Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

ブラックペアン原作ネタバレあらすじ結末まで!ラストに明かされる真実に鳥肌&涙‥!

投稿日:4月 22, 2018 更新日:

二宮和也さんが主演と新日曜ドラマ「ブラックペアン」がスタート!

「チーム・バチスタの栄光」を手がけた海堂尊氏の同名作品が原作です。

ドラマ版では、二宮和也さん演じる渡海医師が主人公ですが、原作ではメインではないため少し違ったストーリーになるかと思います。

しかし、大まかな展開や結末は同じかと思いますので、今回は原作小説を元にあらすじを簡単にまとめてみました。

ドラマ最終回に繋がるネタバレにもなりますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ブラックペアンネタバレ【始まり】

東城大学付属病院に入局して1年目の研修医・世良雅志(竹内涼真)は、神の手を持つと言われる佐伯清剛(内野聖陽)率いる佐伯外科に配属される。

世界トップクラスの技術を持つ佐伯外科に、名門・帝華大学の外科医・高階権太(小泉孝太郎)が送り込まれ、困難ながん手術を誰もが安全に行える「スナイプ」の使用を推進する。

技術至上主義の佐伯はこの提案を歓迎しないが、後に高階がスナイプを使用した手術は無事に成功。このスナイプは今後の佐伯外科を大きく変えることになると高階は言い放った。

佐伯外科医には、渡海征四郎(二宮和也)という外科医がいた。手術成功率100%という、確かな技術力を持つ医師だが、手術の際には執刀医ではなくなぜかいつも助手として入っている。

さらに手術の腕以外は傲慢で不真面目な性格からも周囲との軋轢があり、患者は生かすが医師は殺す通称オペ室の悪魔と呼ばれていた。

入局から2ヶ月、世良は同期の中でもエースとして期待され始めていた。そんな中、垣谷医師(中村遥)の第二助手として入った手術にて、ミスをしてしまう。

患者は危険な状態に陥り必死に他の医師が手を尽くすが、もはや手がつけられない。しかし、控室にいた渡海がフォローに入り大事は至らずに済んだ。

一連の流れを見ていた渡海は、佐伯外科の指導はしみったれていると言い、世良は渡海から直接指導を受けることとなる。

そして、次の手術の第二助手を務めることとなった。

【渡海征四郎という男】

がん手術の説明のため患者を訪ねた渡海と世良。当時、東城大学付属病院では患者自身へのがん告知はされておらず、本人には「腫瘍」だと言い、手術を行っていた。

しかし、渡海はそんな方針を容赦なくぶち破り、平然と告知をする

通常であれば患者を安心させるような言葉をかけるが、渡海は手術が大丈夫かはわからない、保証はできないとはっきりと事実だけを告げた。

渡海の説明は決して嘘はないが、傍で聞いていた世良は嫌悪感を抱き、患者のことをもっと思って伝えるべきだと主張する。

しかし、渡海は告知は後から色々言われないためのもので、それで手術を受けたくなければ止めればいいと言い放った。

やがて後日、患者からの同意書も無事にもらえ、手術が始まった。

問題なく手術が進み終盤に差し掛かった時、渡海が世良に左胃動脈の結紮(糸結び)をしてみろと言う。自分が断ると思って敢えて渡海が言ってきたと勘ぐった世良は、糸結びをやると引き受けた。

これまでずっと糸結びの練習をしてきた世良はなんとか糸結びを完成させた。

しかし、渡海が仮止めしていたペアンを外した瞬間、患部から血が吹き出てしまい、渡海は「世良ちゃん患者一人殺しちゃったね」と軽口を叩きながら糸結びをし直した。

翌日、世良は昨日の出来事が怖くなり病院を休んだ。そんな世良を、高階が訪ねてくる。

いい経験をしたねという高階だが、世良は昨日の体験がトラウマとなり外科医を辞めると言う。

しかし、高階は自分は手術で5人を殺めてしまったと話し始めた。それでも医師を続けているのは、殺めた責任があるから、それ以外に償う方法はない言った。

そして「外科医に神様に睨まれた君はもう逃げられない」と高階は世良に言った。

翌日、出勤した世良は手術をした患者さんの元へと向かった。患者は、世良が手術中にミスをしたことを知っていた。それでも、世良にいい医者になってほしいと声をかけた。

その言葉に世良は頭を下げたまま涙した。この手術をきっかけに、世良は外科医を極めてやると決意したのだった。

スポンサーリンク


【対立】

帝華大学から高階医師が赴任してきて5ヶ月後、高階医師が推奨していた「スナイプ」が佐伯外科を席巻し、高階医師の独壇場となっていた。

佐伯医師も、スナイプの存在を認めつつあったが、ある日誰でも手術できるという謳い文句を証明してほしいと、スナイプを使った食道がん手術を世良にさせるように命じる。

しかし、まだ1年目の世良に任せるのはいくらなんでも無謀だと声があがり、5年目の関川が名乗りを上げた。

高階医師が助手として入ると申し出るが、佐伯は高階がスナイプであれば誰でも手術が安全にできると豪語していたあの発言を証明するべきだと高階の手術室への入出を禁止した。

