ブラックペアン7話ネタバレあらすじ&感想 木下の悲しい過去‥東城大の新たな闇が暴かれていく!

二宮和也さんが主演を務めるドラマ「ブラックペアン」

渡海の父と佐伯教授の過去が少しずつ明らかとなってきています。渡海の父が佐伯教授に裏切られたと、高階医師に打ち明けた渡海。

前回6話詳しいネタバレあらすじはこちら。

ブラックペアン6話ネタバレあらすじ感想 渡海母の愛に涙‥渡海父,佐伯の裏切りにより東城大追放された?

今回は「ブラックペアン」第7話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ブラックペアン7話ネタバレあらすじ【前半】

帝華大学に引き抜かれ、あっさりと東城大を去っていった渡海。そんな中東城大にカエサルを奨励している厚労省の富沢が訪れ、佐伯教授に山本祥子という患者の手術をカエサルで行うように申し出る。

しかしなぜ既に東城大に入院している山本祥子の情報を知っていたのか‥。

いずれにしても、富沢の要望を聞き入れなくてはならない。祥子の症例であれば誰がやっても問題ないと佐伯は判断し、黒崎が手術を担当することとなった。

高階はカエサルの担当は自分だと抗議するが、佐伯教授には聞き入れられなかった。

祥子は隣の市に入院していた現役の看護師だった。木下がカエサルについて説明をしようとするが、木下は祥子の顔を見るなり病室から出ていってしまった。

6年前、二人は同じ職場で働いており木下は看護師だった。

ある手術で木下はオペ室のナースとして働いていた。執刀医に言われ、手術器具を渡した木下だったが患者の様態が急変し亡くなった。

手術後、執刀医は自分の医療ミスの責任を全てを木下に押し付け、祥子も嘘の証言をした。

こうして木下は病院を追われた。

「人の敵は人なんです‥」祥子はそう言った。

事情を聞いた高階が木下に声を掛ける。

木下は「彼女に死んでほしいとさえ思った」と言い、木下は治験の説明は別の人に変えてほしいと言った。

そんな中、祥子は危うくアレルギーがある抗生剤を間違って投与されそうになる。そんな祥子を木下が危機一髪のところで救ったのだった。

木下によって救われた祥子は、治験コーディネーターを木下にやってほしいと指名した。

スポンサーリンク


ブラックペアン7話ネタバレあらすじ【後半】

渡海医師は帝華大でも見事な手術の手さばきを店、帝華大の医師たちも渡海の腕に圧倒されていた。

手術終えた渡海は今回ピンチを救った医師に「腕のない医師は死んだほうがいい」と言った。

木下は渡海を訪ねていた。渡海は「患者がいる、その人を助ける、以上。どこにいようと自分がやることは変わらない」と木下に言った。

木下はその言葉に心を打たれた。東城大に戻り、木下は祥子にカエサルの説明を始めた。

花房は、木下の元に行き、点滴ミスを救ってくれたお礼を告げた。そして、なぜ祥子の担当を引き受けてくれたのかと問いかける。

木下は、渡海が言った「患者がいる、その人を助ける」という言葉に気付かされたという。花房は、祥子が治験を受けるのも未来の医療のため人の力になりたいからだと言っていたことを伝えた。

そしてカエサルによる祥子のオペが始まった。オペ室に行く途中、木下は祥子に成功を祈っていると言った。

手術は無事に進められたと思ったが、血栓が浮遊しているのが発見される。放置すれば患者の命に関わると高階は訴えるが、黒崎は目的の手術は終わったと閉じようとする。

しかし高階は強引に手術を続行することを決意。

黒崎は血栓なんて今はどうでもいいと高階の手を止めようとする。すると木下が、今の発言を患者に伝えてもいいのかと引き止め、高階は状況によって変えるべきだと手術を続行した。

こうして手術は無事に終わった。木下は勝手にオペ室に声をかけるなんてと怒られたが、手術が終わりほっと胸をなでおろした。

手術が終わり花房が片付けをしていると猫田が現れ、片付けなければいけないことがあるといった。

スポンサーリンク


その頃、渡海が東城大にいた。帝華大で患者リストを見つけたと言う。アクセスしたIDユーザーから、帝華大に情報を流した人物が、宮元という看護師であることが判明。

しかし動揺する宮元の異変に気づいた木下は、本当は何があったのかと問いかける。宮元は以前追い詰められた祥子と同じ表情をしているように思えた。

木下は宮元のことを必ず守ると言った。

宮元の父は肺がんで東城大の特別室入院している。しかし宮元の給料では特別室の入院費を払い続けることはできない。

渡海は、それと引き換えに情報を流出するのことを誰が指示したのかと問い詰めた。しかし宮元は答えない。

すると渡海は「こういう教育はしっかりされているんですね」と守屋院長を見た。そして、守屋院長が帝華大に送ったメールに患者リストが添付されていた証拠を突きつけた。

守屋院長は退官後、帝華大の系列病院に行くことになっていた。佐伯教授は、帝華大から戻ってくる渡海に倍の給料を払い、再び受け入れることを承諾させた。

こうして渡海は再び東城大に戻ってくることになった。渡海が帰ってくることを喜ぶ花房に対し、渡海はまだやるべきことがあると言った。

手術が終わり目を覚ました祥子の病室に木下がいた。人の敵は人だけど、人の味方も人だといい、木下は看護師を辞めたから今の仕事ができていると笑顔を見せた。

こうして二人の間にあったわだかまりは解けたのだった。

高階は西崎に早くカエサルの論文を完成させるように言われる。高階は以前のように佐伯教授に阻止されるかもしれないと言うが、西崎は佐伯にはもう何もできないから安心しろと言った。

渡海の荷物を再び整理し始める花房と世良。花房は以前、心臓部にペアンが写ったレントゲン写真を渡海が持っていたことを世良に話した。

(第7話おわり)

ブラックペアン7話ネタバレあらすじ【感想】

今回は、治験コーディネーターの木下の過去が明らかになりました。元々看護師として働いており、医療ミスの責任を押し付けられ病院を追われたという悲しい過去が明らかになりました。

意外な過去でちょっとビックリ。さらに今回カエサルの治験を受ける祥子が、木下の元同僚で、追い詰められ嘘の証言をしたという関係。

しかし、最後は感動的な終わり方で、二人が笑顔を見せるシーンにはほっこり涙‥!

さてその一方で、もう東城大の闇が色々と露呈し始めます。まさか院長が看護師を使ってせこいことをやっていたとは‥。

つくづく東城大ってろくな奴いないじゃん‥と突っ込みたくなりますが、荒々しいながらも東城大の膿を少しずつ取り除いていく渡海の姿が清々しくも見えます。

さて、ドラマも後半戦に突入しましたし、今後渡海医師と佐伯教授の対決も始まりそうな予感。来週も楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

感想を書く

avatar
  Subscribe  
Notify of