Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

映画

ハリーポッターとアズカバンの囚人ネタバレあらすじ結末!ハリー両親の死に関する真実が明らかに

投稿日:10月 20, 2017 更新日:

ハリ-ポッターシリーズ第3作品目「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」

魔法牢獄アズカバンから脱獄した囚人を通して、亡くなったハリーの両親の死に関する真実が明らかになっていく…というストーリーです。

今回は「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のネタバレあらすじについて、簡単にまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ハリーポッターとアズカバンの囚人ネタバレあらすじ【前半】

13歳になったハリーポッターは、夏休みの間ホグワーツ魔法魔術学校から、ダーズリー家に帰省していた。

そんな中、意地悪なマージおばさんが訪れ、ハリーの両親のことを侮辱。

耐えきれなくなったハリーは、マージおばさんに魔法をかけ風船にして飛ばし、家を出ていく。

 

暗闇の中、行く宛もなく歩いていると、茂みの中から黒い犬が現れる。

次の瞬間、ハリーの前に迷子の魔法使いを救う「夜の騎士バス」が現れる。

ハリーはバスに乗り込み、ダイアゴン横丁にあるパブ「漏れ鍋」に向かった。

 

漏れ鍋に到着すると魔法省の大臣コーネリアス・ファッジが現れる。

学校以外で魔法を使うことを禁止されているため、ハリーは校則違反として咎められるかとビビるハリー。

しかし、ファッジはそのことには触れず、ホグワーツ学校が始まるまで、漏れ鍋に滞在し、ダイアゴン横丁以外の所には行かないように約束させた。

 

夏休み最終日、漏れ鍋にやってきたウィーズリーおじさんから、シリウス・ブラックという謎の魔法使いが、アズカバン監獄から脱獄し、ハリーの命を狙っていると知らされる。

新学期が始まり、ホグワーツ特急で学校へと向かうハリーだったが突然列車が止まり、アズカバンの看守を勤めているディメンター(吸血鬼)に襲われそうになる。

ディメンターは、シリウス・ブラックからハリーや生徒を守るためにやってきたのだったが、人の幸福や喜びを吸い取り、魂を奪って自分の糧にしてしまう恐ろしい吸血鬼でもあった。

 

ハリーはなぜかディメンターを前にすると意識を失ってしまう。

両親を目の前で失ったという辛い過去を持つハリーは、影響を受けやすく標的にされやすかった。

これをきっかけにハリーは「闇の魔術に対する防御術」担当の新任教師リーマス・ルーピンに「守護霊の呪文」を教えてもらう。

スポンサーリンク


ハリーポッターとアズカバンの囚人ネタバレあらすじ【後半】

3年生になると、魔法の村・ホグズミードへ行くことが許されるが、保護者のサインがなければいくことができない。

ダーズリーおじさんからサインをもらえなかったハリーは、村へ行くことができずに取り残されてしまった。

しかしハリーは、村への抜け道が書かれている「忍びの地図」を入手し、透明マントを使ってホグズミード村を訪問。

そして、その村のパブで、ハリーは両親の死に関する衝撃の新事実を耳にしてしまった。

 

ハリーの両親の居場所を教え、死に至らしめたヴォルデモート卿には内通者がいた。

その裏切り者が、アズカバンの囚人シリウス・ブラックだという。

さらに、ブラックはハリーの両親の友人ピーター・ペティグリューにも手をかけたという。

両親の敵を打つことを決意したハリー。

 

