Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

家族の旅路原作ネタバレあらすじ最終回結末まで 祐介&柳瀬に隠された衝撃の事実に鳥肌!子を思う親の愛に号泣

投稿日:

滝沢秀明さん主演ドラマ「家族の旅路」が大人の土ドラ枠にてスタート!

30年前にとある一家を襲った事件。主人公で弁護士・浅利祐介(滝沢秀明)は、死刑囚となった犯人の再審請求をある女性から依頼されていた。

しかし、実はその犯人・柳瀬光三(遠藤憲一)こそ祐介の両親と祖父を手に掛けた男だった。自分の肉親の命を奪った男の再審請求をすることになった祐介。

事件と向き合っていく中で祐介がこれまで知らなかった事実が次々と明らかになっていく‥というストーリーです。

これは面白そう!

原作は小杉健治先生の「父と子の旅路」です。さっそく読んでみたところ、冒頭から一気に引き込まれてしまい、まさかの真実に号泣‥。

今回はドラマ「家族の旅路」のネタバレあらすじを原作小説の結末まで簡単にまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


家族の旅路原作ネタバレあらすじ【始まり】

主人公・浅利祐介(滝沢秀明)は30年前、両親を柳瀬光三(遠藤憲一)という男に殺害された。当時生後6ヶ月だった祐介は一人生き残り、母親の姉夫婦・浅利家の養子として引き取られた。

やがて成長した祐介は、弁護士となり忙しい日々を送っていた。

そんな祐介の元に、河村礼菜(谷村美月)という女性が訪れ、祐介の両親の命を奪った犯人・柳瀬光三の再審弁護人になってほしいという驚くべき依頼を持ちかけてくる。

事件後、柳瀬は逮捕され現在は死刑囚として服役していた。

実は、柳瀬は礼菜の母・あかね(横山めぐみ)の最初の夫だという。二人の間には、光男という息子がいた。

礼菜は末期がんを患い余命僅かなあかねのために、自分の兄にあたる光男を見つけてあげたいのだという。

しかし、生後間もなくして光男を置いて、他の男と駆け落ちしたあかねは手がかりがなく、光男と一緒に暮らしていた柳瀬であれば何か知っているのではないかと思い、柳瀬と接触したいと祐介に依頼してきた。

さらに、礼菜から柳瀬は無実である可能性が高いことも知らされた。自分の両親の生命を奪った柳瀬の弁護人になることについて、祐介は礼菜の依頼を一度は断った。

しかし、現在の事務所の所長・澤田(片岡鶴太郎)の助言により依頼を引き受けることにし、事件に向き合う覚悟を決めた。

【30年前の事件】

山口県のとある工場で働いていた柳瀬は、ホステスだったあかねと出会い結婚し、息子・光男が生まれた。

天涯孤独だった柳瀬は光男も生まれ幸せを感じていた。しかし、あかねは育児放棄し、東京からあかねを追ってきた昔の男と駆け落ちした。

ほどなくして柳瀬にがんが発覚。光男の将来を心配した柳瀬は、藁にもすがる思いで、東京にいる、あかねの実家を訪ねた。

しかし、あかねの実家・花木家は引っ越ししており大富家という別の家族が住んでいた。

落胆する柳瀬だったが、子どもを抱き疲れ果てた様子の柳瀬を見かねた大富夫婦の図らいにより、柳瀬はその夜泊まらせてもらうことになった。

偶然にも、大富夫婦には光男と同じくらいの赤ん坊がいた。

翌日、柳瀬は大富夫婦に光男をみてもらい、あかねの両親の新しい居場所を突き止める。

しかし、あかねと絶縁状態にある義父から取り合ってはもらえず、落胆した柳瀬は以前耳にした子どもを望む夫婦に赤ん坊を斡旋する産婦人科医がいるという話しを思い出しながら、大富家に戻った。

そして、大富一家を襲った事件が発生。現場には、男の子の赤ん坊だけが一人生き残った。柳瀬は犯人として逮捕された。その時、光男の姿はなかった。

スポンサーリンク


【秘密】

再審請求に向け、祐介と礼菜は、柳瀬の再審請求を担当した弁護士・津村を訪ね、妻・佐智子(朝加真由美)から当時の資料を入手した。

津村は、凶器について外部から持ち込まれたものであり、事件当日近くの店で包丁を購入していた若い男の新情報を掴んでいた。

しかし、津村は既に亡くなってしまっておりそれ以上のことはわからなかった。

その後、事件を担当した元検事・松枝(石丸謙二郎)を訪ねた祐介と礼菜。

事件後、柳瀬は自分がやったと罪を認めたものの、柳瀬の実直な性格や子煩悩な様子からも柳瀬が犯人だと思えなかったという。

さらに、気になったのが柳瀬は現場からいなくなった光男の行方について口を割ろうとしなかったこと。警察は赤ん坊を斡旋する産科医を突き止めたが、光男は見つからなかった。

