Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

クリスマスの怪物ネタバレあらすじ結末を原作から 怪物の正体にぞっとする‥ラストの展開が恐怖

投稿日:

「世にも奇妙な物語2018秋の特別編」として、川栄李奈さんが出演する「クリスマスの怪物」が放送されます。

原作は朱川湊先生の短編小説集「水銀虫」に収録されている「薄氷の日」です。

さっそく気になって原作小説を呼んでみた所、後半の展開にぞっと鳥肌が‥。

今回は「クリスマスの怪物」の原作版「薄氷の日」のネタバレあらすじを簡単にまとめてみました。

ドラマ版のネタバレになりますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


クリスマスの怪物ネタバレ【前半】

クリスマスイブの日。

主人公の奈央(川栄李奈)は、IT企業を経営する恋人・良輔(本郷奏多)とクリスマスデートの約束をしていた。

今朝良輔からかかってきた電話がいつもとは違ったことからも、奈央はプロポーズされると考えていた。

待ち合わせしていたレストランに早めに到着した奈央は、ウェイトレスの名札が中学の同級生の名前と同じだったことから、過去のことを思い出した。

 

中学の時「秀美」というクラスメイトがいた。

秀美は「美晴」というクラスメイトと仲良くしていたが、奈央は読んでいた雑誌が同じだったことをきっかけに美晴と仲良くなった。

美晴は、自分が好意を寄せていた男の子と秀美が親しげに話していることに嫉妬し、奈央と一緒に秀美のことをいじめ始めた。

最初こそ軽い嫌がらせ程度だったが、暴力を振るったりといじめはエスカレートしていった。

 

そして、クリスマスイブの日、奈央と美晴は秀美にあることをさせた。

クリスマスムード全開で賑わっている駅前で、奈央たちが考えた卑猥な振り付けと一緒に「森のくまさん」を大声で歌わせた。

そして、誰かに話しかけられると「私はばかでぇす~!」と叫ぶように指示をした。

奈央と美晴は、秀美の姿を遠目から見てゲラゲラ笑い楽しんだ。

 

それから数カ月後。

秀美は自殺未遂を図った。

一命を取り留めたが、重い障害が残り、秀美は杖なしで歩けなくなった。

 

学校では、奈央と美晴がいじめていたことが目撃されており、奈央は取り調べめいたことをされたものの、奈央はやってないと言い張った。

なおかつ奈央の父は地元の有力者であったため、それ以上問い詰められることはなかった。

 

やがて迎えた中学の卒業式の日。

秀美は両親に連れられ車椅子で参加した。

すると式の途中、秀美は大声で「森のくまさん」を歌い出し、途中「私はばかでぇす!」と叫んだ。

秀美は奈央をじっと見つめ歌い続けた。

 

秀美のこともあり、奈央は中学から2時間以上はかかる遠い高校に進学し、叔母の家から通うようにした。

容姿端麗な奈央は、すぐに高校のアイドル的存在となり、新たな環境で楽しい高校生活を満喫した。

 

しかし、クリスマスイブの日。

森のくまさんを歌いながら時折「私はばかでぇす!」と叫ぶ女性を目にした。

それからというもの、奈央は毎年クリスマスイブには、この「クリスマスの怪物」を見かけるようになった。

秀美なのか‥?

しかし、秀美は介護なしに歩くことはできない。

その「クリスマスの怪物」は、イブなると奈央がどこにいても必ず姿を現した。

スポンサーリンク


クリスマスの怪物ネタバレ【後半】

そんなことを思い出していると、恋人の良輔がレストランに遅れてやってきた。

もうすぐ、良輔と一緒になり、お金に何不自由ない生活も手に入り、幸せな生活が待っている。

奈央はそう思っていた。

 

すると、良輔は来る途中、不思議な人を見かけたと話し始めた。

それはクリスマスイブに奈央の前に姿を見せる「クリスマスの怪物」だった。

奈央は、自分の友達の話しだけど‥と前置きし、遠く離れていて仲良くもないのにクリスマスイブに必ず出会う人がいるらしいと話をした。

また自分のことだと悟られないように些細な喧嘩で絶交状態になったようだと付け加えた。

 

すると良輔は「もしかしたら神様が謝らせるチャンスを与えているのかも」と言った。

因果報応という言葉があるように、悪いことをした人間には必ず罰が下される。

しかし、それと同時に過ちを認め、謝るチャンスも与えてくれるのではないか。

だから、奈央が話したその友達にもチャンスが与えられていると思うと言った。

 