これまでは失敗が起きていないスナイプを黙認していたが、佐伯はスナイプによる手術失敗を明るみにし、導入を中止させようという目論見のように見えた。

【渡海と佐伯の知られざる過去】

佐伯医師を心から尊敬し忠誠心の高い世良に渡海は、昔の話しを始めた。

17年前、東城大学付属病院で佐伯は外科医助教授として、渡海の父(一郎)は内科医として勤務し、海外出張時も佐伯は一郎に科を越えて全て任せるほど信頼していた。

しかし、佐伯が海外出張で留守にしている間、佐伯が手術を行った患者の腹部から置き忘れられたと思われるペアンがX線検査で見つかった。

渡海の父(一郎)はすぐに、当時の教授に再手術を行なうべきだと訴え、海外出張中の佐伯にも電報を打った。

しかし、佐伯からの返事は「ペアン摘出すべからず」という驚くべきものだった。

当時、実力のある佐伯の指示に逆らえるものは誰もおらず、佐伯の手術ミスを隠蔽するため一郎の訴えを誰にも受け入れなかった。

そして、一郎は県外の病院へと飛ばされてしまった。

自分の保身のためなら仲間でも平気で裏切る。そんな渡海の言葉に世良は、佐伯に気をつけろというメッセージが込められているように思えた。

そして明日の手術は最悪の出来事が起こるかもしれないと言わんばかりの渡海の言葉が気になった世良は、渡海のアドバイスどおり、最悪の自体を避けるため高階の居場所を抑えておくことにした。

スポンサーリンク


【あるべき姿】

手術当日。

高階は佐伯と同じ部屋にいた。すると、世良が早くも高階に助けを求めてくる。

すぐに駆けつけようとする高階だったが佐伯がもしここで行ったらもう二度と戻ってくる場所はない、トラブルが起こる度に駆けつけていくのかと言われ、高階は手術室には行けないと世良に言った。

しかし世良は、高階の腕を掴み、高階先生は患者から逃げるなって言ってくれたと訴え、力づくでもオペ室につれていくと言い放った。

世良の言葉に心動かされた高階は立ち上がりオペ室に向かうと言った。そんな高階を佐伯は「行くのか」と引き留めようとする。

高階は医者なら当然だとオペ室へと向かった。

手術中に起こったトラブルはスナイプの動作ミスであることが発覚し、すぐに高階による手術が行われ、無事に手術は成功した。

高階は必死に自分に訴えてくれた世良にお礼を言った。

佐伯から教授室に呼ばれた高階は覚悟を決めていた。しかし、佐伯は予想に反し高階にクビを宣告しなかった。

ミスが起きた時リカバリーするためには技術力が必要となる。しかし初めからスナイプに頼ってばかりであれば、その技術力が養われない。

佐伯は高階にその現実を突きつけ、高階の医者としての信念を問うための佐伯なりの試験だったのだ。

【結末:ブラックペアンの真実】

やがて佐伯は病院長選挙に出馬することにし、その箔付けのために国際シンポジウムで講演することが決まった。

留守中の責任者として高階が任命され、渡海は着々とある準備を進めていた。

「もうすぐ‥佐伯外科の崩壊が始まる‥」

佐伯の留守の間手術が行われ高階が担当していた。すると、渡海が手術をしている高階の元に駆け寄り、外来患者さんの腹部からペアンが発見されたと報告。

すぐに摘出手術を行なうと言う高階に対し、渡海はペアンを置き忘れた担当医師が佐伯であってもやるのか?と問いかけた。

その患者は、実は17年前に佐伯が腹部にペアンを残したものの、後の処置を行わず隠蔽した患者だった。

表情が凍りついた高階だったが、誰が担当したであろうと手術を行なうと判断を下し準備が進められた。

渡海は、この時のために密かに患者(飯沼)と接触をし、17年前の父の時と同じような状況で手術を行なうという復讐を待ち望んでいたのだった。

このような状況になったのも偶然ではなく全ては渡海が着々と仕組んできたものだった。

手術の準備が整い、術者・高階、第一助手・渡海で手術が行われることとなった。

手術室にて高階を待つ間、渡海はシンポジウムの講演を目前に控えた佐伯に連絡を入れ、全てを話しペアンを取り除くと伝えた。

しかし、佐伯は大変なことになるため、摘出すべきではないと言った。それでも渡海は、佐伯のミスを全て明らかにしてやると言い電話を切った。

スポンサーリンク


やがて高階の準備が整い、ペアンの摘出手術が始まった。長年放置されたペアンの摘出は困難を極めた。

悪戦苦闘すること3時間‥。高階は本当にただの置き忘れなのか‥?と疑問を抱き始めた。それでも渡海の言葉により摘出手術は続けられ、ようやく残されたペアンまで手が届きはじめた。