やがて祐介は柳瀬との面会の日を迎えた。

柳瀬との面会の日。初めて祐介と顔を合わせた柳瀬はどこか感動している様子だった。これまでの聞き込み調査により、柳瀬は犯人ではないと思い始めた祐介は、柳瀬の無実を証明すると意気込んでいた。

しかし、柳瀬は再審請求について意欲的ではなかった。

一度引き上げることにし、面会所から出ようとした祐介。ふと祐介に赤ん坊の頃の面影を感じた柳瀬はつい声をあげそうになり思いとどまった。

(光男‥)

【真実】

30年前、柳瀬が大富家に戻ったあの日大富夫婦、夫婦の息子(祐介)は無残な姿で息絶えていた。

そんな中、唯一柳瀬の息子・光男だけが生き残っていた。警察に通報しようとした柳瀬だがふとあることが頭をよぎった。

「祐介と光男を入れ替える‥」

大富夫妻には、子どもが好きだけど子宝に恵まれなかった姉夫婦がいると聞いており、光男を祐介としてすり替えれば可愛がってもらえるだろう。

柳瀬は胸を引き裂かれる思いで、光男をその場に残し、代わりに亡くなった祐介の亡骸を抱いて大富家を後にした。後に、祐介の亡骸は通りかかった寺の本堂にこっそり埋めたのだった。

