コンフィデンスマンJP1話ネタバレあらすじ感想 長澤まさみが最高に可愛い!テンポ良い爽快ドラマ!

新月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」がついにスタート!

長澤まさみさんが演じるダー子率いる3人の信用詐欺師たちが、大金を騙し取っていく痛快コメディードラマです。

これまでの月9とはテイストがガラリと変わり、これは面白そう‥!

今回は「コンフィデンスマンJP」第1話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


コンフィデンスマンJP1話【前半】

天才的な頭脳を持ち、どんな専門知識もすぐに覚えてしまう信用詐欺師のダー子。

詐欺師の世界から足を洗いたいと思いつつもダー子に良いように使われてしまうボクちゃん、そして一流の変装技術を持ち相手を騙す能力に長けているリチャードと組み、欲望にまみれた人間から大金をだまし取っていた。

そんなダー子たちの次なるターゲットは公益財団「あかぼし」のトップ・赤星。

赤星は表向きは慈善活動に勤しむ男だが、実は闇社会とつながっており国税逃れのために莫大な隠し資産を海外に持ち出そうと目論んでいる。

リチャードは貨物船の船長になりすまし、赤星に接触。少しずつ信頼関係を築きあげ、やがて赤星はリチャードに大金を海外へ持ち出す相談を持ちかけた。

いざ決行の日、ダー子は国税局員に扮し赤星の大金を奪おうとしたが、なぜか赤星にバレてしまい、リチャードは大怪我を負ってしまう。

リチャードは、二人にとって親のような存在だった。リチャードの敵を撃つと決意したボクちゃんとダー子は赤星を騙すために動き出した。

客室乗務員に扮したダー子は、マニラに飛ぶ赤星の前で、ボクちゃん扮する大企業の御曹司が許可なく大金を持ち込んでいる様子を見せつける。

ダー子の予想通り、赤星はダー子に接触し、自分の仲間になるように言った。

早速ダー子たちは赤星からボストンバックを渡されマニラに届けてほしいと依頼を受ける。

ダー子の手配によりボクちゃんがハンドキャリーでマニラへと運ぶが、中身はお金ではなく薬だったため、ボクちゃんは空港職員に逮捕され追求される。

それでもボクちゃんは口を割らなかった。赤星は保釈金を払い、ボクちゃんを釈放させた。赤星は二人が裏切らないか試したのだった。

赤星に仲間だと認めてもらったダー子、ボクちゃんはついに赤星が隠し持っている莫大な財産の持ち出し協力を依頼された。

スポンサーリンク


コンフィデンスマンJP1話【後半】

いざ計画実行日。

赤星と手下の男たちが大金が入ったアタッシュケースを持ちマニラに出発しようとしていた。

しかし、次の瞬間国税局の職員(※偽物)が現れ赤星を引き止め中身確認の依頼を要求。赤星たちがアタッシュケースを開けるが現金は入っていなかった。

動揺する偽国税局職員。やがて警察が駆けつけ、偽国税職員は逃げていった。すると、赤星の手下たちが現れ、赤星たちが持っていた別の荷物とすり替えたのだった。

赤星はこんなこともあろうかと全て計算済みだった。

こうして赤星は大金と共に機内に乗り込み、ダー子たちは従うしなかった。

さらに、情報が漏れたことについてダー子たちが裏切ったと勘付いた赤星は、ダー子たちを葬ると脅した。

ダー子は、赤星の過去について話し始めた。

幼少期一人ぼっちだった赤星はがむしゃらに働き財団のトップまで上り詰めた。ずっと孤独だったからこそ仲間を大切にしていた。

赤星は金は失っても取り返せるが信頼は失っても取り返せないと言い放った。

しかし、ダー子は赤星がしていることは本当に信頼なのか。赤星は相手の忠誠心ばかりを求め、赤星自身は誰のことも信用していないようだと言った。

すると次の瞬間、エンジントラブルが発生。飛行機はマニラへ向かわず最寄りの飛行機に着陸することになる。

さらに、機体を軽くするため重量のある手荷物を放出すると機長がアナウンス。ダー子、そして客室乗務員に扮したリチャードが現れ、赤星たちのトランクを次々と外へ放出した。

全ては、ダー子たちの仕業だと気づいた赤星。するとダー子、リチャード、ボクちゃんはパラシュートをつけ、飛行機から飛び降りようとした。

しかし、赤星はボクちゃんからパラシュートを取り上げ、手下の仲間に金を取り返してくるように言うが誰も動こうとはしない。

すると赤星は自らパラシュートをつけ、飛び降りた。無事になんとか上陸し、落とされたアタッシュケースを見つけた赤星だったがお金は全て紙切れにすり替えられていた。

空港、職員、乗客、全てダー子たちが仕組んだものだった。

こうしてダー子たちは赤星から大金をだまし取ることに成功した。

後日、リチャードから今回の取り分が渡された。しかし旅客機チャーター、アルバイトスタッフなどの経費にほとんどが消え、ダー子たちの取り分は数百円だった。

(第1話おわり)

コンフィデンスマンJP1話【感想】

思ったよりコメディ要素が強く、始まって10分で一気に引き込まれてしまいました。

ダー子演じる長澤まさみさんがぶっ飛んでいて、なおかつ可愛く、相棒である東出昌大さん演じるボクちゃんもイケメンだし、なかなかいい味だしています。

そして小日向さん演じるリチャードも安定の演技力と存在感で、それぞれのキャラクターが絶妙なのでこれは今後も期待できそうですね。

また第1話のゲストである江口洋介さん演じる赤星もよかった‥!普段は、いい人キャラが多い江口洋介さんですが悪役もなかなかハマっていてゲスト出演だともったいないくらい。

ストーリーも予想を遥に超える展開で、まるで映画を見ているようで面白かったです。

これまでの月9とは随分とテイストが違うためどうかなーと思っていましたが、月曜日からスカッとできるドラマなので、こういう爽快ドラマが週の始めにあるのもなかなかいいなーと思いました。

第2話ゲストは吉瀬美智子さん。次週も楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

感想を書く

avatar
  Subscribe  
Notify of