Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

過保護のカホコ1話ネタバレあらすじ&感想!高畑充希の可愛さ全快で癒されるホームドラマ!

投稿日:7月 22, 2017 更新日:

高畑充希さん主演ドラマ「過保護のカホコ」

主人公・加穂子(高畑充希)は両親、親戚にも激愛され甘やかされて育ってきた超がつくほどの箱入り娘。そんな時、カホコとは正反対の環境で育ってきた画家の麦之初(竹内涼真)に出会い、初めて外の世界を知っていく…というドラマです。

「とと姉ちゃん」でブレイクしその演技力の高さが好評の高畑充希さん、そして脇を固めるのが若手俳優として期待されている竹内涼真さん、ベテラン俳優・時任三郎さん、黒木瞳さんなど、豪華キャストが勢揃い。

また脚本は「家政婦のミタ」「偽装の結婚」「はじめまして、愛しています」などを手がけてきた遊川和彦さんというかなり濃厚なドラマに仕上がっていることが期待できます。

さっそく「過保護のカホコ」初回第1話が放送されましたので、あらすじネタバレと感想についてまとめてみました。

スポンサーリンク


過保護のカホコ1話ネタバレあらすじ【前半】

主人公・根本加穂子(高畑充希)は、パパ・正高(時任三郎)とママ・泉との3人暮らし。大学生で就職活動中のカホコは、パパが仕事から帰宅すると、ママと一緒に面接の練習をしていた。

しかしなかなか思うように答えが出てこないカホコに対しママは「私ならこう言うわ」とアドバイスをするものの、自分で考えれないカホコは全て泉の言葉をメモして覚えていた。皆、誰もが内定をもらえている時期にも関わらず、カホコはまだ1社も内定をもらえていなかった。

面接の練習が終わると、「カホコのビデオの時間」と称し、カホコの子供の頃に取りだめているビデオを見て過ごすのが日課となっていた。引き出しの中にはカホコのこれまでのビデオが大量に保存されている。

ママとカホコは楽しそうにお菓子を食べながらビデオを見る姿を、パパは見守っていた。カホコも「この頃が一番かわいかったよね」と自画自賛。

自分で言うかとパパは思いつつも、カホコの幼少期の姿を思い出し、思わず涙ぐんでいた。するとその様子に気づいたカホコはパパの方を振り返り「パパ、大好きだよ」と満面の笑みを浮かべた。カホコの笑顔を見たパパは「なんでそんなにかわいいんだ!」噛みしめるのだった

カホコは、ママがいないと服が決められず、毎日駅まで車で送ってもらい、ママが作ったお弁当を毎日持っていく。パパはそのついでに時々送ってもらえることがあったが、おまけ程度。父はどこか疎外感を感じていた。

大学の就職相談室に来ていたカホコは偶然、麦野初(竹内涼真)画家を目指しているため、就職はしないと、言い放っている場に遭遇する。その瞬間、後ろにいたカホコにぶつかってしまい、絵の具を落として去っていった。

カホコは絵の具を拾い、届けようとするも担当教員に呼ばれて追いかけることができなかった。その後、学食で母が作った豪勢なお弁当を食べていると、偶然麦野が現れ、カホコは落とした絵の具を渡す。

カホコの豪華なお弁当を見て驚く麦野。その時、母から迎えの時間の確認のメールが届く嬉しそうにするカホコ。さらに、ママから面接を受ける会社の地図も渡されたと、嬉しそうに話すカホコに対し麦野は驚き、「それで大丈夫なのか!お前みたいな過保護なやつがいるから日本がダメになる!」と言い放った。

スポンサーリンク



麦野に言われてショックを受けるカホコは家に帰ってママのご飯を食べながらも元気がない。学校で麦野に言われたことをママから聞いたパパは「俺が普段言えないようなことをいったやつがいるのか」と思う。

ママは「きっとその子家庭に問題があるのよ。うちみたいに愛情を注いでもらえばカホコみたいにいい子に育ったのに」と過保護という認識がないがパパは思うところはあったようだった。

パパは、これをいいきっかけに現実を伝えようとカホコに話しかけるものの、カホコのかわいい顔を見ると思わず何も言えずに「あんまり気にしなくていいよ」と本当のことは言えなかった。

ある日、カホコの誕生日が近づき前祝いとしてママの実家で親戚が集められ誕生日の食事会が開かれた。祖母も祖父もカホコを激愛しており、カホコが好きなピザがないことに気づきピザを追加で注文する。

遅れて、いとこの糸(久保田紗久)が帰宅し、誕生日プレンゼントに得意のチェロの演奏を聞かせるという。ママは、去年も演奏のプレゼントだったしモノじゃないのと不満げだが、糸の両親は、去年より上手になっているしコンサートだと高いのよと言い、糸に演奏をさせた。