その一方で、ハグリットのペットが、授業中にドラコ・マルフォイを傷つけたと処分されることになる。

彼のいる小屋に見舞いに行ったハリー、ロン、ハーマイオニー。

するとそこでハーマイオニーの飼い猫に食べられたはずのネズミ・スキャバーズを発見。

3人はスキャバーズを連れて小屋を出た所、黒い巨大な犬に襲われ、ロンとスキャバーズが連れ去られてしまう。

ハリーたちが後を追いかけると、黒い犬の正体はシリウス・ブラックであることが判明。

激怒したハリーは、シリウスと乱闘になろうとしたところ、ルーピン先生が止めに入る。

そして驚きの事実を語り始めた。

ハリーの両親を裏切った内通者はシリウスではない。

ハリーの父の友人でシリウスに殺されたことになっている、ピーター・ペティグリューであるという。

ピーター・ペティグリューは、自分の罪をシリウスに被せ魔法を使い、ネズミのスキャバーズになりすましていたのだった。

スポンサーリンク



その後、ピーター・ペティグリューを真犯人として魔法省へと引き渡すことになった。

しかし、この日が満月であったためルーピン先生が狼に変身し混乱が起きる。

その隙に、ピーター・ペティグリューが逃亡。

シリウスは犬に変身し、ルーピン先生を止めようとするが、現れたディメンター(吸血鬼)に捕らえられてしまう。

 

ハリーは、ディメンターを抑えるべく「守護霊の呪文」を唱えるもが全く太刀打ちできない。

絶体絶命か…と思われた次の瞬間、動物たちが現れディメンターたちを追い払い、ハリーは救出される。

ハリーはその動物たちに、父の姿が見えたように感じた。

 

その後、捕らえられたシリウスは「吸血鬼の接吻」という重い刑が言い渡されていた。

アルバス・ダンブルドアからそのことを聞いたハリーとハーマイオニーは、逆転時計を使って時間を遡り処分されそうになっていたハグリットのペットを救出し、シリウスを乗せて逃亡させ、ディメンターたちも撃退。

 

ハリーが動物たちの中に見た、父の姿とは未来のハリーのだった。

しかし、ピーターが逃亡したためシリウスの無実は証明できず、ルーピンも狼人間だったことから学校をクビになった。

 

落ち込むハリーだったが、その後シリウスからの手紙をもらい元気に過ごしているということを知ったハリーは明るい気持ちを取り戻したのだった。

(おわり)

ハリーポッターとアズカバンの囚人ネタバレあらすじ【感想】

シリアスとサスペンスが要素がたっぷりと盛り込まれ、所々貼られた伏線も、最後に見事に回収され、大どんでん返しで締め括られる…という大人も楽しめる作品でした。

切なくもラストは心がほんわか温まる結末でよかったです!

そして、この第3作目が第4作目「ハリー・ポッターと炎のコブレット」へと続いていきます。

次作も、合わせて楽しむことをおすすめします!

スポンサーリンク


-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スパイダーマンホームカミングネタバレあらすじ結末!吹き替え一覧も

大人気ヒーロー映画「スパイダーマン」の最新作が、アベンジャーズと時間軸などを共有して再始動! 今回はいちはやく「スパイダーマンホームカミング」を鑑賞してきましたので、ネタバレあらすじを結末までまとめて …

no image

22年目の告白私が殺人犯ですネタバレ原作韓国版!ラストの展開に衝撃!

藤原竜也さんと伊藤英明さんがW主演を務める「22年目の告白-私が殺人犯です」 22年前に起きた事件の時効が過ぎた頃、突然犯人を名乗る男が手記を発表し世間を賑わし一躍時の人となっていき、そして新たな事件 …

そして父になるネタバレ結末はどっちを選択?原作実話の壮絶な運命に涙が止まらない

福山雅治さん主演映画「そして父になる」 大事に育ててきた6歳になる息子が、実は赤ん坊の頃病院で取り違えられた他人の子供だった…。 「赤ちゃん取り違え事件」を題材にした映画です。 この「赤ちゃん取り違え …

インサイドヘッド声優日本版!ガリガリガリクソンはカット?隠れキャラも注目!

「トイストーリー」や「モンスターズ・インク」など数々の名作を世に送り出している、ピクサースタジオから2015年に公開されたアニメーション映画「インサイド・ヘッド」 人間の誰しもが持っている「感情」がキ …

スターウォーズ6ジェダイの帰還ネタバレあらすじ&感想 フォースに導かれた親子の運命は!?

「スターウォーズエピソード6/ジェダイの帰還」ネタバレあらすじ結末と感想をまとめています。 自分の父親がベイダーであることを知ったルーク。一方、反乱軍は帝国軍が新たなデススターを作成しているとの情報を …