Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

女囚セブン3話ネタバレあらすじと感想!琴音の事件の鍵を握るのは黒革の手帳か?

投稿日:6月 27, 2017 更新日:

剛力彩芽さん主演ドラマ「女囚セブン」

京都の芸妓として働いていた主人公・神渡琴音(剛力彩芽)は同僚の芸妓をあやめた罪で逮捕されてしまう。

無実にも関らず彩芽はある目的を果たすため自ら罪を被り女子刑務所に入った。

女子刑務所では、一癖もふた癖もある女囚たちから嫌がらせをされるが、琴音は全く動じず女囚たちが抱える本来の姿を次々と暴いていく。

今回は、女囚セブン3話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので3話の結末を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


女囚セブン3話ネタバレあらすじ【前半】

刑務官・百目鬼幸子(宍戸美和公)は電話先の英語を話す男に「いっこくも早く結果を出せ!お前の身に何か起こるかわからんぞ」と言われ焦っていた。

ペンキ塗りの仕事をしている女囚たち。

楠瀬司(山口紗也加)が市川沙羅(トリンドル玲奈)の顔にペンキを塗るいたずらし、「何するんだよ」と胸ぐらを掴み口論になる。

矢島千鶴香(橋本マナミ)は、ペンキの刷毛を落としてしまい「転落人生って誰が言ったの」と被害妄想で泣き出す。

もくもくペンキ塗りをしていた琴音に沙羅(トリンドル玲奈)が、いつものようにケンカ腰で言いがかりをつけるが、桜子が自然と止めに入り、琴音の肩を持つようになっていた。

