Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

DOCTORS最強の名医新春SPネタバレあらすじ感想 森山が院長に&マザコン発覚!相良と宮部のその後に期待

投稿日:1月 4, 2018 更新日:

沢村一樹さん主演のドラマ「DOCTORS~最強の名医~」が3年ぶりに復活し、新春スペシャルドラマとして返ってきます!

沢村一樹さん演じるスゴ腕外科医・相良と、高嶋政伸さん演じる腕は確かだが、人格に問題がある外科医・森山が対立しながらも目の前の患者を救出していくという医療ドラマ。SP版では新たな豪華キャストが加わり、更にパワーアップして面白くなりそうな予感。

今回は「DOCTORS~最強の名医~新春スペシャル」ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


DOCTORS最強の名医新春SPネタバレあらすじ【前半】

長きに渡って堂上総合病院・院長を務めた堂上たまき(野際陽子)は再び現役の医師として患者を救うべく、ブータン王国に診療所を開業を決意。その手伝いとして相良浩介(沢村一樹)はブータンの診療所を訪れ、オペを行っていた。その見事なオペに現地の医師たちも尊敬の眼差しを向けていた。

一方、堂上たまきの後任として、甥の森山卓(高嶋政伸)が新院長に就任。外科医として腕は確かだが、自信過剰で傲慢な性格は病院内外でも有名だった。新院長として関東院長会議に出席し、帝楼会病院長の伴財日出彦(石橋蓮司)に挨拶するが、厳しい言葉を浴びせられ腹を立てる森山だった。

堂上総合病院はもうすぐ創立100周年を迎えるということもあり、森山は自身が連れてきた胡散臭い経営コンサルタント・猿渡圭介(手塚とおる)と共に、堂上病院を有名にし、伴財たちを見返してやると躍起になっていた。

そんな中、両親に連れられ折原美都(鈴木梨央)が相良を頼って病院を訪れてきた。美都は12年前、先天性胆道閉鎖症と診断され、手術を行ったが、既に肝臓が限界だと宣告され、生体肝移植手術が必要だった。

これまで、帝楼会病院で治療を受けてきたが、今の担当医の対応に不信感を抱き、相良に手術をお願いしたいと申し出てきたのだった。しかし、肝心の美都は投げやりの様子で、説明も十分に聞かずに部屋を出ていってしまった。

美都の手術については、帝楼会病院からの転院ということもあり、相良は森山に、帝楼会病院側に美都の手術をすることについて了承を得てほしいとお願いする。

しかし、帝楼会病院は伴財の病院であるため、猿渡からも角が立つようなことをしては面倒だと入れ知恵され、森山は手術受け入れを拒否する。

相良は、森山が会議で屈辱的な扱いを受けたことを知り、胡散臭い猿渡についても調べ、根回しをするように製薬会社の渋谷(滝沢沙織)にお願いする。やがて猿渡は動物の不正密輸容疑で逮捕され、解任することとなった。

同じ頃、森山の母・日美子(松坂慶子)が腹痛により緊急搬送されてくる。病院スタッフが見ている中、森山は「ママ」と口走り、マザコンっぷりを露呈してしまう。命に別状はないものの日美子は、しばらく様子を見るために入院することとなった。

森山は、動物密輸と病院経営は関係ないと猿渡解任を渋ったが婦長や事務長らに猛烈に反対されしぶしぶ猿渡を解任。すると、相良が経営コンサルタントを引き受けると申し出るが、森山は反対。

しかし婦長らに猛烈に説得された森山は、相良を経営コンサルタントとして就任させることを了承した。

スポンサーリンク


DOCTORS最強の名医新春SPネタバレあらすじ【後半】

経営コンサルタントして就任した相良は新たな戦略を打ち出す。

・ドクターが例外と認めた患者以外は入院期間を14日以内にする

・薬の購入費用を抑える。

ドクターは患者が2週間以内に退院できるように、最善の治療を考え努力し、オペは患者のダメージを最小限にし、術後管理も徹底する。患者が早く退院できるよう嫌がられてもリハビリを促す。全ては、患者にベストな医療を提供するためだと打ち出したのだった。

