Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

過保護のカホコ5話ネタバレあらすじと感想!麦野,カホコに男気溢れる交際宣言!

投稿日:

高畑充希さん主演ドラマ「過保護のカホコ」のネタバレあらすじについてまとめています。

超過保護に育てられママなしでは何も出来ない主人公・可穂子(高畑充希)。しかし、大学で全く違う環境で生きてきた麦野に出会い、外の世界を初めて知り少しずつ成長していくストーリー。

前回では、麦野に告白したものの振られてしまったカホコ。もう麦野とは会うことを止め等と決意したカホコでしたが、父のサポートもあり、麦野からお前がいないと…と言われ喜ぶカホコ。

母・泉(黒木瞳)とも冷戦状態でしたがすっかり仲直りしたものの、都合のいい時だけ頼ってくる二人に父・正高(時任三郎)が怒り爆発!

これまで温厚な正高とはうってかわって、怒りを露わにし家を飛び出してしまいました。一体この家族どうなっていくのでしょうか。

今回は「過保護のカホコ」第5話ネタバレあらすじと感想についてまとめました。第5話ラストまでネタバレしていますので結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


過保護のカホコ5話ネタバレあらすじ【前半】

「都合のいい時だけ頼って俺はスポンサーか!?」とママとカホコに怒り、家を出ていってしまったパパ。

実家に戻っていたパパは妹・教子(濱田マリ)に嫌味を言われていた。

パパは自分のありがたみを感じないため、少しいなくなって謝ってくるのを待っていた。しかし、意外と二人で楽しくやっていてこのまま連絡来ないかもと少し不安だった。

その頃、カホコはパパに連絡してみようとするものの、ママからは反省するのはパパで勝手に出ていったんだから、むこうが謝ってくるまで帰ってきてなんて言ったらダメと釘を刺されていた。

パパはカホコからの連絡を待つものの、一向に連絡はなく、カホコに会いたいと思いを募らせていた。

ママの車で駅まで送ってもらう途中、麦野(竹内涼真)から頼みたいことがあるとメールが入る笑顔を見せるカホコ。

その様子を見たママは男女の友情はないから会うのは止めたらというが、絵を書くのにカホコが必要だって言ってくれたからと嬉しそうに学校に行った。

学校に到着し、麦野のアトリエに行く。

麦野は、カホコにモデルになってほしいとお願いする。もしかして、ヌード…?と勘違いするカホコだが、あっさり否定され、麦野の言われるがままにポーズを取るが不自然でぎこちない。

そして、麦野にパパが出ていったことを相談するが、どうせすぐに帰ってくるから放おっておいたらと言われる。

「世の中にはもっとひどい家だってある、親に愛されて育つことがいかに幸せのことか…」

と寂しそうにつぶやく麦野。

「愛してくれなかったの?」と問いかけるカホコ。

麦野の父親は物心ついた時に亡くなり、母親は男とどこかで楽しく暮らしているみたいだと初めて自分の家の環境を話した。

学校の帰り道、カホコはコンビニで買い物をするがチャージも現金もなく支払えず、パパに助けを求めようとする思いとどまる。

カホコから連絡がないパパは、自分から連絡しようとするが我慢している時、ようやくカホコからメールが入る。

「カホコは過保護だと思う?」

「そう思う。パパにも責任があると思うけど…」

と返事するが、特に帰ってきてとは連絡がないことに不満な様子。その直後、ママからは今月の生活費まだ?と連絡が入る。

パパは明日に振込をすると言うが、明日は夕飯いるの?と聞かれ言われて、頭にきたパパは
いらないと電話を切った。

その夜、カホコはパパのことが気になりつつも何もできずにいた。

スポンサーリンク



翌日も麦野のアトリエに呼ばれモデルをするカホコだが、パパのことが心配で顔に出てしまい、書く気にならないと言われる。

パパはまだ帰ってこないのか?と気にかける麦野。カホコはどうやったらパパが帰ってくるかわからないと聞く。

「泣いて頼めば?」「それじゃあ解決にならないかなと思って」

カホコはもう会えなくなったらどうしようと心配するが、麦野はパパがいなくなれば箱入り娘でいられなくなるからそっちの方がいいかもねと言う。

それを聞いて益々落ち込むカホコ。

「物事には何でも意味がある。パパが出ていったのも、いい加減親に甘えるのを止めて
将来のことを考えたほうがいいって神様が言っているかも。人を幸せにする仕事がしたいって言ったけど、本を読んだだけだし、バイトとかインターンとかやってみて見つけたらどうか」