その後、柳瀬は逮捕された。もし自分が罪を認めれば、光男と祐介を入れ替えたことがバレるかもしれない。

柳瀬はガンを患っていたため、もうこの先長くないと思っていた。しかし、その後の治療により柳瀬は命をとりとめた。

それでも、光男の幸せを願い、柳瀬は真実を隠すため罪を被ったのだった。

全ては光男を守るために‥。

その頃、祐介は無実を証明する手がかりを探すため、柳瀬とあかねが一緒に暮らしていた山口へと向かった。

二人が住んでいた場所を訪れた祐介は、ふと見覚えのある光景にどこか懐かしさを感じた。

「もしかして、自分が光男なのか‥?」

祐介は、柳瀬が自分を守ろうと罪を被ったのではないかと気づき、真実を明らかにしていくことをより一層強く思った。

スポンサーリンク


【再会】

その後、祐介の調べにより、大富家は、あかねの実家・花木家と間違えられ襲われた可能性が高いことが浮上した。

花木家を襲った犯人とされるのは、当時あかねと駆け落ちした男・河村真ニ(小林タカ鹿)だ。あけねと駆け落ちした河村は、裏社会の男たちとトラブルになり金に困っていた。

裕福な家庭の花木家の財産はあかねのものだと河村自身が言っていたことからもカネ目当てという動機もある。

やがて、再び柳瀬との接見の日が訪れ、祐介は河村犯人説について柳瀬に話した。柳瀬は動揺していたが、あくまでも自分がやったと言い張り、再審請求は拒否された。

そして、ついに柳瀬の刑執行について予告された。

しかし柳瀬に後悔はなかった。ずっとあの日から心の中で光男と生きてきたからだ。そして、大人になった光男を一目見ることができた。

それだけで十分に幸せだった。

その頃、祐介はあかねから知らせを受け、病室へと訪ねていた。柳瀬が最後にあかねに手紙を出しており、あかねが強く思えば光男の姿を見ることができると書かれていた。

それは祐介のことを意味しているようにも見えた。

手紙を受け取ったあかねは思うところがあったのか、河村のお墓に遺骨と共に凶器とナイフが入っていることを祐介に教えた。

祐介が急いで河村のお墓を探ると、供述通りナイフが見つかり、事件当時若い男が購入していた包丁と一致した。

河村の命の奪ったのはあかねだった。絶縁状態なると言えど、自分の家族を襲おうとした河村を許せなかった。

しかし、もし事件が発覚すれば礼菜は殺人犯の娘とされてしまう。全ては礼菜を守るため、あかね自身も真実を隠し続けてきたのだった。

真犯人が明らかになったことにより、柳瀬の刑の執行は中止された。全ての事情を知らされた柳瀬の元に祐介が現れた。

「父さん‥!」

「光男‥」

祐介はこれまで自分を守ってくれていた父への感謝の気持ちを伝え、柳瀬はこれまで封じ込めていた思いが爆発し涙を流した。

スポンサーリンク


【新たな出発】

やがて再審裁判が行われ、柳瀬は無罪となった。

出所した柳瀬は、危篤状態になっているあかねの病室へと向かった。昏睡状態で意識が朦朧としているあかねはうっすらと目を開け、ごめんねと言ったようだった。

柳瀬は、あかね出会ったことに感謝していると告げ、祐介もあかねを母と呼び、感謝の言葉をかけた。

やがてあかねは、柳瀬、祐介、礼菜ら家族に看取られ息を引き取ったのだった。

釈放された柳瀬は、これまで、心の中で作りあげてきた光男との日々を大切にするためにも山口に戻って暮らすと告げた。

祐介も父親の想いを尊重し、暖かく送り出すことにした。

出発の日、柳瀬は当時赤ん坊だった光男を思い出していた。あんなに小さかった光男が今では立派に成長してくれた。

柳瀬は、ささやかな喜びを噛み締めながら、光男たちと過ごした山口へと帰っていったのだった。

(おわり)

家族の旅路原作ネタバレあらすじ【感想】

祐介が光男だった‥と事実がわかった時には鳥肌が立ちました。息子を守るために、必死になって守り続けた父の思いに号泣。

さらにあかね自身も一度は光男を捨てたと言えど、光男のことを心の中で思い続け、さらに礼菜を守るために罪を重ねた娘への知られざる思いも明らかになりました。

そして実は大富家が襲われ祐介を引き取った浅利家夫婦も、本当は祐介が光男であることに気づいていました。

それでも自分の息子として引き取ったからには、今更他の家の子どもだからと言って手放せないと光男が祐介でないと知りながらも家族として過ごしてきたということが判明。

祐介と柳瀬の親子愛だけでなく、それぞれが不器用ながらも子どものことを思い懸命に生きてきた親の愛が描かれた作品でもありました。

ラスト柳瀬はそのまま刑執行となってしまうのかな‥と思いましたが、最後の最後で無実が証明され、あかねにも再会でき、少しだけでも家族水いらず過ごすことができたシーンに感激でした。

そして、幸せな日々を過ごした場所へと戻っていくというハッピー・エンドで締めくくられたので本当によかったです!

さてドラマでは、祐介役を滝沢秀明さん、そして柳瀬役を遠藤憲一さんが演じるということでこれは楽しみですね。遠藤憲一さんの父親役、想像するだけで泣けてきそうです(笑)

原作がどこまで再現されるかわかりませんが、これは楽しみです!

原作小説も非常に面白かったので、ぜひドラマとセットで楽しむことをおすすめします。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トドメの接吻8話ネタバレあらすじ&感想 旺太郎と宰子がいい感じに‥尊氏が二人の秘密に気づく!?

山﨑賢人さん主演ドラマ「トドメの接吻」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 一度は命を落としたものの、宰子が美尊にキスをしタイムリープしたことにより救出された旺太郎。 しかし、尊氏が宰子の …

花のち晴れ最終回ネタバレあらすじ感想!切ない展開に涙!音が最終的に選んだのは…

杉咲花さんが主演と務める「花のち晴れ」がついに最終回を迎えます! 晴のことが好きだという自分の気持ちに気付いた音。しかし、天馬のこともあり晴への気持ちを封印しようとします。 そんな中、晴と天馬が音を巡 …

刑事ゆがみ4話ネタバレあらすじ&感想 切なすぎる展開に胸が締め付けられ涙…

浅野忠信さん、神木隆之介さん出演の「刑事ゆがみ」のネタバレあらすじ感想についてまとめています。 いい加減だけど鋭い観察眼を持つ刑事・弓神(浅野忠信)と、正義感溢れるが腹黒い刑事・羽生(神木隆之介)が様 …

奥様は取り扱い注意2話ネタバレあらすじ&感想!夫の正体も元特殊工作員!?

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」 主人公・菜美(綾瀬はるか)は幸せな家庭に憧れ、合コンに参加したところ今の旦那となる勇輝(西島秀俊)に出会い結婚。 閑静な住宅街でちょっとセレブな専業主 …

トットちゃんあらすじネタバレ第1週(1~5話)&感想!トットちゃん誕生前父と母のなれそめ

2017年4月からテレビ朝日のシニア枠としてスタート昼ドラ。 10月からは黒柳徹子さんの半生を題材にしたドラマ「トットちゃん!」がスタート。 物語は、トットちゃんこと黒柳徹子さんが誕生する前から始まり …

カテゴリー