さらに、森山が猿渡と打ち出した温泉付き病院建設はあっけなく却下。相良の案に地味だと駄々をこねる森山。すると、相良は、自身に依頼があったオペの生中継を森山に譲り、ライブオペにより森山の手術を世界に配信すれば堂上病院の評判もあがると話し、森山はライブオペをすることとなった。

人格に問題はあるものの、腹腔鏡のオペのスペシャリストとして腕は確かな森山。やがて、潰瘍性大腸炎を患う男子高校生の手術を行うことになった。難しいオペになるが、未来ある若者の生命を救うと、母・日美子にも報告した。

森山は母親に相良のことを一番弟子だと嘘を言っていた。そのことを知った相良は、わざと日美子の前で、美都のオペの話しをし、帝楼病院の許可を貰うように促す。母の手前、森山はしぶしぶ了承し、伴財に直接交渉することとなってしまった。

手術を受けられることを報告された美都の両親は喜ぶが、美都は浮かない表情。美都はこんな体に産んだのは両親のせいだと責めていた。

美都のオペの了承を取りに帝楼病院の担当医と院長・伴財を訪ねた森山。恐る恐る手術のことを伝えると、伴財はあっさりと許可を出す。しかし、すぐさま森山を侮辱し、頭にきた森山は、美都の手術をするのは自分の一番弟子の相良であること、そして自身がライブオペをすることについて喧嘩を売るように告げたのだった。

そして迎えた森山のライブオペの日。しかし、オペの直前になり日美子が腹痛を訴え、緊急手術が必要に。日美子は森山のオペでなければ受けないと言い張り、簡単なオペにも関わらず、結局森山は日美子のオペを中継することに変更した。

オペ時間となり、テーマは「自分は母親のオペを切ることができるか」に勝手に変更。ライブオペを楽しみにしていたドクターたちが呆れる中、オペは開始された。

そして、森山は日美子のオペを開始。しかし、いざメスを入れようとしたところ、母親の顔が気になりメスを入れることができず、日美子の顔に布を被せ、顔が見えないようにする。

中継を見ていた医師たちは、患者が亡くなったのかと訳が分からない様子。顔を隠し、次こそメスを入れようとするが、今度は顔に布をか被せると死んでいるみたいだと言い出し、日美子にサングラスをかけさせる。

ああだこうだ言いつつ、ビビりながら森山は手術を開始。しかし、中継を見ていた医師たちは、呆れてしまいライブオペは失敗に終わった。

スポンサーリンク



ライブオペは失敗したものの、手術は無事に成功し、日美子も目を覚ました。

やがて、相良による美都の術前カンファレンスが行われ、父親のドナーを移植手術が行われることとなった。するとそこに森山が現れ、自分が手伝ってやると言い出すが、相良は森山がいなくても大丈夫だと断る。

森山は院長命令だから仲間に入れろと駄々をこねるが、相良はライブオペが失敗したからとか、伴財院長を見返したいとかそういった理由での参加は迷惑だとはっきりと言う。

そして、森山が患者を見下していることを指摘し、そんな考えであれば現場から離れた方がいいと言い放つ。

すると森山は、謙虚になればいいんだろうと言い出し、オペに参加させて欲しいと頭を下げた。その様子を見て相良はしぶしぶ森山をチームに入れることを承諾した。

そして美都の手術当日。相良が美都の受け入れ準備手術を行い、森山が父親のドナー肝臓摘出手術を担当。

森山が肝臓を取り出そうと開腹してみると、誰もが父親の肝臓を見て驚いた。無事に森山は父親から肝臓を摘出し、美都の手術室へと運ばれ移植手術は始まった。

相良も運ばれてきた父親の肝臓を見て驚くが移植手術を開始。無事に移植を行ったものの、肝臓に血液が流れず危機的状況に。

森山も手術室の外から相良に絶対に助けろと見守る。

時間が迫る中、別の処置方法に切り替え、なんとかギリギリのところで、無事に手術を成功させたのだった。

術後、美都は目を覚まし、相良は美都に話をした。

今まで沢山手術をしたが、あんなにきれいな肝臓は初めてだった。美都は生まれてすぐに病気を発症。いずれ肝臓移植が必要になることが両親はわかっていた。だからこそ、その日のために両親は、たばこを吸わず、お酒も飲まず、健康に気を使い、美都にきれいな肝臓を渡そうと日々を過ごしていたのだった。

