Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

映画

ジャスティスリーグネタバレあらすじ&感想 スーパーマン復活し最強チームで世界を救う!

投稿日:

スーパーマンという絶対的な力を失った世界に新たな危機が迫り、世界を救うため、DCコミックの最強チームが集結した映画「ジャスティスリーグ」が公開!

バッドマンVSスーパーマンでスーパーマンが命を落とし、世界で謎の生物パラデーモンが活動を始めます。彼らは地球外から現れて、バットマンことブルース・ウェインはこの規格外の敵に立ち向かうために強力な力を持つメタヒューマンと呼ばれる仲間を集めるように動き出します。

時同じくしてパラデーモン達がワンダーウーマンであるダイアナの故郷を強襲し、大切守られていたキューブを奪い去ります。

どうやらパラデーモン達のリーダーであるステッペンウルフは地球にあるキューブを集め、地球を破壊し、自分たちの惑星の様に作り変えようとしているようです。

ブルースはダイアナと協力して、フラッシュことバリー、サイボーグのビクター、アクアマンであるアーサー達に声をかけジャスティスリーグを結成し、ステッペンウルフに立ち向かっていきます。

果たして最強チームはステッペンウルフから地球を守ることができるのか。またスーパーマンは本当に復活しないのか、この映画でジャスティスリーグの全貌が明らかとなります。

今回は映画「ジャスティスリーグ」を見てきましたので、ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ジャスティスリーグ【登場人物キャスト】

■ブルース・ウェイン/バッドマン(ベン・アフレック)
ゴッサムシティで様々装備を駆使して、悪党達を捕らえる自警活動をするヒーロー。
特殊な力はないが、財力や長いヒーロー経験から皆をまとめる。

■クラーク・ケント/スーパーマン(ヘンリー・カーヴィル)
クリプトン星から地球にやって来て、スーパーパワーを使って多くの人々を救ってきた。
前作のバットマンVSスーパーマンで死亡してしまう。

■ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン(ガル・ガドッド)
アマゾン族の王女で、故郷であるヒッポタリアを去り、人間世界で生活する。
スーパーマンに負けず劣らず力を持つ。

■バリー・アレン/フラッシュ(エズラ・ミラー)
超高速で動くことができる。
他のメンバーと比べて戦闘経験が乏しいため、しり込みしてしまう所もある。

■アーサー・カーリー/アクアマン(ジェイソン・モモア)
アトランティスの王様で、水中を超高速で動くことができ、水を操り、魚とも意思疎通することができる。水中だけでなく地上でも力強い。

■ビクター・ストーン/サイボーグ(レイ・ストーン)
全身がサイボーグ。アメフト選手としては有名だったが、事故で大けがを負い、父親が命を助けるためにサイボーグ化する。機械部分は日々進化していく。

■ステッペンウルフ(キーラン・ハインズ)
異星人で過去に地球に現れ、キューブを使い世界を作り変えようとした。

■ロイス・レイン(エイミー・アダムス)
新聞記者でクラークの恋人。

■アルフレッド・ペニーワース(ジェレミー・アイアンズ)
ブルースの執事で、バットマンの後方から支援する。

■ジェームズ・ゴードン(J・K・シモンズ)
ゴッサムシティの刑事で、バットマンと協力関係にある。

■ヒッポタリア女王(コニー・ルーセン)
ダイアナの故郷セミッシラの女王で彼女の母親。

■ヘンリー・アレン(ビリー・クラダップ)
バリーの父だが、妻の殺害容疑が掛けられ、投獄されている。

■サイラス・ストーン(ジョー・モートン)
ビクターの父親で科学者。ビクターをサイボーグ化した。

■レックス・ルーサー(ジェシー・アイゼンバーグ)
スーパーマンとバットマンを対決させた張本人。ドゥームズデイという怪物を作り、スーパーマン・バッドマン・ワンダーウーマンを苦しめるが、怪物を倒され、投獄される。

スポンサーリンク


ジャスティスリーグネタバレあらすじ【混沌の再来】

ドゥームズデイとの戦闘で世界がスーパーマン(クラーク)を失ってから数ヶ月。バッドマンであるブルースウェインは日々ゴッサムの悪党たちと戦っていた。

悪党が屋根に逃げてくるとバッドマンが現れ、悪党を屋根の端に吊るす。悪党は何が目的かとバッドマンに尋ねると「人の恐怖を感じ取る化け物がいる」と言い、謎の生物パラデーモンが現れる。