(糸には才能がある。普通の家庭から、こんな才能を持った娘が生まれるなんて。まさに鳶が鷹を産んだと言える。そしてカホコは、何も自慢できるものがない自分と才能あふれる糸との違いをきにしているのではないか…)とふと思い、父がカホコの顔を見るが、あまり気にしていない様子であっけらかんとしていた。

パーティー中もカホコは何もせずにひたすら座って食べ続けていた。

祖母はカホコの就職を心配していたが、ママはカホコは大人だから大丈夫と答えるが内心は焦っていた。その時、カホコが大好きなピザが届く。

そのピザの宅配に来たのは偶然にも、大学で会った麦野だった。カホコは麦野のことに気づき、パパに紹介する。パパは笑顔で挨拶をしながらも「俺が言えないことをいったのはこいつか!」と内心では思っていた。

「こんな素敵な家族に囲まれて本当羨ましいです娘さん」と言い、麦野は帰っていったがパパは何かを感じていた。

スポンサーリンク


過保護のカホコ1話ネタバレあらすじ【後半】

ママは、祖母に言われたこともありカホコの内定が出ていないことに焦りを覚え、パパのコネを使って面接の約束をとりつける。

パパの実家でも、カホコの誕生日前祝いが行われていたが、パパは両親から実家に居候して仕事をしていない50歳になる教子(濱田マリ)に、いつまでも両親をあてにするなと言うように頼まれていた。

パパは、教子に独立しろと言うが、教子は老人を相手にパソコン教室を開こうと考えているわという。しかし、教子は今まで資格を取っても何一つ続いたことがなく全て挫折してきた。パソコン教室もうまくいかないと言うが聞く耳をもたない。

何も言わない、祖父が甘やかした結果なのでは…そして、もしかしてこれは我が家の未来図かもしれない…と焦りを感じるパパだった。

自宅に帰るとパパのコネで面接をした企業から、結果の連絡が入る。しかし、残念ながらカホコは内定をもらうことはできなかった。カホコはショックのせいかで黙ったまま。

すると母は「もう就活しなくてもいいっていうことよ。女にとって家事や子育ても大切な仕事なんだし
30までに花嫁修業よ」と励ますのだった。

翌日、カホコが大学の外で一人お弁当を食べていると麦野が通りかかり、元気がなさそうに見えた麦野に「親と喧嘩でもケンカしたの?」と尋ねる。

しかし麦野は「親なんていない」と答え、動揺するカホコ。そして、カホコに内定もらえていないのに、そんな呑気でいいのか問いかけると、カホコは花嫁修業することしたと言い両親もそうしていいって言うからと答える。

すると麦野は「親から自立する気があるのか、要するにお前は一生竜宮城にいて社会に出て働くのが怖いんだよ!」と言う。

カホコは「わからないの。何のために働くのかっていうことが…」と言うと、「働いたことがないやつにわかるわけないだろう」と麦野は自分がやっていたとティッシュ配りのバイトを紹介するのだった。

スポンサーリンク



ティッシュ配りのやり方もわからないカホコだが、麦野に教わった通りにティッシュ配りを始めるが誰一人としてもらってくれない。やがて日が暮れ夜になってしまった。

ティッシュ配りに夢中になるあまり、カホコはママからの連絡にも気づかず一心不乱にティッシュを配り続ける。夜になっても全く減っていないカホコの元に、ピザの配達のアルバイをとしているの麦野が通りかかり、ティッシュを配りを一時手伝ってやるといいカホコにピザの宅配を任せ、カホコは言われたまま、ピザを配達に走って行った。

その間、ティッシュ配りをせずに休憩していた麦野の元に、早く戻ってきたカホコの姿を見て動揺する麦野。カホコにアドバイスをしつつも、またピザの宅配をさせたりと、自分のいいように使っていた。

その頃、ママは連絡が取れないカホコを心配し警察に駆けつけ、病院で働いている親戚にも連絡をし、カホコの居場所を心配していた。

ピザの宅配を終えたカホコは、懸命にティッシュ配りを始める。汗を流しながらも一生懸命に働くカホコ。その姿を見て、麦野は真剣にカホコを手伝うのだった。

カホコの自宅では、パパとママが心配しおろおろしていた。

「過保護にしすぎじゃないか」

「私はしていないわ。あの子に挫折を味合わせたくないの何が起きる世の中でどんな危険からも守りたい」

「俺だってカホコのためなら死ぬ覚悟がある」

「私は逆。カホコが生きている限り死ぬわけにはいかない」

「このままだといつまでもママを頼って生きていくことになる。カホコは一回こうって思ったらどんな子よりも頑張ってた。そんな姿を見ると幸せな気持ちになった。独り立ちさせるのも親の務めじゃないのか」