女囚たちはペンキ塗りの仕事もそっちのけで、お互いの顔にペンキを塗りあい遊び始める。

そこに刑務官・百目鬼幸子(宍戸美和公)が部下の刑務官を引き連れてやってきて、市川沙羅(トリンドル玲奈)に刑務所内で行われる美容師国家試験の案内書を渡す。

その様子を見て何かを察した琴音(剛力彩芽)。

===

沙羅(トリンドル玲奈)は、美容師試験に合格したら、娘に会わせてやるといわれ職業訓練を真面目に受けて練習を重ねていた。

沙羅(トリンドル玲奈)は育児ノイローゼでかっとなり元旦那をあやめた罪で刑務所に入所した。

事件により元旦那の親に子供の親権を取られてしまったため、手に職を付けて娘の親権を取り戻そうと考えていた。

刑務所長は、沙羅(トリンドル玲奈)が美容師試験に合格し、6歳の娘の髪の毛をここで切ったらニュースになる。そしたら内藤大臣も喜ぶと目論んでいた。

刑務所内では、受刑者が速やかに仕事につけるよう様々な職業訓練が行われる。

美容師、介護福士、ボイラー技師、フォークリフト、パソコン、エステ、ネイルなどが学べ、試験に合格すると資格がもらえるものもある。

試験の前日。

沙羅(トリンドル玲奈)は琴音に試験のための練習台になってほしいと荒々しくお願いする。

琴音は引き受けることにし、沙羅(はぶっきらぼうながらも「ありがとう」と言う。

百目鬼幸子(宍戸美和公)は沙羅の様子をじっと遠くから監視していた。

夕方、沙羅は琴音の練習台として協力する。

琴音は沙羅に舞妓時代に担当してもらった髪結いさんと同じくらい上手だと淡々とほめる。

沙羅は

「なんとしても合格しないと娘と暮らせないから、じゃなきゃ頑張っている意味がない」

と一生懸命だった。

練習後、沙羅(トリンドル玲奈)は使ったはさみを刑務官立会いの元で、指定の引き出しにいれ、持ち出されないよう、刑務官によって鍵がかけられた。

その様子も、百目鬼幸子(宍戸美和公)は遠くからじっと見つめていた。

その頃、琴音が芸妓として働いていた置屋「一条」の部屋から盗聴器が見つかり、何者かによってしかけられ、女将は琴音を犯人に仕立てたやつだと考えていた。

美容師試験の前日。

本物のはさみは部屋では使えないため、沙羅(トリンドル玲奈)はエアはさみで練習をしていた。

刑務所では、クギ1本でさえ凶器となるとされるため持ち出すことは禁止されている。

もし見つかると懲罰をうけることとなる。

女囚たちがうるさく、沙羅が別の部屋で、勉強しようとすると百目鬼幸子(宍戸美和公)がやってきた。

そして沙羅に「試験に合格しても娘が来ない場合もある」とささやく。

焦る沙羅はどうしたらいいのかと尋ねると、百目鬼幸子(宍戸美和公)はお前の身の振り方次第だと告げる。

トイレ掃除をするためトイレにやってきた琴音。

沙羅はトイレの中で娘と過ごした日々、夫をてにかけたことを思い出していた。

沙羅が入っているトイレの個室の前に立ち尽くすが何も言わずにじっと立ち尽くす琴音。

すると平塚うめ(木野花)がトイレにやってきて、用を足しながら沙羅に「どうかしたんだ」と尋ねる。

沙羅「努力したって娘に会えっこねえんだよ」

と教科書を投げつける。

うめ「バカだね。試験に通れば風向きも変わるよ」

と言いトイレを去って行った。

琴音は立ち尽くし何も言わなかったが、少し微笑んでいた。

スポンサーリンク


女囚セブン3話ネタバレあらすじ【前半】

美容師試験の前日。

筆記試験と実技試験が行われ一生懸命に試験に挑む沙羅。

試験が終了し、掃除をしていた女囚たちのもとに暗い表情で沙羅がやってくる。

その様子を見た女囚はてっきりダメだったのかと思い込み、次があると励ます。

しかし、沙羅は「全部知っていることが試験に出た。全部できた」と、合格の可能性がありそうだと喜び、女囚たちも喜ぶ。

そこに、百目鬼が現れるがうろうろして何も言わずに去って行った。

すると、百目鬼の後を追うように席を立つ沙羅。

二人きりになり、百目鬼は沙羅に耳元で何かをささやく。

その様子を影に隠れ様子を伺い、耳をすまして百目鬼が沙羅にささやいた言葉を聞く琴音。

就寝前、沙羅のお祝いに、うめがお手製のどぶろくを振る舞い楽しむ女囚たち。

すると、警報が鳴り始め部屋の捜索と人体検査が行われた。

どぶろくがばれたかと思った女囚たちだったが、はさみがなくなり刑務官たちは必死で探していた。

琴音たちも身体検査が行われ、部屋の捜索も行われた。

すると、なんと琴音の荷物からはさみが見つかり、琴音は懲罰房に連れて行かれる。

懲罰房にて、正座をさせられ百目鬼になぜはさみを盗んだのかと追求されるが、何も答えない琴音。

すると百目鬼は懲罰房に置かれているスピーカーから「な~ぜはさみを盗んだ~」という奇妙な声を録音したものをエンドレスで流し、琴音をその部屋に閉じ込めた。

琴音は、雪乃の事件に関することを思い出していた。

事件の日、琴音は接客中いつの間にか眠ってしまい目を覚ますと雪乃が目の前で倒れていた。そして、琴音の手には血がたくさんついたナイフが持たされていた。

事件の前、雪乃がもし自分に何かがあったら黒革の手帳の1番上に名前がある人が犯人と言っていた。

百目鬼からなぜはさみを盗んだと問いかけるが変わらず何も答えず、ご飯もろくに与えられず精神的にも肉体的にも追い詰められていく琴音。

その頃、桜子は琴音をはめたのは沙羅ではないかと疑い嫌味を言う。

すると沙羅は

「仕方ないだろこれで娘に会えるんだから」

と白状する。

沙羅は、百目鬼に呼び出され、琴音に懲罰を与えるため琴音の荷物にはさみを入れるように命令していたのだった。

琴音は数日間懲罰坊に入れられかなり弱っていた。

百目鬼がやってきて、「ひとつでも正直に話したら許してやる」と言い放つが、琴音は百目鬼と沙羅の密会していたことを尋ねる。

すると、百目鬼は何度も何度も琴音を殴り始めて事件のことを吐かせようとする。

それでも琴音は「沙羅さんに鋏渡してうちのせいにしはったんですか、娘に会いたい親心を利用して」
と問い詰め「誰かに頼まれてはるんどすか。その人はこのやり方承知してはるんどすか。もし知らんかったらあんたいずれひどい目に合いますえ…」

