Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

ドクターX(2017)1話ネタバレあらすじ&感想 蛭間院長カムバックで未知子潰しの黒い影…

投稿日:

米倉涼子さんの人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第5シーズンがスタート!

フリーの外科医・大門未知子が金と欲にまみれた医療業界の中でも、目の前の患者を救うというポリシーを元に次々と見事な手術をこなし患者を救っていくという医療ドラマ。

人気作のため、楽しみにしている人も多いはず。

今回は「ドクターX~外科医・大門未知子」第5シリーズの1話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。

第1話ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ドクターX 1話ネタバレあらすじ【前半】

山奥にある露天風呂を楽しんだ大門未知子(米倉涼子)は路面バスで帰宅していた。しかし、バスの運転手・車田が意識を失い心肺停止の状態に。

未知子がなんとかバスを止め、隣に座っていた男性に救急車を呼ぶように指示。車田をバスから降ろし心臓マッサージを行う。

そこに1台に赤いスポーツカーに乗った女性・志村まどか(大地真央)が現れ、未知子は患者を乗せてほしいと話すが、女性は車を発進させてしまった。

しばらくして、志村は別のワゴン車で現れ、車田を乗せて麓の小さな病院に運ぶ。その小さな病院は、かつて未知子に憧れて医局を飛び出した外科医・森本光(田中圭)が切り盛りする病院だった。

この病院では大きな手術はできないとためらう森本。しかし、未知子はここで処置を行わなければ助からないと、あっという間に緊急処置を終えて、近いうちに根治手術を行うと病院を後にした。

第4シリーズで東帝大学病院・院長の座から転落した蛭間重勝(西田敏行)は知床分院の院長に左遷されていた。妻・華子から、ここでの暮らしはもう限界と言われるが、蛭間は東京での権力争いには疲れたと話す。

しかし華子から、権力もお金もない蛭間はとんかつ以下!と言われてしまう。

するとそこに「お迎えにきました」と海老名敬(遠藤憲一)が訪ねてきた。東京の東帝大学に戻れると思った蛭間だが、戻ってみると査問委員会より厳しい尋問をされる。

蛭間は病院長時代使いもしない手術機械を購入し業者から賄賂を受け取っていたのだ。しかし、蛭間は賄賂を認めず知床に帰ると部屋を出ていこうとする。

そこに志村が現れ、蛭間は知床病院を解任させた、真実を話すようにと言う。それでも、蛭間は東帝大学のためだと認めなかった。

2017年留まることを知らず崩壊を続けた白い巨塔はついに崩れ落ち、大学病院は本来のあるべき姿を取り戻そうと動き出した。

旧大以前の権力構造を一掃し、患者を第一に考えた患者のための医療である。

そんな中どこの大学にも属さないフリーランス・一匹狼のドクター大門未知子が現れた。専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが彼女の武器。外科医・大門未知子、またの名はドクターXと呼ばれていた。

東帝大学・病院長に志村が就任しクリーンな医局を取り戻すべく大革新を進めていた。

そんな中、医局会議に未知子が登場し、志村に会うなり「ドロボー猫!」と言う。

先日の患者・車田をもう一度手術するつもりだったが、志村が東帝大学に車田を転院させ、未知子を東帝大病院で雇うと呼び寄せたのだった。

「この女はフリーターですよ」と反論する医師たち。

しかし未知子のオペを見た志村は、フリーターでも歓迎と未知子は東帝大病院で働くことになった。

神原名医紹介所にて所長・神原晶(岸部一徳)、フリーランス麻酔科医・城之内博美(内田有紀)と麻雀を楽しむ未知子。

東帝大学と契約したことを話し、契約書を見せると月給30万。「何この安さ!」と神原たちは驚く。

志村は東帝大学を主席で卒業し、実力だけで院長まで上り詰めマダムクリーンと呼ばれていた。研修医時代は名だたる医師たちが愛人にしようとしたが誰も落とせなかったという。

城之内は「これで東帝大も変わるかもね」と言うが、神原は「それはどうかしらキレイ過ぎる川に魚は育たない」と言う。

その頃、志村は趣味・特技:手術と書かれている未知子の履歴書を見て「こういう医師が1番たちが悪いのよね」とぼやいていた。

そこに外科副部長・猪又孝(陣内智則)が院長室を訪れる

「なぜ大門未知子のような、胡散臭い医者をなぜ入れたのですか」「実力のある医師なら肩書は関係ないわ」

猪又は、院長はマスコミでも注目の女性ですから気をつけて下さいと忠告し、さらに来週誕生日だと聞いてと、リボンのついた箱を渡した。

スポンサーリンク



後日、車田の術前カンファレンスに行われた。当然自分が担当するものだと思っていた未知子。

しかし、志村はアメリカの心臓外科医で世界的権威ジャイケル・マクソン教授にアメリカから手術支援ロボットを遠隔操作して執刀するよう依頼したと言う。

このオペは日本とアメリカが共同で行う最先端のプロジェクト。これが成功すれば、世界初の症例となり、医者がいない僻地でも最先端の医療が提供できる、患者ファーストの指針となると話す。

