Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

義母と娘のブルースネタバレあらすじ 原作最後は涙なしでは見れない感動の結末!

投稿日:7月 10, 2018 更新日:

綾瀬はるかさんが主演を務める新ドラマ「義母と娘のブルース」がスタート!

仕事一筋でバリバリのキャリアーウーマンの亜希子が、バツイチの恋人・宮本良一と結婚。

良一には小学生の娘・みゆきがおり義母になろうと奮闘する亜希子だったが、生真面目で少しずれている性格なため独特な接し方で苦戦しながらも家族になっていく‥というストーリー。

原作は桜沢鈴先生の漫画「義母と娘のブルース」です。

さっそくドラマ化にあたり原作漫画を読んでみたところ、亜希子の行動に爆笑しつつも、グっと泣けるシーンもあったりと、非常に楽しめる作品でした。

これはドラマ化が楽しみ!

今回は「義母と娘のブルース」のネタバレあらすじを最終回まで簡単にまとめてみました。ラストまで、ネタバレしていますので結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


【始まり】

仕事一筋でバリバリのキャリアウーマンの主人公・岩本亜希子(綾瀬はるか)はバツイチの良一(竹野内豊)と結婚。

良一は妻に先立たれ8歳になる娘のみゆき(横溝菜帆)がいる。

みゆきの義母になろうと決意した亜希子だが、生真面目で少しずれている性格のせいか、初めて会ったみゆきに対し、名刺を渡して挨拶をするなど、ビジネスチックな接し方をしてしまいみゆきから嫌われてしまう。