ママは泣き出してしまった。しかしパパは何も言えなかった。

ようやくティッシュ配りが終わると、カホコは空腹でその場に座り込んでしまった。麦野の連れられ一緒にレストランに入る。

「俺たち一般市民は働いたあとのご飯が美味いから明日も頑張ろうという気になるんだよ。」そう麦野に言われ納得するカホコだった。

お腹いっぱいになったカホコは、そのままレストランで寝てしまう。カホコを起こすもののなかなか起きない。しかし、寝ているカホコの寝顔に心動かされた麦野はおもむろにスケッチブックと鉛筆を取り出し、一心不乱にカホコの寝顔を書き続けたのだった。

二人共そのままレストランでいつしか寝てしまっていた。

スポンサーリンク



カホコは目がさめテーブルに置かれている自分の似顔絵を見て感動で幸せな気持ちにでいっぱいになっていた。

そして目の前で寝ていた麦野に
「絶対に画家になるべき。みんなを幸せにする絵を書ける、ぜったいにやめないで。カホコどんなことがあっても応援する」と興奮して言う。

麦野はカホコを落ち着かせると、カホコ立ったまままた眠ってしまった。仕方なく、麦野はカホコをおぶって自宅玄関前まで届けたのだった。その途中、麦野はカホコに言われた言葉を噛み締め、ピザ屋の正社員の話を断る決意をしたのだった。

自宅に届けられたカホコを発見し、ママは安心しほっとして思わず腰を抜かしてしまう。

そんなママにカホコは「やっとわかった。なんのために働くか。カホコは人を幸にするために働きたい。」と言ったのだった。

ママがいないと何もできなかったカホコが一人の青年と出会ったことで驚くような人間に成長していく始まりだった。

部屋に戻ったカホコはパソコンに向かってこう打ち込んだ。

「人を幸せにする仕事」

そして、そのままパソコンの前で寝てしまった。

過保護のカホコ1話ネタバレあらすじの感想

ほのぼのとした雰囲気ながらも、時折麦野(竹内)が言うセリフに現代社会が抱える問題が代弁されているところが、脚本家・遊川さんらしくて楽しめました!

それになんといっても、カホコを演じている高畑充希さんがめちゃくちゃかわいい…!過保護に育てられたというか、あんなに素直で可愛くていい子ならもうそのままでいいんじゃないのって思えるくらい可愛くて癒やされました。

また、両親揃って過保護なのかなと思っていましたが、意外とパパ(時任三郎)は「過保護すぎでは…」とわかっていながらも、何も言えない…という設定でした。ママ(黒木瞳)が過保護すぎるというところでしょうか。

麦野と出会ったことにより、これからどんどん変わっていくカホコは一体どうなるのでしょうか。来週も見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛してたって、秘密はある2話ネタバレあらすじと感想!隠蔽した父の車が発見&黎宛に捨てた鍵が…

福士蒼汰さん主演ドラマ「愛してたって、秘密はある」 主人公・奥村黎(福士蒼汰)は11年前、父からDVを受ける母を守るため、発作的に父の命を奪ってしまう。母と共に、事件を隠蔽し、父の遺体と凶器を庭に埋め …

明日の約束8話ネタバレあらすじ&感想 母の正体が明らかに!霧島の本性を知った日向…

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 前回までのあらすじは… 主人公・日向(井上真央)の恋人・和彦が豹変!まさかのDV男でした…。さらに、亡くなった圭吾 …

ツバキ文具店6話あらすじネタバレと感想!天国からのラブレターに号泣

NHKドラマ10で放送中の「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語」 主人公・鳩子(多部未華子)は、代書屋を生業とする祖母・カシ子(倍賞美津子)が亡くなり店を継ぐことに。 鎌倉の温かな人に支えられながら、代書屋 …

no image

ソースさんの恋ネタバレあらすじ結末まで!ソースさんの壮絶な過去,ラストに感激!

NHKBSプレミアムで6月からスタートする新ドラマ「ソースさんの恋」 女優・ミムラさんと俳優・千葉雄大さん主演のラブ&サスペンスミステリードラマ。原作は、本田晴己先生の「君とソースと僕の恋」です。 毎 …

ウチの夫は仕事ができない2話ネタバレあらすじと感想!沙也加&司夫婦が素敵すぎる!

錦戸亮さん、松岡茉優さんが出演するドラマ「ウチの夫は仕事ができない」 イケメン・高学歴・高収入で全てがパーフェクトという理想の夫・小林司(錦戸亮)と結婚した妻・沙也加(松岡茉優)だった。しかし、ふとし …