と言い不気味に笑った。

スポンサーリンク


とある男が英語で何者かとメールをしている。

(黒革の手帳について探っている人物がいる。早く琴音の素性を暴け)
(琴音の育ての親である一条涼の情報は入手した)

その頃、沙羅は娘の写真に向かって「もう少し会えるから」と語りかけたいた。

そこに百目鬼がやってきて、琴音がなかなか事件について口を開かないため、盗聴器を仕掛けた部屋で、事件のことを喋らせろと娘に会わせるということを条件に沙羅に指示を出す。

===
懲罰房から開放された琴音は顔に大きな傷を負い弱っていた。

沙羅は盗聴器が仕掛けられた部屋に琴音を呼び出し、琴音の事件のことについて尋ねる。

百目鬼が別室にて盗聴していた。

琴音は盗聴器があることを気づいており、琴音は急に「眠たい~」とあくびをし、ふらつき始めた。

沙羅が驚き油断した隙に、琴音は沙羅の口をふさぎ、両手を後ろに回し盗聴器が聞こえない別の部屋に連れ出す。

そして沙羅に、百目鬼がはさみを沙羅に渡したと白状したと言い笑い出す琴音。

続けて沙羅に「ホンマに弱虫やな」と言い、ケンカ売ってんのかと胸ぐらをつかみ出す沙羅。

しかし琴音は動じない。

琴音「そうやってケンカに強い元ヤン前面に出してはるけど、あんたはん、ほんまは弱虫やし何より元ヤンの自分が大嫌いどすやろ。元ヤンの人生呪ってはるでしょ。」

琴音のむなぐらを掴んでいた手を離す沙羅。

琴音「元ヤン同士かなんか知らんけど、迂闊にできちゃった婚してみたら、旦那がクズ過ぎて離婚しはったんやってな。」

そして…

琴音「保育園落ちた。日本し●。元ヤンのシングルマザーは大変どすやろな。

仕事探すだけでも大変、そのために保育園入れたくても仕事がないから落とされる。

保育園に入られへんかつ、仕事も見つからへん。

シングルマザーの無限地獄ループどすな。

辛いお母さんが増え続けるばっかりで、ちっとも減らんのは何でどす。

どういう状況でクズ旦那の事件を起こしたのかわからしまへん。

けど、あんたはん自分がヤンキーやったから学歴低くて、ろくな仕事にもつけへん、クズとしか結婚できへん、養育費も取れへん、あげくクズ旦那事件起こしてこんなところに入るはめになった。

と思ってまへんか?