やがて、亜希子はみゆきの家で一緒に同居することになり三人の暮らしが始まった。

まだ心を開いてくれないみゆきに亜希子は自分の履歴書を提出したり、一緒に暮らしたくないと拗ねるみゆきに土下座攻撃を仕掛けたり、亜希子の独特の接し方は変わらない。

しかし、亜希子はみゆきの母になるのだからとこれまで一生懸命に頑張ってきた仕事をすっぱりと辞め、母親業そして主婦業に専念することを決意した。

亜希子が仕事を辞め主婦業に専念するようになるが、実は家事が苦手。

しかし、独特な感性ながらも一生懸命に家のことや、みゆきの面倒をみようとする亜希子にみゆきも少しずつ心を開き始め笑顔を見せるようになっていった。

【良一と亜希子夫婦の秘密】

実は良一は、病に侵され余命僅かだった。

早くに母を亡くし悲しみに暮れていたみゆきに余命のことは伝えられずにいた。

元々仕事の取引先で顔見知りだった良一と亜希子。ある日、病に侵され道端で苦しむ良一を偶然亜希子が助けたことにより、亜希子は良一の病気のことを知った。

10年間仕事一筋で社内でも常にトップで、バリバリの営業ウーマンだった亜希子。しかし、天涯孤独な亜希子は人肌恋しく家族の温かさが欲しかった。

一方、良一は自分の命が短いことを知り、みゆきの母になってくれる女性を探していた。

亜希子は一緒にいてくれる人を望み、良一は一人残されるみゆきの母を探していた。二人の利害関係が一致したこともあり、仮面夫婦になる取引をした。

恋愛感情はなく、お互いにあくまでも欲しいものを手に入れるための取引結婚。亜希子も、着々とビジネスのように、事を運んでいくつもりだった。

しかしある日、良一の病状が悪化し入院。

良一の命の危機を感じた亜希子は、良一のことを好きになっている自分の気持ちに気づき始める。

亜希子は、娘のみゆきと一緒に暮らすという状況をもらったからこれでもう十分だと思っていた。しかし、日に日に良一への気持ちが大きくなっていた。

一方で良一も、亜希子と暮らすうちに亜希子を好きになっていた。

しかし、亜希子がまさか自分のことを好きだなんて思っていない良一は、気持ちを抑えるためつい亜希子に冷たくしてしまう。

亜希子はいつも通り冷静を装いつつも、良一を愛しているとさらっと言った。

その言葉にハッとした良一は、自分の気持ちに素直になり、亜希子に愛していることを伝え、本当の家族になろうと言った。

亜希子も良一の思いを受け取り、良一は少しでも長く生きることを決意し亜希子にキスをした。こうして二人は本当の夫婦になった。

しかし、数日後良一は亡くなった。

スポンサーリンク


【母と娘】

良一のお葬式の日。

亜希子は涙を見せずクールだった。これまで仕事で心を殺す術を磨き続けてきたせいか、悲しみに暮れる感覚がわからなかった。

一方のみゆきも涙を見せなかった。

お葬式が終わり、一人淡々と片付けをするみゆき。そんなみゆきの様子を見た亜希子はみゆきに寄り添う。

するとみゆきは、父が亡くなったから、亜希子も家族でなくなるため一人になる。一人で生きていかなければいけないからしっかりしないと‥と言った。

「こんな小さな子にそんな思いをさせていたなんて‥家族になれたと思っていたが、家族ごっこに過ぎなかった‥。」

みゆきの気持ちを初めて知った亜希子はその場に泣き崩れ、みゆきに謝った。

亜希子は、良一のことも、みゆきのことも愛していることを伝え、自分がみゆきの母になること、みゆきを一人にさせないと言った。

みゆきはその言葉に涙し初めて、亜希子のことを「おかあさん‥」と言い、二人は抱きしめあった。

こうして二人は一緒に生きていくことを誓った。

【数年後‥】

時は流れ、みゆきは高校生になった。

亜希子は苦手だった家事もすっかり上達し、みゆきの結婚資金のためにパン屋にてパートを始めた。しかし、家の中でもスーツ姿なのは変わらない。

みゆきは美しく育ち、学校でもモテモテだった。

しかし、亜希子の影響か、難しいビジネス用語や経済用語を日常的に使うため、ちょっと変わった女子高生に成長していた。

やがてみゆきは小学生時代からの幼馴染であるヒロキくんと付き合うことになり、留守がちになった。亜希子は、みゆきに彼氏ができ一緒にいる時間が少なくなり、寂しさ感じていた。

