Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

あまんじゃくドラマネタバレ結末&感想 ラストの展開が別の意味で衝撃!

投稿日:9月 24, 2018 更新日:

唐沢寿明さんが主演を務めるドラマ「あまんじゃく」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。

大学の優秀な外科医だった折壁(唐沢寿明)の現在の職業はなんと殺し屋‥。

医療の知識を駆使し、証拠を残すことなく次々とターゲットの命を奪っていく。

しかし、その依頼人にも隠された闇があり、次第に折壁自身が巨大な陰謀に巻き込まれていく‥というストーリー。

これは面白そう!

今回はドラマ「あまんじゃく」のネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


あまんじゃくドラマネタバレ【前編】

元外科医で殺し屋の折壁は、相棒で弁護士の横倉を通じ仕事の依頼を受けていた。

そんな中、浦野美鈴というまだ中学生の少女が、義理の父を痛めつけてほしいと依頼してくる。

美鈴の母が再婚した義父・浦野玲哉が弟の命を奪ったという。

玲哉を痛めつけ、どうして弟の命を奪ったのか聞き出してほしいというものだった。

 

事件の日。

美鈴はお腹が痛くなり、母・智佳子と病院に向かった。自宅には、玲哉と弟が残った。

しかし、帰宅すると、弟がお風呂場で溺死していた。

玲哉は、着替えを準備していた間に弟がお風呂で溺れて亡くなっていたと言っていたが、玲哉は今まで弟をお風呂に入れたことはなかった。

玲哉は大学の法医学者であり、解剖を沢山やっている。警察にも強力なコネがあるため、偽装した可能性があった。

折壁は、美鈴の話が本当か調べると言い、電話を切った。

 

後日、折壁は玲哉の職場に潜り込み観察する。

玲哉は確かに、警察から絶大な信頼を寄せているようだった。

さらに調べると、死亡鑑定書を偽装し、弁護士から金品を受け取っている黒い噂があることを知った。

折壁は、玲哉を限りなくクロに近いと判断した。

さらに、美鈴を尾行していると、美鈴が誰かと連絡をとって、指示を受けていると感じ、折壁は美鈴を追求する。

美鈴は否定し、どうしても依頼を引き受けてほしいと訴えた。

折壁は美鈴の依頼を引き受けることにした。

スポンサーリンク


5日後。

折壁は、玲哉が自宅に一人になったところで襲った。そして、弟の死の真相について追求した。

玲哉は、妻の智佳子が自分との間に、子供を作ろうとはせず、弟をかわいがっていたという。

ある猿の行動心理によると、元々いる子供がいなくなれば、母猿は欲情するため、子供を作るというのを聞いた。

それで、弟の命を奪ったと白状し、折壁は玲哉の発言を録音。美鈴に証拠として送った。

そして、玲哉の意識を一時的に失わせ折壁は姿を消した。

 

すると、そこに美鈴の実の父親・恭治が自宅に侵入し、玲哉の命を奪おうとする。

折壁は姿を隠れたまま、恭治に話しかける。

恭治は玲哉の命を奪うつもりだったが、やはりできないと言い、折壁に金を払うから代わりに命を奪ってほしいと訴えた。

美鈴、そして恭治が大金を持っていることに疑問を抱いた折壁は、二人のバックに何者かの影を感じた。

恭治がその場からいなくなり、折壁は玲哉の命を奪ったのだった。

 

その後、折壁はある児童養護施設を訪れる美鈴を尾行していた。

そして、その施設の責任者・花井環から美鈴がお金を借りていたことを知った。

花井を観察していたところ、花井がその場に倒れてしまう。折壁は花井の元に駆けつけ処置をした。

すると、花井は意識を取り戻した。

母性が強い花井は折壁の様子を見て、母を救うために医師になったのかと問いかけた。

折壁は「そんなところだ‥」と答え去っていった。

 

折壁は、施設の子どもたちの検診に訪れていた元恋人で医師の睦子と再会。

二人は一緒になることを約束しており、折壁にとって睦子は忘れられない恋人だった。

睦子は折壁と別れた後、結婚して子供がいた。折壁は睦子の方を向くことなく、幸せそうでよかったと言い去っていった。

折壁は睦子を愛していた。しかし、ある事情から自ら別れを告げた。

スポンサーリンク


あまんじゃくドラマネタバレ【中編】

やがて、次なる依頼が舞い込んでくる。

担当医が勝手に処方した治験薬で、母を亡くしたという渡辺舞という女性からの依頼だった。

舞は、担当医であった加茂を訪ねるが、はぐらかされ、なおかつ証拠が残らないように処理されたことを感じた。

舞は加茂にふさわしい報いを与えたいと言い、折壁はこの依頼を引き受けた。

 

さらに、必要のない陣痛促進剤を使い、妊婦の命を11人も奪った近田という医師を片付けるように横倉を通じて依頼される。

折壁は2つの仕事をいっぺんに片付けるべく動き出した。

折壁は背後に何者かの気配を感じていた。

 