バットマンは謎の生物を捕まえるが、生物は爆発し、爆発した付近には3つの箱の絵が残されていた。

ブルースは執事であるアルフレッドにパラデーモンが地球外の生物で、彼らに対抗するために仲間を集める必要があると伝える。

スーパーマンの死後、世界中が悲しみにくれるが、抑止力を失った世界は犯罪が頻発に起こるようになっていた。

イギリスの銀行でテロが起こり、ワンダーウーマンとして活躍するダイアナは現場に急行する。テログループは人質共々自爆する計画を立てたが、ワンダーウーマンの登場により計画は失敗する。

パラデーモン達に対抗するため特別な力を持つ仲間を集めるブルースは一人アイスランドの村を訪れた。その村はアトランティスと呼ばれる種族と交流があり、村長にお金を払いアトランティス王のアクアマンと言われる人物を紹介してくれるように頼む。

言語が違うため現地の英語がわかる通訳者が村長に伝えるが、村人たちから大笑いされてしまう。ブルースはふと壁を見つめるとアトランティスの人々に関して書かれている壁画があり、その絵の中には通訳者とそっくりな人物が王として描かれていた。

ブルースは絵からヒントを得て、自分の通訳をしているこの男がアトランティスの王アクアマンことアーサー・カーリーだと気づき、彼に事情を説明して協力を求めるが、改めて自分達の種族には関係ないと言われ断られてしまう。

アーサーにチームの参加を断られたブルースはアルフレッドとともにゴッサムに飛行機で向かった。機内で二人はメンバーの候補である2人の資料を確認する。全身がサイボーグのビクターだが、彼は資料によるとすでに死亡している様子だった。

もう1名は超高速で動くことのできるバリーだった。アルフレッドはワンダーウーマンであるダイアナに連絡するようにブルースへ勧めるが、連絡がつかないという。

バリーは妻の殺害容疑で父親が収監されている刑務所に訪問。バリーの父は自分が刑務所を出ることはできないので、もう訪問するなと彼に告げた。

ビクターの父親はクリプトン星人の飛行船の研究員で、この日は仕事を残して自宅に帰るのだった。途中清掃員などメンバーから息子が死んでしまったことに関して悲しみにくれない様に言われていた。

しかし、彼の自宅には息子のビクターが人目を避け暮らしていた。ビクターはサイボーグ化し、頭はネットにつながり、日々体の機械部分の性能が上がり、自分が人でなくなってしまったことに戸惑っていた。

スポンサーリンク


【世界の危機の始まり】

場所は変わりアマゾン族が住むセミッシラは警戒態勢になっていた。保管していたキューブが突然活動を始め、塔の中を女王含めて皆で警備を行っていた。キューブに向かい光が降り注ぎ、光の中からステッペンウルフとパラデーモン達が現れる。

女王たちはキューブを守るため、塔を封鎖し、キューブを運び出すが、圧倒的な力と数でステッペンウルフにキューブを取られてしまう。この緊急事態に女王はダイアナにメッセージを送り、ダイアナは世界が危機に瀕していることに気づく。

ビクターの体はブルースが自分を調べていることを告げ、ビクターはブルースに興味を持つようになる。ダイアナはブルースを訪ね、世界に危機が迫っていることを告げる。

アマゾン族が盗られたキューブはステッペンウルフの道具で、3つのキューブを融合させると星を破壊し、ステッペンウルフたちの母星のヘルスケイプに作り変えてしまう道具だった。

ステッペンウルフは遥か昔にも地球に来ており、パラデーモン達と地球に侵攻したが、人・アマゾン・アトランティス・グリーンランタンが協力してステファンウルフを追い払い、3つのキューブは3種族(アマゾン・アトランティス・人)それぞれで守ることになった。

ダイアナは既にアマゾンのキューブは盗られたため、特殊な力を持つ仲間を集めこの危機に立ち向かう必要があるとブルースに告げ、ブルースは仲間のスカウトに向かう。

バリーがアジトの明かりをつけると中にはブルースがおり、バリーに仲間になるように伝え、彼は快諾する。

ダイアナはビクターに関して資料を確認していると突如パソコンがハックされ、ビクターからのメッセージを受信し、彼と町で会うことになった。ビクターは自身の体を恐ろしいものと考えていたが、ダイアナはその力は授かったものと考えるべきだと諭すが、仲間になるとは言わずその場を去ってしまう。

アーサーはアトランティスの王国に戻ると仲間が倒れており、妻であるメラがステッペンウルフと戦っていた。駆け付けたアーサーをステファンウルフが倒し、彼はキューブを持ち去ってしまい、アーサーはメラから世界を救う様に言われるのだった。

ステッペンウルフはスーパーマンがいなくなったこの時を絶好のタイミングと考え、キューブの奪取を行っていた。彼は人気のない原子炉の中で、世界の再構築の準備を進めていた。