と提案した。

その夜、カホコはインターネットでバイトを探していた。ママに本当にやりたいことを見つけるためにも現場で経験を積んだ方がいいと思うからとバイトしようかなと相談する。

麦野くんに言われたの?と一瞬顔色を変えるが、カホコはなんとか働くことを許してもらったものの、ママと学生課に行って一緒に決めると押し通されてしまった。

翌日、ママと一緒に学生課を訪れ、インターン先について調べるが、カホコの意志ではなくママがあれこれ先生に聞く。

小学校の児童クラブの手伝いをすることになり、さっそくスタッフ会員証を渡され、張り切るカホコ。

しかし、バケツの水を倒してしまったり、宿題を教えている時に居眠りしたりとうまくいかない。

さらに外で遊ぶ子どもたちに引っ張られ、女の子が転んでしまいあたふたするカホコだが、近くで見守っていたママが駆けつけ結局ママの手を借りてしまうことに。

今の子供は過保護だし、モンスターペアレンツが怒鳴り込んできて大変だし耐えられないでしょとママが言い向いていないよとカホコに言った。

過保護のカホコ5話ネタバレあらすじ【後半】

そんな中、叔母の環(中島ひろ子)が喘息で病院に入院したと知らされ慌てて病院に駆けつける。

仕事のストレスから夫・衛(佐藤二朗)が記憶を無くすまで酒を飲む日が続き、幸せが壊れてしまうことに不安を感じたのが原因だった。

さらに、糸(久保田紗友)が警察に補導されてしまったと連絡が入る。慌てて糸の両親とカホコも一緒に警察に駆けつける。

糸は出会い系で知り合った男とホテルに入ろうとし揉めたところを補導されたという。

しかし、糸は反省する様子を見せず

「関係ないでしょ。あんたたちなんて親だと思ってないから。そんな退屈な人間で恥ずかしくないの?もう顔も見たくない、あんたたちみたいな大人にはならない」

と言い独り警察を後にした。

カホコは何も言えなかった。

スポンサーリンク



翌日、麦野のアトリエでモデルをするが、カホコは心配事が増え顔に出てしまう。

そんな様子を察した麦野はカホコに何があったのかと聞き、カホコは親戚のことを話す。そして、麦野に糸のことを相談するが、お前が何かできるわけでもないから放っておけと言われる。

糸に麦野に会いに行ってとお願いするが、先日ひどいこと言ったからムリだと思うと言い、自分で言うのもなんだけど、一応俺のこと好きなんじゃないのと言う。

カホコは、麦野が糸のことタイプだって言っていたし、二人がうまく行ったらおめでたいこと…という。

麦野は話しを変え、ママから独り立ちする話しはどうなったんだ、もうカホコのこと邪魔しないで」ってびしっと行ってやれと言うが、カホコはそんなひどいことできないと答えた。

すると、カホコはふと麦野がもう使えなくなっている赤い絵の具を持っているのを見つけ、
「どうして使えないのにいつも持っているの?」と聞く。

麦野は「うるさいなー捨てていいから、捨てろ!」と冷たく言われ、しぶしぶゴミ箱に入れたカホコ。

そして、麦野からもう帰ってと言われてしまった。

学校の帰り、ママの実家に行き祖母(三田佳子)に家族のこと、親戚でも色々あったことについて話し「自分に何かできることがないかな」と相談する。

祖母はカホコが大人になりつつあることに気づき、好きな人のおかげねと言う。

カホコは好きな人にも何してあげたいけど、いいことが思い浮かばなくて、カホコと違って家族がいないみたいだから寂しいんじゃないかなって思ってと相談すると、昔ママにも同じようなことを言われたという。