しかし未知子は「あんなロボット使わなくても私なら確実に切れるけど」と言い、お昼を食べに行くと部屋を出ていってしまった。

未知子が去った後、志村は猪又にこういうことを二度としないようにと昨夜渡されたプレセントを返したのだった。

とんかつ屋に入った未知子は、ジャーナリストの一色辰雄(升毅)と相席になる。すると、一色は苦しみだし倒れてしまった。

すぐに救急車で運ばれた一色は、心臓の右心室に7センチの腫瘍がありこのままでは命が危ない。

一色は自分の病気のことを知っていたが、どの医者に見せても手術では完全切除は不可能だと診断され、手術を受けて療養するよりも最後まで仕事をしたいと手術を拒否していた。

一色が東帝に入院したことは医師たちにも知らされた。しかし医師たちは有名人で根治手術ができない一色をこの病院では対応できないと退院の手続きを取らせようとする。

そこに未知子がやってきて、自ら手術をすると申し出てきた。

手術方法を話す未知子に猪又はそんなオペはできないと言うが、未知子は「私ならできる」と答える。

その話しを聞いた志村は手術することを承諾するが、未知子ではなくマクソン教授に最先端のロボット技術を使って執刀してもらうと話す。

未知子は志村に駆け寄り「私しっぱい…」と言おうとするが、志村に遮られ、代わりに車田のオペを担当するように言われてしまった。

その夜、日本医師倶楽部の会食に参加した志村。しかし会食の費用が不正に落とされていることを指摘。

大学病院幹部で形成されたこの日本医師倶楽部が大学病院をコントロールする時代も終わりにしないと健全でクリーンな医師会は望めないと忠告し食事をせずに帰っていった。

「せっかくの肉が台無しだ…」

すると、志村から厳しく言われた日本医師倶楽部会長・内神田景信(草刈正雄)の元に蛭間が現れ、今回の費用は自分に任せてくれと籍に着く。

「私たちはうまい肉がたべたい」「忖度させて頂きますよ…」

医療用ロボットを使って遠隔オペについて神原に話す未知子。「もう目の前の患者を治す時代じゃないのかもね」という神原。未知子は「目の前の患者を自分の目で見たり、触れたりすることが大事なんじゃないの」と答えた。

スポンサーリンク


ドクターX 1話ネタバレあらすじ【後半】

そして、マクソン医師による一色の遠隔ロボットオペが始まった。

同じ日、車田のオペを行うため、オペ室に入った未知子だが、他の医師たちは、ほとんどマクソン医師の方に行ってしまい、未知子のオペには森本しかいない。

マクソンは音楽をかけながら、遠隔ロボットで手術を始めた。その様子に、医師も驚きの声を上げる。

一方、車田の手術を行う未知子だが、森本のミスにより、緊急状態に。

他の医師に応援を頼みに看護師が呼びにいき、マクソン医師の手術を見学していた原守(鈴木浩平)、西山直之(永山絢斗)、伊東亮治(野村周平)が未知子のオペの応援に行くよう院長から言われる。

マクソンの手術は順調に行われているように見えたが、途中出血した血によりカメラの映像が見れなくなってしまう。

すぐに血の吸引が行われるが、カメラの映像は見れず処置ができず危険な状態に。すると志村から、ロボットを外し、開胸手術に切り替えるように指示が出される。

しかし、執刀できる医師は誰もいない。すると、オペ着に着替えた志村が現れ、自ら手術を始めた。

未知子は森本の損傷した部分の処置が終わり手術を物凄いスピードで進めていく。最初は未知子のオペを手伝うことが乗る気ではなかった西山だが未知子の腕に驚いていた。

その頃、志村執刀の手術も順調に行われていた。しかし、心臓の腫瘍が予想以上に広がっていることが判明する。これ以上オペを続けるのは危険。志村は手術を諦め手を止めた。

しかし、そこに車田の手術を終えた未知子がやってきて、手術を続けるという。

猪又はバイトにできないだろう、失敗したらどうするんだと止めるが、未知子は「私失敗しないので」と手術を始めた。未知子の手術の腕に驚く志村。

腫瘍は無事に摘出し、手術は無事に成功。手術室を出ようとする未知子に志村は「ありがとう」とお礼を言った。

その後、一色は順調に回復。志村の元を訪れ、院長の手術の賜物ですとご機嫌を取ろうとする猪又たち。

するとそこに神原がやってきて、未知子と城之内の請求書を渡す。志村は、こんな法外な請求書は見たこと無いと言い、突き返す。請求額は2000万だった。

しかし、今回未知子は遠隔ロボットを完璧にフォローし、もうひとつのオペも成功している。手術室で起こったことは外には漏らさない、非常にリーズナブルな金額ですよと神原は言った。

