです。

もう星名の過去が壮絶すぎて、これまで星名が今日子にしてきた仕打ちは酷く許されないものではありますが、星名も幸せになってほしいとなと思ってしまいますね。

さて、次週最終回を迎えます。このまま今日子は吉崎と別れてしまい、さらにひとりぼっちになってしまった星名は一体どうなるのでしょうか。

それぞれが幸せになる展開であってほしいです!

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

感想を書く

avatar
  Subscribe  
Notify of