そんな中、法医学医である玲哉が亡くなったことを知った睦子。

玲哉は、お風呂場で心臓発作を起こして溺死したと言っているが、本当かわからないと言う同僚の言葉に睦子は何かを感じた。

そして、珍しい血液型・ボンベイブラッドを患っている少年・茂の存在を知り、茂がいた施設に向かう。

しかし、茂は里親に引き取られ行方はわからなかった。

スポンサーリンク


その頃、舞が働くクラブに、近田が客として訪れる。楽しげに話す二人を折壁は見ていた。

体調を崩していた近田は、加茂クリニックを訪れ薬を処方された。そして、薬を飲みベッドに寝ていたところ、折壁が現れる。

そして、薬を使って脅し、不要な陣痛促進剤を使い11人もの妊婦の命を奪ったこと、さらに緊急事態に陥ったにも関わらず、なぜ妊婦を大病院に搬送しなかったのかと問いかけた。

近田は、出世や金のためだと答えた。

折壁は全てを白状させ、薬を使って命を奪った。

そして、置いてあった加茂クリニックの袋をすり替えた。

加茂クリニックはマスコミに追われ、院長の加茂はホテルに隠れることにした。

 

加茂の居場所を突き止めた折壁は、弁護士になりすまし、加茂に接触。

そして加茂に、なぜ製薬会社から受け取った治験薬を内緒で患者に処方したのかと追求した。

加茂は治験薬を処方することで、製薬会社から金を受け取り、豪華な自分の病院を開業したのだった。

加茂に白状させ、命を奪った。

するとそこに、睦子が現れる。

加茂が亡くなっているのを確認した睦子。

折壁はそのまま姿を消した。

スポンサーリンク


あまんじゃくドラマネタバレ【後編】

折壁は街を歩いていると花井に偶然会い、花井の父が事業に失敗し、子供時代から苦労して生きていることを知った。

花井は折壁に何か自分と似ているところがあると感じており、折壁が何か苦しんでいるなら力になりたいと言った。

 

花井の元を後にした折壁。すると、加茂の命を奪った現場を目撃した睦子から連絡が入る。

睦子は加茂のことを引き換えに、ある人物の命を奪ってほしいと言った。

それは、野添という議員だった。

睦子は、野添に指名されかかりつけ医師だった。野添は女癖が悪く睦子も襲われたことがあったという。

折壁は野添を尾行。

女性とトラブルになっているところを見かけた。

しかし、折壁は野添がそこまでの悪人ではないと判断し、依頼を断った。

睦子は残念ね‥と言って電話を切った。その隣には、睦子の夫・国武一輝の姿があった。

 

しかし、翌日野添が亡くなったと折壁は知らされる。

表向きは心臓発作によるものだと思われていたが、臓器が抜かれており、臓器売買が関わっていると横倉が話す。

野添は、日本でも臓器売買の可能性があるとTVで言ってた。そのため消されたのかも知れない‥。

しかし警察では、臓器が抜かれたのに事件性はないと判断されていた。警察、病院ぐるみの大きな力が働いていると横壁は感じた。

さらに、野添の遺体が運び込まれたのは、睦子の病院であり、睦子が関わっていると横壁は感じた。

スポンサーリンク


翌日、横壁は睦子に接触。

野添の死に関わっているのかと問いかけた。すると睦子は会いたかったと言い、折壁に抱きつこうとした。

しかし、折壁はメスを持っている睦子をかわした。

睦子は「あなたを殺らなければあの子も‥」と言い、隠し持っていた銃を発砲。

 

睦子は、偶然にも臓器売買のことを知ってしまった。

すると、その直後、睦子の子供拉致され、タイガーアイという黒幕から、野添の命を奪うように、折壁に依頼するように命じられた。

全てを知った折壁は、睦子の息子を助けるべく手を貸すことを誓う。

 

その頃、美鈴がいなくなったと折壁に連絡が入る。

もしかしてタイガーアイにさらわれたのかもしれない‥

美鈴も児童養護施設で検診を受けていた。つまり、あの児童施設での検診は、臓器売買のための検診だったのだ。

 

翌日、睦子は折壁と一緒に花井のもとを訪れた。

タイガーアイは花井なのではないかと折壁は言った。

この施設の子どもたちはみんな臓器売買の商品として集められた。

玲哉は組織の協力者だったが、仲間割れをし面倒になった。

花井は美鈴の計画をし、折壁への依頼費用を知らないふりをして貸した。

花井にとってみれば、邪魔な玲哉がいなくなり、商品となる美鈴を取り込むことができる。

折壁は花井を問い詰めた。

スポンサーリンク


すると花井は、二人を地下の会議室に連れて行き、全ての悪事を暴露した。

その直後、白衣を来た医師たちが現れ、花井は二人を始末するように言って部屋を出ていった。

折壁と睦子は襲ってくる医師に扮した男たちの攻撃を交わし、次々と倒していく。

睦子が捉えられてしまうが、横倉が現れ睦子を救出。

横倉がこの仕事を始めたのは、近田の仕事の怠慢で子供を失ったからだという。

3人でその場から逃げようとしたところ、花井が現れ横倉に発砲。

折壁たちは、足を打たれた横倉を運び隠れる。

銃を持って、迫ってくる花井。

 