するとそこに「あいかわずアコギな商売やっているんですね。建て替えましょうか」と蛭間が入ってくる。

志村は「あなたがくるようなところではない」と追い返そうとするが、翌日発売されるという週刊誌のゲラを取り出す。

それは、志村と一色の不倫がスクープされたものだった。

「患者ファーストの名のもとにご自分の愛人の命を優先させ、病院の権限を使って大学病院を私物化。それこそ患者ファーストならず愛人ファースト、ゲスの極み。恐ろしい時代になりましたね…」

マスコミが押しかけ、志村は囲まれ病院内の医師にも広まった。

スポンサーリンク



後日、とんかつ屋で昼食を取っていた未知子の元に、志村がやってくる。未知子は一色との関係を知っていた。

未知子が、最初に会った時、志村の赤いスポーツカーの助手席に一色が乗っていたのを見ていたのだった。

「失敗したな…あなたが彼を連れてこなきゃ私達の関係もバレずに院長だって続けられたのに」

「不倫がばれようが、立場がなくなろうが一人の命救ったんだから。あんた失敗してないよ」

「そうだね。わからないのはあんなに嫌がっていたオペを彼が受けるって言ったこと。どうやって彼を説得したの?」

「説得なんてしてないけど」

(私なら絶対治せる。私失敗しないので)未知子はそう言っただけだった。

そのことを聞いて志村は、私には絶対なんて言えなかったと答えた。

そこに、一色の妻がやってきて志村に「泥棒ネコ!」と言って頬を叩いたのだった。

その後、志村は病院長の座から退き、蛭間が病院長として再び就任した。

「私と一緒に東帝大学病院の権威を取り戻そうじゃないか」

東帝大学の応援歌唯一無二を歌い出す。そこに未知子が蛭間の前に現れる。蛭間も未知子と契約をしたのだった。

そして神原から医師たちに、未知子の契約について条件が配られる。

論文の下調べ、学会のお供、ゴルフの送り迎え、愛人の隠蔽工作、院長回診、教授回診…つまり、医師免許がなくてもできる仕事は…

「一切いたしません!」

じゃあ、唯一無二の合唱を…「いたしません!」

未知子は部屋を出ていった。

「大門未知子を潰せ…」

蛭間は猪又、海老名、鳥井にそう言っていた。そして、蛭間の第一秘書として・中谷恵子(是永瞳)、第二秘書のロボットソンタくんを紹介した。

その夜、内神田と会食をする蛭間。

「雇ったかね。大門未知子は」

「はい」

「ドクターX、成功率や生存率が低く、危険なオペでも高額な報酬と引き替えに挑戦する
医療回のがん。我々が最も花を摘むやからだ」

「重々調子しています」

「処分の仕方は任せよう」

「御意(ギョイ)」

ドクターX 1話ネタバレあらすじ【感想】

前作からの医師も引き続き登場し、新たなキャストも加わってスタートしたドクターX第5シリーズ。

第4シリーズのラストでは、病院長の座から連絡し知床に左遷された蛭間があっさりと戻ってきた再び病院長に君臨。

大門未知子のことを嫌いながらも東帝大学病院で雇うことにし、早くも何か企んでいる様子。

それにしても第5シリーズも変わらず面白い!厳しい環境の中でも、信念を貫きぶれることのない未知子の姿は見ていて爽快でスカッとします。

今回も高視聴率を叩き出すこと間違いなしでしょう。

来週も見逃せません!

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アシガール1話ネタバレあらすじ&感想!戦国女子高生の誕生,成之様ブームの予感!

土曜時代ドラマ枠でスタートした「アシガール」 ごくごく平凡な女の子が、弟が作ったタイムマシンのスイッチを押してしまい戦国時代へとタイムスリップ! そこで一目惚れした愛する人を守るため、足軽として戦国時 …

奥様は取り扱い注意1話ネタバレあらすじ&感想!菜美の正体は特殊工作員!予想外の設定に驚き

2017年10月からスタートした綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は取り扱い注意」 天涯孤独の主人公・菜美(綾瀬はるか)はごく普通の家庭に憧れ、合コンでゲットした男性と結婚し、ちょっとセレブな専業主婦とし …

ツバキ文具店5話あらすじネタバレと感想!母へ贈る文字ラストに感動!

NHKドラマ10で放送中の「ツバキ文具店」 鎌倉にて代書屋を生業とする祖母・カシ子が亡くなり代書屋として新たな人生を歩みだした主人公・鳩子(多部未華子) 鎌倉に住む暖かい町の人々に支えられながら、代書 …

ドラマミステリーズ妻の女友達ネタバレあらすじ(大泉洋)&感想!結末は妻が衝撃の告白…

「ドラマ・ミステリーズ~カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊」にて、大泉洋さんが主演を務める「妻の女友達」 これは小池真理子先生の小説「妻の女友達」の短編ミステリー集の作品のひとつです。 今回は、小池真理 …

監獄のお姫さま9話ネタバレあらすじ&感想 プリンス登場で吾郎,バケの皮が剥がれる!?

ドラマ「監獄のお姫さま」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。最終回まで残り2話となりました。 千夏、姉御、カヨと続々と仮釈放の日を迎え、復讐に向けて動き出します。 【前回第8話の詳しいネタ …