しかし、奈央は納得できなかった。

この世には愛される運命の人間とそうではない人間がいる。

自分のように愛される人間はどんなに人を傷つけたとしても、幸せになれる。

そうでない人間は何をしても駄目なものは駄目だ。

前者は自分で、秀美は後者の人間なのだ。

 

レストランでプロポーズされるかと思っていたが、指輪は出てこなかった。

きっと良輔はこの後にホテルをとってくれており、そこプロポーズをしてくれるのだろう。

店を出て、奈央は良輔と共に、イルミネーションで輝く銀座の街を歩き始めた。

スポンサーリンク


すると「クリスマスの怪物」が現れた。

奈央は「怖いと早く行こう」と良輔に言った。

私は絶対に謝らない。奈央はそう決めていた。

 

しかし良輔はその場から離れようとせず「せっかくチャンスをあげたのに‥」とつぶやいた。

そして、奈央が「クリスマスの怪物」の女性の顔を見ると、それはなんと‥

「美晴」だった。

「私はバカでぇす!」

美晴はそう叫んだ。

 

良輔は、美晴にもチャンスをあげた。

そして、奈央にも何度もチャンスをあげたのに、奈央は謝ろうとはしなかったと言った。

 

良輔は奈央を自分の車に乗せた。

窓から見える銀座のイルミネーションが消え、まるで黒い布をかけられたかのように真っ暗になった。

そして、遠くから「私はバカでぇす!」と秀美の声が聞こえたような気がした。

(おわり)

クリスマスの怪物【感想】

美晴と一緒に秀美にひどい仕打ちをした奈央。

秀美のことはずっと心の中にありつつも、自分のように誰からも愛される人間は人を傷つけても構わないと奈央はあまり罪悪感は抱いていません。

むしろ秀美のような、何をしても駄目な人はそういう人生だと言わんばかり。

このまま将来有望な良輔と一緒になるかと思いきや、これまでの幸せは奈央がどん底に突き落とされるための序章であり、最後にチャンスを与えられるものの、奈央は気持ちを改めることもなく謝ることをしませんでした。

そして怪物の正体は秀美かと思いきや、まさかの「美晴!!」

このシーンにぞっとしてしまいました‥。

結果的に奈央は車に乗せられ、どこかへ連れて行かれるというラストで終わりましたが、おそらく美晴のようになったのでしょう。

あぁ‥怖かったです。。

ドラマ版では「森のくまさん」の部分が「赤鼻のトナカイ」に変更されるようですが、これトラウマになりそう‥。

見たいけど見たくない‥そんなドラマとなりそうです。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トドメの接吻最終回ネタバレあらすじ&感想 旺太郎,春海とキスで宰子を救う!切ないラストに涙‥

山﨑賢人さん主演ドラマ「トドメの接吻」がついに最終回を迎えます(泣) 前回第9話では‥ ついに美尊との結婚の日を迎えた旺太郎。しかし、結婚式に刑務所から脱獄してきた尊氏が現れ、ナイフを持って旺太郎に近 …

義母と娘のブルース2話ネタバレあらすじ感想 良一倒れ命の危機?腹芸の次は声芸,綾瀬はるか演技の振り幅がすごい!

綾瀬はるかさんが義母を演じるドラマ「義母と娘のブルース」 前回第1話では… バリバリのキャリアウーマンの主人公・亜希子は、小学生の娘・みゆきを持つ良一と結婚をすることを決意。 再婚に向け、みゆきの義母 …

ホリデイラブ6話ネタバレあらすじ&感想 龍馬黒幕説も‥純平,里奈の策略により追い詰められる

仲里依紗さん主演ドラマ「ホリデイラブ」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 前回第5話では、杏寿が黒井とホテルに入っていた写真を里奈が純平に突きつけ、純平と杏寿に溝ができてしまいます。 許 …

昭和元禄落語心中ネタバレ結末まで!最終回で触れられる信之助,父親の正体についても考察

累計200万部を突破し、漫画賞を総なめにした「昭和元禄落語心中」がNHKにてドラマ化されます。 昭和を生き抜いた落語家たちの、芸にかける熱き思い、友情に恋愛、謎の親友の死、と非常に濃厚なヒューマンスト …

奥様は取り扱い注意3話ネタバレあらすじ&感想 ラスト菜美&勇輝のシーンがヤバイ!

綾瀬はるかさん主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」 主人公・菜美は閑静な住宅街に住む、ちょっとセレブな専業主婦。しかし、実は元特殊工作員という変わった経歴の持ち主で、主婦の間で勃発する問題を次々と解決し …

カテゴリー