ホリデイラブ6話ネタバレあらすじ&感想 龍馬黒幕説も‥純平,里奈の策略により追い詰められる

仲里依紗さん主演ドラマ「ホリデイラブ」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。

前回第5話では、杏寿が黒井とホテルに入っていた写真を里奈が純平に突きつけ、純平と杏寿に溝ができてしまいます。

許そうと思ってもどうしても杏寿のことが許せない純平。一方の里奈は、家を飛び出し純平の単身赴任の寮に押しかけ、純平を誘惑しキスをします。

益々面白くなってきたドラマ「ホリデイラブ」

今回は第6話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ホリデイラブ6話ネタバレあらすじ【前半】

里奈にキスされ今夜は帰らないと言われる純平だが、里奈と一緒になるつもりはないと突き放す。

それでも里奈は何があっても純平の支えになると訴える。しかし純平は杏寿と別れることになったとしても、里奈とはもう無いと厳しく言い放った。

里奈は、杏寿の友達のSNSに出ている純平を見ていた。純平は奥さんを大事にする本物の人だと思い、こんな人と一緒になれたらどんなにいいだろうとずっと思っていたという。

里奈は純平しかいないから何だってやるから一緒にいたいと頭を下げた。しかし純平の気持ちは揺らぐことなく里奈の思いを断った。

里奈は部屋を出ていったが、わざと自分が帰る姿を純平の後輩に見せた。

一方杏寿のネイルサロンは予約のキャンセルが続き、杏寿は不倫妻として七香の保育園のママたちにも白い目で見られていた。

翌日、純平の後任として斎藤という社員がやってくる。しかし、こんな時期に異動なんてと不服な様子の斎藤は純平の後輩にも辛く当たった。

純平は嘘をついたことから他人を巻き込んでしまい罪悪感を感じていた。

渡は里奈を追い出したものの、子どもを実家に預けっぱなしだった。実家の母からはいくら可愛い孫でもこれ以上預かるのはムリだと言われてしまった。

翌日、辞めたはずの里奈が職場復帰し、激しく動揺する純平。一方、子どもたちを引き取った渡だが、子どもたちは懐かず苛立っていた。

その頃、杏寿は保育園で七香が仲間外れにされているのを見てしまう。七香は杏寿の影響で仲間はずれにされていた。

そんな姿を見た杏寿はある決意をしていた。

龍馬は杏寿を救うべく、偽黒井について調べ、ついに須賀が偽黒井になりすましていたことを突き止める。

そして、須賀が働くバーへ行き、杏寿との写真について問い詰める。須賀は写真を里奈に渡したのは自分だと言った。

里奈は須賀に、好きな人がいてその男性と一緒になりたいから、二人を別れさせるために協力してと言った。

須賀には里奈の言うことを聞かなければいけない事情があった。だから弱っていた杏寿に近づき言われた通り写真を撮ったという。

しかし、須賀は里奈には失敗したと言い、直前で断った。

ところが里奈は須賀のバーにやってきて、須賀の携帯から勝手に写真を入手。須賀は、人のものを無理やり奪っても幸せになれないと言ったが、里奈は聞く耳を持たなかった。

事情を聞いた龍馬は須賀を殴ってバーを後にした。

スポンサーリンク


ホリデイラブ6話ネタバレあらすじ【後半】

その頃、純平の職場では純平の送迎会が行われていた。職場復帰したことについて離婚することになったからと職場の人に話す里奈。

気まづくなった純平は席を立った。すると、里奈は純平の代わりに赴任してきた斎藤に接触。そしてわざと純平との関係を匂わせるような発言をした。

杏寿の今の気持ちを考える純平は昔に戻りたいと思っていた。

麗華は、どうしても杏寿と出会いたいというから協力したけど、里奈という女性の思惑だったなんてと須賀を怒った。

龍馬は杏寿の自宅を訪ね、偽黒井のことは里奈が裏で糸を引いていたことを報告。しかし杏寿は仕組まれていたとしても、自分がやってしまったことは消えず裏切ったことには変わりないと言った。

それでも、杏寿は七香を幸せにするために強くなると決意を新たにしていた。

後日、純平は所長に呼ばれた。そして、里奈と不倫しているのかと聞かれる。

実は、新しく赴任してきた斎藤から、里奈と純平が不倫したのではないかと聞いたのだという。

純平は否定し所長は純平の言うことを信じた。しかし、斎藤は自分が本社へ戻りたく、後輩にも里奈と純平の不倫疑惑を吹き込んだ。

後輩たちは、里奈が寮から帰るのを目撃したため、後輩たちも純平を疑い始めた。

その頃、里奈は杏寿が純平宛に送った封筒を見つけ、こっそり封を開けた。中には純平へと手紙も綴られていた。

純平への謝罪の言葉が書かれ、傷つけた事実は変わらないけど今でも純平を愛していると綴られていた。

そして、純平が許してくれる日を待っている、そんな日はもしかしたら訪れないかもしれないけど、七香のために悔やんで待つだけではなく、純平がいつ帰って来てもいいように強くなると書かれていた。

その手紙を読んだ里奈は、自分の子どもたちのことを思い出し涙を流した。

手紙の最後には七香の発表会の日付が書かれていた。しかし、次の瞬間里奈は手紙を破り、ゴミ箱に隠したのだった。

スポンサーリンク


席に戻った里奈を所長が呼び出した。すると里奈は疑惑の件、正直に全てを話すと皆の前で言った。純平は動揺していた。

杏寿は七香を連れて保育園に行った。不安な顔をする七香を抱きしめ、頑張れと言い送り出した。

杏寿は自分の足で前を向いて歩いていくために、就職先を探し始めた。

(第6話おわり)

ホリデイラブ6話ネタバレあらすじ【感想】

純平もようやく里奈の恐ろしさに気づいた様子。それでも里奈は純平を諦めず、次々と純平を追い詰めようと外堀から埋めていきます。

さらに、純平の後任として赴任してきた斎藤の気持ちを利用し、二人が不倫関係であったかのような発言をし、純平を窮地に追い込んでいきます。

純平と杏寿はお互いに思い合っているものの、未だ溝が埋められずにいます。しかし、七香が保育園で仲間外れにされているのを知った杏寿は七香のために強くなると新しい一歩を踏み出します。

母は強しですね~。未だうじうじしている様子の純平とは違います‥。

杏寿は純平に手紙を書いたものの、里奈が受け取ってしまい、ゴミ箱に捨ててしまう‥というまたもや里奈の邪魔が入りイライラ!

また、杏寿と浮気を策略した偽黒井こと須賀も里奈の被害者だったんですね。弱みを握られている様子ですが、一体何なのかが気になりますね。

麗華もすっかりグルだと思っていましたが、知らない女って言っていましたし、本当につながっていないのでしょうか?

更に、SNS上では杏寿の親友・龍馬は本当に杏寿の味方?という疑惑の声も浮上しています。

男女の友情と言っていますが、もしかして杏寿が女性として好きな龍馬の策略だったりして‥ラスボスが龍馬だとかなり衝撃的‥。

色々と気になる点が残っていますが、ついに来週最終章に突入します。終わってほしくないですが、最後まで見逃さないようにしたいと思います。

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

感想を書く

avatar
  Subscribe  
Notify of