花井は折壁の過去を全て知っていた。

折壁の同期の医師で、親友だった野田が病院で突然亡くなった。

しかし、野田は上司であるミキモトという教授に命を奪われた。

野田は、ミキモトの医療ミスを遺族に告発しようとしていた所、口封じとして命を奪われたのだった。

そのことを知った折壁。

すると、ミキモトは折壁が睦子と婚約していることを知り、睦子も野田と同じ目に合わせる的な発言をした。

頭にきた折壁はミキモトを襲おうとした。

すると偶然近くにいた横倉が止めに入り、誰にも知られずにやるんだと言われた。

そして、折壁は野田の敵を討つため、睦子を守るためにミキモトの命を奪った。

睦子に別れを告げたのは、睦子を守るためでもあった。

折壁は、睦子と別れて睦子の幸せを祈っていた。

スポンサーリンク


隠れている折壁と睦子に近づいてくる花井。

折壁は花井のスキをついて、銃を捨てさせた。

しかし、その直後折壁は別の所にいた男に撃たれてしまった。

折壁を撃ったのは、睦子の夫であり、花井の手下であった一輝だった。

しかし、その直後横倉が隠れて通報していた警察が到着。

そして、花井の悪事は全て警察に知られ、花井はパトカーに乗せられようとした。

しかし、花井は隠し持っていた爆弾を爆発させる。そのスキに花井は逃亡した。

後日、海外に逃亡しようとしていた花井。

ある男が花井の後ろを通った。その瞬間、花井は命を落としたのだった。

 

雨の中、ある男の姿があった。

それは折壁だった。

(おわり)

あまんじゃくドラマネタバレ【感想】

殺し屋の折壁が依頼を実行する相手は、私利私欲のために許されない悪事を働いた人間たち。

しかし、仕事を実行していくうちに、昔の彼女・睦子に再会し、いつしか巨大な闇組織に巻き込まれている‥という、なかなかおもしろい展開にワクワクしてみていました。

そして、臓器売買という巨大な闇組織の存在を知っていくのですが、なんかこのあたりから、突っ込みどころが満載の展開に‥。

途中からコントのような‥漫画的な展開になりましたが、これはこれでテレ東らしくて責めていましたね。

唐沢寿明さんや木村多江さんなど、豪華キャストで抜群の演技力を持つ役者さんの力があってか、迫力があり、陳腐な展開が逆に面白かったです(笑)

これSPドラマではなく、連ドラ化していたらよかったのではないかなと思いました。

しかし、折壁も生きていますし、今後また別のストーリーとして続編があるかも?

期待して待ちたいと思います。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アンナチュラル9話ネタバレあらすじ&感想 まさかの真犯人に衝撃で言葉が出ない‥

石原さとみさん主演ドラマ「アンナチュラル」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 いよいよ最終章に突入したアンナチュラルですが、中堂先生の元恋人・夕希子の命を奪った犯人が明らかとなっていきそ …

海月姫7話ネタバレあらすじ&感想 修が月海にプロポーズ‥だが想定外のライバル現る!?

芳根京子さん主演月9ドラマ「海月姫」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 前回第6話では、修が月海に告白!蔵之介にもキスをされ、モテモテの月海。しかし、月海が暮らす天水館の大家である千絵子 …

義母と娘のブルース7話ネタバレあらすじ感想 麦田が亜希子に恋!親子の絆が深まるシーンにほっこり!

綾瀬はるかさんが主演を務める「義母と娘のブルース」が好評のようです! 最初はお互いが欲しいものと引き換えに条件結婚した亜希子と良一。しかし、一緒に過ごすうちに偽りの愛が本物の愛に変わり、晴れて本当の夫 …

BORDER衝動 検視官比嘉ミカネタバレあらすじ後編&感想!ミカに残した恩師のメッセージで事件解決へ

小栗旬さん主演ドラマ「BORDER」が三作品連続スペシャルドラマとして返ってきます。そのうちの二作品は、波瑠さん演じる比嘉ミカが特別検視官になる前のエピソードです。 早速、第1作品目「BORDER衝動 …

わにとかげぎすネタバレラスト結末を原作から!最終回富岡ゆうじに待ち受ける運命は!?

くりぃむしちゅーの有田哲平さん主演ドラマ「わにとかげきす」がスタート! 原作は、「行け!稲中卓球部」や「ヒミズ」などを手掛けた人気漫画家・古谷実さんの「わにとかげぎす」です。 冴えないしょぼくれた中年 …

カテゴリー