ブラックペアン4話ネタバレあらすじ感想 高階の逆裏切り!渡海の復讐もじわじわ始まる!

二宮和也さんが主演を務めるドラマ「ブラックペアン」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。

スナイプ手術が成功したことにより、東城大でも本格的にスナイプの導入を検討し始める。

これまでスナイプ手術を成功させるために帝華大学から送り込まれた高階だったが、論文に記載する責任者の名前を恩師である西崎か、それとも論文が掲載されるために医療ジャーナルにコネクションを持つ佐伯にするか高階は悩み始めていた‥。

一方、渡海がこれまで隠し持っていた胸にペアンが刺さったCT画像を看護師の花房が見つけてしまう‥。

今回は「ブラックペアン」第4話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ブラックペアン4話ネタバレあらすじ【前半】

東城大ではスナイプ手術が立て続けに2件成功したことにより、佐伯教授指導の元、東城大はスナイプを用いた手術が導入された。

高階は症例を重ね、論文を着々と完成させていた。

しかし、論文の最高責任者の名前を誰に記すか悩んでいた。この論文に誰の名前を書くかによって理事長選にも大きく影響する。

そんな中、島野小春ちゃんという少女のカンファレンスが緊急で行われた。

小春ちゃんは血液が固まりにくい症状があり、出血が伴う手術は不可能であることから、スナイプによる手術を行いたいと高階が佐伯に頼み帝華大から東城大へ転院してきたのだった。

実は佐伯は論文を引き換えに東城大での手術受け入れを許可した。佐伯は小春ちゃんの執刀医を渡海に命じるが渡海は拒否。

今までスナイプ手術を認めなかった佐伯が、スナイプ導入に舵を切ったことを渡海は責め立てる。

佐伯は激怒し、渡海に今後一切のオペに関わることを許さず出ていくように言い、渡海は出ていった。

高階が小春ちゃんの執刀医に命じられたが、小春ちゃんの手術の成功率は5%にも満たない状況だった。

しかし高階は絶対に成功させなければいけないと考え、ひたすら検証を重ねた。

そんな中、スナイプは使えない緊急の手術が入る。佐伯式の手術しか方法がないが、渡海は教授にオペをするなと言われていると手術室に行こうとしない。

世良が必死に説得をするが渡海は動こうとしなかった。

もう時間切れだ‥と誰もが諦めようとしたその時、佐伯が手術室に現れ処置を行い手術は無事に成功した。

世良は佐伯の手術を目の辺りにし、改めて佐伯のすごさを感じていた。

そもそも高階がスナイプに目をつけたのは小春ちゃんをずっと診てきて助けたかったからだった。

アメリカでスナイプを日本に持ってくることに成功し、ようやく小春ちゃんを手術できるところまできた。

スナイプであれば小春ちゃんを救えると思っていた。しかし、今の自分の技術では小春ちゃんを助けることはできず、命を奪ってしまう可能性が高い。

高階は渡海にスナイプで小春ちゃんを助けてほしいと頭を下げた。

しかし渡海は「じゃあ殺せよ。そのそもそのスナイプでは不可能だ」と言い去っていった。高階はなぜあのスナイプでは不可能だと言うのかと渡海を追いかける。

渡海はスナイプの設計図を持ち出し、スナイプが大きすぎる欠点を指摘。渡海はカテーテルとスナイプのあわせ技を使った手術方法を教えた。

こんな難しいオペは渡海しかできないが佐伯からは手術をするなと止められていた。

スポンサーリンク


ブラックペアン4話ネタバレあらすじ【後半】

高階は佐伯に渡海を現場に戻してほしいと頭を下げた。佐伯は渡海に手術させることを許可し、手術の日を迎えた。

高階と渡海が協力し難しい手術は無事に成功。手術を見守っていた医師たちも歓喜した。高階は佐伯にお礼を言った。

手術を終えた渡海の前に佐伯が現れた。

そして以前渡海が「もう使えないんだったらブラックペアン下さいよ。」と言った言葉は本心かと問いかける。

しかし、渡海は何も答えない。すると佐伯は、東城大はこれから変革期を迎え、大きく変わっていく。だから自分を支え続け、信じろと言った。

その夜、佐伯は高階にも自分を信じろと言っていた。

高階は、渡海に小春ちゃん手術のお礼をしたいと言うが、渡海は金じゃないものをいずれ払ってもらうと言った。

そして、佐伯を信じるな、あの男は自分の身に危険が及ぶと感じた時平気で誰でも切り捨てる。

それが例え長年の盟友であっても‥。

そう言って渡海は去っていった。

そして後日、論文が医療ジャーナル誌に掲載された。責任者として最後に名前が書かれていたのは‥「佐伯」ではなく「西崎」の名前があった。

これでインパクトファクターは高階と西崎先生のものとなり、東城大に用はないと高階は言った。

論文を見た渡海も高笑いをしていた。

ブラックペアン4話ネタバレあらすじ【感想】

いやードキドキの1時間で今週もあっという間でした。

小春ちゃん手術のため、渡海先生と高階先生が協力して手術を行い、渡海先生も高階先生を認めつつあるのか‥?と思いきや、そう簡単にはいかず何か今後大きく利用するための策略のようにも思います。

人が良さそうで、てっきり論文には佐伯教授の名前を最後に書くかと思いきや、最後の最後で裏切り、東城大にもう用はないと言い放つ高階先生の変わりっぷり?本性?が見えて怖かったですが、更なる波乱の幕開けとなって益々面白くなりそうな予感。

さて、渡海が佐伯教授を信じようとしている高階先生に対し、渡海は盟友でも裏切るから信じるなと忠告していたことから、渡海の父も佐伯に裏切られたのだろうと予想します。

おそらくペアンが残っているCT画像も何か関係しているのかと‥。

少しずつ、渡海の過去も明らかとなっていきそうで益々目が離せませんね。来週も見逃さないようにしたいと思います。

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

感想を書く

avatar
  Subscribe  
Notify of