その時‥「やめろ」と声がし、佐伯が手術室に現れた。

今まさに講演中であろう佐伯が目の前に現れ誰しもが驚いた。佐伯は講演を中断し、戻ってきたのだった。

それでも渡海は佐伯の阻止を聞かずに、親父の代わりに自分がやり遂げると患者の腹部からペアンを取り除いた。

すると、ペアンを外した部分から血が溢れ出てくる。

佐伯は「地獄の扉を開けた‥」と言った。

渡海と高階が必死に処置を行なうものの、出血を止めることができない。もはや手の施しようがない状態になりつつあった。

すると佐伯が渡海に真実を話し始めた。

実は佐伯がこの患者の手術を行った際、どうしても静脈叢の出血が止まらず、ペアンをやむおえず残したまま閉腹した。

置き忘れではなく、外すことができなかったのだ。

しかし、そのことを患者の家族や本人に伝えきちんと納得してもらうほどの説明ができる自信がなく、事実を伝えること無く退院させた。

ところが、自身の留守中に飯沼が入院し、全てを任していた一郎によってペアンが発見された。

当時、海外出張先から十分な説明もできない状況であったため、取り急ぎ「ペアンの摘出すべきではない」と電報を送った。

手術さえ止められれば後でゆっくり説明ができると思っていたためだった。

ところが、佐伯の知らないところで誤解が生じており、病院に戻った時には一郎は既に他の病院に飛ばされてしまった。

その後、一郎の行方を探して回ったが、一郎は亡くなっており真実を伝えることはできなかった。

その出来事があってから、佐伯はブラックペアンを特注し、手術器具に入れるようになった。

これまでの自分の戒めでもあったブラックペアン。これを使う時が来たら医師を辞める時であると覚悟を決めていた。

佐伯はナースに指示を出した。

「ブラックペアン」

ナースからブラックペアンを受け取った佐伯は飯沼の腹部に埋め止血し閉腹した。ブラックペアンは、特製のカーボンで作られ、火葬されれば一緒に燃えてしまう。

無事に手術も終わり、佐伯は今回の責任を取って医師を辞めると言った。

そして渡海に向かって、ずっと一郎の息子であることは知っていたこと、償いというわけではないが正しい外科医として導いてあげたいとこれまでずっと気にかけていたことを話した。

すると、次の瞬間、渡海が口を開いた。

「親父は不名誉な形で病院を追われ、これで幕引きだなんて‥こっちからおさらばだ。」

そういって渡海は手術室を出ていった。

そんな渡海を世良が追いかけ、引き止めもっと渡海から学びたいから残って欲しいと訴えた。

しかし、今回のことで誰かが責任を取らなければいけない。渡海も自分のやったことに責任を取るだけだと言い残し去っていった。

それは渡海が佐伯外科を守ったように世良は見えた。

渡海は、世良に立派な医師になれと言い残し病院を去って行った。

(おわり)

ブラックペアン【感想】

物語は世良を中心に進んでいきます。

一見すると、佐伯医師、そして渡海医師は傲慢で嫌な感じの医者なのですが、17年前の真実が明らかにされるシーンは鳥肌モノでした。

さて、ドラマ版では二宮和也さん演じる渡海医師が主人公として描かれるため、原作とはまった違ったオリジナルストーリーが盛り込まれているのかなと思います。

いずれにしても原作版も非常に面白かったので、ぜひともドラマとセットで合わせて楽しむことをおすすめします!

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

西郷どん4話ネタバレあらすじ&感想 赤山先生無念の死‥ついに斉彬が藩主に!

NHK大河ドラマ「西郷どん」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 初回から何度も既に号泣している西郷どん。 前回第3話では、薩摩を良くしようと奮闘する西郷隆盛こと吉之助は、斉彬様に薩摩の現 …

わろてんかあらすじネタバレ第3週(13~18話)&感想 藤吉との再会~波乱の恋

朝ドラ「わろてんか」の第3週(13~18話)のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 第2週目では、てんに伊能製薬の息子・伊能栞との縁談の話しが舞い込んできました。しかし、そんな中、藤岡屋の薬 …

anone 6話 ネタバレあらすじ&感想 理市のサイコっぷりに鳥肌‥ハリカの幼少期に胸が締め付けられる

SNSなどで話題の広瀬すずさん主演ドラマ「anone」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 ハリカに加え、るい子、舵も亜乃音の自宅で暮らし始め穏やかな日々を送っていた。 そんな矢先、舵が印 …

海月姫2話ネタバレあらすじ&感想 天水館取り壊しのピンチ!修の悲しい過去も明らかに‥

芳根京子さん主演月9ドラマ「海月姫」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 腐女子たちが集まるアパート天水館に暮らす主人公・月海(芳根京子)は大のクラゲおたく。そんな月海はある夜女装が趣味の …

もみ消して冬3話ネタバレあらすじ&感想 楠木のヤバイ正体が少しずつ明らかに?

山田涼介さん主演ドラマ「もみ消して冬」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 天才外科医、敏腕弁護士、エリート警察官の三兄弟が、家庭に起こる不祥事をもみ消していくコメディドラマ。 第3話では …

カテゴリー