ビクターの父が家に帰ると中にはパラデーモンがおり、彼を連れ去ってしまう。ゴッサムのゴードン刑事は謎の生物に人が攫われていく事件が急増し、バットシグナルを出す。

ダイアナと合流したバリー、ブルース、自宅に帰ったビクターはこのシグナルを見つけ、シグナルの下に集結する。

ゴードン刑事の前に4人が集合し、パラデーモン達による誘拐事件と世界の危機向けて、協力することになる。ゴードン刑事からの情報提供により彼らはパラデーモン達がゴッサム港付近に人を連れて行っていることを突き詰める。

中にはビクターの父を含めた大勢の人がおり、ステッペンウルフが一人一人キューブに関して尋問していた。バリーはパラデーモン達を見て、怯えてしまうが、ブルースに戦わなくていいので、一人でも多くの人を逃がすように言われる。

ビクターの父が尋問される番になるとビクターはステッペンウルフに攻撃を仕掛ける。更に、ダイアナも攻撃に加わり、ブルースはパラデーモン達を攻撃し、バリーは誘拐された人達を救助する。

誘拐された人たちを無事に逃がすことには成功したが、4人は強力なステッペンウルフに押され、彼を取り逃がした上に、壁に穴を開けられ、全員海に沈められそうになる。

水に飲み込まれそうになった瞬間、アーサーが現れ彼らを救うのだった。ビクターはステッペンウルフから言われたキューブの力で生まれた化け物という言葉を思い出し、4人の前に父の研究室から人間のキューブを持ってくるのだった。

【世界を救うには彼の力が必要】

バットケイブに案内されたメンバーは、ビクターが一度死んだがキューブの力を使って父から生き返らされたと聞く。

ブルースはこれを聞き、クリプトン星人の飛行船の力とキューブを使えば、スーパーマンを生き返らせることができると言うが、ダイアナは反対。

彼女はドゥームズデイを作ったレックスルーサーのように怪物を生み出す可能性もあり、抑止力であるスーパーマンがいないため危険だと言い、いなくなった人を頼るのはやめるべきだと伝える。

しかし、ブルースは世界の危機にスーパーマンの力は絶対に必要で、危険を冒してでも挑戦するべきだと告げる。ブルースに説得されメンバーはスーパーマンを甦らせる準備を進める。

スーパーマンの遺体とキューブをクリプトン星人の飛行船に運び、ビクターは蘇生装置を起動させようとするが、電力が足りない。電力不足をバリーが高速移動する際に放つ稲妻で補い、キューブと蘇生装置は起動し、スーパーマンを甦らせる。

甦ったスーパーマンは記憶が混乱しており、彼を危険と感知したビクターの機械部分が自動的にスーパーマンを攻撃し、スーパーマンとダイアナ、アーサー、バリー、ビクターが戦うが倒されてしまう。

遅れてやってきたバットマンを見て、クラークは彼と戦ったことを思い出し、ブルースにも攻撃するが、アルフレッドが恋人のロイスを連れてくる。クラークはロイスを見て落ち着きを取り戻すが、二人で空の彼方に消えてしまった。

スポンサーリンク


【結末:世界の危機にチームは一つに】

二人が消えた後、ステッペンウルフが残されたキューブを持って行ってしまう。蘇生は成功したが、スーパーマンの協力は見込めず、落ち込むメンバーだったが、世界の崩壊まで時間がないため、お互いの結束を深め、危機に立ち向かう決意をする。

ビクターがキューブの反応からステッペンウルフがロシアの元原子炉内でキューブの融合を行っていることを突き止め、新しいバッドジェットでロシアに向かう。

ステッペンウルフが元原子炉内でキューブの融合を進めると原子炉やその周辺の村がヘルスケイプの様に変わっていく。現場に到着し、ブルースはバッドジェットで原子炉付近を包むバリアを破壊し、パラデーモン達を特殊な音波で集めていく。

集められたパラデーモン達をダイアナ、アーサー、ビクター、バリーが連携しながら倒していく。原子炉内部に到着した5人はアーサーとダイアナがステッペンウルフと戦闘し、バリーとブルースが内部のパラデーモン達と戦闘、ビクターがキューブの解体を進める。

しかし、バリーとブルースは数の多いパラデーモンに苦戦し、ステッペンウルフはダイアナとアーサーは倒し、更にキューブの解体を続けるビクターを破壊しようするが、クラークがその場に現れた。

クラークはロイスと育ての親に再会し、彼らから諭され、世界を救うべく、他のヒーロー達を信頼し、駆け付けたのだった。

クラークはステッペンウルフを吹き飛ばすと逃げ遅れた人々の救助が必要だと言い、バリーとともに救助に向かう。吹き飛ばされたステッペンウルフがキューブの解体を再開したビクターに迫るがダイアナとアーサーが足止めし、救助を終えたクラークが再度ステッペンウルフを吹き飛ばす。