自分の側にいてほしいと思う亜希子だったが、それは独占欲や依存心だと感じ、自分がみゆきから巣立たなければいけないと感じ始めていた。

一方、亜希子がパートをするパン屋の店長・麦田(佐藤健)は亜希子に恋心を抱くようになっていた。

スポンサーリンク


【麦田の恋】

親が残していくれたパン屋を継ぎ、嫌々ながらも仕事をする店長の麦田だったが、変わり者だが真っ直ぐな亜希子と働くうちに亜希子に惹かれていった。

亜希子は、麦田の店が赤字続きなのを知り、持ち前のビジネス能力を生かして、店を立て直していく。

麦田の店は赤字から黒字に変わり、人気店となった。

亜希子と麦田がいい感じの様子を見たみゆきは二人が付き合って欲しいと思うようになる。

やがて麦田の亜希子への思いを知ったみゆきは、麦田のことを応援することを決意し、ヒロキと一緒に二人をくっつけようと考えていた。

店も軌道に乗り、麦田は亜希子に告白することを決意。

みゆきは、良一が亜希子と結婚したのは、自分の母になる人を探していたから、だから二人は仮面夫婦だったと思うし、亜希子にも恋をして欲しいと、麦田を後押しする。

そして、麦田は亜希子へ告白。

少しばかり心が揺れた亜希子だったが、私の夫は良一さんだから‥と麦田からの告白を断ったのだった。

麦田は、みゆきのために結婚したのでは?と問いかけるが、亜希子は本当に良一を愛していたと答えた。

その話しを聞いたみゆきは涙した。

【結末:母の愛】

やがて成長したみゆきは、ヒロキと結婚し、娘が2人が産まれた。結婚をきっかけに、家を出てヒロキの母と暮らしはじめたみゆき。

一方、亜希子は経営コンサルタントの会社を設立し社長としてバリバリ働いていた。

久々に子供を連れて亜希子に会いに行ったみゆき。亜希子は自分のことを覚えていない孫に名刺を渡して挨拶するなどあいからわずな様子。

しばらく実家に滞在することになったみゆきは、亜希子が年を取ったのを感じ、今しか親孝行できる時はないと、なかなかヒロキの家に戻らなかった。

そんなみゆきに対し亜希子は勝手に業者に連絡し、みゆきたちの荷物をヒロキの家に送る手配をする。

しかし多忙が重なり、亜希子は倒れてしまった。

みゆきは、なんでも一人でやってしまう亜希子にもっと自分を頼ってほしいと言った。

しかし亜希子は、みゆきを育てようと思ったのは自分のエゴだと話し始める。

亜希子も幼い頃に両親を亡くし、祖母に育てられた。しかし、その祖母も亡くなってしまい天涯孤独になり施設で育った。

みゆきと出会い、子供の頃の自分のように思えた。

みゆきを笑わせると自分も笑ったような気持ちになり、みゆきが幸せそうにしていると自分も幸せを感じた。

亜希子はみゆきを使って自分を幸せにしたかっただけだと言った。しかしみゆきは亜希子にそれはエゴではなく「愛」であることを伝えた。

みゆきは、もうひとりになろうなんて思わず、親の最後の仕事は、自分の老いを子供に見せることだと言った。

亜希子は祖母に一人でも生きていけるようにしっかりするように厳しくしつけられていた。

だからこそ、一人でなんでもできなければと思って生きていた。しかし今ようやく亜希子はその言葉に開放されたような気持ちになった。

その後検査の結果、亜希子は長くないことが知らされ、仕事を引退し、みゆきたちと同居することになった。

全てをみゆきに任せようと思っていた亜希子だったが、自身の命が長くないことを知り、葬儀やら財産やら全ての手配をしていた。

すると、亜希子の前に良一が現れる。

亜希子は久々に再会した良一に話したいことがたくさんあるのと嬉しそうに、抱きついた。

そして、亜希子は静かに息を引き取った。

(おわり)

スポンサーリンク


【感想】

ギャグ漫画かと思って読み始めましたが、笑いだけでなく、涙ありの母と娘の感動的な物語でした。

亜希子さん、かなり変わっていますが、本当にいいキャラしています!

最初こそは、亜希子を嫌っていたみゆきも亜希子の不器用ながらもまっすぐでちょっとズレた性格を少しずつ受け入れ、本当の親子になっていきます。

良一と亜希子が最初はお互いの利害関係が一致した仮面夫婦としてのスタートだった設定にはちょっと驚きましたが、一緒にいるうちにお互いのことを好きになり本当の家族になろうと良一が言ったシーンには涙‥!!

しかし、その数日後に良一は旅立ってしまいます‥

みゆきは良一がいなくなったから、亜希子ももういなくなると思っていましたが、亜希子は幼いながらもみゆきにそんな思いをさせていたのかと気づき、みゆきと一緒に生きていく決意を新たにします。

このシーンにも号泣‥!

普段クールな亜希子だけに、時折発する言葉がよりグッとくるんですよね。

原作漫画は2巻で完結と短いですが、亜希子が人生を終えるまでがけっこうしっかりと描かれており、笑いあり、涙ありの非常に読み応えのある内容でした。

これは何度も読み返したい!

さて、ドラマでは亜希子役を綾瀬はるかさんが務めるということで、けっこうはまり役のような気もしますね。

また、原作ではみゆきが大人になるところまで描かれていますが、ドラマではどこまで再現されるのかも楽しみです。

ドラマでは家事や育児に奮闘する10年を描くと紹介されていますので、みゆきが18歳、高校を卒業し家を出ていくくらいになるまで描かれるのかな?

ドラマ版も楽しみですが、原作漫画も非常に面白かったので、ぜひドラマとセットで楽しむことをおすすめします。

【ドラマ版最終回はこちら】

義母と娘のブルース最終回ネタバレあらすじ&感想 愛溢れる結末に号泣!ラスト原作漫画と違う展開に!

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚相手は抽選で1話ネタバレあらすじ&感想 強制見合いの赤紙届く!モテない龍彦が切なすぎる‥

野村周平さん、高梨臨さんが出演する大人の土ドラ「結婚相手は抽選で」が新ドラマとしてスタート! 生涯未婚率が上昇し、少子化に歯止めがきかなくなった日本政府は「抽選見合い結婚法」を制定。 対象となる男女は …

中学聖日記1話ネタバレあらすじ&感想 先生が好き!初回からドキドキの展開!

有村架純さん、中島健史さんが教師と生徒の禁断の恋に落ちるドラマ「中学聖日記」がスタート! 片田舎の国語教師となった聖には、遠慮理恋愛中の婚約者がいる。 しかし、不思議な魅力を持つ教え子に惹かれておき、 …

サバイバルウェディングネタバレあらすじ原作結末にほっこり涙!知られざるハイブランド戦略を駆使し幸せを掴む!

波瑠さん主演の新ドラマ「サバイバルウェディング」が日テレ土曜枠でスタート! 主人公・さやかは、結婚のため会社を退職した直後、婚約破棄となってしまう。 なんとか元の会社に戻ったものの、女性誌の担当となり …

きみが心に棲みついた6話ネタバレあらすじ&感想 星名母,父の命を奪った殺人犯?飯田が第2の今日子に‥

吉岡里帆さん主演ドラマ「きみが心に棲みついた」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 前回第5話では、吉崎のことを思いつつも、諦めようと決意した今日子。しかし、いつしか今日子が放っておけない …

きみが心に棲みついた2話ネタバレあらすじ&感想 今日子,星名ネグレクト過去で共依存がヤバイ‥

吉岡里帆さん主演ドラマ「きみが心に棲みついた」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 主人公・今日子は自尊心が低く、自分に自信がない女性。そんな自分を唯一そのままでいいと言ってくれた、星名に …

カテゴリー