そのことを知った美都は初めて両親の思いを知り、涙を流しながら「ありがとう‥」と両親に伝えた。

美都の手術が成功したことは伴財にも伝わり、なぜあんな優秀な相良が堂上にいるんだと悔しがっていた。

やがて、日美子も退院の日を迎えた。退院の前、自身を受け持ってくれた看護婦・宮部(比嘉愛未)を気に入り、森山との結婚しないかと言うが、宮部は好きな人がいると断った。宮部は相良に思いを寄せていた。

宮部は勇気を出し、相良にそれとなく気持ちを伝えるが、相良は宮部の気持ちをわかっているようだがやんわりと、かわされてしまう。

宮部と別れ、森山とすれ違った相良。すると森山から、自分がこの病院をちゃんと見ているから乗っ取ろうなんて思うなよと釘を刺される。その言葉に相良はムリでしょとつぶやき笑みを浮かべたのだった。

(おわり)

DOCTORS最強の名医新春SPネタバレあらすじ【感想】

いやー最高に面白かったですね。森山先生のぶっ飛びぶりがツボで何度も爆笑してしまいました。

わがままでぶっ飛んだ森山先生に対し、冷静で誰に対しても誠実な相良先生。この対象的な二人のシーンは最高ですね。今回、ゲストとして森山先生の母・日美子が登場。

マザコンっぷりを隠そうとするものの、ついつい出てしまうシーンは特に面白かったです。また、それだけでなく緊迫した手術シーンや、美都に対する両親の愛など、笑いあり涙ありの見応えたっぷりの2時間でした。

今回、堂上病院のライバル的病院も現れましたし、相良先生と宮部のその後も気になりますし、もしかしたらシリーズ化もあるのかも?

ぜひとも期待して待ちたいと思います!

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BORDER贖罪ネタバレあらすじ&感想 魂を救うため闇の世界を選んだ石川!続編にも期待

小栗旬さん主演の人気ドラマ「BODER」がスペシャルドラマとして返ってきます! 連ドラ最終回では、主人公・石川安吾(小栗旬)が子供の命を奪った犯人・安藤(大森南朋)を追い詰めるものの、証拠が見つけられ …

明日の約束8話ネタバレあらすじ&感想 母の正体が明らかに!霧島の本性を知った日向…

井上真央さん主演ドラマ「明日の約束」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 前回までのあらすじは… 主人公・日向(井上真央)の恋人・和彦が豹変!まさかのDV男でした…。さらに、亡くなった圭吾 …

シグナル1話ネタバレあらすじ感想 想像を遥かに超える真犯人の手口に鳥肌!

坂口健太郎さん主演の新ドラマ「シグナル」がスタート! 無線機で過去と現在が繋がり事件を解決していくという新感覚のドラマです。 韓国で大ヒットしたドラマ「シグナル」が原作にかなり寄せて作られるということ …

女囚セブン2話ネタバレあらすじと感想!琴音の事件に内藤が大きく関係か!?

金曜ナイトドラマ「女囚セブン」 女子刑務所を舞台に、冤罪で刑務所に放り込まれた主人公・神渡琴音(剛力彩芽)が日々繰り広がれるバトルに立ち向かい、隠された謎が明らかになっていくというドラマ。 シリアスな …

監獄のお姫さま最終回ネタバレあらすじ&感想 真犯人,吾郎の罪が暴かれ刑務所へ ラスト姫と勇介再会シーンに涙!

クドカンが脚本を手がける「監獄のお姫さま」がついに最終回を迎えました。 吾郎のプレ裁判を始めたカヨたち。その頃、ニュースでは吾郎誘拐について千夏が絡んでいることが報じられ、ネットではカヨたちの素性も次 …

カテゴリー