図星みたいどすな。けど、それとんだお門違いどすえ。」

スポンサーリンク


沙羅は自分の過去のことを思い出していた。

元ヤンの旦那とできちゃった結婚。

しかし旦那は働かず沙羅の財布から金を抜き取るようになり、やがて離婚。

シングルマザーになり、仕事を見つけようとしたが学歴を理由になかなか見つからない。

保育園にも入れず誰も預けられる人がいなかった。

そんな時、元旦那が娘を見ているから面接に行ってこいと手を差し伸べてくる

沙羅は、元旦那に娘を預け面接に行った。しかし、自宅に帰ると娘はおらず旦那は連れ込んだ女といちゃついていた。

娘は、しつけと称しベランダに出されて虐待されていたのだった。

琴音「あんたはんは事故にあっただけどす。クズ男と結婚したという事故にあっただけどす。

あんたはんが旦那を手にかけなかったら、いずれ娘が手にかけられていたかもしれへん。

あんたはん、そう思いはったんやろ。」

沙羅は元旦那に娘を見てやるから働いて金もってこいと言われ、娘の危機を感じ元旦那を手にかけたのだった。

琴音「それは正当防衛や。うちの母親も同じ状況ならそうしてたと思う。

ただうちの母親はそうなる前に男から逃げたらしいどす。理由はわかりまへんけど。

琴音の母親はあんたはんより貧しかったかもしれまへん。

それでもうちの母親は最後までうちの命守ってくれました。

自分がどんなにお腹すいていてもうちに食べさせてくれて。

うちあんたはんに髪やってもらいながらそんなこと思い出した。あんたはんの娘さんへの思いちゃんと感じましたよ」

沙羅は涙を流し何もいえなかった。

琴音「日本の男はみんなクズどす。男女平等とかいいながら家事も育児も結局は女任せや。

嫁を外で働かせて、家の中でも働かせて、自分はちょっと手伝うだけでイクメンや呼ばれるなんて、あほらしゅうてかなわんわ。

あんたはんがぶちあったったのはクズの中でもキングオブクズどす。

そんなクズなんてそうするしかなかったんと違いますか。

それとも何か他に手があったんどすか。助けてくれる人がいたんどすか。

国どすか、親どすか、警察どすか。

悪いのはあんたはんやない、あんたはんを追い詰めたクズ男どす。

おまけに養育権も行き先決めたボンクラ裁判所と、保育園もさっさと作れへんしょうもない上のやつらや。

上のやつらは所詮、うちら下々のものを出世のために利用しているだけや。

あんたはんに、はさみ渡したあいつかてそうやないですか

罪は犯すやつが悪いんやない。犯させるやつが悪いんどす」

沙羅「あんた一体何者?」

琴音「ただの芸妓げいこどす」

そして、琴音は仕掛けられた盗聴器に向かって話す。

「すっかり寝てしまって…。事件のことどすか。うちホンマになんにも覚えていないんどす。ただ酔ってただけで…」

何も聞き出せなかった百目鬼は悔しがっていた。

寝る前、琴音は母が亡くなる直前のことを思い出していた。

琴音の母は亡くなる前に、ある言葉を振り絞って琴音に告げた

「るぱん…」

それは雪乃が亡くなる間際、琴音に伝えた言葉と同じだった。

===
置屋「一条」では女将が琴音の部屋である芸妓に「雪乃か琴音から黒革の手帳の話しを聞いたことないか」と尋ねていた。

どうやら黒革の手帳が全ての始まりかもしれない、琴音はえらいことになってしまった…と思う女将だった。

===

翌日、琴音の元に週刊誌の記者の男性が面会に来た。

そして突然

「黒革の手帳って何ですか」

と琴音に尋ねてきた。

(おわり)

女囚セブン3話ネタバレあらすじの感想!

今回は、沙羅の過去が明らかになりました。

沙羅の過去が明らかになりつつも、まさかの日本が抱える待機児童問題もぶった切るという…!このあたりは見ていていて痛快でもっと言ってやれ!と琴音は一般市民の代弁者にもなっているように思えてきますね。

そして、琴音の事件について、刑務所内でも何か大きな力が動いていること、黒革の手帳、琴音の母と、雪乃が言っていた「るぱん」とは何を意味するのでしょうか。

琴音は何が暴こうともがいているのか、益々面白くなってきそうな予感がします!

来週も見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

奥様は取り扱い注意2話ネタバレあらすじ&感想!夫の正体も元特殊工作員!?

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」 主人公・菜美(綾瀬はるか)は幸せな家庭に憧れ、合コンに参加したところ今の旦那となる勇輝(西島秀俊)に出会い結婚。 閑静な住宅街でちょっとセレブな専業主 …

わろてんかネタバレあらすじ5週(25~30話)&感想 北村屋の危機!

朝ドラ「わろてんか」第5週目(25~30話)のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 藤吉の実家・北村屋に駆け落ち同然で訪れたてん。しかし、厳しい藤吉の母・啄子(鈴木京香)に認めてもらえない中 …

奥様は取り扱い注意5話ネタバレあらすじ&感想 菜美に迫る怪しい男!勇輝も男と関係が?

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」 早くもドラマ第5話を迎え、視聴率は2桁越えをキープし順調なようです。元特殊工作員という変わった経歴を持つセレブ主婦の菜美(綾瀬はるか)が家庭で起こる問 …

no image

人は見た目が100パーセントロケ地!丸の内研究所は三菱一号館美術館!半沢直樹でも使用されていた

桐谷美鈴さん主演ドラマ「人は見た目が100パーセント」 冴えない理系女子たちが、会社の吸収合併により丸の内研究所で働くことをきっかけに、ファッションやメイク、美容について研究し、綺麗になっていくという …

カンナさーん3話ネタバレあらすじと感想!真理と礼破局でカンナと復縁?新たな恋の予感も?

渡辺直美さん主演ドラマ「カンナさーん!」のネタバレあらすじについてまとめています。 パワフルでポジティブなカンナ(渡辺直美)が、次々と目の前に立ちはだかる困難にもめげずに明るく突き進んでいくというスト …