ビクターは解体作業をほとんど終えたが、キューブ接合を解くためクラークと協力して元の3つのキューブに戻すことに成功。計画をつぶされたステッペンウルフは怒り狂うが、6人の協力で斧を壊され、恐怖感を抱き、星に戻ろうとするが、パラデーモン達が恐怖感を感じ取ってステッペンウルフに襲い掛かる。

パラデーモン達にばらばらにされながら、ステッペンウルフは自分の惑星に転送されていくのだった。

世界を救い、バリーは仕事を得たことを父親に報告し、ビクターは父親と一緒に研究室で働き、アーサーはアトランティス、ダイアナはロンドン、ブルースはクラークの実家を買い戻し、生活ができるように資金援助し、それぞれが自身の生活に戻る。

数日が過ぎ、ブルースは再度危機が迫った際にすぐにメンバーが集まれるように基地を作り始めるのだった。バリーはクラークと競争して勝った方が他のメンバーにランチを奢ると言い、競争する。

レックスルーサーは収容されていた刑務所から抜け出し、船にバッドマンに因縁をもつデスストロークことスレイド・ウィルソンを呼び、ヴィラン達のチーム作りを提案するのだった。

(おわり)

ジャスティスリーグ【感想】

一人一人のキャラの見せ場があり、面白かったです!

バッドマンやスーパーマン、ワンダーウーマンの3人の活躍だけでなく、フラッシュやアクアマン、サイボーグのそれぞれの役割があり、お互いの長所を見ることができた作品だったと思います。

特にDCコミックの映画はシリアス路線で暗いイメージを描きがちだったのですが、フラッシュが暗い雰囲気を払拭してくれたのがよかったですね。

しかし、すでに周知の存在であるバッドマンやスーパーマン、ワンダーウーマン、フラッシュと違い、アクアマンやサイボーグがあまり馴染みが無いので、もう少し説明がほしい気もしました。

DCの次回作はアクアマンとも発表されているので、今後は他のキャラクターも掘り下げた作品に期待したいと思います。

あと、もう1つハッキリしたことが、スーパーマン強過ぎ(笑)

5人があんなに苦戦していたステッペンウルフも彼が現れたら単なる雑魚扱いに見えてしまい、強すぎてこうしたチーム映画では扱いにくそうでした。

戦闘シーンを見ていたら、チームの必要性あるのか…と思うくらい。強い敵が一人しかいなかったため、最後はステッペンウルフを全員で囲って倒していたのでちょっとリンチぽく見えてしまいましたが…。

最後にレックスルーサーが悪党のチームを作ろうと計画を進めていたので、今後は6対1のような戦闘シーンになることはないかと思いますが、スーパーマンもぎりぎりで戦うような熱い次回作を期待したいです。

スポンサーリンク


-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トリガールネタバレ結末を原作本から!笑い&涙ありの青春ストーリー!

土屋太鳳さん主演映画「トリガール!」 鳥人間コンテストに青春の全てを捧げる大学生たちのストーリーです。 原作は中村航さんの小説「トリガール!」 鳥人間コンテストの常連である、中村航先生の母校・芝浦工業 …

no image

ゆとりですがなにか続編SPネタバレあらすじ前編!茜の秘密,山路の急展開に衝撃!

2016年の夏に放送された人気ドラマ「ゆとりですがなにか」がスペシャルドラマとして帰ってきます! 1987年「ゆとり第一世代」と呼ばれる世代に生まれた3人の男たちの友情、恋愛、そして社会人としての葛藤 …

no image

ダークシャドウネタバレあらすじ結末を簡単に!続編は映画ヒットならずで企画倒れ?

俳優ジョニー・デップ×監督ティム・バートンがタッグを組んだ映画「ダークシャドウ」が金曜ロードショーにて放送されます。 主人公を演じるジョニー・デップがヴァンパイアとなり200年ぶりに蘇りコミカルに滅び …

アンフェアthe movieネタバレあらすじ!最後斉木を撃った犯人はまさかの人物!

篠原涼子さん主演の大ヒットシリーズ「アンフェア」の劇場版「アンフェアthe movie」が地上派にて放送されます。 今回は、「アンフェアthe movie」のネタバレあらすじ結末までをまとめました。 …

スターウォーズ8最後のジェダイネタバレあらすじ&感想 新たな世代の始まり

「スターウォーズ/エピソード8/最後のジェダイ」がついに公開!もう待ちきれなかったので上映と共に速攻で見に行ってきました。 共和国軍のレジスタンスはルークの所在をつかむことに成功。しかし、ファーストオ …