その時、お弁当でも作ってあげたらと言い、もしあの時ママがお弁当を作っていなかったら
カホコは生まれてなかったかもねと話す。

料理が苦手なカホコはおにぎりをつくることを提案し、祖母の家でおにぎりを作り始めた。

いつものようにママから迎えの連絡が入るが、カホコは独りで大丈夫だからと断る。

何で?と不機嫌になるママだった。

すると祖母がママに連絡を入れる。

「もうカホコのこと好きにさせたら、このままだと社会に出てやっていけない。
成長を願っていないの?子離れしたら?私達が思っているよりもずっと強い子よ。」

「私はカホコにできるだけのことをしてあげたい。後悔したくない」

「子育てで後悔しない母親なんていないわよ。私だってあんたたちに色々なことしてあげたらよかったって思うし。でも最後は覚悟しないとダメよ。転んでも立ち上がるって信じて。
愛するよりも信じるほうが難しいんだから。」

スポンサーリンク



その頃、パパは実家にいた。

「カホコは赤ん坊の時俺がいないいないばあをしたら本当に嬉しそうに何度も笑ってくれた。子供の頃ママに似て可愛いお子さんですねと言われるたびに寂しい思いをしたけど、
足の形がそっくりなのが気がついて、この子に俺のDNAが流れているって思った。何があってもこのこだけは守らなければと思った」

と教子に話していた。それなのに何で迎えに来てくれないんだ…と泣き出す。

するとインターホンが鳴り、カホコがやってきた。

「うちに帰ってきてください。カホコもっと大人になってパパに迷惑とか心配かけないようにするから。」

「こっちこそあんなひどいこと言ってごめん、家に帰ろう」

しかし、カホコは行くところがあるから先に帰っといて、パパの元を去っていった。

カホコは作ったおにぎりを持って麦野のもとへと向かい、自分で作ったというお弁当を差し出した。

麦野は大丈夫か?と心配するものの、カホコが作ったお弁当を開く。

しかし、大きなおにぎりが入っているのを見た麦野は「やっぱりいい、俺おにぎり嫌いなんだ」と言う。

麦野が持っていたパンを取り出そうとした時、捨てたはずの絵の具が出てきたのを見つけるカホコ。

すると麦野は

「昔、金もないのに母親が買ってくれたんだよ。母一人、子一人だったから、絵書いて画家になったらと言われて、買ってもらった絵の具でガンガン絵を書いていた。でも、7歳の時、テーブルにおにぎりと「ごめんね」という書き置きが残されていなくなった」という。

その後、高校卒業まで施設で育ち、奨学金もらって大学に入ったという。

カホコはなんとかして麦野の母親を探す方法ないかな、会いたいから絵の具捨てずに持っていたんでしょと言うが「そんなんじゃない、持ってたのはいつかピカソ超えてあいつを見返してやるためだ」と言われ、麦野は絵の具を近くの川に投げ捨ててしまう。

すると、カホコは黙って川に入り捨てた絵の具を探し始める。

慌てて麦野はママに怒られぞと止める。

「私、こんなの初めて。自分が何にもできないのが悔しい。家族にも初くんにも幸せになってほしいのに何にもできないのが嫌でたまらない。やっぱりカホコが過保護だからかな。
だったらもう過保護な自分が嫌になる、悔しい、苦しい」

「だからってそんなことしなくていい」

「他に考えつかないんだもん!」

川の中を必死に探すカホコ。

「見つかるわけねえし…」

それでもカホコは諦めずに探し、転んで水浸しになってもやめようとしない。麦野はカホコにもとに駆けつけ水に濡れないようにカホコを抱き上げ「もう本当にいいから…」と川から岸へと連れ戻した。

スポンサーリンク



その夜、自宅マンションに戻ったパパ。

カホコのためにも良き夫、良き父親にならなければ…と言いたいことを言うと決意し自宅に入る。

ママはカホコが赤ん坊の頃のDVDを見ていた。パパが帰ってきたことに気づき話しかける。

「パパのいないいないばあだけは何度やっても飽きなかったよねカホコ。この笑顔見てたら本当に天使なんじゃないかって思った。カホコの純粋さはパパに似たのかな…。パパ、私カホコを甘やかし過ぎなのかなちょっと…」

(やっとそう思ってくれたのか。ここは大事な所だ!ちゃんと自分の思いを伝えなければ…)と心の中で思うパパだが、次の瞬間インターホンが鳴り「カホコだわ!」と玄関に向かうママ。

ドアを開くとずぶ濡れになったカホコと麦野が一緒だった。麦野は自分が悪い、長くなるけど聞いてもらえますかと言うが、ママは帰ってと冷たく言う。

しかし、閉めようとするドアを押さえて言う。

「娘さんと会えなくなるのは嫌です。バカがつくくらい単純で素直で、いつもこっちの予想以上のことをするし目が離せない。だからこそ、自分ももっと頑張らなければなと思います。二人がなんでそんなに娘さんを可愛いって思うのかやっとわかりました。できれば交際を許してほしいと思っていますけど、今こんな格好なんでまた改めてお願いしにきます」

そう言って、麦野は帰っていた。

そして、カホコはママに言う。

「もうママに甘えないようにする。朝は自分で起きる、洋服も自分で決める。駅までの送り迎えもしてもらわずに自分で歩く。花嫁修業のことも、就職のことも自分で考えてからママに伝える。そうしないといつまでたっても大人にならないような気がするから。そうしてもいいかなママ?」

「わかった」

そう言ってママは自分の部屋へと戻っていった。そして、荷物をまとめて家を出ていってしまった。

(第5話おわり)

過保護のカホコ5話ネタバレあらすじ【感想】

家出し、カホコの連絡を待ちつつもなかなか連絡がないことに不安を抱きつつもようやくカホコから帰って来てと言われ、自宅に戻ったパパ。

父親ってどこの家庭もカホコの家みたいに都合のいい時だけ頼りにされて、普段はあまり相手にしてもらない…と感じているお父さんたちも多いのではないでしょうか。特に娘さんがいる家庭だと共感できる部分だったのではないかなと思います。

パパの家出はあっけなく終了しまし、カホコがママに脱過保護宣言!しかし、次はママが家でしてしまいます。

カホコがママなしでは何もできない部分もありますが、ママもカホコに依存しっぱなしで、意外とカホコの方が大人でありママの自立の方が大変なのかもしれません。

そして、今回第5話にて麦野がカホコの両親に交際宣言。正式な交際の申し込みはまた改めてという展開でしたが、カホコの純粋さに惹かれたようです。

それにしても麦野演じる竹内涼真さんがかっこよすぎて、カホコを導く姿に胸キュンしているファンの方も多いのではないでしょうか。

二人の恋がようやく動き出し来週からはもっと加速しそうなので、これは楽しみです!次週も目が離せません。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

監獄のお姫さま2話ネタバレあらすじ感想 完璧だったカヨの悲しい過去とは

小泉今日子さん主演ドラマ「監獄のお姫さま」 罪を犯した5人の女性が刑務所内で出会い、冤罪で捕まった姫を助けるため、出所した女性たちが事件の真相に迫るというストーリー。 第1話が放送され早くもクドカンワ …

no image

リバース7話ネタバレあらすじと感想!美穂子が犯人で目的は復讐か

ドラマ「リバース」のネタバレあらすじについてまとめています。 前回では、谷原が現場に事故現場に駆けつけ、残っていた血痕を浅見と一緒に隠したことが明らかになりました。 さらに浅見と深瀬が広沢の実家を訪れ …

過保護のカホコ4話ネタバレあらすじと感想!パパ豹変!麦野の心が少し動く?

高畑充希さん主演ドラマ「過保護のカホコ」のネタバレあらすじについてまとめています。 主人公・加穂子(高畑充希)は超過保護に育てられママなしでは何も出来ない箱入り娘。 そんなカホコが正反対の環境で生きて …

明日の約束4話ネタバレあらすじ&感想 長谷部への脅迫&ラインは母の指示か 恋人,和彦にも闇が?

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 スクールカウンセラーとして勤務していた主人公・日向(井上真央)。不登校だった男子高校生・圭吾が突然亡くなってしまい …

ドクターX(2017)1話ネタバレあらすじ&感想 蛭間院長カムバックで未知子潰しの黒い影…

米倉涼子さんの人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第5シーズンがスタート! フリーの外科医・大門未知子が金と欲にまみれた医療業界の中でも、目の前の患者を救うというポリシーを元に次々と見事な …